facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

本屋ロカンタンの開店ををクラウドファンディングで実現!

西荻窪にあらたな本と映画の共有地を/
本屋ロカンタンの開店を支援してあなた好みのお店に!

西荻窪に本屋を開店します。取扱品は新刊本、古本、映画輸入盤、雑貨。ゲストを招いたイベントを定期開催し、本と映画のあらたな共有地=コモンズとなることをめざします。店主=萩野亮[映画批評]。

コレクター
126
現在までに集まった金額
997,604
残り日数
13時間
目標金額 640,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年1月20日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 640,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年1月20日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
萩野 亮 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
萩野 亮

1982年生。映画批評・文筆業、本屋ロカンタン店主。編著に『ソーシャル・ドキュメンタリー 現代日本を記録する映像たち』(フィルムアート社)、分担執筆に『日常と不在を見つめて ドキュメンタリー映画作家佐藤真の哲学』(里山社)、『アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化』など。「キネマ旬報」星取りレビュアー(2014-2016)、立教大学兼任講師(2013-2017)、毎日映画コンクールドキュメンタリー部門一次選考委員(2013-)。

このプロジェクトについて

西荻窪に本屋を開店します。取扱品は新刊本、古本、映画輸入盤、雑貨。ゲストを招いたイベントを定期開催し、本と映画のあらたな共有地=コモンズとなることをめざします。店主=萩野亮[映画批評]。

本屋ロカンタンについて


logotype by Masayo Itagaki.

五.五畳からはじまった本屋

2019年9月13日、西荻窪の住宅街にある築40年の木造アパートの一室にて、店主の自宅を兼ねた仮店舗として本屋ロカンタンはオープンしました。
https://www.roquentin.tokyo/

売場面積五.五畳に、新刊書籍と店主の蔵書が所せましとならびます。ごく普通のアパートのため、住所非公開、週末だけの予約制という尋常でない営業形態で3ヶ月営業し、のべ80名のお客さんを招きました。その狭さゆえ、自然とお客さんの距離は縮まり、とりとめのないおしゃべりをしながら、そのなかで本が売れたり売れなかったりします。平均滞在時間は90分くらいでしょうか。靴を脱いで、のんびり座って過ごしてゆかれます。

新刊書籍は人文書と芸術書がメイン。

自宅が本屋、本屋が自宅

この距離感を楽しんでくれるかたもいれば、予約制にハードルを感じるかたがいらっしゃるのもたしか。そこで、いよいよ2020年1月、おなじ西荻南エリアにて本格的に店舗を開店します。営業日は週5日に拡大し、住所はもちろん公開、予約なしでふらっと来ることができます。といっても、小さなお店であることに変わりはありません。店主の自宅を兼ねることもやはり同じです。

店主は自宅を本屋として開放します。そして、ほんとうの意味での「お客さん」として招きます。どうかお気軽に話しかけてください。本や映画をていねいにご案内します。もちろんご自身でジックリ吟味されてもかまいません。


輸入盤は日本映画とヨーロッパ映画が中心。

本と映画の共有地=コモンズをめざして

zineや同人誌、私家版のDVD、ハンドメイドの雑貨などの委託販売も歓迎します。告知物のあるかたは、店内にポスターを貼ったり、チラシを置くことができます。定期的にゲストを招いたイベントを開催する予定ですが、ご自身で催しを開きたいというかたには、スペースを使っていただくこともできます。本屋ロカンタンは本と映画のあらたな共有地=コモンズをめざしています。

もっといろんな本を置きたい。地域の需要に応える本屋でありたい。

店舗獲得の資金はなんとかなりましたが、初期在庫を充実させるべく資金がチョット、いやだいぶ、心許ない現状です。あなた好みの本を置くために、どうかご支援を願うしだいです。

店主について

photo by Daiju Itakura.

萩野亮[ハギノ・リョウ]。1982年生れの37才。本業は映画批評業で、書籍、雑誌、映画パンフレットなどに寄稿しています。立教大学大学院で修士課程[映像身体学専攻]を修めたのち、同大学の兼任講師を5年務めました。また、雑誌「neoneo」の創刊に携わるなど、ドキュメンタリー映画をおもな領域として批評活動をつづけてきました。

他方、仕事盛りの30才で病いを得て、2013年から昨年までの6年間に都合3度入院しました。昨年の秋口、ようやく長く暗いトンネルを抜けましたが、待ち受けていたのは「これからどうやって生きていくか」。原稿仕事は減り、そもそもそれだけでは到底食べてゆけません。アルバイトをふたたび始めながら、試行錯誤を経て、本屋という「小商い」にたどり着きました。

自宅が店舗なら、自分のペースで働ける。そう思えると、ずいぶん気が楽になりました。なにより好きな本に四六時中ふれていられる。自宅が本屋だなんて夢のようです。店番をしながら原稿書きもできる。わたしにとって最高の仕事です。ふしぎなことに、これまで本屋をやりたいと思ったことは一度もありませんでした。思い立ってみて、そうか、自分は本屋をやりたかったのか、とあとから気づかされたんです。 

なぜ西荻窪なのか

南口の仲道通り商店街にぶら下がるピンクの象

店をもつならやっぱり西荻がいい。というより、西荻以外に考えられなかった。

西荻窪は、新宿からJR中央線[快速]で5駅、およそ13分のところに位置しています。荻窪と吉祥寺というターミナル駅にはさまれた比較的小さな町です。わたしはここに9年住んでいますが、まったく引っ越す気になれません。それくらい居心地が好い。

吉祥寺は人が多すぎてしんどく、かといって荻窪ではチョット物足りない、そんな人たちが西荻に落ち着くような気がしています。のんびりとしていて、主張はひかえめだけど、こだわりだけはやたらつよい。個人商店が多く、スターバックスもタリーズもありません。

通りをあるけばおもしろいお店がたくさんならんでいます。わたしがアパートで店をはじめようと思えたのも、西荻特有のマイペースな雰囲気のためです。わたしも、わたしのペースで生きていくために、あらためてこの町をえらびました。

加えて、西荻では新刊書店が次々にシャッターを下ろしています。人文書の新刊棚がすばらしかったあの颯爽堂も、高架下のブックセラーズもいまはなく、西荻の良心というべき信愛書店も業態転換を余儀なくされました。もう一店舗くらい新刊書店があっていい、そんな思いが本屋開店へとわたしを向かわせました。

実現と継続に向けて

移転先の店舗物件。ガラスドアに変更予定。

上記の通り、書店業界は斜陽化がたしかに進んでいます。「町の本屋」がどんどん失われてゆく。その一方で、「小さな本屋」はむしろ増えている印象を受けます。大手取次からの配本に依拠する既存の書店経営は厳しくなりましたが、中小の取次を用いたインディペンデント書店や、値付けの自由な古書店はこの限りではありません。西荻エリアでも、忘日舎、BREW BOOKS、TIMELESS、Benchtime booksなど、ここ数年で開店した書店・古書店が盛業中。どこも個性的な本屋さんばかりです。 

「直取引」と呼ばれる取次を介さない仕入れ方法も根付きはじめており、またバーゲンブック(自由価格本)や古本を組み合わせることで全体の粗利率を上げることが可能です。本屋ロカンタンでは、これらに加えて映画輸入盤と輸入雑貨を取扱い、またイベントを定期開催することによって集客を見込み、一定の利益率を保って経営します。

創業計画
2019年
・9月13日 仮店舗開店[済]
・9月〜11月 出版取次・取次代行4社と契約[済] 
・12月10日 店舗物件取得[済]
・12月15日 仮店舗最終営業日 [済]
・12月19日 新店舗へ引越し(現アパートから徒歩10分の距離!) [済]
・12月下旬 古物商許可申請

2020年
・1月10日 新店舗開店予定/開店記念イベント開催予定
・1月 東京都制度融資申請予定 
・4月 TOKYO創業ステーション「令和2年度第1回創業助成支援事業」申請予定

物件
住所:東京都杉並区西荻南2丁目10-10 KUビル102 [地図
交通:JR中央線西荻窪駅南口より徒歩6分
面積:31平米(約9坪)
備考:バリアフリー化、店舗ドア交換予定

支援金の使いみち

発注した本はこのように届きます。発注した本はこのように届きます。

店舗内装工事
・玄関ドア交換(業者に発注)=10万円
・玄関バリアフリー化(簡易スロープの設置)=1.5万円
・什器製作(DIY)=3万円 
・備品(イベント用椅子等)購入=2.5万円 
小計=17万円

在庫仕入れ
・新刊書籍 平均単価1,400円×卸値平均75%×300冊=31.5万円 
・バーゲンブック 平均単価1,000円×卸値50%×100冊=5万円 
・映画輸入盤 平均単価3,000円×卸値70%×50枚=10.5万円 
小計=47万円

合計=64万円

現状は人文書と芸術書が中心の品揃えですが、ご支援が増えれば増えるほどあなた好みの多様な本が仕入れられます!

リターンについて

リターン「オリジナルグッズ」。

リターン「2020年西荻の旅」。店主がとことん西荻を案内します。

オリジナルグッズ[クリアファイル、トートバッグ]
本屋ロカンタンのロゴ入りオリジナルグッズです。店頭やネットショップでも販売します。

イベントチケット[2020年度]
本屋ロカンタンにて定期的に開催予定のイベントに参加できるチケットです。2021年3月末まで有効。

イベントフリーパス[2020年度]
本屋ロカンタンで毎週開催予定のイベントにすべてご参加いただけます。2021年3月末まで有効。

オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」
店主・萩野亮がもっか執筆中の開店記です。これまでの来し方について、病いについて、本屋のはじめ方について、DIYでお店を作る方法について、などなど、洗いざらい綴っています。新店舗開店後に開催するイベントの採録なども盛り込むかもしれません。

店主があなたのために選ぶ五冊
店主があなたの好みをうかがって精いっぱい選書します。

店主が案内する「2020年西荻の旅」
西荻在住10年目の店主があなたの好みをうかがって、一日西荻を案内します。本屋さんめぐりなんかもよいかもしれません。グループでのご参加もOK。 3月か4月の平日を予定しています。
*西荻窪までの交通費はご負担くださいませ。

ロカンタン選書メンバーズ[2020年度]
本屋ロカンタンの月例選書会議にご参加いただけます。Facebook MessengerなどのクローズドなSNSを使用して、そこで仕入れたい本、仕掛けたい本、陳列方法などをダイレクトに店主に伝えられます。現役ないし退役書店員のかた、書店員志望のかたも歓迎。むしろ店主がお願いしたいくらいです。

想定されるリスクとチャレンジ


アパート店舗では毎晩こうやって寝ていました。

ご支援額に応じて、仕入れられる本の量や多様性が変わってきます。

いまは並行して行なっている輸入販売業の副収入があり、また東京都の創業支援融資、助成に申請する予定ですので、急にお店が立ちゆかなくなる心配はありません。ただ、やはり書店業のみで採算が取れるようになることが急がれます。

取次からの配本に頼らないゆえ、一冊いっさつを選書する力、すなわち基礎体力としての日ごろの読書量が問われてきます。また、アンテナをひろく広げるために、街へ出ていろんなものにふれることも必要だと思っています。本業の文筆業はいったん控えるかたちになりますが、相互によい影響をあたえ合うようになってゆけば理想的です。

まずは焦らず、ひとりひとりのお客さんにていねいに接しながら、今後の方向性をさだめてゆくことになります。ぜひ本屋ロカンタンにいらして、いろんなお話を聞かせてください。あなたの声が、本屋ロカンタンを変えてゆきます。

結びにかえて

ここまで読んでくださってありがとうございます。最後にひと言だけ。わたしはいま、「何も所有しない」ほうへと向かおうとしています。イエもクルマも要らない、所帯ももたない。ベッドも要らない。古本が扱えるようになれば、蔵書にもすべて値段をつけます。病いを経て、どういうわけかそういう心境に達しました。本とともに朝めざめ、本とともに夜ねむりにつく。いくつかの夜を経た本は、そしてあなたの手へと渡ってゆきます。わたしはそのような人生をのぞみました。もう、ほかに何も要らないんです。

リターンを選ぶ

  • 残り63枚

    3000

    グッズ! グッズ!

    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 37人が応援しています。
  • 残り63枚

    5000

    イベントに参加したい!

    • イベントチケット2枚[2020年度]
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 37人が応援しています。
  • 残り170枚

    10000

    本屋ロカンタンができるまで

    • オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」 *店主執筆の開店記
    • イベントチケット1枚[2020年度]
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 30人が応援しています。
  • SOLDOUT

    12000

    店主があなたのために選ぶ五冊

    • あなたの好みをうかがって選書した新刊本5冊
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 残り95枚

    15000

    もっとロカンタン!

    • オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」 *店主執筆の開店記
    • イベントチケット4枚[2020年度]
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り9枚

    35000

    イベントにぜんぶ参加したい!

    • イベントフリーパス[2020年度]
    • オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」 *店主執筆の開店記
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り5枚

    50000

    店主が案内する「2020年西荻の旅」

    • 西荻歴10年目の店主があなたの好みをうかがって、一日西荻を案内します。
    • オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」 *店主執筆の開店記
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り4枚

    50000

    ロカンタン選書メンバーズ!

    • オリジナル小冊子「本屋ロカンタンができるまで」 *店主執筆の開店記
    • オリジナルクリアファイル+トートバッグ
    • 本屋ロカンタンの選書メンバーになれます[2020年度]。
    • 2020年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。