「ふぁみりえんのたくじ」で「母子避難者支援」をクラウドファンディングで実現!

「ふぁみりえんのたくじ」で「母子避難者支援」

Takuji1 ▶ 再生
  • コレクター
    14人
  • 合計金額
    311,000円
  • 残り
    0日

目標金額は580,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

東日本大震災により住居や職を失い、
やむを得ず家族と離れ、岡山へ母子で避難されて来られた方は
今、約500人にもなっています。
そうした母子は震災から1年8か月が過ぎた今も、
先行きがわからないまま、不安を抱えた生活をおくられています。

東日本大震災により
住居や職を失い、
やむを得ず家族と離れ、
岡山へ母子で避難されて来られた方は
今、約500人にもなっています

そうした母子は震災から1年8か月が過ぎた今も、
先行きがわからないまま、不安を抱えた生活をおくられています。





プロジェクトの背景

0-99おかやまおしえてネットは、子育てを通して出会った母親、教師、医師などが、自分たちの経験を次の世代へ伝え、集まれる居場所をつくりたいという想いで設立されました。

これからを生きる子どもたちの時代を危惧している人は多いのではと感じています。
一般的に、家庭で子どもを育てる親は常勤者よりストレス度が高いと言われています。
子育て支援団体としての長年の活動経験からも、それは顕著に感じるところです。

また、特に、東日本大震災の影響で避難している母親にとって、慣れない環境下での子育て、また子どもを傍らにおいての就職活動などはとても負担の大きなものです。

例えわずかな時間であっても、不安から解放され、リフレッシュして新たな活力を得るため、時には母子それぞれの時間を過ごすことが必要だと私たちは考えています。






みなさまからの支援で実現したいこと

母子避難者どうしの集会や交流会場にて、無料託児サービスを提供します。

また個別託児を希望する方には、私たちが独自に行っている託児サービス「ふぁみりえんのたくじ」を安価で提供します。

「ふぁみりえんのたくじ」は、大きな窓、清潔な環境、厳選した「玩具」や「絵本」に囲まれた空間で、
一人ひとりを大切にする託児サービスです。




また、今回のプロジェクトを、地域の子育て支援団体と連携して行い、
必要なノウハウや情報を共有していきます。

これらの活動が、岡山の子育て環境を整えていくと思います。


母子生活の大変さを理解できる私たち支援団体が、
母親と子ども、どちらも見守り支えていきたいと考えています。
応援、よろしくお願いいたします。







[ 実施団体の情報 ]


特定非営利活動法人  0-99おかやまおしえてネット

活動内容   子ども向け・親向け・親子向け講座の開催、託児、講演 等
代 表 者  洲脇 美智子
設立年月日 2003年8月9日




本プロジェクトは、みんなでつくる財団おかやまの「割り勘で夢をかなえよう」プロジェクト・第1期事業指定寄附プログラムの1つです。


もっと読む
コレクター
14人
現在までに集まった金額
311,000円
目標金額は580,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,600円

    • 動物絵本の挿絵等で有名な、薮内正幸さんデザインのシールをお送りします。
    • *「母子避難者が、ランチサポート(2時間の託児)を利用する支援ができます。」
    • 12人
  • 2,400円

    • 動物絵本の挿絵等で有名な、薮内正幸さんデザインのクリアファイルをお送りします。
    • *「母子避難者が、美容院サポート(3時間の託児)を利用する支援ができます。」
    • 1人
  • 4,000円

    • 0-99おかやまおしえてネットおすすめ!「子育て応援冊子」をお送りします。
    • 0人
  • 8,000円

    • 0-99おかやまおしえてネットおすすめ!「ハート&love 木製パズル」をお送りします。
    • 1人

プレゼンター

Mintuku logo

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま

  • 岡山県

「公益財団法人みんなでつくる財団おかやま」は、岡山県内の約100名の若者による“呼びかけ人”が中心となり、広く市民に基本財産の寄付を呼び掛け、530名より集まった4,133,000円を基本財産として設立しました。 地域の社会課題解決をじぶんたちの手で実現するための「あたらしいインフラ」として、この岡山の地に根付くものになるよう、取り組みを展開していきます。

質問や意見をメールする