facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

血の繋がった姉弟愛を描く禁断のヒューマンラブストーリー『Sister』をクラウドファンディングで実現!

血の繋がった姉弟愛を描く
禁断のヒューマンラブストーリー『Sister』

青山学院大学総合文化政策学部内山隆ゼミでの四年生の卒業制作『Sister』血の繋がった姉弟愛を描く禁断のヒューマンラブストーリー。個人ではなく組織でクリエイティブな作業をする事で学生の自己満足ではない作品を作りあげます。

コレクター
30
現在までに集まった金額
223,000
残り日数
73
目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年2月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年2月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
青山学院大学内山ゼミ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

青山学院大学総合文化政策学部の内山ゼミ4年生による卒業制作映画『Sister』の応援お願いします。よろしくお願いします!

このプロジェクトについて

青山学院大学総合文化政策学部内山隆ゼミでの四年生の卒業制作『Sister』血の繋がった姉弟愛を描く禁断のヒューマンラブストーリー。個人ではなく組織でクリエイティブな作業をする事で学生の自己満足ではない作品を作りあげます。

血の繋がった姉弟愛を描く禁断のヒューマンラブストーリー
『Sister』
by 青山学院大学総合文化政策学部内山隆ゼミナール

*このプロジェクトについて

青山学院大学総合文化政策学科の内山隆ゼミナールにおける四年生の卒業制作。血の繋がった姉弟愛を描く禁断のヒューマンラブストーリー『Sister』の製作費用ご支援を承っております。

*本プロジェクトの背景

青山学院大学総合文化政策学科内山ゼミナールでは学生の自己満足ではない作品作りを通して、個人の単位ではなく組織でクリエイティブな作業をすることを目標としています。そして外部に作品を出品し、高い評価を頂いております。昨年には『一滴の雫から広がる波紋』を制作し、夜空と交差する森の映画祭にて上映していただきました。今回は監督に『不眠症』でおなじみの皆銭文哉をたて、プロデューサーには先ほどの『一滴の雫から広がる波紋』にてメガホンをとった石井悠斗という、最強のダブルタッグにて挑みます。

*あらすじ

血の繋がった姉弟愛を描くヒューマンラブストーリー。優太と天使の会話と、現実の二軸で物語が展開される。 主人公の優太は母の死と父の失踪を契機に姉・さやかに対する恋愛感情に気付く。姉という最愛の人との同居生 活に喜ぶが、想いを告げられず苦悩する。その中、優太は姉の彼氏に嫉妬し感情が爆発する。姉との仲直りをしようとするさなか交通事故に遭い死んでしまうが、姉に対する思いを伝える為に姉の夢の中で再会を果たす。

*作品テーマについて

この作品は「姉弟愛」というタブーを扱った映画です。近年、同性愛を扱ったドラマや映画を、国内外問わずよく見かけます。しかし「親族恋愛」は、いまだに禁忌と思われています。古典作品には多くありますが、決してメジャーなジャンルではありません。なぜ家族間で愛し合ってはいけないのか。世の中には「詳しくは分からな いが、とにかくダメ」というものが多くあります。この作品を通して、多くの人にそのような問題に目を向けてもらい、最後には感動してもらえたらなと思っております。また、学生の等身大のラブストーリーを描くことで、様々な愛の形について改めて考えてもらえたら嬉しく思います。

*作品概要

青山学院大学総合文化政策学科の内山隆ゼミナール(映画・映像のマネジメント、プロデューシング)内での4年生による卒業制作であり、本映画は「AOYAMA FILMATE 2020」での上映や各映画祭への出品を予定しております。

*スタッフ紹介とメッセージ

監督/皆銭文哉(青山学院院大学総合文化政策学部4年。過去監督作がユーロライブにて本年 11 月上映)

監督の皆銭文哉です。今作は私にとって大学生活でつくる最後の映画だと思います。これまではミステリーやホラーなど、人間のダークサイドを描いた物語が多く、それはそれで作っていて楽しく、評価され光栄なのですが、最近になって、自分の映画を観た人が涙を流し、少しでも人生に影響を与えられるような物語をつくりたいと思うようになりました。そのためには、表面的な優しさではなく、人間の暗黒面と同時に、本質的な愛情も描きたいと思いました。自らの幸福や欲望を諦めてでも大切にしたい人はいるか。今作は、「家族愛」を扱った映画になります。儚くも美しい物語にしたいと思っています。そして家族恋愛を通して、世間の禁忌とされる事柄を見つめ直す物語にしていきたいと思っております。よろしくお願い致します。

プロデューサー/石井悠斗(⻘山学院大学総合文化政策学部4年。ホリプロ文化芸能財団奨学生に認定)

『Sister』プロデューサーの石井悠斗です。この作品は今の4年生の卒業制作となる作品になります。昨年監督・プロデューサーとして撮影した経験、またそこからの反省も生かして4年間の集大成となるような作品にできるよう頑張ります。監督含めた仲間達と協力し、キャストさんやクラウドファンディングに協力していただいた方々にこの作品に関わってよかったと思えるような作品、環境を作るよう全力で取り組みます。卒業後も映像・映画に関わる業種につくので、最後にこの作品を通して将来に繋がるような誇れる作品にします!!

助監督/牧原颯也

この度、助監督を務めさせていただきます牧原颯也と申します。以前子役として活動していたこともあり、撮影の現場は今でもワクワクします。学生映画の枠を越えるクオリティーの作品を制作するので、皆様楽しみにしていてください。

助監督/菅野みゆき

はじめまして。本作品で助監督を務める菅野みゆきです。今回はスタッフの人数も増え、より良い作品を作れるのではないかとワクワクしています。「姉弟愛」についてみんなで一生懸命考え、監督をはじめとするこのチームで私たちにしか作れないものを皆様にお届けします。ぜひお力添えをいただけると幸いです。よろしくお願い致します!

アシスタントプロデューサー/王家峻

はじめまして。この度アシスタントプロデューサーを務めさせていただきます王家峻と申します。この作品は学生時代最後の作品のため、悔いを残さず、チームでこれまで学んだ知識を生かして、皆様を感動させる作品を作りたいと思います!皆様の応援よろしくお願い致します!

アシスタントプロデューサー/阿部美優

アシスタントプロデューサーを務めさせていただきます阿部美優です。個性溢れる頼もしい仲間たちと共に、日々試行錯誤しながら制作をしています。姉弟愛という難しいテーマではありますが、面白かった!だけでは終わらせない作品になると確信しております。皆様、楽しみにしていてください。応援のほどよろしくお願いします!

(左から牧原、菅野、王、阿部)

*キャスト紹介

キャストオーディンを終え、現在選考中です。たくさんのご応募ありがとうございました。大変レベルの高い選考となっており、スタッフ全員で慎重に選考しております。決定次第、アップしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

*想定されるリスクとチャレンジ

私たちは学校の授業の一環として、また卒業制作として作品を撮影します。なので、目標金額に達しない場合でも映画は制作され各映画祭への出品等も行う予定です。しかし、学生の私たちには全ての費用を自分たちで賄うことには限界があります。少額でも大丈夫ですので、是非ともご支援お願い出来ればと思います。

*支援金内訳

キャスト費・スタジオ費・撮影機材費・食費・交通費など。詳しい内訳が決まり次第、アップしていきます。よろしくお願いします。

*スケジュール

2019年11月17日 キャストオーディション

2019年11月27日、12月3、7、10、14日 本読み・打ち合わせ

2019年12月16日〜19日 撮影(12月20日 予備日)、ポストカード制作

2020年1月 本編DVD編集

2020年2月 メイキングDVD編集

2020年2月22日前後 支援者の方へ返礼品のお送り

2020年2月29日 青山学院大学主催「AOYAMA FILMATE 2020」にて上映@青山学院大学アスタジオ

*活動の様子

毎週火曜日に定例打ち合わせをしています。

 (定例打ち合わせの様子)

11月17日に行われたオーディションの様子↓

どのキャストも大変レベルが高く、充実したキャストオーディションになりました。キャスト発表をお楽しみに!!

*最後に

私たちのページを最後までご覧下さり、誠にありがとうございます。同期の中には映像業界に進む者がいれば、全く異なった道に進む者もいて、人によっては人生で最後の映像製作になる場合もあります。そして同期で一つの作品を作り上げるのも最後です。全員が脚本の段階からストーリー作りに関わり、何度も何度も話し合いを重ねて、時にはぶつかり合いながら、それでも皆が納得できる形で良い作品を撮るために一人一人全力で取り組んで参りました。12月にはいよいよ撮影を迎えることとなり、それに向け現在準備を進めております。様々な困難や壁が私たちの前に立ちはだかると思いますが、それらを乗り越え、全身全霊で取り組み、来年の春に完成試写会を迎えます。まるで厳しい寒さに耐え、春先に芽をだすフキノトウのように、支援いただいた皆様に作品公開のお知らせを無事告げることができればと思っております。独特な味わいを持ちつつ、広く多くの方に楽しんでいただける作品になれば幸いです。

リターンを選ぶ

  • 1000

    エンドロール

    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 2000

    ポストカード+エンドロール

    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 6000

    本編DVD+エンドロール+ポストカード

    • 映画『Sister』の本編DVD。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 10000

    本編+メイキングDVD+エンドロール+ポストカード

    • 映画『Sister』の本編DVD。
    • 映画『Sister』のオーディションから撮影終了までの裏側を記録したメイキングDVD。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 15000

    映画『Sister』も上映される「AOYAMA FILMATE 2020」(学生映画&MV上映会)無料招待券+エンドロール+ポストカード

    • 青山学院大学アスタジオにて2月29日開催の「AOYAMA FILMATE 2020」へ無料ご招待。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り30枚

    20000

    本編DVD(メイキング付き)+ランダムサイン入りポストカード+エンドロール

    • 映画『Sister』の本編DVD。
    • 映画『Sister』のオーディションから撮影終了までの裏側を記録したメイキングDVD。
    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード(キャストのランダム直筆サイン入り)。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り29枚

    30000

    「AOYAMA FILMATE 2020」無料招待券+本編DVD(メイキング付き)+サイン入りポストカード+エンドロール 全部セット

    • 青山学院大学アスタジオにて2月29日開催の「AOYAMA FILMATE 2020」へ無料ご招待。
    • 映画『Sister』の本編DVD。
    • 映画『Sister』のオーディションから撮影終了までの裏側を記録したメイキングDVD。
    • 映画『Sister』のオリジナルキービジュアルポストカード(キャストのランダム直筆サイン入り)。
    • 映画『Sister』のエンドロールにて支援者のお名前をご紹介。
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。