facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

アートと人々が交わり、対話と創造を試みる。真刻の角獣展の開催をクラウドファンディングで実現!

対話から生まれる企画展 ” 真刻の角獣” - HORNS FROM THE CORE -

角と骨に想いをこめて。白鳥雄也の彫刻を軸に、音楽、ダンス、デジタルアートなど、多彩なクリエイターたちが共鳴し合う。アートと人々が交わり、対話と創造を試みる、"真刻の角獣" 展。 2024年3月、表参道にて開催決定!

コレクター
57
現在までに集まった金額
691,888
残り日数
2
目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2024年2月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2024年2月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
白鳥 雄也 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
白鳥 雄也

1986年生まれ  神奈川県出身 UNKNOWNWORKS代表 アメリカ、ボストンの大学< The Art Institute of Boston > < Massachusetts College of Art >にて彫刻、空間表現を学ぶ。植木屋としての仕事を軸に、デザイン、内装、家具什器など、制作の幅は多岐にわたる。技法、素材を複合的に用い、自然、動植物の持つ生きる強さを、人間の持つ心象表現に載せ作品づくりをする。独学にて身体表現を続け、2018年に受けたコンテンポラリーダンスのWSをきっかけに、彫刻と身体表現の交差を模索し始める。

このプロジェクトについて

角と骨に想いをこめて。白鳥雄也の彫刻を軸に、音楽、ダンス、デジタルアートなど、多彩なクリエイターたちが共鳴し合う。アートと人々が交わり、対話と創造を試みる、"真刻の角獣" 展。 2024年3月、表参道にて開催決定!

2024.0218 - [ 6.スケジュール ] → ライブ情報を更新しました 

!!ストレッチゴールに挑戦中!!

みなさまからの温かいご支援ご声援により、開始から1週間ほどで目標金額を達成することができました。本当にありがとうございます!!

NEXT GOALとして、60万円を目標に掲げます!

それにより、

  • 会場内でのダンサーによるパフォーマンス
  • ツノを用いたネックレスWS(ワークショップ)
  • みんなでツノラクガキWS(ワークショップ)
  • 展示台のクオリティのアップデート
  • ライブイベントの機材レンタル
  • 12体目、最後の角獣の制作

など、賛同アーティストを増やし、企画展 " 真刻の角獣 " をより多くの人、アイデア、を巻き込んで成長させることができます!!

ご支援いただくことにより、展示空間がどんどん面白くなっていく。想像を超えて広がっていく。

たのしい を第一に。頑張っていきます!!!引き続きよろしくお願いします!

ようこそ、真刻の角獣の世界へ

私、白鳥雄也は、角と骨をモチーフにし、人間の意思や想いを込めて作品制作をしています。

2024年3月、東京・表参道にある PinpointGallery にて開催されるこのプロジェクトでは、彫刻とその世界観を拡張した企画展が行われます。彫刻を中心に、ウェブデザイン、音楽、ダンス、デジタルアート、映像など、多岐にわたるクリエイターたちが一堂に会し、共通の世界観を表現します。

人や自然との対話から生まれるエネルギーを彫刻に昇華させ、作品 = 角獣が持つ独自の言葉、メッセージとして伝えます。

角に込めた力強さや穏やかなエネルギーを感じて、人間らしさを表現したい。

このプロジェクトを通して、角獣たちが纏う独自の言葉とエネルギーを感じ、そのメッセージを共有できることを楽しみにしています。

どうぞご支援いただき、一緒に素晴らしい体験を共有しましょう!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

目次

  1. はじまりは、オンライン。
  2. 作品について
  3. プロジェクトの目的
  4. 参加アーティストたち
  5. 展示ギャラリーについて
  6. スケジュール
  7. 目標金額の内訳
  8. お礼品について
  9. リスクとチャレンジ
  10. 最後に

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1. はじまりは、オンライン。

2021年3月。人類未希有のパンデミック、閉鎖と制限の中、何かできることはないのか。表現者たちみんなが苦しみ、もがいていました。そんな中、学生時代からの友人で、デザイン事務所 ALAKA GRAPHISの烏頭尾優羽さんが私に声をかけてくれました。

オンラインでしかできない空間を、つくろう!

コロナ禍の中、新しい形のコミュニケーションと表現の場を見つけようという志のもと、衣装制作や講師として知られる佐々木智之さんが、3Dデジタルアートの制作を担当することになりました。そして、コンテンポラリーダンサーの柿崎麻莉子さんによるワークショップで出会った四人のダンサーたち。今井琴美さん、柴田美和さん、茂木美佑さん、樋浦瞳さんによる、対話から生まれた身体表現。

新しい表現の可能性を求めて、オンライン実験展示  "真刻の角獣 - HORNS FROM THE CORE - " が誕生しました。

洞窟をテーマにした初期案

オンライン上の展示空間

2. 作品について

... ツノというモチーフ...

 角を持つ動物たちって、なんだか日本人ぽいなぁって思うんです。 彼らが角を使う時って、普段の生活ではごく稀なんです。オス同士の縄張り争いや、メスの奪い合い、肉食獣に襲われた時、そして、仲間を守るとき。あんなに美しいフォルムの造形を、結構重いのに、あまり使わないんです。日本人って、他国に比べて、少し内向的な印象を受けるんです。はっきりしてないというか。美しいものを持っているのに、自信を持って個性を逸脱させるのが苦手というか。集団になりがちというか。牛科の動物たちも、大抵は群れで暮らしてる。 ネガティブな意味ではなくて。そういった、気高い角、生きていく上での信念みたいなものを誰しもが持っていて。だけど、それは毎日頻繁に使うものじゃない。そこに、日本人、人間っぽさが重なる気がするんです。

 2021.0518

... 真刻の角獣って?...

 昔から、ツノに対する憧れみたいなものがありました。かっこいいし、美しいし、わけがわかんない。なんであんなものが頭から生えているんだ?!なんのために??って。気付いたら角の絵を描いたり、作ったり、被ったりしてましたね。角のある獣。 角獣は、なぜだか僕の中にずっといるんです。

真刻って言葉は、造語なんです。烏頭尾さんと展示タイトルを考えていて、捻り出したワード。

心の奥底にあるトラウマだったり、苦しみ、悲しみ、感動、歓喜の瞬間だったり。そこから生まれる自己形成の強い思念。そういったものを、角獣たちのツノにのせて、表現したいなって。人の芯深く、いちばん真ん中にあるところ。そこに ズシャッと刻まれているもの。

最初は深谷の角獣だったんだけどね。精神の深いところ、谷にいる角獣。でもそしたら、全国のふかやさんが反応しちゃうから、やめました笑

No.074 踠 - en - 

... 何でおどるの?...

 生の身体で表現するのって、嘘がつけないんです。彫刻や絵画、映像などの作品と違って、完成品が存在しない。

想いをまっすぐに作品にこめるって、すごい難しいと思うんです。やっぱり、「かっこよく」見えるように、仕上げてしまう。

でも、おどってる時って、その瞬間にしか存在しないんです。その場所、匂い、気温、身体の調子、メンタル、全部がその瞬間に存在していて、次の瞬間もう違うものになっている。その刹那性に惹かれます。

真刻の角獣 ダンス作品の撮影風景 

左から 忘 -bou- miwa shibata / 幽 -yu- kotomi imai / 虚 -uro- yuya shiratori

2021.0608 ロケハン風景 / 表現についてのインタビュー

... 何を表現し、何を伝えたい?...

 作品を生み出したり、表現して誰かに伝えていくことって、ある種の 儀式みたいなものだと思います。

僕は元々、情緒不安定なタイプの人間でした。過去に何度か、うつ病や引きこもってしまう時期もありました。八方美人で完璧主義、お人好しのムードメーカー。そんな自分でいなきゃいけない、元気でポジティブなとりちゃんでいなきゃ。って鏡に向かって言い聞かせてきた。だけど、自分に嘘をつき続けていると、ぐちゃぐちゃの闇の穴に落ちていくんですよ。

でも今、ようやっと自分が自分である気がします。そのぐちゃぐちゃを、作品として具現化し、自分の内から外に出したからだと思うんです。だから、僕にとっての創作、表現活動って、治療みたいなものなんです。自分を生まれ変わらせる儀式。

 真刻の角獣を表現し始めてから、その儀式を少し変えてみました。自分が自分が、をやめようかって。誰しもが心の奥に持っている、光だったり闇だったり。それに触れさせてもらい、その情念を表現する。彫刻的に、肉体的に。そうすることで、今まで自分一人の世界だったナルシズム的な価値観が、少し普遍的になってくれたらいいなって。

◾️過去作 ”命のやりとり”をテーマにした仮面舞踏作品。死して喰われても尚生きようとする、サバンナのインパラをモチーフにした作品。真刻の角獣に関わってくれたダンサーたちが共演。

"驚異の部屋" - cabinet of curiosities - 2019.05

3.プロジェクトの目的

 パンデミックを経てアップデートされた、新たな表現方法とは何だろう。私たちの目的は、コロナ禍で生まれたオンラインでの表現方法を通じて育まれたコミュニティを、オフラインで生で感じてもらうことです。

... 対話から、生まれる ...

 「企画展 真刻の角獣」は、アーティストと、そこで出会った人々が、作品を通じて触発された対話と創造を生み出す場。来場者が作品に触れ、感じ、それが新たな 対話の種をまくことで、アートと人々が交わるサイクルが生まれていく。このサイクルが展示空間を軸に新たな創造的なエネルギーをもたらし、日々の生活に、より豊かで自由な発想が生まれていくことを目指します。

作品と対話する様子

4. 参加アーティストたち

◾️ Dancer  今井琴美 (Kotomi Imai)

 北海道出身。上京を機にダンスを習い始め2017年よりコンテンポラリーダンスに没入、以降様々な振付家のWSや作品に参加、自身でも作品を発表。"見えるものを観えなくし、見えないものを視せる" 質感と世界観には定評があり、幽玄な美を柔軟な身体に纏わせる。2020年より大橋可也&ダンサーズ作品に参加、美術モデル、ダンサーモデル、美術大学非常勤講師の経験や映像と身体WS「幻視する身体」開催など活動は多岐にわたる。

真刻の角獣 / 参加作品 No.066 幽 - yu -

◾️ Dancer  茂木 美佑 (Miyu Motegi)

 6歳よりクラシックバレエを始める。高校卒業後に渡独、バレエ学校にてクラシックバレエとコンテンポラリーダンスを中心に学び、ディプロマを取得。卒業後、BudapestDance Theaterに入団し活動する。フリーランスに転向後、幾つかのプロジェクトに参加したのち帰国。2018年にKanami Nakabayashi と"Morin”結成。Co.Ruri Mito 「MeMe」 クリエーションメンバー、平山素子作品等に出演。ダンサーとしての活動を軸に、KIACにて自身の作品を制作する他、映画「ひらいて」ダンスシーン振付・指導など、映像作品での振付も行う。

真刻の角獣 / 参加作品 No.073 沼 - shou -

◾️ Dancer  柴田美和 (Miwa Shibata)

 東京出身。幼少期からモダンダンスを始め、日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。近年は西沙織主催<茎>で踊る傍ら、自身の作品を発表する。自作では『Oblivion』『その骨の、体温の」など発表他、映像作品の制作や音楽家との即興を行う。「nextream21」で審査員特別賞、「横浜ダンスコレクション 2021」で若手振付家のための在日フランス大使館賞受賞。2021年度DaBYレジデンスアーティスト。

真刻の角獣 / 参加作品 No.075 忘 - bou -

◾️ Dancer  樋浦瞳 (Akira Hiura)

 1995年新潟県生まれ。五十嵐瑠美子・五十嵐生野にモダンダンスを師事。新潟明訓高校ダンス部で活動の後、筑波大学体育専門学群にて平山素子に師事。卒業後、天使館にて笠井叡に師事。これまでに池田扶美代、梅田宏明、黒田育世、山田うん、島地保武、柿崎麻莉子らの振付作品に出演。2021年9月よりNoism1に所属。

真刻の角獣 / 参加作品 No.078 最 - sai -

◾️ Design&Film Director  烏頭尾優羽 (Yuu Utoo)

 現役グラフィックデザイナーでありモーショングラフィックアーティストでもあるYUUは、ワシントン・ニューヨークなどでフィルムメーカーとして作品を生み出していた頃の感性と、日本で培った美的感覚を融合させた、独自のアートダンスフィルムを創出する。

◾️ 3D Digital Artist  佐々木智之 (Tomoyuki Sasaki)

 1983年生まれ 秋田県出身 オーダーメイド衣装製作をメインに活動。(CM・舞台・アイドル) 洋服の作り方・作る楽しさを広める為、youtubeにて技術指導チャンネルを開設。 新たな表現方法として3Dを取り入れ、白鳥雄也の彫刻をデジタル化し、仮想と現実の狭間での作品展開をする。

youtubeチャンネル YouTube動画縫製学校  Japanese clothing technical school 

◾️ Photographer  烏頭尾拓磨 (Takuma Utoo)

 ハイブランドからワイルドな撮影現場まで、さまざまなフィールドで活躍している。カメラマンとしての技術はもちろん、被写体の撮られたいアングルや気持ちへの意識を常に忘れない。アート作品に対しても、手で触れるような質感を写真に投影する。

◾️ Music Artist  橋爪侑也 (Yuya Hashizume)

1985年生まれ 愛知県出身。アサラト、ディジュリドゥをはじめ、さまざまな民族楽器を奏でる。真刻の角獣でのダンス映像をもとに、音響制作を担当。白鳥雄也の友人であり、セッションの良きパートナー。

◾️ Music Artist  若狭真司(Shinji Wakasa)

1984/04/14生まれ。作曲家/ アーティスト。 CM・映画音楽、ファッションショーやアートエキシビションへの作品提供や制作を行う。自身のアーティストワークにおいては静けさと抑制を意識しながら、響き/ テクスチュアに根差した音と音楽の強度を信条とし、これまでに多数の海外レーベルから作品をリリースする。近年はテーマである死と音楽の物質性に対して、場を用いたアプローチを試みている。本企画 "真刻の角獣" においては、会場内での音響を提供。

◾️ Sculptor & Dancer & Director  白鳥雄也 (Yuya Shiratori)

1986年生まれ 神奈川県出身  UNKNOWNWORKS代表

アメリカ、ボストンの大学、< The Art Institute of Boston > < Massachusetts College of Art >にて彫刻、空間表現を学ぶ。植木屋としての仕事を軸に、デザイン、内装、家具什器など、制作の幅は多岐にわたる。技法、素材を複合的に用い、自然、動植物の持つ生きる強さを、人間の持つ心象表現に載せ作品づくりをする。独学にて身体表現を続け、2018年に受けたコンテンポラリーダンスのWSをきっかけに、彫刻と身体表現の交差を模索し始める。

5. 展示ギャラリーについて

1988年に開廊し、イラストレーション、絵本などの個展、画廊企画のグループ展などを運営されている、 PINPOINT GALLERYにて展示予定。

真刻の角獣 オンラインギャラリーを支援してくださった、 ALAKA GRAPHIS代表の烏頭尾秀章さまのご縁、ご紹介により繋がったギャラリーです。

展示詳細ページは コチラ

Instagramは コチラ

6. スケジュール

2023年

 9月-12月 クラウドファンディング準備、グッズデザイン制作、展示企画進行

2024年

 1月中旬 クラウドファンディング開始

 1月下旬 リターン&グッズ制作、展示作品&台の制作

 2月下旬 クラウドファンディング終了

 2月下旬 ライブイベント、リターン品、展示の準備

 3月11日〜16日  PINPOINTGALLERYにて展示

 3月15日 Reception Party : 橋爪侑也らによる民族楽器ライブイベント予定

 3月下旬 最終報告、リターン発送

 4月〜 オーダーリターン品の制作、発送

◾️展示スケジュール詳細

2024年3月11日(月)〜3月16日(土)

12:00〜19:00 

初日月曜日 14:00〜19:00 

土曜日12:00〜17:00

◆ 角獣ライブ ◆

2024年3月15日 金曜

ギャラリー通常OPEN12:00 - 15:00

15時以降は入場料 ¥1000 / 1drink付き

16:00 - 16:40 トークライブ

 角獣プロジェクトについて語ります。

 彫刻 / 白鳥雄也 × 服飾&デジタルアート / 佐々木智之 × 映像&デザイン / 烏頭尾優羽

17:00 - 18:30 民族楽器ライブ

 ディジュリドゥ/ アサラト @asarato_tricky
 テルミン etc.. @zeeeeeeemin
 口琴 @hiromijawharp
 口琴/ ムックリ @koukin_no_aki
 口琴 / アサラト/ カンジーラ @tori_nichijo

7. 目標金額の内訳

 ギャラリーレンタル費やグッズ制作、展示物の製作、そして広告宣伝に資金が必要です。

目標金額は30万円に設定しております。が、実際にかかる費用の主な内訳はというと、、、

  • ギャラリーレンタル費用    ¥185,000
  • グッズ制作費         ¥200,000
  • 展示台, 会場装飾の制作費      ¥20,000
  • イベント運用費                       ¥50,000

これに加え、DM作成費、広告宣伝費、会場備品レンタル代、作品運搬費など全て含めると、総額60万円ほどの費用がかかる予定であり、みなさまからご支援いただいた資金は上記費用の一部に充させていただきます。

もし目標金額未達となった場合でも、不足する資金は自費で補填し、" 真刻の角獣 " 展の開催を実現します!

また、目標金額以上の資金が集まった場合は、

  • 魅力的なグッズ制作
  • ワークショップの企画
  • ライブイベントの充実化
  • 追加作品の制作

など、対話のきっかけをより充実化させることができるストレッチゴールを目指します、、、!

8. お礼品について 

--- モノの売り買いではなくて --- 

みなさまひとりひとりの中の 角獣に出会い、このプロジェクトを膨らましていけたら、、という想いを込めて、13種類の支援方法を考えました。

(画像タップで高画質ページへ移動します)

B.オリジナル角獣ロゴのデザインは現在調整中です。アップデートをお楽しみに!

◾️ デザイン、仕様に関しては多少の変更が必要になる可能性がございます。ご了承の上ご支援よろしくお願いします!(全て税込、送料込みの価格です)

◾️ 特典C,D,E,F,G,Jに関しては、郵送、または展示会場でのお渡しのどちらかをお選びいただけます。

◾️ 展示会場でのグッズ販売価格との差額については、ご支援金としてのご理解をよろしくお願いいたします。

◾️特典B,CのAR体験QRコードについては、iPhoneのみでの対応となります。androidの対応機種についてはこちらのリンクをご参照ください。

9. 想定されるリスクとチャレンジ

①予算不足

 展示空間の構築やデザイン、グッズ制作、イベントにより予想以上の予算が発生する可能性がある。

 → 事前の見積もり精度をあげ、削るものは削るよう、柔軟に判断していきます。

②対話と交流の不足

 来場者同士やアーティストとの間で期待されるほどの交流が生まれない可能性がある。

 → アーティスト在廊予定日をSNS、メール、ギャラリーホームページで随時更新します。更に、来場者全員が参加することにより変化していく作品を制作する予定です。

③複合した表現手法をどう魅了的にみせるか

 既存の展示スタイルと異なるアプローチが理解されにくく、来場者の受け入れが難しい可能性がある。

 → 完成作品の展示だけでなく、スケッチや文章を共に添えることによって、創作に至る経緯や想いを伝えていきます。

④グッズ制作、返礼納期の遅延 

 デザインの遅れや製造会社さまの資材調達、価格の変動により納期が遅延する可能性がある。

→ 余裕を持った納期を設定させていただきます。そして、各メーカーの方との情報共有を行い、変更や遅延がある場合は支援者のみなさまに随時お知らせさせていただきます!

* 今回はプロダクションファンディング(All in)での挑戦になるため、もし目標金額未達となった場合でも、不足する資金は自費で補填し、" 真刻の角獣 " 展の開催を実現します。リターンも必ずお届けしますので、ご安心ください。

10. 最後に

 最後まで長文にお付き合いいただき、ありがとうございます、、!!!

 ご支援いただくことで、このプロジェクトをより良いものにし、角獣たちの世界観をたくさんの方々と共有し広げていきたいです。私は真刻の角獣たちを通じて、過去の闇や情緒を素材とし、外に出すことで、自分に正直になることができました。人と、素材と対話することによって、自分自身が開いていき、今まで内に秘めていた感情を、角獣たちのツノにのせて表現することができました。そこには、私だけのものではない、普遍的なテーマがあるはず。この展示では、そのテーマを優しく皆さんに伝えたい。そう思っております。

どうぞご興味をお持ちいただき、プロジェクトへのご支援をお考えいただければ幸いです。一緒に素晴らしい体験を作り上げましょう!

リターンを選ぶ

  • 2000

    A. 気持ちで応援!

    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年02月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 2500

    B. データで応援!

    • クラファン限定!角獣ロゴ (ダウンロード期限:2024年4月30日まで)(全12種類・1セット)
    • AR体験QRコード(ダウンロード期限:2024年4月30日まで) ×1
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年02月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 3000

    C.グッズで応援!

    • ポストカード3枚 (全11種類の中からお好きな3枚)
    • AR体験QRコード(ダウンロード期限:2024年4月30日まで) ×1
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 5000

    D. グッズで応援!

    • オリジナル角獣ステッカー(全11種類・1セット)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 5000

    E.グッズで応援!

    • オリジナル角獣手ぬぐい(1枚)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 19人が応援しています。
  • 10000

    F. グッズで応援!

    • オリジナルポストカード(全11種類・1セット)
    • オリジナル角獣ステッカー(全11種類・1セット)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 20000

    G. グッズで応援!

    • 3Dプリント作品(クラファン限定台座付き)(1体)
    • オリジナル角獣ステッカー(全11種類・1セット)
    • AR体験QRコード(ダウンロード期限:2024年4月30日まで) ×1
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り9枚

    25000

    H. ポスターで応援!(限定10名)

    • クラファン限定!立体加飾印刷A2ポスター(額入り、直筆サイン入り)(1点)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り9枚

    30000

    I. 作品で応援!(限定10名)

    • クラファン限定の角獣を制作(1体)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    J. グッズでスペシャル応援!

    • オンラインギャラリーへのクレジット掲載 小(掲載期間:サイト上に永続掲載)(1名)
    • オリジナル角獣手ぬぐい(1枚)
    • オリジナルポストカード(全11種類・1セット)
    • オリジナル角獣ステッカー(全11種類・1セット)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    K.気持ちでスペシャル応援!

    • オンラインギャラリーへのクレジット掲載 中(掲載期間:サイト上に永続掲載)(1名)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り3枚

    200000

    L. 作品で応援!(限定3名)

    • 自画像的作品の制作 " あなただけの角獣 " サイズ 50cm以内(1体)
    • オンラインギャラリーへのクレジット掲載 中(掲載期間:サイト上に永続掲載)(1名)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2024年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    500000

    M. 作品でスペシャル応援!(限定1名) 

    • 自画像的作品の制作 " あなただけの角獣 " サイズ150cm以内(1体)
    • オンラインギャラリーへのクレジット掲載 大(掲載期間:サイト上に永続掲載)(1名)
    • 応援感謝です!!メール(1通)
    • 2025年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。