ソノダバンドの新作アルバム「火の玉」のアナログレコード制作をクラウドファンディングで実現!

ソノダバンドの新作アルバム「火の玉」をアナログレコードで制作!アナログならではの音を伝えたい!

  • sonodaband
  • 音楽
  • 東京都
Top big ▶ 再生
  • コレクター
    87人
  • 合計金額
    1,285,005円
  • 残り
    0日

目標金額は500,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2013年1月15日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

アメリカのSXSW、韓国のソウルジャズフェスティバルなど、海外のフェスティバルでも評価されたインストバンド、“ソノダバンド”が新作「火の玉」のアナログレコード盤を創るプロジェクトです。ソノダバンドは演奏の一瞬に、もっと魂を込めて、気持ちを乗せて、音楽の原点に還って演奏をしたい。そんな想いで極力録音した音に手を加えないよう、24CHのテープレコーダーを使って音を記録。さらには、アナログレコードの制作を決意しました。一人でも多くの方に、レコードに針を落とす瞬間のワクワク感を楽しんでいただきたい。 再生した瞬間に広がる、アナログならではの心地よさを、生命力溢れる音を、体感していただきたい。 そんな気持ちを集結させて創り上げる、このプロジェクトをサポートしていただきたいです。

アメリカのSXSW 、韓国のソウルジャズフェスティバルなど、海外のフェスティバルでも評価されたインストバンド、“ソノダバンド”が新作「火の玉」のアナログレコード盤を創るプロジェクトです。

このアルバムをつくるにあたり、ソノダバンドは今まで以上に魂のこもった演奏をしたい、そしてその演奏が持つ気迫や空気感をそのまま伝えたいと考えて、アナログのテープレコーダーで録音し、修正も極力加えないようにして完成させました。

音楽はそもそも生の演奏でしか聴くことができませんでした。その音の連なりは、人の耳や体へ 直に伝わり、そこでしか体験することのできない感動や喜びを与えてくれました。 ところが録音技術が発明されて音楽が記録されるようになり、さらに技術が発達して音楽の制作環境がデジタル化すると、機械的な正確なテンポに合わせて録音され、リズムも音程も修正されて間違いのない正確な音楽が蔓延するようになりました。それを一概に否定するつもりはありませんが、人間的な音楽から遠のいてしまったことは間違いないと思います。

だからこそソノダバンドは音楽の原点に還り、アナログでの録音にこだわりました。 そして完成させた音楽をアナログで届けたいと思い、アナログ・レコードの制作を決意しました。 レコード盤に針を落とす瞬間のワクワクする感覚を楽しんでほしい。 再生した瞬間に広がる、アナログならではの空気感、人が演奏している実感を体感してほしい。 そんな気持ちを集結させて創り上げる、このプロジェクトをサポートしていただきたいです。

 

丁度、先日の日本経済新聞の記事「生産量が前年の1.5倍に レコード人気、急回復のワケ」に、デジタル化が進む音楽業界の新たな潮流として、アナログ・レコードの持つ音質や紙ジャケットの魅力が「デジタル世代には新鮮な響き」として密かなブームとなっている事が取り上げられていました。是非、この広がりつつあるアナログ・レコードの魅力を多くの方に体感頂ければと思います!

「火の玉」

「火の玉」のアナログレコード盤は、ライブ会場でも発売する予定です。
なお、CDでのリリースもありますので、是非、アナログレコードと、CDの両方を聴き比べてみてください。

2012年12月12日(水)発売 全10曲
1. 火の玉
2. Royal Straight Flush
3. 幸せはぬるま湯
4. 討入前夜
5. きえてなくなりたいぼくたちのために
6. The Coast Session
7. Ringojuice
8. トーキョー=ストロール
9. 沈む瀬
10. 浮かぶ瀬

メンバー 園田からのコメント

色々とアルバムごとにチャレンジを重ねてきたつもりですが、今回は楽曲・・・曲そのものに関しても、制作のしかたに関しても、特に変わったものが集まったように思っています。 キーボードがリーダーのインストバンドなのに、キーボードがほぼ何もしていないシンプルなロックンロール「火の玉」。 洋楽器と和楽器が正面きってぶつかりあって、バンドの新境地を開拓した「討入前夜」。 やり直しのきかない、アナログ・レコーディングでライブさながらの迫力を録ったラテンの大作「The Coast Session」。 結果として、今作も非常に個性豊かな楽曲の集まりとなりました。

チケット特典について

【やってみよう!熱田君】
コレクターの皆様には、アップデートを共有いたします。アナログ盤制作の進捗状況やソノダバンドの近況に加え、動画「やってみよう!熱田君」シリーズもご覧いただけます。

 

【Tシャツ】
Tシャツはこのプロジェクトを記念したオリジナルデザインです。30,000円以上のチケットを購入いただいた方は、Tシャツの背面デザインにクレジットとしてお名前を掲載させて頂きます。ペンネーム等でも結構です。お一人様1ネームに限らせて頂きます。なお、このTシャツもアルバムジャケットをデザインした山下良平さんがデザインすることが決定しました!ここでしか手に入らない貴重な一枚になること間違いなし!
山下良平:http://www.illustmaster.com/

 

【討入前夜 特別バージョン】
5,000円以上のチケットをご購入いただいた方には、「討入前夜」のCD-Rを進呈いたします。アルバム収録バージョンに加え、同局参加の和楽器グループ ”ざ・五人囃子”を大々的にフィーチャーしたバージョンを収録しています。

【アナログ・レコード・プレーヤー】
アナログレコードプレイヤーは、audio technica製AT-PL300を予定しております。色は黒/白よりお選びください。なお、諸事情により同等の別商品に変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【体験イベント】
50,000円以上のチケットを購入いただいた方には、「アナログレコード製造工場の見学」(関東近郊)、または「ドーナツ作り」(東京都内)のどちらかをお選びいただけます。

「アナログレコード製造工場の見学」については、工場の都合上、平日の9時もしくは13時のどちらかの開始時間となります。日程については工場の都合上、ご希望に添えない場合がございます。参加者の皆様のご都合を極力調整させて頂きますが、ご参加頂けない場合もございますので、予めご了承ください。なお、現地までの交通費は自己負担となります。

アナログレコードのことを「ドーナツ盤」と呼ぶことがあります。チケットの特典の中に、「ドーナツ作り」のプランができますが、どういうわけか「アナログを作ろう!」が「ドーナツを作ろう!」という発想にすりかわって生まれた企画です。奮ってご参加ください。

 

【200,000円のチケット】
・200,000円のチケットを購入いただいた方には、アナログレコード、CDともに10枚ずつをお送りいたします。よろしければ、まだソノダバンドの音楽を聴いたことのないお知り合いにプレゼントするなど、ご活用ください。

 

ソノダバンド

ドラム・ベース・キーボード・ギター・バイオリン・チェロの6人編成。
ロック・ポップスをベースとした幅広いバンドサウンドは、「ボーカリストがいないのに、歌が聴こえてくる。」と評される。

2006年バンド結成。「サマーソニック09」への出演、「東京バンドサミット」国内1位獲得を経て、アメリカで「SXSW」(世界最大規模の音楽フェス)に2年連続で出演。これらの経験をきっかけに、自らのマネジメント会社Thirdnoteを設立。

2010年10月、『ルネサンス』(Victor Entertainment)でメジャーデビュー。
2011年、美空ひばり23回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」や「情熱大陸ライブ」に出演。11月には『疾走(はしれ、はしれ)』(EMI Music Japan)をリリース。
2012年5月には、韓国で開催された「Seoul Jazz Festival 2012」に日本人として唯一出演。

音楽の歴史と、音楽の未来へ。世界を舞台に、ソノダバンドは歩いていく。

オフィシャルサイト:http://sonodaband.jp/

もっと読む
コレクター
87人
現在までに集まった金額
1,285,005円
目標金額は500,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年1月15日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • 11人
  • 5,000円 残り59枚

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを1枚、特典CD—R1枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • 41人
  • 15,000円 残り18枚

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを1枚、特典CD—R1枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • アルバムCDを1枚進呈いたします。
    • アナログレコード製作プロジェクトを記念した非売品Tシャツを1枚進呈いたします。
    • 12人
  • 30,000円 SOLDOUT

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを1枚、特典CD—R1枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • アルバムCDを1枚進呈いたします。
    • レコードプレイヤー1台(Audio TechnicaAT-PL300を予定)を進呈いたします。
    • アナログレコード製作プロジェクトを記念した非売品Tシャツを1枚進呈いたします。
    • 上記Tシャツの背面デザインにクレジットとしてお名前を掲載させて頂きます。
    • 16人
  • 50,000円 残り8枚

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを1枚、特典CD—R1枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • アルバムCDを1枚進呈いたします。
    • レコードプレイヤー1台(Audio TechnicaAT-PL300を予定)を進呈いたします。
    • アナログレコード製作プロジェクトを記念した非売品Tシャツを1枚進呈いたします。
    • 上記Tシャツの背面デザインにクレジットとしてお名前を掲載させて頂きます。
    • 亀戸ドーナツ工場にてドーナツ作り体験にご参加頂けます。 (日程については参加者の皆様のご都合を極力調整させて頂きますが、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。)
    • 2人
  • 50,000円 SOLDOUT

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを1枚、特典CD—R1枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • アルバムCDを1枚進呈いたします。
    • レコードプレイヤー1台(Audio TechnicaAT-PL300を予定)を進呈いたします。
    • アナログレコード製作プロジェクトを記念した非売品Tシャツを1枚進呈いたします。
    • 上記Tシャツの背面デザインにクレジットとしてお名前を掲載させて頂きます。
    • アナログレコード工場にてカッティング作業立ち会いにご参加頂けます。(日程については工場の都合上、ご希望に添えない場合がございます。参加者の皆様のご都合を極力調整させて頂きますが、ご参加頂けない場合もございますので、予めご了承ください。)
    • 5人
  • 200,000円 残り5枚

    • 感謝メールをお送りいたします。
    • コレクター限定のアップデートを共有いたします。
    • アナログレコードを10枚、特典CD—R10枚(「討入前夜」ソノダバンドverと五人囃子verの2曲入り)を進呈いたします。
    • アルバムCDを10枚進呈いたします。
    • レコードプレイヤー1台(Audio TechnicaAT-PL300を予定)を進呈いたします。
    • アナログレコード製作プロジェクトを記念した非売品Tシャツを1枚進呈いたします。
    • 上記Tシャツの背面デザインにクレジットとしてお名前を掲載させて頂きます。
    • 亀戸ドーナツ工場にてドーナツ作り体験にご参加頂けます。(日程については参加者の皆様のご都合を極力調整させて頂きますが、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。)
    • アナログレコード工場にてカッティング作業立ち会いにご参加頂けます。(日程については工場の都合上、ご希望  に添えない場合がございます。参加者の皆様のご都合を極力調整させて頂きますが、ご参加頂けない場合もございますので、予めご了承ください。)
    • 0人

プレゼンター

Icon

sonodaband

  • 東京都

<ソノダバンド> ドラム・ベース・キーボード・ギター・バイオリン・チェロの6人編成。 ロック・ポップスをベースとした幅広いバンドサウンドは、「ボーカリストがいないのに、歌が聴こえてくる。」と評される。 2006年バンド結成。「サマーソニック09」への出演、「東京バンドサミット」国内1位獲得を経て、アメリカで「SXSW」(世界最大規模の音楽フェス)に2年連続で出演。これらの経験をきっかけに、自らのマネジメント会社Thirdnoteを設立。 2010年10月、『ルネサンス』(Victor Entertainment)でメジャーデビュー。 2011年、美空ひばり23回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」や「情熱大陸ライブ」に出演。11月には『疾走(はしれ、はしれ)』(EMI Music Japan)をリリース。 2012年5月には、韓国で開催された「Seoul Jazz Festival 2012」に日本人として唯一出演。 音楽の歴史と、音楽の未来へ。世界を舞台に、ソノダバンドは歩いていく。

質問や意見をメールする