facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

映画「ささくれ」「誰のための日」の劇場公開と上映拡大をクラウドファンディングで実現!

里内伽奈プロデュース・脚本・主演作品、2作同時上映!
新作『ささくれ』劇場公開・上映拡大!応援プロジェクト

里内伽奈プロデュース・脚本・主演『ささくれ』『誰のための日』が10月8日〜14日の1週間限定レイトショーにて、池袋シネマ・ロサで公開が決定致しました!劇場公開・上映拡大に向けての支援プロジェクトです!

コレクター
94
現在までに集まった金額
797,008
残り日数
4
目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年10月3日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年10月3日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
里内 伽奈 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
里内 伽奈

1994年生まれ、東京都出身。早稲田大学教育学部卒業。 俳優として映画・ドラマ・舞台などで活動し、日本テレビ『ZIP!』ではレポーターも務めている。 プロデュース・脚本・主演にて映画『ささくれ』『誰のための日』を製作。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

里内伽奈プロデュース・脚本・主演『ささくれ』『誰のための日』が10月8日〜14日の1週間限定レイトショーにて、池袋シネマ・ロサで公開が決定致しました!劇場公開・上映拡大に向けての支援プロジェクトです!

📢ストレッチゴールを設定致します!

皆様のたくさんのご支援、本当にありがとうございます。
おかげさまで、早くも目標金額を達成したため、新しく3段階のストレッチゴールを設定致しました!
さらなる上映拡大を目指して、この作品をより多くの方に届ける為の資金とさせて頂きます。
追加リターンもございますので、まだまだよろしくお願い致します!

〜追加リターンについて〜

・目標金額70万を達成出来たら・・・

3000円以上のリターンを選択された支援者様へ。
10月8~14日:池袋シネマ・ロサ上映の際、劇場にて前売り券との交換時に【オリジナルステッカー】をプレゼント致します。

・目標金額85万を達成出来たら・・・

全リターンの支援者様へ。
【全テイクボールド集】をお送り致します。NGテイクもOKテイクもカットがかかった瞬間の全ての映像を、本編で流れている小川未祐さんの音楽に合わせてお届け致します。

・目標金額100万を達成出来たら・・・

全リターンの支援者様へ。
スチール・オフショットが詰まった【デジタルフォトブック】をお送り致します。

<ご挨拶>

このページを開いて下さりありがとうございます。

プロデューサーの里内伽奈と申します。

普段は俳優として活動しながら、プロデューサー・脚本・主演を務め、2作の短編映画を製作致しました。

そして今回、2021年製作『誰のための日』と2022年7月に撮影をしました新作『ささくれ』が、
10月8日(土)〜14日(金)1週間限定のレイトショーにて池袋シネマロサで劇場公開が決定致しました。

今回の劇場公開により多くのお客様にご来場頂きたい、さらに今後の上映拡大を目指したいという思いから、クラウドファンディングを立ち上げました。

企画・製作・宣伝・公開まで多くの方にご協力頂きながら1人でプロデュースしております。初めての事ばかりですが、大切なキャスト・スタッフと共に作り上げた作品をより多くの方に届ける為、皆さまのご協力を是非よろしくお願い致します。

<劇場公開情報>

里内伽奈プロデュース・脚本・主演作品 2作同時上映

『ささくれ』『誰のための日』+トークショー

2022年10月8日(土)〜14日(金)池袋シネマ・ロサにて1週間限定レイトショー

【チケット代】

当日一般:1500円 前売り:1200円(劇場窓口で販売中)

(大学生:1300円 高校生以下:1000円 サービスデー:1100円)

<劇場公開への想い>

私が映画製作をしたきっかけは2020年のコロナ禍がきっかけでした。

以前より自分で脚本を書いて、主演をしてみたいという想いを抱いてはおりましたが、コロナ禍になり夢を見たまま挑戦しないでいるのは後悔しそうだと初めてプロデュース・脚本・主演で製作したのが『誰のための日』です。

今まで映画製作の経験も無い私に、協力して下さったスタッフ・キャストの皆様には感謝が尽きません。今まで俳優として多くの自主映画や短編映画に参加させて頂きましたが、企画から完成までの過程を初めて経験したことで、映画作りの大変さはもちろん楽しさを実感することができました。

そして、何より嬉しかったのは全国の映画祭で上映して頂き、多くの方に届けることが出来た瞬間でした。自分の作った作品がご覧頂いた方の心に残り、感想を頂いたり、私の想いが伝わった瞬間が奇跡に感じました。

そして、この『誰のための日』をきっかけに、今回劇場公開という素晴らしい機会を池袋シネマ・ロサさんから頂けました。

自分の製作した映画が劇場で上映して頂けるなんて夢のようです。

そして、劇場公開に合わせ今年製作した短編映画が新作の『ささくれ』です。

なんと、撮影準備から公開まで5ヶ月というハードスケジュールの中、大金監督初め、頼もしいスタッフ・キャストの皆様のご協力の元、製作して参りました。

映画はお客様にご覧頂くことでやっと完成するものだと思っています。

まだ誰も観たことのない、大切に作り上げた我が子のようなこの映画『ささくれ』を是非一緒に育てて下さる方のご協力をお待ちしております。

ここまで本当に多くの方にご協力頂きました。あともう一歩、少しづつでもこの映画をもっともっと大きく育てていきたいです。どうか、よろしくお願い致します。

<映画『ささくれ』『誰のための日』への想い>

今回同時上映する2作は『誰のための日』は姉妹、『ささくれ』は親子をテーマに製作致しました。どちらの作品も家族だからこその絶妙な距離感を描いた作品となっております。

家族だから寄り添える時もあれば、家族でも理解出来ない価値観の違いもある。人それぞれの常識や価値観は意識をしていなくても、育った環境が影響していると思っています。そして色んな形の「家族」が存在している。そんな興味から二つの家族の物語を描きました。

『誰のための日』はお互いを理解出来ない、違う生き方をする姉妹の物語です。ぶつかる事や思っている事を言い合うというのは、なんとなく避けがちですが、その事によって寄り添える時もある。言葉にしないと伝わらない事もある。ぶつかる事で寄り添える2人を描きました。

『ささくれ』は血の繋がりに囚われ、コンプレックスを抱く娘と父親の物語です。自分と親は似ているようで違う人間。自分の生き方や選択を見直す為に、心の"ささくれ”に向き合っていきます。向き合う勇気は、踏み出す勇気に変わり、自分を後押ししてくれるはずだという希望を込めて描きました。

ご覧頂いたお客様が家族や大切な人、そして自分自身に寄り添えるきっかけになれたら嬉しいです。

<実現したいこと>

・池袋シネマロサにて多くのお客さんにご覧頂きたい!

この上映のきっかけはコロナ禍に初めて製作した『誰のための日』をご覧頂いた、池袋シネマロサさんのお声がけから始まりました。短編映画を劇場公開出来ると思っていなかったので、多くの方にスクリーンでご覧頂ける機会を与えて下さり本当に嬉しく思っております。
そして、劇場公開に合わせて新作『ささくれ』の製作に踏み切りました。この作品が私の人生でも大きな一歩になると思っています。このような貴重な機会を頂き、後押しをしながら支えて下さった劇場に多くのお客様に足を運んで頂きたい!
そしてまだ誰にもご覧頂いていないこの新作『ささくれ』を多くのお客様にご覧頂きたいです。

・上映劇場を拡大していきたい!

現在、新作『ささくれ』の上映は、この1週間7回の上映しか決まっておりません。
キャスト・スタッフと共に大切に作り上げたこの作品を東京だけでなく、今まで出会ったことのない方たちにまで、より多くの方に届けたいと思っています。
全国の映画館に広げていきたいです!

🎬 『ささくれ』2022年 

・あらすじ

職場恋愛の末に入籍を目前に控えるも、急な婚約破棄を受けて実家に出戻った瑞季(里内伽奈)。元婚約者との気まずさから仕事は退職、同居する母・真帆(秋本奈緒美)の冷ややかな視線もよそに、憂鬱で自堕落な生活を送っていた。
ある日唐突に届く一通の封筒。
それは、かつて瑞季と真帆を残して去った父・晃一(板尾創路)からの結婚祝いだった。
煮え切らない感情が募るなか、無用の祝儀を突き返すべく、瑞季は父の暮らす町を訪れた。両親の離別。そして自身にも訪れた、結婚 ”できなかった” 生活。新たな一歩を踏み出すために、彼女が起こした行動とは……。


・キャスト

瑞季役:里内伽奈(プロデューサー・脚本)

1994年3月29日 生まれ。スタッフ・ワン所属。早稲田大学卒業。日本テレビ「Z I P!」にてレポーターとして出演中。映画『少女邂逅』『クレマチスの窓辺』『いつか輝いていた彼女は』や、ドラマ『ショートプログラム』『特捜9』『ゲキカラドウ』『全裸監督』『フリンジマン』LINE VISION『板尾イズム』、舞台『転校生』 『THE BAMBI SHOW -3RD STAGE-』 などに出演。プロットライターとして活動しながら、脚本家:秦建日子に師事。

晃一役:板尾創路

1963年生まれ。大阪府出身。お笑い芸人としてテレビ番組で活躍する一方、映画やドラマ、舞台に多数出演し、役者としても異色の存在感を放つ。映画監督作品には「板尾創路の脱獄王」「月光ノ仮面」「火花」などがある。「板尾日記」をはじめとする著作も多数。

真帆役:秋本奈緒美

長野県松本市出身。1982 年歌手デビュー。以後女優として、テレビドラマ、映画、舞台、CM、ラジオ、バラエティなど幅広い分野で活躍。ソロ・ライブなども積極的に行っている。最近の出演作に、短編映画『決着』、映画『赤々煉恋』、舞台『ミッツアロのカラス』『西の人気者』『ワタシの青空 西遊記異聞』『空中キャバレー』など。現在、TV『秋本奈緒美が行く 日本名水巡りの旅』、ラジオ&TV『SALUS all in one』(月曜担当パーソナリティ)、ラジオ『秋本奈緒美のおいしいものはお好きですか?』にレギュラー出演中。最新アルバム『ラブレター〜あなたへ〜』好評発売中

純子役:星ようこ

宮城県仙台市出身。デビュー直後から、1990年東海テレビの昼のドラマ「あぶない女たち」、1991年よみうりテレビ朝の連続ドラマ「花友禅」と主演が続き、その後も、ドラマ、映画、舞台など数多く出演。主な出演作に、ドラマ「愛のソレア」、「マリア」「お水の花道」、映画『不貞の季節』『嫌われ松⼦の⼀⽣』『余命⼀ヶ⽉の花嫁』など。最近は歌のステージも始めている。また、チベット体操インストラクターの資格を保有し、ようこヒーリング(チベット体操)の教室もコンスタントに開催している。

・スタッ

監督・編集:大金康平HP:KOHEI OGANE

1992年生まれ。栃木県出身。日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業。「映像作家100人 2018/2019」に選出。2018年にショートフィルム「那須野が原の花火」で第3回 未完成映画予告編大賞・小原信治賞 受賞。ドラマ「グレーテルのかまど パティシエ・ヘンゼル〜しあわせの魔法〜」Eテレ「シャキーン!」「ごちそんぐDJ」、MV「コブクロ/卒業」、dTV「Documentary of ≒JOY」など、子ども向け番組やミュージックビデオ・ドキュメンタリーの演出・撮影も手がける。

撮影:萩原脩(「真っ赤な星」「左様なら」「この日々が凪いだら」羊文学「夕凪」MV)

照明:堅木直之(映画「POP!」MV:benefits / Vaundy、怪獣の花唄 / Vaundy、SHE'S - Chained)

録音・整音:柳田耕佑(「辻占恋慕」「真っ赤な星」「僕はイエス様が嫌い」「左様なら」)

ヘアメイク:藤原玲子(「あの娘は知らない」「辻占恋慕」「佐々木、イン、マイマイン」)

助監督:木村凌(「あなたの番です」「LAST COP THE MOVIE」「ST 赤と白の捜査ファイル」)

メイキング:小池匠(監督作品「消しかすの花」「夢が眠る場所」「ETERNOLUZ」)

美術:柏倉さくら/助監督:江口嵩大/照明助手:松浦凌太郎/カラーグレーディング:島健太郎/宣伝美術:山下礼

音楽・主題歌:小川未祐

2001年生まれ。東京都出身。俳優として活動する傍ら、近年は歌唱やギターなど、音楽活動にも精力的に取り組む。主な出演作『海辺の金魚』(小川紗良監督)『脳天パラダイス』(山本政志監督)『よこがお』(深田晃司監督)他

■公式Twitter:@sasakure_movie

🎬 『誰のための日』2021年 

・あらすじ

京香は母親の三回忌、親戚を集めた食事会を開いた。妹の由梨は参加するも不機嫌なまま。帰宅後、京香が由梨の態度を注意した事をきっかけに、お互いの生き方を理解できず姉妹の言い合いはヒートアップしてしまう。

・キャスト

妹・由梨役:日高七海

宮崎県生まれ。映画『リアル鬼ごっこ』(15年/園子温監督)で映画デビュー。その後、映画では『獣道』(17年/内田英治監督)、『飢えたライオン』(18 年 / 緒方貴臣監督)、『左様なら』(18 年 / 石橋夕帆監督)、『無限ファンデーション』(18 年 / 大崎章監督)、『血まみれスケバンチェーンソーRED』(19年 / 山口ヒロキ監督)、『ステップ』(20 年 / 飯塚健監督)など多数の作品に出演。また 連続ドラマ『東京ラブストーリー』(20 年)、『孤独のおそうじ時間』(21 年)、などに出演し幅広く活躍中。映画『幕が下りたら会いましょう』(21 年 / 前田聖来監督 )では、主人公の相棒役に抜擢。メインキャストに抜擢されたDm7プロデュース「リザンテラ」が、9月28日から10月2日まで東京・シアター711で上演予定である。

姉・京香役:里内伽奈(プロデューサー・脚本)


・スタッフ

監督・音楽・編集:名村辰

1997年3月3日生まれ。『誰のための日』が初監督作品。俳優として活動中。ファザーズコーポレーション所属。小学校3年間はアメリカに在住し、高校卒業まで歌舞伎の舞台に出演。現在はドラマ、映画、舞台など幅広く活動している。2022年の主な出演作に、モダンスイマーズ「だからビリーは東京で」、映画「さがす」「アキラとあきら」「ヘルドッグス」など。

撮影:平見優子(「猫は逃げた」「シノノメ色の週末」「眠る虫」「暁闇」「少女邂逅」)

照明:市川朋樹/録音:小川賢人/美術:柏倉さくら/ヘアメイク:藤原玲子/助監督:景山未喜/制作:小川諒/撮影助手:松田恒太/整音:五十嵐猛吏/スチール:柳澤将大/宣伝美術:山下礼

■公式Twitter :@darenotamenohi

<ご支援の使い道>

10月の池袋シネマ・ロサでの劇場公開に向けた宣伝費。
また今後上映を拡大していく為の費用として使わせて頂きます。

・宣伝費

・DCP化費用

・デザイン費

・印刷代

・グッズ製作費

・映画祭応募費用(2022年9月から応募開始)

・上映拡大に向けての宣伝費・交通費・宿泊費など(2022年11月から上映拡大のための活動開始)

・クラファン費用

<ご支援へのリターン>

・お礼メール

里内伽奈からお礼のメールをさせて頂きます。

・前売り券交換画像 (支援者様のお名前入り)

10月8~14日:池袋シネマ・ロサ上映の【前売り券1枚】と交換出来るチケット画像をお送り致します。公開中の上映前30分より劇場窓口前にて、里内伽奈にチケット画像を提示し、その場でサイン入りの前売り券と直接交換させて頂きます。

・『ささくれ』『誰のための日』脚本(データ)

今回上映される2作品の脚本をデータにてお送り致します。完成作品との変化もお楽しみ頂けます。

・『ささくれ』オフショット(データ)

コレクターの皆様限定の写真となります。SNSなどへの掲載はお控え下さい。

・お礼動画(データ)

里内伽奈と日高七海からお礼の気持ちを込めた動画をお送り致します。

・『誰のための日』NG集(データ)

『誰のための日』撮影時のNG集をお送り致します。現場の雰囲気が伝わる内容となっております。

・『ささくれ』製本台本:限定5冊(郵送)

撮影で使用した製作台本にキャストと大金監督のサインを入れてお送り致します。

・サイン入り劇場内展示パネル:限定10枚(郵送)

『誰のための日』『ささくれ』のスチールをA4サイズのパネルにて、公開中劇場内に展示致します。先着順でお好きなパネルをお選び頂き公開終了後、キャストのサインを入れてお送り致します。(前売り券との交換時にパネルの選択は里内が直接対応させて頂きます)

・『ささくれ』メイキング動画(データ)

なんと!今作のメイキングは小池匠監督が撮影・編集を行なって下さいました!

・『誰のための日』続編動画(データ)

姉妹のその後を描いたスピンオフ映像を特別製作しお届け致します。(出演:里内伽奈・日高七海)

<想定されるリスクとチャレンジ>

今回のクラウドファンディングが目標額に達成しなかった場合でも、作品の完成、現時点で決定している10月の公開は必ず行うとともに、リターンも自己資金で補いお届けします。

リターンについても既に撮影が終わっている作品なので大幅な遅延は起こらないと考えておりますので、ご安心下さい。

また、目標金額未達成におわった場合も、可能な範囲で少しでも多くの方へ本作をお届けできるよう努めてまいります。

<最後に>

最後までこのページをご覧頂きありがとうございます。

たった1人で始まったところから、本当に多くの方のご協力と手助けにより、ここまで辿り着けました。ここからまた、生み出した我が子を責任持って、大きくしていこうと必死に動いています。

大好きな仲間と共に大切に作り上げた作品を、応援して下さる皆様と一緒に育てていきたいです。

是非お力をお貸し下さい。

そして、この映画が広がっていく過程を見守り、一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します!

里内伽奈

リターンを選ぶ

  • 1000

    お礼メール

    • お礼メール
    • 2022年10月 にお届け予定です。
    • 21人が応援しています。
  • 3000

    前売り券交換画像(1枚)

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 2022年10月 にお届け予定です。
    • 30人が応援しています。
  • 5000

    『ささくれ』『誰のための日』脚本データ

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』『誰のための日』脚本データ
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 13人が応援しています。
  • 8000

    『ささくれ』オフショットデータ

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』撮影オフショット(データ)
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    『誰のための日』NG集

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • お礼動画(里内伽奈・日高七海)
    • 『誰のための日』NG集
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • SOLDOUT

    10000

    『ささくれ』サイン入り製本台本1冊【限定5名】

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』サイン入り製本台本1冊【限定5名】
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • SOLDOUT

    10000

    劇場内展示パネル(サイン入り)1枚【限定10名】

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 劇場内展示パネル(サイン入り)1枚【限定10名】
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 15000

    『ささくれ』メイキング動画

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』撮影オフショット(データ)
    • 『ささくれ』メイキング動画(小池匠監督が撮影・編集!)
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 30000

    『ささくれ』『誰のための日』全部セット!

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』『誰のための日』脚本データ
    • 『ささくれ』撮影オフショット(データ)
    • 『ささくれ』メイキング動画(小池匠監督が撮影・編集!)
    • お礼動画(里内伽奈・日高七海)
    • 『誰のための日』NG集
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    特別製作『誰のための日』スピンオフ映像!

    • お礼メール
    • 前売り券交換画像(劇場にて里内がサイン入り前売り券1枚と交換致します)
    • 『ささくれ』『誰のための日』脚本データ
    • 『ささくれ』撮影オフショット(データ)
    • 『ささくれ』メイキング動画(小池匠監督が撮影・編集!)
    • お礼動画(里内伽奈・日高七海)
    • 『誰のための日』NG集
    • 『誰のための日』スピンオフ映像!(里内伽奈×日高七海)
    • 2022年12月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。