facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

飯塚花笑監督『世界は僕らに気づかない』支援プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

群馬を舞台に群馬で作る映画
飯塚花笑監督『世界は僕らに気づかない』支援プロジェクト

映画『世界は僕らに気づかない』は、全編群馬県内での撮影することはもちろん、制作会社・スタッフ・キャストなど多くの群馬県在住・出身の人たちの手で作られる、群馬県民による、群馬県を舞台とした映画です!

コレクター
25
現在までに集まった金額
190,000
残り日数
26
目標金額 2,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年5月6日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 2,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年5月6日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
映画「世界は僕らに気づかない」 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

映画「僕らは世界に気づかない」 よろしくお願いします!

  • 群馬県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

映画『世界は僕らに気づかない』は、全編群馬県内での撮影することはもちろん、制作会社・スタッフ・キャストなど多くの群馬県在住・出身の人たちの手で作られる、群馬県民による、群馬県を舞台とした映画です!

本作は“レプロエンタテインメント”が所属の若手俳優を主演とした映画企画を募集する“感動シネマアワード”から生まれた映画作品です。多数の応募の中から、堀家一希主演作として審査を通過し、2021年の撮影・公開を予定しています。

映画『世界は僕らに気づかない』について

いわゆる「LGBTQ」(セクシュアルマイノリティ)や「ハーフ」(ダブルではなくあえてハーフと記載)を取り巻く問題は、今や一般的に認知されるようになりつつあります。それでも、日本映画の中での”マイノリティ”と呼ばれる人たちの扱われ方は、どこか「ネタ」的で過剰にセンセーショナルだったり、極端に喜劇的・悲劇的・感動的に描かれてきた傾向にないでしょうか?
もちろんそういった描写が、身近にいるはずの当事者たちのことを考えるきっかけになることは喜ばしいことです。

しかし、認知が広まるにつれ、そういった取り上げ方は当事者たちの感覚や問題とは、ズレきているように思えます。

映画『僕らは世界に気づかない』の舞台となる群馬県は、外国人労働者や技能実習生として早くから外国人移住者を受け入れてきました。また、2020年には県内全域に性的マイノリティーに向け「パートナーシップ宣誓制度」が導入されています。このような群馬県のもつ背景は、これからの日本の多様化への課題を先取りしているとも言えるのではないでしょうか?

私たちは群馬を舞台に、これからの私たちの住む日本の多国籍化・生き方の多様化について、彼らの日常を丁寧に掬い上げるように映画の中に収め、誠実さを持って本作を制作したいと考えています。

あらすじ

 群馬に暮らす高校生の渡辺純悟(18)は、フィリピン人である母親レイナ(39)と二人暮らし。フィリピンパブで働くレイナは純悟に頻繁に「愛してるよ」と言うわりには、稼ぎのほとんどをフィリピンに送ってしまう。ガスや電気を止められてしまうこともあり、ケンカが絶えない二人。

 純悟の心の拠り所は同級生の金子優助。彼らは同性カップルとして付き合っている。優助はゲイであることを家族にも認められており、将来純悟とパートナーシップを結びたいと思っているが、純悟はレイナに振り回される日々の中でそんな将来も思い描けないでいた。

 あるケンカの後、純悟はレイナの引き出しから生まれたばかりの自分の写真を見つけ、その写真を手掛かりに父親探しを始める。そんな中、レイナは無職の男、森下を家に引っ張り込み、同棲を始めると言い出す始末。

何か行動を起こす度にぶつかる純悟とレイナ。将来のことを真剣に考えてくれない純悟から少しずつ気持ちが離れていく優助。関係がこじれる中、優助はある女の子と出会い・・・。

登場人物それぞれがうまくいかない思いを抱え、すれ違いや衝突をくり返す中で、少しずつ自分たちが見過ごしてきた”愛”に気づいていく物語。

監督 飯塚花笑(いいづか かしょう)

映画『世界は僕らに気づかない』の脚本・監督は飯塚花笑が務めます。

1990年生まれ。群馬県前橋市出身。東北芸術工科大学デザイン工学部映像学科卒業。大学在学中は根岸吉太郎、加藤正人に学ぶ。
女性の肉体に生まれながら、そのことに強い違和感を抱えて生きて来たトランスジェンダー。20歳の時に撮ったデビュー作『僕らの未来』は、女性と決めつけられる違和感とともに生きて来た彼自身の人生を題材にして作られ、初監督作品にしてバンクーバー国際映画祭に正式出品されたほか、PFFアワード2011にて審査員特別賞を受賞するなど国内外で高い評価を受けた。
2019 年には、 フィルメックス新人監督賞を受賞 。連続 TVドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』(TX) に脚本で参加。2020年、故郷である群馬県に移住し、藤岡市に映像制作会社スタジオ6.11を設立。2021年には自身の監督作2本の公開・撮影が控えている。

過去作リンク

映画『僕らの未来』(2011/HD/74min)

MV「痛い」(2021/HD/4min)

ショートドラマ『中之条ぽわぽわin沢渡温泉』(2020/HD/17min)


監督のコメント

『世界は僕らに気づかない』を監督します、飯塚花笑です。この映画は、セクシュアルマイノリティや、ハーフ(敢えてそう記載)、フィリピンからやって来たシングルマザーを真正面から捉え、様々な社会の局面や、彼らの日常にスポットライトを当てた作品です。それと同時に「愛」について物語でもあります。人は自分の思った方向から、思った形でやって来た「愛情」しか受け取れない生き物です。この映画では、互いに愛しているのにすれ違い続ける親子を描き、主人子の眼差しを通し、映画を観る者が、普段見過ごしている愛や愛情に気づき、映画館を出た後には違った世界と出会っていることに期待しています。

 また、この映画は、私自身の故郷である群馬県内にて撮影を行います。キャストもほとんどを、群馬県内で行われたワークショップオーディションから選出しています。私がまだ映画の道を志し始めた頃「映画の仕事をするには東京へ出なければいけない」というのが、通説でした。しかし今は違うと思います。優秀なスタッフさえ揃えばどこでも映画を撮ることが出来、どこへいても平等に芸術文化に触れられる時代に突入していると感じています。私の夢は、この映画を皮切りに、更なる群馬での撮影環境の充実と、人材の育成を行い、世界で勝てる作品を群馬から発信することです。その為には本作を世界で勝てる作品のレベルまで押し上げ、群馬で撮影された映画の質の高さを実証する必要があると考えています。その為には多くの方のご支援が必要となります。どうか群馬で映画の道を志す私たちに力を貸してください。ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

なぜ群馬県が舞台なのか

 群馬県は工場が多い土地柄、早くから外国人の労働者が多く住む土地です。入管法の改正に伴い、1990年代に入ってから南米や東南アジアをはじめとした海外移住者が増えてきました。言葉や文化の違いから、当初は多かったトラブルも30年近く経過して次第に互いの理解が進み、外国出身の方達が日常の風景の中に溶け込んできています。また、そういった背景から自治体も多様性の認知についても積極的に取り組んでおり、2020年には県内全域に「ぐんまパートナーシップ宣誓制度」が導入され、片方または双方が性的マイノリティのカップルに様々な行政サービスが受けられるようになりました。法律上の権限まではないものの、県の単位でパートナーシップ制度を施行しているというのは画期的なことです。
 日本の多様性化を身近な問題としてとらえ、真摯に取り組んでいる群馬県を舞台とし、群馬県出身・在住のスタッフ・キャストを多く起用することで、この作品にしか収められない感情や風景があると考えます。

キャスト紹介

渡辺純悟 役 堀家一希

1997年生まれ。2017年のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(関西テレビ)に新人俳優ながらメインゲストとして出演し、その好演が話題になる。同年のドラマ『明日の約束』(関西テレビ)で連続ドラマ初レギュラー出演。その後も『初めて恋をした日に読む話』(TBS)、『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)など、話題作に立て続けに出演。

2019年公開の映画『泣くな赤鬼』では、柳楽優弥さんの高校時代を熱演した。今年に入ってからも『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)への出演に続き、7月には大人気漫画原作の映画『東京リベンジャーズ』への出演が決まるなど、注目の俳優。

渡辺レイナ役 GOW

 9月12日生まれ。スコットランド出身。スコットランド人の父とフィリピン人の母を持つ。
 スコットランド、アメリカ、フィリピン、日本と多くの国で暮らし日本語、英語、タガログ語を自在に話す。1994「外国人歌謡大賞・グランプリ大会」でデビュー。たぐいまれな歌唱力で、2014年ハリウッド開催のWCOPAではゴールドメダルを獲得。翌年にはNYのアポロシアターのオーディション合格、スタンディングオベーションに包まれた。

 2019年、LGBT映画「アスリート」の主題歌「ねぇ、だって」を発表。PV公開後、1週間で100万アクセス越え。
 2019年12月、ミニアルバム「Never Say Never」をリリース。「ウルトラマンガイア」の出演を皮切りに、東京MX「5時に夢中」やTOKYO FM「DREAMS COME TRUE 中村正人のENERGY for ALL」にレギュラー出演するなどタレントとしても活躍。

群馬県内で大規模なワークショップオーディション

群馬県を舞台にした映画にリアリティを持たせるために『僕らは世界に気づかない』では、2020年秋〜2021年初頭にかけて、演技の経験の有無を問わず群馬県内で大規模なワークショップオーディションを行いました。主要キャストを含め、出演者の多くが群馬県出身または群馬県在住の方となっています。以下の方々がワークショップオーディションによって決定したキャストです。

金子優助役 篠原雅史

佐々木里奈役 村山朋果

森下役 岡田信浩
金子透役 宮前隆行
金子洋子役 田村菜穂
金子鈴花 役 藤田あまね
金子優花役 鈴木咲莉
大里亮介役 加藤亮佑
橋下時子役 高野恭子
高田役 奈良貴仁
元木静香役 立川芳美

そのほか大勢の群馬県在住キャストが出演します。

製作スタッフ

監督・脚本 飯塚花笑
企画プロデューサー 菊地陽介
プロデューサー 山田真史
撮影 角洋介 録音 紫藤佑弥 編集 阿部誠
音楽 佐藤那美
製作 レプロエンタテインメント
制作プロダクション スタジオ6.11

御支援金の使用用途内訳

・映画をより良くするための撮影諸経費
・準備・撮影時の感染症対策費
などに使わせていただきます。支援金のほとんどが群馬県内で消費される見込みです。

応援コメント

横浜 聡子 / 映画監督

飯塚君が学生時代に撮った『僕らの未来』という映画に大きく心揺さぶれました。
「トランスジェンダー」、飯塚君が十年前から今作に至るまで一貫して向き合い続けているテーマですが、社会の中で刻々と変わるジェンダーに対する認識や「いま」の空気を飯塚君は捉えつつ、「愛」という普遍的で難しいテーマに今作でチャレンジしようとしています。
人が人に優しいこの映画、無事完成し、たくさんの人に届きますように!

中島 弘象 / 『フィリピンパブ嬢の社会学』(新潮新書)著

 フィリピン出身の母親と、日本で育つ子供。親子といえども、異なる国で育った2人の間には、言葉、考え方、価値観など、理解するのが難しい点が多くある。
 日本とフィリピンの生活を守るために必死に働く母と、幼い頃から母親と過ごす時間が少なく、母からの愛情が感じ取れないと思ってしまう子供。
 本作品では、フィリピンパブで働くフィリピン女性の綱渡りのように不安定な状態で生活する姿。フィリピンハーフの子供が抱える、経済的な事情、国籍、父親からの認知など。あまり知られていない、彼らが直面する問題を、丹念な取材をもとに丁寧に描かれている。

間々田 久渚 / セクシュアルマイノリティ支援団体 ハレルワ 代表

自分は何者なのか、幸せな未来を歩めるのだろうか?セクシュアルマイノリティ当事者である私自身、自己肯定感が低く、人間関係や将来の事を考えては悩み、頭を抱えた10代を過ごしました。

この映画は、ひとりの少年のセクシュアリティや家族のかたちなどマイノリティの部分や思春期の葛藤を描きながら、自分自身や周囲を受け入れ大人になっていくストーリーです。

ぜひ、若い人や自分を好きになれない人に見てほしい映画なので、クラウドファンディングへのご支援お願いします!

リターン一覧

・監督よりお礼のメール。
 飯塚監督より、心を込めたお礼のメールを差し上げます!

・限定公開 制作日誌配信
 飯塚監督及び制作スタッフより、制作過程をお届けします!

・ロケ地マップを配布
 映画が撮影された場所、拠点となった場所などを地図にしてデータでお届け!
 ※個人情報保護の観点から、全てのロケ地の情報を掲載するわけではありません。
 ※映画完成後のお渡しとなります。

・期間限定先行オンライン鑑賞券
 映画完成後、オンラインにて先行鑑賞していただけます!
 期間限定で鑑賞できるサイトのアドレスをお送りします。

・食事のお礼動画をお送りします!
 群馬県内で撮影する=群馬県内の飲食店で撮影時のお弁当・食事を発注することになり、
 コロナ禍にある県内の飲食店支援にもつながります。
 支援してくださった方には、スタッフ・キャストからの食事のお礼動画をお送りします!

・現場立会い券
 映画の撮影現場に招待します。飯塚監督の演出を近くでご覧頂けます!

・エンドクレジットにお名前掲載
 エンドクレジットに支援者のお名前を掲載させていただきます!

・群馬県内試写会参加
 映画が完成した際には、高崎市にある歴史ある映画館“高崎電気館”にて行う予定の県内先行試写
にご招待致します!

・ダビング立会い権
 映画はダビングという音を決定する作業を経て完成します。
 作業の現場にご招待し、映画完成の瞬間にお立会いいただけます!

想定されるリスクとチャレンジ

《試写会、撮影現場・仕上げ立会いの日程について》
開催場所、開催日時とともにこちらの指定によるものです。
また、新型コロナウィルス感染症の状況次第で急遽予定が変更することも考えられます。
支援者の皆様にできる限り早くご連絡できますよう尽力いたしますので、何卒ご理解いただけますと幸いです。

《目標金額に達しない場合》
目標金額に達成しない場合でも、こちらのクラウドファウンディングは決行いたします。より良い状態でより多くの方々に届けるためにご協力をよろしくお願い致します。

最後に

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。

今回のプロジェクトは、映画製作の母体を群馬県に置き、群馬を舞台とし、プロ・アマ問わず群馬出身・在住のキャストが多く出演します。

我々にとっても初めてチャレンジすることばかりで、不安も多いですが、素敵な作品に仕上げるため多くの方々に力を借りて、一歩一歩進んでいきたいと思っています。

ご支援の程、宜しくお願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 3000

    3000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 5000

    5000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • エンドクレジットにお名前掲載!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 残り24枚

    10000

    10000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • エンドクレジットにお名前掲載!
    • 群馬県先行試写会ご招待!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り28枚

    30000

    30000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • エンドクレジットにお名前掲載!
    • 群馬県先行試写会ご招待!
    • 群馬県内の飲食店応援!食事のお礼動画をお送りします!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り10枚

    100000

    100000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • エンドクレジットにお名前掲載!
    • 群馬県先行試写会ご招待!
    • 群馬県内の飲食店応援!食事のお礼動画をお送りします!
    • 現場立会い権!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り5枚

    500000

    500000円コース

    • 飯塚花笑監督よりお礼のメール!
    • 制作日誌 限定アップデート!
    • 『世界は僕らに気づかない』ロケ地マップ!
    • 期間限定オンライン試写鑑賞券!
    • エンドクレジットにお名前掲載!
    • 群馬県先行試写会ご招待!
    • 群馬県内の飲食店応援!食事のお礼動画をお送りします!
    • 現場立会い権!
    • ダビング立会い権!
    • 2021年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。