facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

伊林侑香監督による最新作「祝日」の製作をクラウドファンディングで実現!

富山オールロケ作品|今だから届けたい
劇場長編映画「祝日」応援プロジェクト

2022年公開「幻の蛍」でデビューを果たした富山県出身の新進気鋭映画監督である伊林侑香による最新映画。
本年10月13日より全編オール富山ロケにて撮影を敢行。
今だから伝えたい、映画「祝日」の製作応援プロジェクトです。

コレクター
77
現在までに集まった金額
1,421,400
残り日数
4時間
目標金額 1,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2023年1月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2023年1月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
「祝日」製作委員会 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

「富山から世界へ」を合言葉に映画を中心としたエンターテインメントを創出。 夢を持った未来を担う世代の夢を後押しすると同時に、日本特有の自然や伝統を広く発信する作品づくりを信条とするチームです。

  • 富山県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

2022年公開「幻の蛍」でデビューを果たした富山県出身の新進気鋭映画監督である伊林侑香による最新映画。
本年10月13日より全編オール富山ロケにて撮影を敢行。
今だから伝えたい、映画「祝日」の製作応援プロジェクトです。

【このプロジェクトについて】

2022年公開「幻の蛍」でデビューを果たした富山県出身の新進気鋭映画監督である伊林侑香による最新映画。

今作の脚本を担当したのは、第33回フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞した伊吹一氏
その脚本を読んだ時、映画制作に携わるものとして、
今、撮らなくてはいけない作品だと強く思いました。

急ピッチに準備を進め本年10月13日より全編オール富山ロケにて撮影を敢行。

今だから伝えたい、映画「祝日」の製作応援プロジェクトです。

【あらすじ】

優しかった父の自死により、母は蒸発し、幸せだった家庭は崩壊した。
中学に入ってからずっと独り暮らしをしている奈良木保。
幸せだった過去を思い返すも、どうしようもならない現実に絶望を感じていた。

そんなある日、いつものように学校に行く木保。
すると、正門には「祝日につき、休校」の張り紙が。
その瞬間、彼女の中の何かが途切れた。
彼女は吸い込まれるように屋上に向かい、そして、自死を決意する。

その時、自分のことを「天使」だと名乗る鼻血を出している女性と出会う。
なぜか、そのまま天使と一日を過ごすことになる木保。

馬場さんという名の天使と過ごす何気ない「最期の一日」。
そこで出会う風変わりな街の人々との出会いやさりげない出来事が、木保の世界を静かに、明るいものへと揺り動かしていくささやかな物語。

【脚本・伊吹一について】

1994年生まれ。山梨県出身。
青山学院大学大学院法務研究科修了。
第13回南のシナリオ大賞、第46回城戸賞/第33回ヤングシナリオ大賞佳作。
映像脚本だけでなく、オーディオドラマやラジオドラマなども多く手掛けている若手脚本家。
滋賀県日野町PRオーディオドラマ「私が日野町に恋した話」、FMとやま「西村まさ彦のドラマチックな課外授業」、日向坂46個人PV「ぱるよの星」、メルセデス・ベンツ「BELTA&OSCAR」他。

【監督・伊林侑香について】

1999年生まれ。富山県出身・在住。
2017年3月富山県立富山商業高等学校卒業。合同会社コトリに入社後、富山県内にてTVCMなどの企画演出に携わる。
主に坂本欣弘監督の演出助手として活動。
映画監督デビュー作「幻の蛍」で第17回大阪アジアン映画祭 インディ・フォーラム部門において正式出品。
平昌南北平和映画祭2022 Spectrum部門 正式招待。
ウィーン日本映画祭 2022 正式招待。
今作が映画監督2作目となる。

伊林監督コメント

今作では、誰もが一度は考えたことがある「生と死」をテーマにしています。
辛いこともある日々の中でクスッと笑える時間や、
なんとなく、明日も人生がんばるか!と思えるような
そんな、優しく、心強い作品にしたいと邁進しております。
一人でも多くの方に届きますようにご支援お願い致します。

<キャスト情報>

木保役・中川聖菜
2009年1月13日生まれ、富山県出身。
今作のオーディションにて抜擢。
映画初主演。


馬場さん役・岩井堂聖子
1984年生まれ、福岡県出身。
『苺の破片』(04/中原俊監督)でスクリーンデビュー。
翌年、『妖怪大戦争』(05/三池崇史監督)にヒロインの川姫役として抜擢され、新人ながら堂々とした存在感を発揮し注目を浴びる。
『真白の恋』(17/坂本欣弘監督)で第32回高崎映画祭 最優秀助演女優賞を受賞。
その他の主な出演作に、『シムソンズ』(06/佐藤祐市監督)、『黄色い涙』(07/犬童一心監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)、『生きてるものはいないのか』(12/石井岳龍監督)『サムライフ』(15/森谷雄監督)などがある。


アフロさん役・芹澤興人
1980年12月1日生まれ、静岡県出身。
2009年に主演した『最低』にて、第10回TAMA NEW WAVEでベスト男優賞を受賞。
2014年には『死神ターニャ』にて、福岡インディペンデント映画祭2014で俳優賞を受賞。


カフェの女性店員役・中島侑香
1999年生まれ。愛知県出身。ヒラタオフィス所属。
雑誌「JJ」や「ゼクシィ」などモデルとして活躍し、近頃は俳優として映画『MIRRORLIAR FILMS「名もなき一篇・東京モラトリアム」』(藤井道人監督)など作品に出演し、活動の幅を広げている。


マジシャンの男役・西村まさ彦
1960年12月12日生まれ、オフィスにしむら所属。
さまざまな作品で幅広い役を演じる。近年では映画『大河への道』、映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』、テレビドラマ『警視庁考察一課』などに出演、精力的に活動している。

<目標金額・用途について>

クラウドファウンディングの目標金額、150万円の予定されている用途は以下の通りです。

ロケーション費(スタッフキャストの富山への交通費、宿泊費など): 50万
音楽制作費:50万円
コロナ対策費:35万円
クラウドファンディング手数料:15万円

なお、目標金額を超えて達成した場合は、映画公開に向けた宣伝費用として使用させていただきます。


<今後のスケジュール>

2022年10月 富山県にて撮影

2022年11月 編集作業

2022年12月〜1月 音楽、音響作業、完成

2023年 全国劇場にて公開予定

<想定されるリスクとチャレンジ>

コロナの状況も落ち着きを見せて参りましたが、まだ先が見えない状況です。
予定されたスケジュールが変更する可能性がありますこと、予めご了承ください。
またその場合はすぐご報告させていただきます。
目標金額を達成できなかった場合でも自己資金で補い、撮影・制作・公開を行います。
リターンも必ずお届けしますのでご安心ください。

<製作スタッフ>

監督:伊林侑香
プロデューサー:福田賢志 武慎太郎 坂本欣弘
脚本:伊吹一
撮影・照明:渡辺浩章
録音:小清水建治
衣装・ヘアメイク:河合里美
助監督:杉原涼太
制作会社:合同会社コトリ

制作会社実績

◇映画『真白の恋』 (2017年/日本/97分/シネマスコープ)
配給 エレファントハウス 原作・脚本:北川亜矢子  監督 坂本欣弘

映画『真白の恋』予告編

◇映画『もみの家』(2020年/日本/105分/シネマスコープ)
配給 ビターズ・エンド  脚本:北川亜矢子  監督 坂本欣弘

映画『もみの家』予告編

◇映画『幻の蛍』(2022年/日本/87分/ヨーロピアンビスタ)
配給 イハフィルムズ  脚本:伊吹一  監督 伊林侑香

映画『幻の蛍』予告編

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。
大変なことが起こり続ける毎日、私たちはそれでもこの映画を作りたい。
映画を作り続けることに意味があると思っています。
スタッフキャスト一同、この作品に真摯に取り組んでまいります。
どうかみなさまご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • 2023年02月 にお届け予定です。
    • 29人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • サウンドトラックデータの提供
    • 全国共通特別鑑賞券の進呈(2枚)
    • 2023年06月 にお届け予定です。
    • 37人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • サウンドトラックデータの提供
    • 全国共通特別鑑賞券の進呈(2枚)
    • 製本台本の進呈 (1冊)
    • 限定Tシャツの進呈 (1枚)
    • 2023年06月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • サウンドトラックデータの提供
    • 全国共通特別鑑賞券の進呈(2枚)
    • 製本台本の進呈 (1冊)
    • 限定Tシャツの進呈 (1枚)
    • エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載 (1名)
    • 2023年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 150000

    150000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • サウンドトラックデータの提供
    • 全国共通特別鑑賞券の進呈(2枚)
    • 製本台本の進呈 (1冊)
    • 限定Tシャツの進呈 (1枚)
    • エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載 (1名)
    • 舞台挨拶付き上映回(富山or都内 後日どちらかお選びいただけます)にご招待(1名)
    • 2023年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 300000

    300000円リターン

    • 監督からのお礼メッセージ
    • シナリオPDFの提供
    • ホームページにサポーターとしてお名前を記載(1名)
    • サウンドトラックデータの提供
    • 全国共通特別鑑賞券の進呈(2枚)
    • 製本台本の進呈 (1冊)
    • 限定Tシャツの進呈 (1枚)
    • 舞台挨拶付き上映回(富山or都内 後日どちらかお選びいただけます)にご招待(1名)
    • エンドクレジットにアソシエートプロデューサーまたは協賛として記載 (1名)
    • 2023年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。