ドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』をクラウドファンディングで実現!

坂上香監督作品 国内“初”刑務所ドキュメンタリー「プリズン・サークル」の制作支援を!

  • 東京都
  • 映画

国内の刑務所を舞台にした“初”の長編ドキュメンタリー映画を、「ライファーズ」「トークバック」に引き続いて、私(坂上香)が撮影中です。刑務所から何が見えてくるか?制作費の資金援助をお願いします!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額3,500,000円を達成し、2016年10月26日23:59に終了しました。

コレクター
276
現在までに集まった金額
7,013,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額3,500,000円を達成し、2016年10月26日23:59に終了しました。

Tbwt 10 icon

Presenter
坂上香 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Tbwt 10 icon

PRESENTER
坂上香

ドキュメンタリー映画監督/NPO out of frame代表。TVディレクター時代から「被害者」による死刑廃止運動、犯罪者の更生、治療共同体、修復的司法、ドラッグコート(薬物裁判所)など、オルターナティブな暴力・犯罪への向き合い方を映像化。ATP賞第一回新人奨励賞を皮切りに、ギャラクシー賞大賞、文化庁芸術祭テレビ部門優秀賞、ATPドキュメンタリー部門優秀賞等、数多くの賞を受賞。主な映画「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」(2004)「トークバック 沈黙を破る女たち」(2013)主な著書『癒しと和解への旅』(岩波書店)『ライファーズ 罪に向き合う』(みすず書房)

プリズン・サークルupdate(12)

vol. 12 2016-10-26

泣いても笑ってもクラウドファンディング最終日!

刑務所なんていうマイナーなテーマになぜ私はこだわるのか?良く聞かれる質問です。刑務所という場所は、その社会が人に対して(特に社会が手に負えないと思う人々)どのような姿勢をもっているのかが如実に見える場所です。刑務所は、物理的には外の社会から遮断されていますが、その有り様は外につながっています。そもそも彼らがそこにいる理由の一つは、外の社会が人々の生き難さを無視し、様々な人を排除してきたからです。そんなことを教えてくれたのが、私の映画デビュー作「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」の主人公たちです。彼らはアメリカの治療共同体アミティに所属しています。

                                                                                                                                 ©Rod Mullen

この写真は1991年にカリフォルニア州のRJドノバン刑務所で始まった頃のアミティのミーティングの様子です。私自身、この刑務所を初めて訪れたのは1996年のことでしたが、日本の刑務所との違いに驚かされました。そして、まさかその20年後に日本の刑務所(島根あさひ社会復帰促進センタ―)で同様のプログラムが行われていて、その映画を制作することになるなんて、想像だに及びませんでした。

映画「ライファーズ」が劇場封切りになったのが2004年。それを都内の劇場で見た刑務所関係者(新しく建設が予定されていた官民協働型刑務所の民間企業側の責任者)がアミティの活動に共感して、導入に至ったのです。

彼のパッションと行動力は素晴らしいものの、実は同時期に、一連の動きがあったことも導入の実現に関係していると思います。たとえば京都の劇場に刑務所の幹部が見に来てくださり、「今日はあなたをくどきにきました。京都刑務所で上映会をさせてください!」とトークの席上で発言して実際に刑務所での上映会を実現させたこと。直接のトークは無理ということで、代わりに2000人の受刑者に向けたメッセージをビデオで届けるということもさせてもらいました。また以前から交流のあった京都医療少年院に話をもちかけたのですが、自主映画の上映なんて前例がないようでしたが、当時の院長は院内上映に踏み切ってくれました。別の職員はその後転勤し、新しい職場でも立て続けに上映会をしてくれました。また、この映画を見た法務省のある官僚は、裁判官向けの上映会を開いてくれました。こういうことも前例がなかったのではないかと思います。

加えて、監獄法から処遇法(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律)に改正される時期だったことや、新しい刑務所が建設される時期と重なったことも、大きな後押しとなったはずです。それ以前にも、私はアミティをテレビ番組化していたので、すでに研究者らも関心を示すようになっていたことや、仲間たちとアミティのスタッフを呼んで各地でイベントを行っていたことなども関係しているかもしれません。

私はこの刑務所に2009年から、ゆるやかに関わってきました。そこで変わっていく人を数えられないぐらい見てきました。さらに、外の社会で繋がっている人もいます。出所者のグループも立ち上がっていて、お互いに支え合う自助的な活動と同時に、一般向けの公開イベントも時々行ったりしています。彼らの多くが、治療共同体のプログラムに入って人生観や生き方が大きく変わったと言います。

社会的変化=(ひとりのパッション+行動) x タイミング x 他の一連の動き

これが私自身、映画「ライファーズ」で得た法則です。次に生まれる「プリズン・サークル 僕たちがここにいる理由」も、そんな映画になってくれることを夢想しながら制作中です。

最後に、皆さんの多くがすでにコレクターになってくださっているのだと思います。応援してくださりありがとうございます!そして、コレクターになろうかなるまいか迷っておられる方、ぜひ、上記の法則を実現しましょう。刑務所のあり方を変えることは、外の私達の社会のあり方にも大きく影響を及ぼします。変化を起こせるかどうかは、一人一人にかかっています。

10/26本日、あと数時間で終了します。最後までよろしくお願いします!

坂上 香 監督

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    サポーター

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 2016年07月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 3000

    サポーター 試写会ご招待

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へ1名様ご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 2018年01月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 5000

    サポーター 試写会ペアご招待

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へペアでご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 2018年01月 にお届け予定です。
    • 41人が応援しています。
  • 10000

    サークルメンバー 映画にお名前掲載

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へ1名様ご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 映画のエンドロール(日本語版)にお名前掲載
    • 2018年01月 にお届け予定です。
    • 115人が応援しています。
  • 30000

    サークルメンバープラス 映画&パンフにお名前掲載

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へペアでご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 映画のエンドロール(日本語版)にお名前掲載
    • 映画パンフレットにお名前掲載
    • 映画パンフレット(1冊)
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへの優先予約権
    • 2018年11月 にお届け予定です。
    • 39人が応援しています。
  • 50000

    サークルメンバーX 映画&パンフにお名前掲載+グッズ

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へペアでご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 映画のエンドロール(日本語版)にお名前掲載
    • 映画パンフレットにお名前掲載
    • 映画パンフレット(2冊)
    • サークルグッズ1個(トーキングピースもしくは先住民のクラフト)
    • 映画公式HPにお名前掲載
    • 監督サイン入り著書「ライファーズ」プレゼント
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへの優先予約権
    • 【第3ゴール達成時のみ】渡米アミティ上映会+訪問ツアーへ優先予約権
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 100000

    市民サークルプロデューサー 上映会付き

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へペアでご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 映画のエンドロール(日本語版・英語版)にお名前掲載
    • 映画パンフレットにお名前掲載
    • 映画パンフレット(5冊)
    • サークルグッズ1個(トーキングピースもしくは先住民のクラフト)
    • 映画公式HPにお名前掲載
    • 監督サイン入り著書「ライファーズ」プレゼント
    • 映画ポスター(2枚)
    • 上映1回分無料(映画封切後2年以内、対象50人まで)
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへ1名様ご招待
    • 【第3ゴール達成時のみ】渡米アミティ上映会+訪問ツアーへ優先予約権
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 200000

    市民サークルプロデューサー 監督トーク上映会付き

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へペアでご招待(ただし交通費は自己負担)
    • 映画のエンドロール(日本語版・英語版)にお名前掲載
    • 映画パンフレットにお名前掲載
    • 映画パンフレット(5冊)
    • サークルグッズ1個(トーキングピースもしくは先住民のクラフト)
    • 映画公式HPにお名前掲載
    • 監督サイン入り著書「ライファーズ」プレゼント
    • 映画ポスター(2枚)
    • 映画「ライファーズ」(2004)DVD+パンフレット
    • 監督トーク付き上映1回分無料(映画封切後2年内、対象50人まで、監督交通費は主催者負担)
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへ1名様ご招待
    • 【第3ゴール達成時のみ】渡米アミティ上映会+訪問ツアーへ優先予約権
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 500000

    市民エグゼクティブ・プロデューサー 上映会+ワークショップ

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へ5名ご招待
    • 映画のエンドロール(日本語版・英語版)にお名前掲載
    • 映画パンフレットにお名前掲載
    • 映画パンフレット(10冊)
    • サークルグッズ2個(トーキングピースもしくは先住民のアート)
    • 映画公式HPにお名前掲載
    • 映画「ライファーズ」(2004)DVD+パンフレット
    • 映画ポスターにお名前掲載
    • 映画ポスター(5枚)
    • 監督+ゲストワークショップ上映会1回分無料(封切後2年内、観客200人まで、交通費は主催者負担)
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへペアでご招待
    • 【第3ゴール達成時のみ】渡米アミティ上映会+訪問ツアーへ優先予約権
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 500000

    企業・団体エグゼクティブ・プロデューサー 上映会&ワークショップ&広告付き

    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 完成試写会(都内/地方)へ5名ご招待
    • 映画のエンドロール(日本語版・英語版)に企業・団体名掲載
    • 映画パンフレットに企業・団体名記載
    • 映画パンフレット(10冊)
    • サークルグッズ2個(トーキングピースもしくは先住民のアート)
    • 映画公式HPに企業・団体名掲載
    • 監督サイン入り著書「ライファーズ」プレゼント
    • 映画「ライファーズ」(2004)DVD+パンフレット
    • 映画ポスターに企業・団体名掲載
    • 映画ポスター(5枚)
    • 監督+ゲストワークショップ上映会1回分無料(封切後2年内、観客200人まで、交通費は主催者負担)
    • 【第3ゴール達成時のみ】アミティ来日プレミアイベント+パーティーへペアでご招待
    • 【第3ゴール達成時のみ】渡米アミティ上映会+訪問ツアーへ優先予約権
    • 映画パンフに企業/団体広告掲載
    • ネット版映画予告編に企業/団体のロゴ掲載
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。