OTTAVA selection 第3弾「南フランスのバカンス」をクラウドファンディングで実現!

低価格コンピレーションCDを作りたい!第3弾「南フランスのバカンス」 

  • 東京都
  • 音楽

低価格コンピレーションCDを作りたい!アリア、バッハに続く第3弾「南フランスのバカンス~Vacances dans le sud de la France」 今回も制作実現を目指します

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額600,000円を達成し、2017年5月31日23:59に終了しました。

コレクター
371
現在までに集まった金額
764,400
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額600,000円を達成し、2017年5月31日23:59に終了しました。

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1457419608

PRESENTER
OTTAVA

インターネット・クラシック・ステーション「OTTAVA」現在リスナーは全世界で100万人以上。パソコンやスマートフォン等で24時間いつでもどこでも手軽にクラシック音楽が楽しめます。

  • 東京都
  • 起案数 6
  • 応援数 0
  • Facebook (未設定)
  • Twitter (未設定)
  • http://ottava.jp/
  • フォロワー 0 人

コラム3 油が違う

vol. 4 2017-05-19 0

コラム3 油が違う

【南仏の特徴的な「鷲の巣村」サン・ポール・ド・ヴァンスの夕景】

日本で、背景の文化が違うことを「水が合わない」と表現したりします。これは誠に日本的な表現で、日本の食文化が水に魚系の出汁を煮出して調理のベースとする「出汁文化」であることと関連していると考えられます。

一方、河川があまり急流でなく、石灰岩質の土地が多いフランスでは、川の水質があまりよくなく、水をベースとした料理はあまり発達しませんでした。私がパリに住んでいるときに、某有名シェフがホストを務める料理番組をよく見ていたのですが、新しいフランス料理を標榜するそのシェフなのに、彼が毎朝プレゼンする料理は、いつもきまって最後に、「は~いここでクリームを投入します!」となることが多く、日本人の私は、ちょっとこれでは重たいな・・と結局そのレシピを作るのをあきらめる、ということがよくありました。

北部フランスを鉄道でも車でも、走るとよくわかりますが、フランスは酪農国家で、どこへ行っても牛や羊が草を食む光景が見られます。カフェオレの国、フランスは、料理にも、大量にクリームが使われています。

・・・・というのは、あくまでパリを中心とする「北部フランス」に特徴的なことです。最初のコラムでも、「南と北では色が違う」と書きましたが、実は、「南と北では油も違う」のです。北の、乳脂肪分たっぷりの料理に対して、南フランスは「オリーブ文化圏」。とにかくベースはオリーブオイル、で、パンにそのままつけるところから始まり、ドレッシングは、ほとんどオリーブオイルとワインビネガーと塩コショウで、食卓で作られるもの、そして、他のほとんどありとあらゆる料理にも地元産のオリーブオイルが、それも、多くの場合ニンニクとセットで、用いられます。どちらが健康に良いかは・・いうだけ野暮というものでしょう。

健康な太陽の元、健康なオリーブオイルを使った料理たち、バカンスは、もちろん「体と心の再生」と意味合いがありますから、南フランスが、いかにバカンスに適した土地か、お分かりいただけますでしょうか?

さらにスパイスとして、音楽も・・南フランスのバカンスに合う音楽も、いかがでしょうか?

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1200

    プロヴァンス

    • 「南フランスのバカンス~Vacances dans le sud de la France」CD1枚
    • サンクスレター
    • Web上で公開するライナーノーツにお名前を掲載
    • 2017年08月 にお届け予定です。
    • 128人が応援しています。
  • 2200

    コート・ダジュール

    • 「南フランスのバカンス~Vacances dans le sud de la France」CD1枚
    • サンクスレター
    • Web上で公開するライナーノーツにお名前を掲載
    • CD-R「南フランスの車窓から」
    • 2017年08月 にお届け予定です。
    • 243人が応援しています。