facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

『大人ごはん』3号刊行をクラウドファンディングで実現!

食を通して人・社会・文化を考える
『大人ごはん』3号刊行プロジェクト

食を切り口に人・社会・文化を考える雑誌『大人ごはん』。制作中の3号は、クラウドファンディングを通して読者や、書店、カフェ、レストランなどの方々とつながりたいと考えています。ぜひ、一緒に面白がっていただける方を募集します。

コレクター
46
現在までに集まった金額
330,500
残り日数
12
目標金額 400,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月4日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 400,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月4日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
室谷 明津子 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
室谷 明津子

ライター・編集。シンクタンクで企業取材を10年経験した後、フリーに。経営者を中心に、研究者、作家など多岐にわたるインタビューを行う。2016年、食を通じて人、社会、文化を考える雑誌『大人ごはん』を創刊。

このプロジェクトについて

食を切り口に人・社会・文化を考える雑誌『大人ごはん』。制作中の3号は、クラウドファンディングを通して読者や、書店、カフェ、レストランなどの方々とつながりたいと考えています。ぜひ、一緒に面白がっていただける方を募集します。

「なんでもない日常」に光を当てたい

リトルプレス『大人ごはん』は、2016年4月に創刊しました。テーマは、「食から人・社会・文化を考える」こと。

編集人の室谷はふだん、ライターとしてインタビューを生業にしています。その中でさまざまな方にお話を伺いながら、建前でない「その人らしさ」を引き出す質問って何だろう、と考えることがあります。趣味?日曜の過ごし方?好きな本?いや、それは「いつも何食べてる?」という質問ではないでしょうか。

ブリア・サヴァランが「どんなものを食べているか言ってみたまえ。君がどんな人か言い当てみせよう。」と言ったように、食べるものにはその人の生活、好み、もっと言えば人生が、ダイレクトに反映されます。

とはいえ、商業ベースの仕事(それも大切ですが)では、相手の日常、ましてや食べているものにまで首をつっこむことはできません。そこには、何かしらの「話題性」が必要だからです。何かすごいことを成し遂げたとか、流行しているとか……。通常は、相手の「特別な部分」が取材の対象になります。

家でカップラーメンをすすったり、家族に愚痴をこぼしたり、寝坊をしたり。相手の「日常」の姿に、取材で光が当たることはありません。

こうした背景があり、自分で雑誌を作ろうとしたとき、まず浮かんだのが「取材相手の日常を取り上げたい」ということでした。そこで、「何食べて生きてる?」という、いろんな方々にふだんの食事を見せてもらう企画を考えました。

自分の中にあるふとした考え、アイデアを形にできるのが、リトルプレスのいいところです。商業誌では無理なことでも、リトルプレスなら仲間と一緒に好きなように作れます。今の時代はWebでも表現ができますが、リトルプレスの面白さは、いろんな場所で売ることでリアルな出会いやコミュニケーションが広がるという点です。

本業と並行してこのような雑誌を作ることで、「自分の中にあるアイデアを形にする」楽しさに気がついていきました。

どんな記事を紹介してきたか

1号では特集「何食べて生きてる?」で、作家・高野秀行さんや、料理研究家・枝元なほみさん、ユニバーサルミュージック・藤倉尚社長の「ふだんの食事」を見せてもらっています。他にも、作家・角田光代さんと一緒に、角田さんの小説に出てくるお料理を作って食べながら、「創作活動と料理」について伺ったり。女優・門脇麦さんが、実はすごく料理上手!というお話も……。

2号では、特集「みんなのごはん」で、高橋みどりさんと吉田昌太郎さん夫婦、福岡にある宅老所よりあい、立野みどり保育園の給食、社員が集まるカレーイベントを実施しているデジタル・アド・サービスの「4つの食卓」を訪ね、誰かと一緒に食べることについてあれこれ考えています。

そのほか、武田百合子さんの『富士日記』に出てくる料理を、高山なおみさんと一緒に作っておしゃべりをしたり。文学と食の関係も、面白い。

3号を制作中。ページが増え、文庫本のようなイメージです

制作中の3号では、特集「ひとりの時間を考える」で、写真家で作家の植本一子さん、料理研究家のツレヅレハナコさん、詩人の高橋順子さんに、「食」を切り口にお話を伺っています。

また、第二特集では、小豆島で江戸時代から続く「農村歌舞伎」と、観覧用の「わりごう弁当」について現地取材をしました。

そのほか、座談会では女優・山田真歩さんと一緒にご飯を作り、役作りに欠かせない料理について、お話を伺っています。

今回は創作も充実です。『この漫画すごい!2019』オンナ編1位『メタモルフォーゼの縁側』で注目を集めるマンガ家、鶴谷香央理さんの見開き漫画や、最新作『デリヘルドライバー』が話題の作家、東良美季さんの小説も。1号から人気のコーナー「ヘベとレケの喰い飲み放談」(牧野伊三夫さん・大竹聡さん)もますます調子が出て、ページ増量でお送りします。

1号、2号は友人の会社に版元となってもらい、合計で3000冊以上を売り上げることができました。本当に感謝しています。その後も取材、寄稿のお願いを続けながらも、本業が忙しくなり、なかなか形にすることができませんでした。

今回、ようやく完成が近づいている3号は、2年かけて取材、執筆依頼をした内容を詰め込んでいます。ここまでゆっくりになると、版元に頼るわけにもいかず、今号からは室谷が自費出版として作っていくことにしました。

流通も、自前です。日本の取次システムは、全国隅々まで本を届けるという意味ではものすごく優れていますが、委託販売によって返品が生じてしまうこと、せっかく手作りした雑誌を売ってくれる本屋さんと直接つながれないことから、リトルプレスという性質上、書店さんと直接の取引で行おうと決めました(正直、不安でいっぱいです……)。

今回のクラウドファンディングをスタートとし、それ以降は書店さんへの直接のご案内、Amazonなどのネット取引によって、販売していこうと思います。

また、レストランやカフェ、バー、美容室など、面白い人が集うコミュニティとも、今回はぜひクラウドファンディングを通してつながれたらと思っています。人々がくつろぎ、楽しむ場所に、小さな本がある。そこでふと手にとって、誰かの日常とつながるーー。このクラウドファンディングを、そういうきっかけづくりの一つにできたらとても嬉しいです。ぜひ、あなたがいつも集うコミュニティに、「大人ごはん」を置いていただけませんか。

<大人ごはん3号>
価格:1,000円
仕様:B5版、並製、112ページ(うちカラー16ページ)
発売予定日:2019年6月下旬

目次

  • 巻頭のことば
  • 誰と食べるか?それが問題だ 「縁側のタバコ」 藤原辰史
  • 第一特集「ひとりの時間を考える」植本一子、ツレヅレハナコ、高橋順子
    小説「秘密のトンネル」東良美季
  • 第二特集「小豆島で農村歌舞伎を観てきました」
    特別インタビュー・せとうちスタイル山本政子
  • 何食べて生きてく? 「アフロ・ブラジル料理を訪ねて」 旦敬介&門内ユキエ 
  • つるの漫画コーナー「元気が出るもの」鶴谷香央理
  • とるに足らないもの・こと日記 早川桃代
  • 座談会「料理とことば、そして演じること」ゲスト・山田真歩、狩野俊
  • 日々のなりわい 「捨てられている自然物の魅力を再発見して、伝えたい」
    うすけはれ 上杉新、上杉道代
  • 日本に住む外国人に聞く「連載の動機と大阪に住むプシュメクのこと」プシェミスル・ミナージュ(記事・マスダユキ)
  • まんぷくとまんぞくの間「ショートケーキ」半井志央
  • 世界の食材 「トウモコロシと小ピューマと小鳥」門内ユキエ、旦敬介
  • 手抜きごはんの嗜み「水戻しパスタの楽チンさに脱帽!」時岡孝行
  • ヘベとレケの飲み喰い放談 「今日は仕舞いだ。俺と飲もう」牧野伊三夫、大竹聡
  • 本当に愛着あるモノと暮らし「有機コーディアルジンジャー」飯田昭雄
  • ある食卓の風景 「帝国の時代と、チャパーティーの香り」室谷明津子

集まった資金の使い方とリターン

印刷費30万円と、流通のための費用10万円(郵送費用)に使います。

リターンについてご説明します。

◎完成本のご送付
3号ができ次第、いち早くみなさまにお送りします。

◎バックナンバーのご送付
創刊号、2号のバックナンバーをお送りします。合わせてお楽しみください。

◎グッズ(ステッカー、Tシャツ、トートバッグ)のご送付
イラストは『大人ごはん』の表紙、本文挿画を担当してくれている、ZUCK。どこか懐かしい、キュートな空気で『大人ごはん』エンブレムを作ってくれる予定です。それをスッテカー、Tシャツ(S、M、Lの3サイズ)、トートバッグにします!デザインを現在製作中。でき次第、こちらの投稿欄、大人ごはんツイッター@otonagohan、Facebookページ(https://www.facebook.com/otonagohan/)でお知らせしていきます。

(ZUCKの主な作品)

◎完成イベントにご招待
7月6日(土)18時〜20時、東京都内を予定。

ゲストとお料理の提供は、ケータリングや食のワークショップなどで活躍されている、山フーズ・小桧山聡子さんです!!お料理を一度頂きましたが、とにかくおいしい。そして、これまでの活動を拝見すると、「食べる」という日常の行為に激しく揺さぶりをかけるコンセプトが強烈です。穏やかな中に強い意思がみなぎっていて、ぜひイベントをご一緒してみたいと思い、お声がけしてOKを頂きました。当日は、これまでの活動について会場で少しお話を伺う時間を持てればと思います。

このあたりの記事ご覧いただくと、小桧山さんのこれまでの活動がわかると思います。

http://www.plart-story.jp/2017/07/satoko_kobiyama/

https://biennale.tuad.ac.jp/programs/1608

お料理代を含め、3000円相当の企画に無料でご参加いただけます。食べたり飲んだりが好きな方、リトルプレス作りに興味がある方、ぜひお待ちしております!

◎お名前を雑誌に掲載
あなたのお名前(仮名も可)を、大人ごはん3号に「応援メンバー」として掲載いたします。

◎3号を50%卸価格で買える権利
このクラウドファンディング経由で仕入れてくださったお店は、永遠に、大人ごはん3号を50%卸価格で買えます!在庫が有る限り、冊数制限はありません。どんどん売っていただき、利益を出してください!

◎販促イベントの企画にご協力
販売してくださるお店の販促イベント(フェアや、トークなど)に無料で企画から実行までご協力いたします。

◎広告掲載
大人ごはん3号に、1/2または1ページの広告を掲載いたします。こちらは制作の都合上、5月20日までのお申し出と、その後1週間ほどでの完成原稿入稿という条件にて、募集させていただきます。内容については公序良俗を守り、社会的な信頼を失わないかの観点で審査もございます。また、ページの空きが埋まり次第、締め切りとなりますことをご了承ください。

想定されるリスクとチャレンジ

取材は全て終わり、現在はデザインを組んでいるところです。目標金額に達しなくても、発行部数を調整して『大人ごはん3号』を作ります。発行は6月下旬の予定です。ご支援いただいたみなさまには、お申込頂いた特典品を必ずお届けします。準備が整い次第、順次発送予定です。万一、発送が遅れる場合は、予め個別に連絡いたします。

こんなメンバーで作っています

●室谷明津子(編集、取材、執筆)
金融系シンクタンクで企業取材を10年経験した後、フリーに。経営者を中心に、作家、研究者など幅広い分野でインタビューを重ねる。本業の傍ら、2016年に、食を通じて社会や人を見る『大人ごはん』を創刊。ツイッターアカウントは@atsu_kom

●マスダユキ(編集、取材、執筆)
2000年頃より架空/現実の出版社・CDレーベル漫想社を立ち上げ、ミニコミ誌『漫想』や、自身がキーボードで参加するバンド「俺はこんなもんじゃない」のCDをリリースしている。ふだんは制作会社にて保育関係の書籍編集に携わる。所属バンドのツイッターアカウントは@owkmj 

面白がっていただける方と、一緒に存続していきたい

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

小さな雑誌ですが、「日常の中で気になること、面白いことを突き詰めよう」という考えで作っています。これからも、自分の中にある興味を突き詰めるリトルプレスの活動を続けていきたいです。そのためにも、このクラウドファンディングを通して、読者や、「応援して、本を置きたい」と思ってくださる方々とつながることを願っています。

どうぞご支援のほど、よろしくお願いいたします!

※バナーの写真は、3号で取材させていただいたツレヅレハナコさんの台所です。

※情報を随時、大人ごはんツイッター@otonagohanやFacebookページ(https://www.facebook.com/otonagohan/)でお知らせしますのでぜひチェックしてください。

リターンを選ぶ

  • 2000

    シンプルコース(完成本)

    • 出来上がった本(1冊)ご送付
    • 特製ステッカー(イラストZUCK)ご送付
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 5000

    バックナンバーコース

    • 出来上がった本(1冊)ご送付
    • 特製ステッカー(イラストZUCK)ご送付
    • 大人ごはん』創刊号、2号(各1冊)ご送付
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 7000

    グッズコース(トートバッグ)

    • 出来上がった本(1冊)ご送付
    • 『大人ごはん』2号(1冊)ご送付
    • 特製トートバッグ(イラストZUCK)ご送付※デザインは追って投稿します!
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 7000

    グッズコース(Tシャツ)

    • 出来上がった本(1冊)ご送付
    • 『大人ごはん』2号(1冊)ご送付
    • 特製Tシャツ(イラストZUCK)ご送付※デザインは追って投稿します!
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 10000

    完成イベントご招待コース

    • 出来上がった本(1冊)ご送付
    • 『大人ごはん』2号(1冊)ご送付
    • 特製トートバッグorTシャツ(イラストZUCK。どちらかを選択)ご送付※デザインは追って投稿します!
    • 完成イベントにご招待※お一人様まで参加無料、7月6日(土)18時〜20時開催予定
    • 大人ごはん応援メンバーとしてお名前を雑誌に掲載
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 10000

    お店に本を置くコース(A)

    • 出来上がった本(3冊)と特製ステッカー(3枚)ご送付
    • 3号をこれからもずっと50%卸価格で買える権利(冊数制限なし)
    • 販促イベントの企画にご協力
    • 完成イベントにご招待※お一人様まで参加無料、7月6日(土)18時〜20時開催予定
    • 大人ごはん応援メンバーとしてお名前・お会社名を雑誌に掲載
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り4枚

    25000

    広告を出すコース(1/2ページ)

    • 大人ごはん3号に1/2ページ(A5)の広告を掲載※〆切5月20日、完成原稿を頂戴します
    • 出来上がった本(5冊)と特製ステッカー(5枚)ご送付
    • 完成イベントにご招待※お一人様まで参加無料、7月6日(土)18時〜20時開催予定
    • 大人ごはん応援メンバーとしてお名前・お会社名を雑誌に掲載
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    お店に本を置くコース(B)

    • 出来上がった本(5冊)と特製ステッカー(5枚)ご送付
    • 3号をこれからもずっと50%卸価格で買える権利(冊数制限なし)
    • 販促イベントの企画にご協力
    • 完成イベントにご招待※お一人様まで参加無料、7月6日(土)18時〜20時開催予定
    • 大人ごはん応援メンバーとしてお名前・お会社名を雑誌に掲載
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    広告を出すコース(1ページ)

    • 大人ごはん3号に1ページ(A5)の広告を掲載※〆切5月20日、完成原稿を頂戴します
    • 出来上がった本(10冊)と特製ステッカー(10枚)ご送付
    • 完成イベントにご招待※お一人様まで参加無料、7月6日(土)18時〜20時開催予定
    • 大人ごはん応援メンバーとしてお名前・お会社名を雑誌に掲載
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。