facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

中学生のアタマをクリエイティヴにするアートスクール「東京芸術中学」継続をクラウドファンディングで実現!

日本最高のクリエイティヴ講師陣による、
中学生のアタマをクリエイティヴにするアートスクール<東京芸術中学>の支援

渋谷PARCOで開講しているアートスクール「東京芸術中学」を支援するクラウドファウンディング。もともと中学生向けに意義ある取り組みを行なっていましたが、コロナで損害が生じているため、継続のための補填が必要です。

コレクター
13
現在までに集まった金額
152,000
残り日数
6
目標金額 3,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年6月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 3,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年6月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
東京芸術中学 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

渋谷パルコで毎週土曜日に開講している、日本最高のクリエイティヴ講師陣による「中学生のアタマをクリエイティヴにするアートスクール」。

このプロジェクトについて

渋谷PARCOで開講しているアートスクール「東京芸術中学」を支援するクラウドファウンディング。もともと中学生向けに意義ある取り組みを行なっていましたが、コロナで損害が生じているため、継続のための補填が必要です。

趣旨

21世紀は「クリエイティヴ・クラス」の世紀ともいわれます。創造性が最も重要だと思われる現在、私どもが危惧するのは日本のクリエイティヴ教育のスタートの遅さです。欧米には10代前半からバウハウスや現代美術を徹底的に教えるアート中学やアート高校があります。大学からアートやデザインをゼロから学び出すようでは、世界のクリエイターと全く戦えないと考えます。早期のアート/カルチャー/人文教養教育が切に必要なはずです。

そこで最も多感で吸収力の高い中学生を相手に、週一のアートスクールを開講します。多感な中学生に、リニューアルした渋谷パルコ9Fの教育専用スペース<GAKU>という高感度な場所で、日本最高のクリエイターたちによる「アタマをクリエイティヴにするスクール」を行っています。単に座学/レクチャーを聞いて終わるようなものではなく、講師から様々な課題も出て、それに対して自分の頭で考えて発表する二本立ての構成。本気でクリエイティヴで世界と戦いたい子供を育てます。

授業はアートから音楽、ダンス、グラフィックデザイン、小説にメディアアートまで、実にさまざまな領域の第一線のプロフェッショナルによる、濃密なレクチャーと課題発表のワークショップがあります。アートは実際に絵を描いてもらいますし、ダンスはダンサーの菅原小春さんの振り付け指導で踊りまくりました。音楽も作り、小説も書いてもらってます。

本来は2020年4月スタート予定だったのですが、コロナ禍で半年遅れの9月のスタートとなりました。コロナの感染拡大への対応を考慮し、時にはオンラインも組み合わせながらスクールを運営してきました。しかし、コロナ禍での対面授業の難しさや渋谷に子供が集まるということの難しさなどもあり、収支的には赤字で運営しております。このままでは継続が難しいと考え、今回、クラウドファウンディングを呼びかけることにしました。授業内容としては、日本最高レベルのクリエイティヴ教育をやっていると自負しておりますので、是非、ご支援いただければと思っております。


<東京芸術中学>アンリアレイジ森永邦彦さんの第二回目授業。中学生の受講生が描いたデザイン画を森永さんがアトリエに持ち帰って実際の服に仕上げ、受講生に着せているところ。これらの服はそのまま受講生にプレゼントされた。

開催概要

日時:毎週土曜日16:00-18:30(夏休み・正月休みあり)
会場:渋谷パルコ9F 「GAKU」(〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1)
対象:12-15歳
定員:対面参加20名程度/オンライン参加は制限なし

講師:15名の講師(以下敬称略・五十音順:アーティスト:会田誠、アートディレクター/グルーヴィジョンズ:伊藤弘、東京大学名誉教授:石田英敬、アーティスト/DOMMUNE:宇川直宏、アートディレクター:上西祐里、アーティスト/Chim↑Pom:卯城竜太、アーティスト:片山真理、音楽家:渋谷慶一郎、ダンサー:菅原小春、写真家:瀧本幹也、建築家:田根剛、メディアアーティスト/ライゾマティクス:真鍋大渡、独立研究者:森田真生、ファッションデザイナー/アンリアレイジ:森永邦彦、アートディレクター/SIX:矢後直規
+菅付雅信&ジョイス・ラム&ダリナ・オブコワ(グーテンベルクオーケストラ)

主宰:菅付雅信(編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役)

菅付雅信プロフィール
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役

1964年宮崎県生まれ。『月刊カドカワ』『カット』『エスクァイア日本版』編集部を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から内外クライアントのプランニングやコンサルティングを手がける。著書に『はじめての編集』『中身化する社会』『物欲なき世界』等、新刊に『動物と機械から離れて』がある。アートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務め、編集・発行した片山真理作品集『GIFT』は木村伊兵衛写真賞受賞。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC賞銀賞受賞。2020年12月に全編英語テキストの世界市民向けカルチャー・マガジン『ESP Cultural Magazine』創刊。

資金の使い道

ファウンディングで集めたお金は<東京芸術中学>の運営に使われます。内訳は以下のとおりです。
講師陣への謝金:120万円
会場費:50万円
スタッフ人件費:130万円
オンライン授業の機材費:50万円
合計:350万円

<東京芸術中学>は、対面とオンラインを通して、日本の中等教育ではなかなか教わることのない、クリエイティヴな、既成の枠を超える考え方を育てます。


<東京芸術中学>ダンサー菅原小春さんの第二回目の授業。菅原さんの振り付けを皆で覚えてダンス。そしてその後に受講生が自らが考えてそれを発展させた振り付けをダンスするという二本立て授業。


<東京芸術中学>アーティスト/DOMMUNEの宇川直宏さんの第一回授業。彼の膨大な作品群を解説しながら、いかにメディアの先端で表現するかの真髄に触れる授業。


<東京芸術中学>アートディレクター/SIX矢後直規さんの第二回授業。実は競合するラフォーレの広告が多い矢後さんからの課題テーマは「パルコの広告を作ろう」。パルコの副社長も参加してエキサイティングな授業に。


<東京芸術中学>アートディレクター矢後直規さんの授業その2。受講生による「パルコの広告を作ろう」の課題発表の様子。プロが思いつかない大胆かつフレッシュな提案の数々に矢後さん&パルコ副社長もビックリ。


<東京芸術中学>アンリアレイジ森永邦彦さんの授業の様子。彼がデザインしたライトを当てると太陽光では見えないパターンと色が浮き出る服を実演。


<東京芸術中学>音楽家の渋谷慶一郎さんの授業の2回目。自分たちで曲を作って演奏する課題発表。初めての曲作りでもしっかり曲になっていて、かつますます発展する可能性がある仕上がりに。

特典の紹介

1:オンライン授業の視聴:オンライン授業を親子で視聴することができます。3000円コースの方は、中学生以外でも視聴出来ます。

2:対面授業の受講:対面授業に親子で参加することができます。年間受講の場合は21年7月~22年3月の授業に参加いただけます。

3:東京芸術中学の大判ポストカードの送付。デザインはグルーヴィジョンズ。

4:東京芸術中学特製トートバッグの進呈。デザインはグルーヴィジョンズ。

5:ゴールド・サポーター、プラチナ・サポーター、10万円リターンの支援者様公式サイトに名前の掲示(※希望者のみ)

6:東京芸術中学の講師陣&サポーター・ディナーへのご招待。2021年末開催予定。会場は渋谷近辺予定。食費無料。交通費自己負担。

https://twitter.com/tokyo_geichu/status/1296352702960562178

スケジュール

<東京芸術中学>は現在進行中ですので、クラウドファウンディングでご支援いただく方々には7月からオンライン講義または対面講義などで参加できます。

想定されるリスクとチャレンジ

少人数の対面授業と、広範囲なオンライン授業の両立を目指しております。そこがこの<東京芸術中学>を運営する上で一番難しく、かつやりがいのあるところだと思っております。

これまで8ヶ月間に渡って、日本最高の講師陣と共に中学生の受講生が、アート、デザイン、音楽、ファッション、文学、メディアアートなどの最前線に触れ、それらを貪欲に吸収していく様子を目の当たりに見てきました。

これからはオンライン対応の内容と機材環境を強化し、この教室に留まることなく、より多くの中学生に日本最高のクリエイティヴ教育を届けたいと思います。

本プロジェクトはプロダクションファンディング(All in)での実施になります。目標金額に満たなかった場合でも、不足分は自己資金で補填し、スクールを継続します。またその場合でもリターンもお届けしますのでご安心ください。

最後に

クリエイションや編集を教える仕事を長年やってきましたが、中学生を対象とした試みは初めてで、今までにない手応えと新鮮な感動を得ています。中学生たちの柔らかいアタマと積極的な好奇心で、授業はいつも楽しいサプライズに満ちています。この教育的感動を、是非多くの方と分かち合いたいと思っております。

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円コース

    • 東京芸術中学の大判ポストカードの送付。デザイン:グルーヴィジョンズ
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    3000円コース

    • オンライン授業視聴1回可能。中学生以外でもどなたでも視聴出来ます。
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 10000

    1万円コース

    • オンライン授業の視聴2回または対面授業1回可能(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 20000

    2万円コース

    • オンライン授業4回または対面授業2回可能(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り25枚

    40000

    4万円コース

    • オンライン授業8回または対面授業4回可能(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り9枚

    100000

    10万円コース

    • オンライン授業無制限または対面授業10回可能。(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 東京芸術中学特製トートバッグの進呈
    • クラウドファウンディング・サポーターとして、公式サイトで名前の掲示(※希望者のみ)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り10枚

    300000

    ゴールド・サポーター・コース

    • オンライン授業の視聴無制限。
    • 年間対面受講可能。(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 東京芸術中学特製トートバッグの進呈。
    • クラウドファウンディングのゴールド・サポーターとして、公式サイトで名前の掲示(※希望者のみ)。
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り4枚

    1000000

    プラチナ・サポーター・コース

    • オンライン授業の視聴無制限。
    • 家族内の中学生のお子様は複数で年間対面受講可能。(親子でご視聴・ご参加できます)
    • 東京芸術中学特製トートバッグの進呈。
    • プラチナ・サポーターとして、公式サイトで名前の掲示(※希望者のみ)。
    • 東京芸術中学の講師陣&サポーター・ディナーへの招待。
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。