facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

熊野地方の魅力を世界に届けるフォトブック「Route 42」の出版をクラウドファンディングで実現!

外国人が訪れるべき日本の観光地No1の熊野地方。その魅力を世界中に届けるフォトガイドブックを出版します!

「2020年に外国人が訪れるべき日本の観光地」ランキング1位に選ばれた熊野地方。しかし都市部からアクセスに時間がかかるため観光業は伸び代があります。観光業発展のため熊野地方の魅力を世界に届けるフォトブックを出版します。

コレクター
70
現在までに集まった金額
735,345
残り日数
44
目標金額 1,700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年1月13日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年1月13日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
Aya

フリーランスライター・編集者。大阪府在住ですが心の住所は和歌山県潮岬です。プリミティブな自然に魅せられて南紀に足繁く通うこと足掛け9年。紀伊半島は大きく、東牟婁郡と西牟婁郡で少しずつ雰囲気が異なるのが魅力的です。そんな東牟婁郡と西牟婁郡を国道42号線で繋ぐドライブガイド・ウェブマガジンRoute42のリリースと、とっておきのジオスポットを写真に収めたフォトガイドブックを出版する予定です。合言葉は「熊野の魅力を世界の隅々にどどけたい」。皆様どうかご支援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトについて

「2020年に外国人が訪れるべき日本の観光地」ランキング1位に選ばれた熊野地方。しかし都市部からアクセスに時間がかかるため観光業は伸び代があります。観光業発展のため熊野地方の魅力を世界に届けるフォトブックを出版します。


「熊野地方」とは?


はじめまして。フリーランスライター・編集者のへメンディンガー綾と申します。苗字は外国姓ですが日本人です。今回は私が骨を埋めたいと心底願い、恋こがれ愛してやまない熊野地方を紹介するフォトブックを出版させていただきたく、クラウドファンディングを立ち上げることにしました。

Hello. My name is Aya Hemendinger, a freelance writer and editor. This time, I decided to launch crowdfunding to publish a photo book that introduces the Kumano region that I love more than anywhere else in the world.


©️Yoshiki Maruyama / Publisher's Republic

そもそも熊野地方ってどこ?という方のために、まずは熊野ダイジェストを。地理的には北は和歌山県御坊市以南から南は紀伊半島最南端(つまり本州の最南端)を含み、そこから少し東北に上り三重県の県境あたり一帯(一部奈良県も含む)と定義されます。およそ紀伊半島の下半分と思っていただくとわかりやすいかもしれません。

First of all, do you know where the Kumano region is? Geographically speaking, the Kumano region is the lower half of the Kii Peninsula.

熊野の語源は諸説あります。「熊(くま)」は「こもる」の意味で神がこもる聖域、また死者の霊がより来るところだとか、「熊」は「隈」の意味で、樹木が生い茂る奥まった場所を指すなど。いまだに飛行機で上空を飛ぶと、熊野地方の上だけすっぽりと闇に包まれているんです!何と貴重な場所なのでしょうか。この地方でとりわけ有名なのは世界遺産の熊野三山(本宮大社、熊野速玉大社、那智の滝)を詣でる熊野古道。とても神秘的な場所で、海外からも観光客が訪れます。海外の方からも人気を博し、外国人向け情報サイト「GaijinPot」で2020年外国人が訪れるべき日本の観光地でNo.1に選ばれました。

The etymology of Kumano is the sanctuary where the gods live, the place where the spirits of the dead come, and the deep place where trees grow thick. The most famous in this region is the Kumano Kodo, which visits the world heritage Kumano Sanzan (Honmiya Taisha, Kumano Hayatama Taisha, Nachi Falls). It is a very mysterious place and is visited by tourists from overseas.It became popular with foreigners and was selected as the No. 1 tourist destination in Japan for foreigners to visit in 2020 by the information site "Gaijin Pot" for foreigners.

海岸は航海の難所、枯木灘と熊野灘に面し、世界最大規模を誇る暖流である黒潮が本州で最も接岸することから気候は年中を通じて温暖、また雨が多く植生は亜熱帯。一部の海岸線には本州にしてサンゴが群生しています。またかつて大規模な火山の噴火によってできたと言われる奇岩も多く、一瞬たりとも見逃せない息を飲むほどに美しい景色が連なります。

The coast is a difficult place for navigation. The Kuroshio Current, the world's largest warm current, berths most in main island, so the climate is warm throughout the year, and the vegetation is subtropical with a lot of rain. Coral is clustered on some coastlines. In addition, there are many strange rocks that are said to have been created by the eruption of a large-scale volcano, and the scenery is so beautiful and splended.


和歌山県串本町の海岸。Coast in Kushimoto town, Wakayama prefecture, Japan ©️Yoshiki Maruyama / Publisher's Republic

私とこの熊野地方の出会いは約10年前に遡ります。東京で編集の仕事を経験し、郷里である大阪に帰ってきてしばらくしたある日のこと。配偶者が素潜りが好きだったので家族で本州最南端の串本町に向かいました。その日はまだ7月なのに南大東島沖で台風が発生し、大変珍しいことに進路を西にとり沖縄方面に向かう途中、ほんの一瞬だけ南紀を暴風域に巻き込むという10年に1回、いや20年に1回あるかないかの大変珍しい天気の日でした。

I first visited here about 10 years ago. Although it was still July, a typhoon broke out off the coast of Minamidaito Island, taking the course to the west and involving Nanki in the storm area for only a moment. It was a rare weather once every 20 years.

暴風まじりの天気雨の中、海は大きくうねりを伴い、ずいぶん沖の方まで白波が立ち、老婆の皮膚のように持ち上げられた水平線と空は境目がなくもはや一つに溶け合っていました。それは恐ろしい景色でした。恐ろしくも、美しい景色でした。南紀は台風銀座。これまでもあまたの台風は多くの被害をもたらし、人々の生活を脅かしてきました。そんな台風なのに美しいと思う心をどうぞ許してください。「畏怖の念」と言葉にすればたった4文字ですが、その景色を見る前と後ではもう別人。自然の力の強さをこんなに直接感じられる場所が、自分の家からそう遠くないところにあったなんて。と、私はすっかり南紀の魅力の虜になりました。ここには人間が生きるために必要なものが全てあるのです。土砂降りの雨が降っていると思ったのに、晴れたなんていうこともしばしば。まぶしすぎる日差しもあれば、照葉樹の緑が作る深い闇もある。太陽と雨が生み出すコントラストを他のどの場所よりも強く感じる地域です。

In the storm, the sea swelled, white waves swelled far offshore, and the horizon and sky, which were lifted like the skin of an old woman, were no longer bound and merged into one. It was a terrifying but so beautiful view. I felt that there was everything humans needed to live here. It's a place where you can feel the contrast between the sun and rain more strongly than anywhere else.

実は何年も前からこの地方に関わることを決めていた。

実は初めて串本町を訪れるより何年も前に、南紀に深く関わりたいと思う出来事がありました。まだ東京で編集の仕事をしていた20代後半のある日。何気なく講談社の「クーリエ・ジャポン」という雑誌をめくっていた時のことです。この熊野地方にある太地町でイルカの追い込み漁が行われているという記事が目に止まりました。それは海外のメディア情報を日本語に訳した記事だったのですが、イルカ漁は初めて知る事実でした。私は和歌山との県境に近い大阪府で生まれ育ちました。親戚が和歌山に住んでいることもあり、和歌山は小さい頃からよく行き来するとても身近な場所です。食文化も共通することが多く、たまに鯨の肉が食卓に上がることもありました。だから太地町が日本の古式捕鯨発祥地ということは私にとっては常識でした。母がまだ幼かった私に「もう鯨が食べられなくなるのよ」と言った日のことですら覚えています。母の言葉は1982年、IWC(国際捕鯨委員会)が商業捕鯨モラトリアムを採択し、商業捕鯨を禁止するタイミングだったのでしょう。けれども、イルカを獲っていることは全く伝え聞いてこなかったのです。私は情報を扱う仕事をしているのでなぜこんな情報格差があるのかがとても気になりました。そして万が一自分が関西にUターンすることがあれば、このことをいつか調べようと決めました。

Many years earlier, there was an event that I wanted to be deeply involved in Kumano. One day in my late twenties when I was still working as an editor in Tokyo, I read I noticed an article about dolphin drive hunting in Taiji Town in the Kumano region in magazine, Courrier Japon.I was born and raised in Osaka, near the border with Wakayama, so it was common sense for me that Taiji was the birthplace of ancient Japanese whaling but never heard dolphine fishing.I was very wondering why there is such a digital divide. And if I go back to Kansai, I decided to investigate this.

当時はずっと東京で暮らそうと思っていたのですが、結婚をきっかけに関西に戻ることになり、何年も前に誓ったことを実行するタイミングがやってきました。帰郷した翌年、おりしもこのイルカ漁をテーマにした映画がアカデミー賞を受賞し、太地町は大きな注目を集めていました。私なりに関係各所(水産庁、漁協、地元関係者、県庁、各研究機関)に電話をし、色んな方(賛成派や反対派の方)とお話をして意見交換をしたり、古式捕鯨の発祥から現在の捕鯨に至るまで様々な書物を読みあさりました。こうして自分なりのリサーチを続けた結果、一つだけ確実にわかったことがありました。それは捕鯨の賛否を議論しても、いくら真実を追及しても太地町や周辺の熊野地方の人々の幸せにつながらない、ということです。


高低差133メートルで日本一をほこる那智大滝。水量が多い時だけ龍が見えるんです。Nachi Otaki is the best in Japan with a height difference of 133meters. You can see the dragon only when there is a lot of water.©️Yoshiki Maruyama / Publisher's Republic

Then I was back in Kansai for my marriage, it was time to do what I swore many years ago. That year, a movie about dolphin fishing won the Academy Award, and Taichi town received a lot of attention. I called the Fisheries Agency, Fisheries Cooperatives, local officials, prefectural offices, and research institutes, read various books, and continued my research. I won't write about the results here, but I've definitely found one thing ; No matter how much you discuss the agree/disagree of whaling and pursue the truth, it will not lead to the happiness of the people of Taiji Town, the surrounding Kumano region and sea animals.

このように捕鯨について調べる一方で私は実際に熊野地方を頻繁に訪れ、どんどんその美しさに魅入られ、熊野地方をもっと愛するようになりました。地元の方と知り合うことも叶いました。いつも謙虚で優しい熊野の人々に触れるにつれ、私は賛成や反対の立場を超えてここに住む人と、そして私たち人間の分母である自然の双方が幸せになる道を追求したいと思いました。そのためにはやはり地域で多様な雇用を産む観光業がもっと盛んになることが答えの一つであると思っています。何よりも観光資源は豊富すぎるぐらいあるのです。生かさない手はありません。

Especially in this region, there is little flat land and it is surrounded by the sea and mountains. Whaling was an important food for people. Even today, there are many people involved in the fishing industry. Also, because it is far from the city, there are few work options, and young people often go out in the city. Bashing people involved in the fishing industry in such an environment only dispels the emotions of the local people.If you want to stop whaling, it's important to go beyond the opposition agree or disagree.

Besides the idea of animal and nature conservation is less advanced in Japan than in other countries. First of all, if human employment and happiness are not guaranteed, dolphins fishing will continue. Thus I want to pursue a way to make everything happy, both the people who live here and nature. To that end, it is necessary for the tourism industry, which creates diverse employment, to become more prosperous.


和歌山県白浜町にある志原海岸。外国のようです。Shihara Coast in Shirahama town, Wakayama prefecture, Japan ©️Yoshiki Maruyama / Publisher's Republic

とはいえ私は熊野地方に住んでいるわけでもなく、観光業に携わっているわけでもありません。自分にできることを考えました。できることと言えば、人より文章を書くのがほんの少し得意なだけ。それでもこの雄大な熊野を文章で語り尽くすには到底力が及びません。でも地球の隅々まで熊野地方の魅力を伝えたいという気持ちは募るばかり。

そこで写真の力を借りてフォトブックを作ろうと決めました。幸いなことに地元出身のフォトグラファー丸山由起さんのお力を拝借するという幸運にもありつきました。丸山さんに撮影をご快諾いただき、昨年の12月からフォトブックのための撮影がスタートしました。

I thought about what I could do. As an editor, all I can do is make a book and tell people about the beauty of the area. Fortunately, I was fortunate to have the help of local photographer Yoshiki Maruyama.

撮影中の丸山由起さん。那智勝浦町にて。Photographer Yoshiki Maruyama, Nachi Katsuura town, Wakayama prefecture Japan ©︎Takashi Iwakura

どんなフォトブック? What is contents ?

撮影した場所は主に国道42号線沿いを中心に、これまで10年かけて見つけてきた、とっておきの秘蔵スポットばかりです。風と波を読み、時期を見計らい、太陽と潮位と追いかけっこをしながら、その場所が1年中で最も美しく輝くタイミングを狙って写真に収めていただきました。国道42号線沿いを中心に撮影しているので、本のタイトルは「Route 42」と決めています。

The places we photographed are mainly along National Route 42, and are all the special treasured spots I have found over the past 10 years. The title of the book is "Route 42" because I mainly shoot along National Route 42.

またRoute42は本の出版だけではなく、国道42号線を中心に紀南地方のグルメ、宿泊、観光スポットなどを掲載するウェブサイトの制作も予定しています。こちらのウェブサイトも「Route 42」という同じ名前で展開予定です。

In addition to publishing, I am planning to produce a website "Route 42" that publishes gourmet food, accommodation, sightseeing spots, etc in Japanese and English version.

さて、今回クラウドファンディングでご協力いただきたい「Route 42」は写真のページを1枚1枚切り離してポストカードにすることができる仕様です。そこには熊野地方を訪れた人が、あるいはこのフォトブックを手にした人が、葉書を書きそれを受け取った誰かがその美しさに惹かれて、この地を訪れるように、という意図を込めています。S N Sで一瞬にして画像は地球の果てまで届く世の中ですが、デジタルな情報はどれだけ長く持つでしょうか。一方手書きの葉書はその人の手元に長く残ります。

“Route 42" is a specification that allows you to separate each photo page into a postcard. It is intention for people who visit the Kumano region to write postcards and to make someone who receives them attracted to the beauty and visit this place.

葉書にするために、使用する紙やデザイン上の工夫などこのフォトブックは通常の書籍より印刷コストがうんとかかってしまう予定です。そこで皆さんどうかお力を貸していただけないでしょうか。

This photobook will cost much more to print than regular books, such as the paper used to make postcards and design ideas.

資金の使い道・スケジュールについて Our fundraising goal and its use

出版にかかる諸経費は全部で200万円以上かかりますが、そのうちの170万(印刷費、デザイン、写真、翻訳)をこのクラウドファンディングで賄う予定です。その他取材費用や製作費、また同時進行で進めている南紀のウェブマガジンの制作・取材に係る費用は全て個人の自己負担です。

The total cost of publishing is over 2 million yen, of which 1.7 million (printing costs, design, photos, translation) will be covered by this crowdfunding. All other coverage costs and production costs are my own responsibility.All other costs related to the production and production of the web magazine of Kumano region, which is being carried out at the same time, are the responsibility of the individual.

想定されるリスク Risks

目標金額未達の場合、出版社からの本の出版ができず、自費出版での出版に切り替えます。全国書店を通した流通ができなくなります多くの方の手にとっていただく機会が大きく減ります。
If the target amount is not reached, the book cannot be published by the publisher and will be switched to self-publishing. Distribution through bookstores nationwide will not be possible. Opportunities for many people will be greatly reduced.


夜の橋杭岩。Hashiguiiwa,in Kushimoto town, Wakayama prefecture, Japan©️Yoshiki Maruyama / Publisher's Republic

目標金額とリターン内容 Target and Rewards

◆目標金額   1,700,000円 / Target is 1,700,000 yen

◆リターン / Rewards

【リターン1/ Rewards1】7,000円コース / 7,000yen
Route42 1冊、お礼メール、Route42オリジナルステッカー
Photo guide book Route 42, thank-you email, Route 42 original sticker

【リターン2 / Rewards2】10,000円コース / 10,000yen

Route42 1冊とお礼メールRoute42ステッカーとゲストハウスWhyKumano2泊以上の宿泊で1泊無料宿泊  ※GW、お盆、正月期間は除く。※ゲストハウスWhyKumano宿泊リターンは2021年春以降にご利用可能です。クラウドファンディング終了後にご望の日程を伺います。

Photo guide book Route 42 and thank-you email, Route42 sticker and Guest house WhyKumano 1 night free for stays of 2 nights or more. ※Excluding GW, Obon and New Year period.
※The return will be carried out after the spring of 2021. We will ask you for your desired schedule after the crowdfunding is over.


WhyKumanoの客室。WhyKumano Guest room. The owner is local peple and he will advise how to discover Kumano region.©️WhyKumano

【リターン3/ Rewards3 】15,000円コース / 15,000yen

Route42 1冊とお礼メールとRoute42ステッカー・フォトブックに使用していない秘蔵アザーカットによるポスターA1サイズ、KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g

Photo guide book Route 42, thank-you email, Route42 sticker, poster by secret other cut not used in photobook A1 size (594✖️841mm), KAMIN COFFEE ROASTERS KUMANO BLEND 200g.

【リターン4 / Rewards4 】50,000円コース / 50,000yen

Route42 1冊、お礼メール、Route42ステッカー、KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g、海の見える露天風呂がある「リゾート大島」グランピングRay Wonderレギュラーシーズン限定宿泊。4名定員のうち基本料金2名分(30,000円相当)が無料。

※「リゾート大島」グランピングRay Wonderへの宿泊リターンは、2022年 GW前までにご利用ください。レギュラーシーズンはこちらからご確認ください→https://resortohshima.com/stay/gramp

Photo guide book Route 42, thank-you email, Route 42 sticker,KAMIN COFFEE ROASTERS KUMANO BLEND 200g,"Resort Oshima" Glamping Ray Wonder Regular Season limited stay, 2 out of 4 people are free.

※ Expiration date is untill 2022 27th April.
※Please check here for the regular  season.→https://resortohshima.com/stay/gramp


グランピングテントの中。鳥の声で目覚める最高の朝をどうぞ。お風呂は海が見える露天風呂です。You can wake up with bird chirping. Don't forget to take the open air bath. ©️リゾート大島

【リターン5 / Rewards 5】70,000円コース / 70,000yen

Route42 1冊とRoute42ステッカーお礼メール、KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g、また私が直接本の撮影に選んだ穴場スポットをガイドするツアーにご招待。かつ写真家の丸山さんによるオススメジオスポットでの写真撮影

 ※1ツアー2泊3日・現地集合・参加者は4名まで。撮影は2時間程度を予定。
 現地までの交通費・現地の交通費・飲食費などは参加者様のご負担となります。
※ツアーのリターンは2021年春以降に実施予定です。クラウドファンディング終了後に
 ご希望の日程を伺います。     

Photo guide book Route 42 and Route42 sticker Thank you email, KAMIN COFFEE ROASTERS KUMANO BLEND 200g and I invited you to a tour (2 nights and 3 days) to guide you to the hidden spots I chose to shoot the book directly. 

Take a photo with Mr. Maruyama at the recommended geo spot (shooting time is about 2 hours)
  ※1 tour 2 nights 3 days, Meet locally, Up to 4 participants. Shooting is scheduled for about 2
   hours.Participants are responsible for transportation expenses to the site, local transportation
   expenses, food and drink expenses, etc.

 ※The return will be carried out after the spring of 2021. We will ask you for your desired schedule
  after the crowdfunding is over.

次のリターンA・B・Cはご支援いただく金額によって、以下から1〜3つお選びいただけます。
なおリターンは2021年春以降に実施予定です。「H P文言作成」と「取材記事掲載」に関しては、クラウドファンディング終了後にご希望の日程を伺います。

【企業・個人事業主様向け リターンA】100,000円 →1から3の中から1つお選びください。
【企業・個人事業主様向け リターンB】150,000円→1から3の中から2つお選びください。

  1. ウェブマガジンRoute42への企業ロゴ掲載(掲載期限なし)
    ウェブマガジントップページ下部に協賛企業としてロゴを入れさせていただきます。ロゴデータのご提供が必要になります。
  2. 御社H P文言作成いたします(写真3-4カット、文字数1200W程度)
    既存のH Pの文章を変えたい、ちゃんとした文章にしたい!新しくHPを作りたい企業様向け。丁寧に取材してコンセプトを導き出します。
  3. ウェブマガジン「Route42」への取材記事掲載(地元企業様のみ)
    飲食店や宿泊施設、製造販売をなさっている企業さんを取材させていただき、南紀のドライブガイド的ウェブマガジン「Route42」で掲載させていただきます。
  4. Route42 3冊
  5. Route42ステッカー
  6. お礼メール
  7. KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g

【企業・個人事業主様向け リターンC】250,000円 (※地元企業様向け)
1から3のすべてがリターン対象です。また下記に加え「Route42」3冊とRoute42ステッカー、お礼メール、KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200gの特典があります。なおリターンは2021年春以降に実施予定です。「H P文言作成」と「取材記事掲載」に関しては、クラウドファンディング終了後にご希望の日程を伺います。

  1. ウェブマガジンRoute42への企業ロゴ掲載(掲載期限なし)
    ウェブマガジントップページ下部に協賛企業としてロゴを入れさせていただきます。ロゴデータのご提供が必要になります。
  2. 御社H P文言作成いたします(写真3-4カット、文字数1200W程度)
    既存のH Pの文章を変えたい、ちゃんとした文章にしたい!新しくHPを作りたい企業様向け。丁寧に取材してコンセプトを導き出します。
  3. ウェブマガジン「Route42」への取材記事掲載(地元企業様のみ)
    飲食店や宿泊施設、製造販売をなさっている企業さんを取材させていただき、南紀のドライブガイド的ウェブマガジン「Route42」で掲載させていただきます。
     
    グルメ、宿泊・温泉施設、ジオスポットなど南紀の魅力満載。※デザイン、写真、文字は仮のものです。

リターンの注意事項 / Remarks 

  1. 書籍の発行は2021年4月〜5月を予定していますが。遅れる場合があります。
    The book is scheduled to be published from April to May 2021. It may be delayed.
  2. 企業様向けリターンA.B.Cを選んだ方は下記をご確認ください。

※HP文言作成はHPデザイン料、写真、サーバー料等、文章以外にかかる費用は別途ご負担いただく必要があります。
※HP文言作成は1企業様1サイトのみとさせていただきます。
※リターン6.7.8のは「Route42」への取材記事掲載は、地元企業様(田辺市、白浜町、古座川町、串本町、那智勝浦町、太地町、新宮市、北山村、三重県南牟婁郡、熊野市、尾鷲市)に所在地があり、製造業、飲食店、小売販売業、宿泊・温泉施設、文化施設を有する企業様を対象とさせていただきます。
※ロゴ掲載は御社からロゴデータをご提供いただく必要があります。こちらで作成する場合、別途費用が発生致しますので、ご注意ください。

ご利用いただける決済方法とご注意 / Payment method 

1、クレジットカード / Credit card
2、銀行振り込み・コンビニ払い / Bank transger・Convenience store payment
3、現金 / Cash → If you lives in Japan, you can pay by cash

銀行振込・コンビニ払いについては決済手続きに時間差が発生する関係で、プロジェクト終了4日前の1月10日23:59が締め切りとなります。(クレジットカード・現金については終了日の1月13日23:59までご利用可能です)
現金でのご支援をご希望の方は、へメンディンガー綾までご連絡ください。受取り後、代理でMotionGalleryに入金処理を行います。(電話:090-5542-4672)

For bank transfer and convenience store payment, the deadline is 4th January 2021, 4 days before the end of the project due to the time lag in the settlement procedure. (Credit cards and cash can be used until 23:59 on the end date)
If you would like to donate by cash, please contact to Hemmendinger Aya. After receiving it, we will process the deposit to Motion Gallery on your behalf. ( Telephone: 81+(0)90-5542-4672 )

最後に One last word

最後までお読みくださり、ありがとうございます。このプロジェクトを一人でも多くの方と進めさせていただくことで、美しい海辺の街がより長く発展しつづいていく方法を一緒に考えていただけたらこれ以上幸いなことはありません。熊野に行ったことがない方は、ぜひCOVID-19が収束したら南紀へいらしてください。地元の皆様は、COVID-19が収束したら、より多くの観光客で地域が賑わうように、どうかお力を貸してください。何卒宜しくお願い申し上げます。

Thank you for reading to the end. It would be great if we could work together with as many people as possible on this project to come up with a way for a beautiful seaside town to continue to develop for a longer period of time. If you have never been to Kumano, please come to Kumano when COVID-19 has converged. Locals are kindly requested to help the area to be crowded with more tourists once COVID-19 is settled. I would like to humbly thank you.


Special thanks to design help Kentaro Sato (http://www.studiofunnel.com), Saburo Sakata (https://www.neki.co.jp) , Yae Okuno, Yu Tanaka, Yoshiki Maruyama, Takashi Iwakura, Tomonori Kirishi, Kyohei Tobayama (http://amaai.net), Hiroko Iwamoto, Hiroko Kusuda, Takaya Ushiro WhyKumano(https://www.whykumano.com), Miyako Maruyama, Yoshiaki Minamihata Resort Oshima(https://resortohshima.com

リターンを選ぶ

  • 7000

    リターン1

    • Route42
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 46人が応援しています。
  • 7000

    Rewards No.1

    • Photo guide book Route 42
    • thanks mail
    • sticker
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り18枚

    10000

    リターン2

    • WhyKumano 2泊以上の宿泊で1泊無料宿泊
    • Route42
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 残り29枚

    10000

    Rewards No.2

    • WhyKumano 1 night free night for stays of 2 nights
    • thanks mail
    • sticker
    • Photo guide book Route 42
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り10枚

    15000

    リターン 3

    • 秘蔵アザーカットによるポスターA1サイズ
    • Route42
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    リターン4

    • 「リゾート大島」グランピングレギュラーシーズン限定宿泊で4名定員のうち2名無料。
    • Route42
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    Rewards No.4

    • Resort Oshima glamping
    • Photo guide book Route 42
    • thanks mail
    • sticker
    • KAMIN COFFEE ROASTERS KUMANO BLEND(200g)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    リターン6

    • Route42 20冊
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り5枚

    70000

    リターン5

    • 著者による南紀ツアー+写真撮影
    • Route42
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り5枚

    70000

    Rewards No.5

    • Guide tour (2 nights and 3 days) +Photo shooting
    • Photo guide book Route 42
    • thanks mail
    • sticker
    • KAMIN COFFEE ROASTERS KUMANO BLEND(200g)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    リターンA(企業様向け) / For only Japanese company

    • 企業ロゴ掲載 / HP文言作成 / ウェブマガジン記事掲載(このうち1つをお選びください)
    • Route 42 3冊
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 150000

    リターンB(企業様向け) / For only Japanese company

    • 企業ロゴ掲載 / HP文言作成 / ウェブマガジン記事掲載(このうち2つをお選びください)
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • Route 42 3冊
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 250000

    リターンC(地元企業様向け) / For only Japanese

    • 企業ロゴ掲載 / HP文言作成 / ウェブマガジン記事掲載(3つすべて)
    • Route 42 3冊
    • お礼メール
    • オリジナルステッカー
    • KAMIN COFFEE ROASTERSのKUMANO BLEND 200g
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。