facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

椎名零監督最新作「ここ以外のどこかへ」をクラウドファンディングで実現!

コロナ禍を舞台に複雑な親子関係を描く自主映画
椎名零監督最新作「ここ以外のどこかへ」制作支援プロジェクト

椎名零監督最新作・自主制作映画「ここ以外のどこかへ」は、コロナ禍を舞台とし親子関係に難を抱える人々に焦点を当てた作品です。本作をより多くの人のもとへ届けられるよう、ご支援よろしくお願いいたします!

コレクター
39
現在までに集まった金額
547,692
残り日数
26
目標金額 350,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年10月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 350,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年10月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
椎名組2021 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
椎名組2021

コロナ禍を舞台に複雑な親子関係を描いた自主映画「ここ以外のどこかへ」の制作チームです。劇場公開を目指し鋭意製作中です。より良い作品をより多くの人に届けるため、ぜひともご支援のほどよろしくお願いいたします!!

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

椎名零監督最新作・自主制作映画「ここ以外のどこかへ」は、コロナ禍を舞台とし親子関係に難を抱える人々に焦点を当てた作品です。本作をより多くの人のもとへ届けられるよう、ご支援よろしくお願いいたします!

コロナによって浮かび上がった社会のひずみ、その皺寄せを受けている人々の暮らしはいまこの瞬間にしか撮れない

数多あるプロジェクトの中から本プロジェクトにご興味を持っていただき、ありがとうございます。
本作で監督を務めます、椎名零と申します。

映画を撮ろうと思う時、私は常に”いまこの瞬間にしか撮れないもの”を追い求めています。
それは時代を象徴するような物事だったり、変わりゆく街の風景だったり、
その時々での自分の置かれた状況に依拠するものだったりします。

そして、”いまこの瞬間にしか撮れないもの”をリアルタイムに切り取ることができるのが自主映画の強みだとも思っています。

イメージビジュアル用の写真素材も、現在のコロナ禍の状況からリモート撮影に挑戦しました


では、コロナ禍が長引く現在における”いまこの瞬間にしか撮れないもの”とは何なのか?と考えたときに、
コロナによって浮かび上がった社会のひずみ、その皺寄せを受けている人々の暮らしから目を背けることは、私にはできませんでした。
この困難な情勢に置かれているからこそ、それを確かに撮っておきたいと思いました。

また、今作はリアルタイムな現代を舞台としながら、
コロナ禍を生きる人々、その中でも親子関係に問題を抱える人々に焦点を当てた作品です。
コロナ禍での暮らし」「親子関係」という全世代にとって普遍的なテーマを描いたことで、
老若男女様々な立場の方に共感していただけるプロットに仕上げることができたと自負しております。

今の私にとっての”いまこの瞬間にしか撮れないもの”であり、”撮りたいもの”であり、”撮るべきもの”。
それが本作「ここ以外のどこかへ」です。


完成したイメージビジュアルがこちら


監督プロフィール

椎名零

1997年生まれ。東京出身。
早稲田大学在学中に、同大学の映画サークル「映像製作集団浪人街」に在籍し4 本の映画を監督。
最新作「グラデーション」(2020年制作)が第32回早稲田映画まつり観客賞、福岡インディペンデント映画祭2020入選などを皮切りに、観客を引き込むその不思議な魅力から才能を見込まれ、池袋シネマ・ロサにおける新人監督特集vol.7にて劇場公開デビューを果たした。
趣味はロシア語、好きなものは喫茶店、アイドル、旅行。
曾祖父は映画監督の青山三郎、祖父は劇作家の椎名輝雄。「椎名零」は祖父に肖って監督自ら考えたペンネーム。


「グラデーション」(2020)予告編

MV「木になっちゃった」 ※辻本りこ、森本あお出演



クラウドファンディング実施の理由

私の前作「グラデーション」が2021年6月池袋シネマ・ロサにて公開され、劇場公開デビューを果たしました。
それまで単なるサークル活動でしかなかったものが想像もしていなかったような広がりを見せ、本当の「映画」になっていく様を目の当たりにしました。
そして、上映される劇場とそこに足を運んでくださるお客様、
その二つの存在がなければ映画は映画になれないのだと実感する機会でもありました。

なんとしてもまた劇場でお客様に出会いたい、できれば今度はもっと多くのお客様と出会いたいという思いを強く抱いております。

そして、お客様から貴重なお時間と入場料をいただく以上、
劇場公開作品であることを念頭に置いた、よりクオリティの高い製作を追求したいと考えております。
そのためにはどうしてもお金が必要です。
いい機材を使いたい、ロケ地選びを妥協したくない、
自分が一緒に映画を作りたいと思った方々と気持ちよく仕事をしたい。
その思いを叶えるためには、いま持てる限りの自己資金の持ち出しのみでは限界がありました。

十分な貯金ができるまで待つという選択肢もあったのかもしれません。
しかし、私には一刻の猶予も残されていないと感じています。
コロナ禍を題材にした時代性の強い作品であること、
劇場公開を経たばかりの今の自分の勢いを殺したくないと思ったこと、
そして自分の映画制作人生の残り時間はそう長くはないこと。
私にとっての”いまこの瞬間にしか撮れないもの”を実現するためには、一秒たりとも無駄にはできないと思っています。

この作品にご興味を持ってくださった方、私の過去作をご覧くださった方、
キャストさんのファンの方、このページをお読みいただいて少しでも何か感じてくださった方、
どうかご支援いただけないでしょうか。

ご支援者の皆さまも、椎名組の一員です。共に映画を製作する仲間です。
皆さまと一緒に、より良い作品を、より多くの方のもとへ届けたいです。
ぜひ、お力をお貸しください。


作品について

〇作品概要
完成尺:未定
製作母体:椎名組2021
撮影期間:2021年8月~9月
(8月上旬にクランクインし、製作は既に開始しております。)

〇あらすじ
コロナを理由に母親に外出を禁じられ、何ヶ月も外に出ていない「ひかる」。
日々飲み歩き男を連れ込む母親に悩まされ、家に居場所がない「みおな」。
ある夜家を飛び出したひかるは偶然みおなに出会い……。「ステイホーム」が叫ばれるコロナ禍において、家にいられない/いたくない人々のための物語。



キャスト

みおな 役:辻本りこ

バンタンデザイン研究所ランジェリーデザインコース卒。
学生時代にカメラを始め、女の子をプロデュースした作品撮り、ZINE、ショートムービーの製作などを行う。
デザイン、グラビア、フォトグラファーなど活動は多岐にわたる。
音楽と物語といい香りのするものが好き。今作で映画初主演。

【辻本りこさんコメント】

数ある中からこちらのプロジェクトを見つけていただき、ありがとうございます。
主演の辻本りこです。

初めて監督から主演のお話しを聞いたときは、驚きと同時に、私でいいのか…?という気持ちが正直なところでした。

しかし、台本をいただき読んでいくうちに、
みおなは私が演じるべくして演じるのだと思いました。
なぜなら、みおなの家庭はそのままと言っていいほど、私にとってのリアルな家族背景だったからです。
(監督に私の幼少期を見ていたのでは…?と何度も聞いてしまいました。)

椎名監督は自身の作品を、
いまこの瞬間にしか撮れないものだとおっしゃっていて、
それはきっと、いまこの瞬間に届けるべき人がいるからなのだと思います。

今この瞬間に、この作品を、届けるべき人が必ずいる。
あなたに逢うために、
椎名監督の物語の中で、精一杯の息をすることを決めました。

私の大好きなアーティスト、
宇多田ヒカルさんは自分の音楽に関して、
「時代や社会といった大きなグループを想定したことがない。つねに部屋でひとりヘッドホンをつけてる【誰か】に向けて歌っている。今のこの瞬間の誰か。あるいは、50年後の誰か。」(簡略)
と言っていたことがあるそうで、
私は自分の作品を作るとき、何か活動をするとき、いつもこの言葉を思い出します。

COVID-19というウイルスの広がりにより、私たちの日常は大きく変わりました。

大切な思い出が詰まったライブハウスや映画館がいくつも閉館しました。

映画や音楽に救われてきた私にとってそれは、自分の一部がひとつずつ剥ぎ取られていくような出来事でした。

それでも私たちは、
文化的活動を止めてはいけないのだと思います。このような状況下だからこそ、物語を届ける人がいるのだと思います。

そのために、あなたのお力を貸してください。

この映画が、誰かの、紛れもないあなたの、
「ここ以外のどこか」になることを切に願って。

辻本りこ

ひかる 役:森本あお

東京生まれ。早稲田大学文学部演劇映像コース出身。
2歳でクラシックバレエを習い始め多数の全幕作品にジュニアダンサーとして参加した後、映画『ロミオ&ジュリエット』に衝撃を受け俳優を目指す。
代表作にピストンズ『夢見る喜世子レヴュー』など。


【森本あおさんコメント】

はじめまして。今回、ひかる役を演じることになりました森本あおです。『グラデーション』を観てから、いつかご一緒したいとずっと思っていた椎名監督の映画に出演することができて幸せです。刻一刻と状況が変化しているコロナ禍で、この映画の中で描かれている人たちそれぞれが抱える切実さは決して他人事ではないと感じます。マスクやアクリル板に隔てられた私達は、互いの目や言葉に真摯に向き合うことを恐れてしまい、日々、見えない壁のようなものの中で生活をするようになったのではないかと思います。私自身答えは見つかりませんが、ふとした瞬間に訪れる人との交流や、昨日までは知らなかった街の風景との出会いが救いになることがあります。固くなった心をほぐすように、優しく隅々にまで行き届いた椎名監督のまなざしが捉えるこの映画が、より多くの人に届くといいなと思います。そのためにも、全力で「いまこの瞬間」を生きることをやめず、椎名監督をはじめとする、スタッフやキャストの方々とともに強い想いをもって撮影に挑んでいます。どうか、皆様のお力をお貸しください。一緒に、作品を大きくしていくことができれば嬉しいです。

森本あお


みおなの母 役:小夏いっこ

1966年大阪出身。
「おっさんのケーフェイ」「見栄を張る」「漫才、しよか」「在りし人」「Be Here Now」「映画」「シャーマンの娘」「夏の匂いは嫌いじゃない」「春にして頬を拭う」
テレビ朝日「特捜9season2」 第2話
スカパー「上ばきを履いたシンデレラ」VR180ドラマ「STAGE-ハムレットの贖罪」
ヤマザキビスケット「ルヴァンプライムスナック」CM他などに出演


ひかるの母 役:大石菊華(おおいわきっか)

石川県出身。
公開予定の出演作は、亀山睦実監督「12ヶ月のカイ」(米・クイーンパーム国際映画祭’21 1st QTR 外国映画賞・監督賞にて金賞受賞)、明石和之監督「HANNORA」、Jason K. Lau監督「STORY GAME」。
中島啓江メモリアル公演「啓江座音・劇 町内会」(2018年 演出:杉本凌士)では、出演だけでなく初の脚本も担当。


かつ兄(みおなの母の飲み友達) 役:渡部直也

1983年広島県生まれ。
早稲田大学在学中に稲門シナリオ研究会に所属。自主映画を制作、出演。
2016年主演作「食卓」(小松孝監督)がぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2016グランプリを受賞。バンクーバー国際映画祭、東京国際映画祭等で上映される。
2021年秋、主演作「宮田バスターズ(株)-大長編-」(坂田敦哉監督)が劇場公開予定。

みおなのバイト先の店長 役:茶依(ちゃえ

11月15日生まれ、神奈川県出身。東京都大田区在住。1995年にドラマ『味いちもんめ』でデビュー。1996年、映画『スワロウテイル』主人公の幼少期(少女アゲハ)役。近年の出演作品に、ドラマ『イチケイのカラス』、『レンアイ漫画家』、『レンタル何もしない人』、『ラーメン大好き小泉さん 二代目!』『コタキ兄弟と四苦八苦』等。


ひかるの兄 役:谷口昌英(たにぐちまさひで)

1998年生。神奈川県出身。早稲田大学文学部在学中。
同大学の映画サークル、映像製作集団浪人街にて椎名零監督と出会い、監督の前作「グラデーション」にてヒロキ役で出演。
特技はスキューバダイビング。普通自動車免許、普通自動二輪免許取得済。


怪しい男 役:寒川祥吾

1990年10月23日生まれ。埼玉県出身。
ジャパンアクションエンタープライズ所属。舞台や映像など幅広く出演。
最近の出演作にNHK「青天を衝け」「舞台ナポリの男たち」「ミュージカル刀剣乱舞」シリーズなど。


スタッフ

撮影・照明:逵真平(「自転車は秋の底」監督)
撮影助手:安井彬(「グラデーション」撮影)・谷口昌英
制作進行:冨福恭平|制作:三浦泰隆・大野安由好
録音:梅田侑宜・橋本颯太|録音協力:松沢梢
広報:堀越まい・大野安由好|衣装:樋口菜摘
スチール:サイトウムネヒロ


今後のスケジュール

2021年8月 クランクイン
9月 クランクアップ
10~12月 ポスプロ作業
1月~ 各映画祭へ出品&リターンの発送開始


ご支援金の使い道について

いただいたご支援金は、製作費(機材費、ロケ地利用費、車輛費、衣装費、美術費、人件費など)や映画祭出品料、Motion Galleryへの手数料などに充てさせていただきます。


特典について

< お礼メール >
監督よりお礼のメッセージをお送りいたします。

< 製作日誌 >
製作の進捗状況を配信いたします。

< お名前クレジット >
本編のエンドロールにご支援者様のお名前をクレジットさせていただきます。

< ポストカード >
メインビジュアルを用いたポストカードを贈呈いたします。

< 特別鑑賞券 >
劇場公開時にお使いいただける特別鑑賞券を贈呈いたします。※劇場公開が難しくなった場合、自主上映イベントを開催いたします。

< フォトセット(辻本りこ / 森本あお / 小夏いっこ / 大石菊華)>
フォトグラファー・サイトウムネヒロ撮影の生写真セットを贈呈いたします。

< サイン入りチェキ(辻本りこ / 森本あお)>
現場で撮影したチェキにキャストがサインしたものを贈呈いたします。※数量限定

< 監督サイン入り台本 >
完成台本に監督がサインしたものを贈呈いたします。

< 監督直筆メッセージ >
監督による直筆のお手紙をお送りいたします。

< オリジナルマスク >
「ここ以外のどこかへ」オリジナルデザインのマスクを贈呈いたします。

< オリジナルTシャツ >
「ここ以外のどこかへ」オリジナルデザインのTシャツを贈呈いたします。

< 本編オリジナルBlu-rayまたはDVD >
「ここ以外のどこかへ」本編収録Bly-rayまたはDVDを贈呈いたします。

< クラファン限定!ボイスメッセージ(辻本りこ / 森本あお / 椎名零)>
ラジオ感覚でお聴きいただける、声のメッセージをデータでお届けします。(10分程度を想定)


想定されるリスクとチャレンジ

〇リスク
本プロジェクトはAll-in方式で実施いたします。
8月上旬にクランクインし、製作は既にスタートしております。
目標金額を達成できなかった場合も、自己資金を補填し必ず作品を完成させます。
リターンも確実にお届けしますのでご安心くださいませ。
なお、万が一劇場公開ができない場合は自主上映イベントを開催する予定です。

また、新型コロナウイルス感染症にまつわる社会情勢の影響で、完成時期やリターンのお渡しが遅れてしまうリスクがございます。予めご了承ください。
その際ご支援者の皆様には迅速にご連絡いたします。

〇チャレンジ
本作は国内外の映画祭への出品劇場公開を目標として掲げております。
制作チーム一丸となって目標達成を目指します!


おわりに

最後までお読みいただきありがとうございます。
より良い作品を、より多くの方にご覧いただけるよう、力の限りを尽くします。

どうか、皆さんのお力を貸してください。「椎名組」の一員になってください。
「椎名組」全員の力でこの作品を完成させたい!と制作チーム一同、願っております。

ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 1000

    あなたも椎名組の一員に!お名前クレジットコース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 5000

    劇場公開を見届けよう!特別鑑賞券コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 7000

    小夏いっこ応援コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(小夏いっこ)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 7000

    大石菊華応援コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(大石菊華)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り9枚

    10000

    辻本りこ応援コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(辻本りこ)
    • サイン入りチェキ(辻本りこ)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(辻本りこ)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り9枚

    10000

    森本あお応援コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(森本あお)
    • サイン入りチェキ(森本あお)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(森本あお)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 10000

    椎名零応援コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(椎名零)
    • 監督サイン入り台本
    • 監督直筆メッセージ
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 10000

    映画館でもおうちでも楽しめる!本編ディスクコース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • 本編ディスク
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 20000

    スチール盛りだくさんコース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(辻本りこ)
    • フォトセット(森本あお)
    • フォトセット(小夏いっこ)
    • フォトセット(大石菊華)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    ボイスメッセージ聞きくらべコース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(辻本りこ)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(森本あお)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(椎名零)
    • 2022年01月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 30000

    グッズ盛りだくさんコース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • 監督サイン入り台本
    • 本編ディスク
    • オリジナルデザインマスク
    • オリジナルデザインTシャツ
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 74000

    この際まとめて全部盛り!コース

    • お礼メール
    • 製作日誌
    • お名前クレジット
    • イメージビジュアルポストカード
    • 特別鑑賞券
    • フォトセット(辻本りこ)
    • フォトセット(森本あお)
    • フォトセット(小夏いっこ)
    • フォトセット(大石菊華)
    • サイン入りチェキ(辻本りこ)
    • サイン入りチェキ(森本あお)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(辻本りこ)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(森本あお)
    • クラファン限定!ボイスメッセージ(椎名零)
    • 監督サイン入り台本
    • 監督直筆メッセージ
    • 本編ディスク
    • オリジナルデザインマスク
    • オリジナルデザインTシャツ
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。