facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

劇団フジ、2018年ぶりのアトリエ公演「おとな食堂」をクラウドファンディングで実現!

4年ぶりのアトリエ公演はオリジナルの新作現代劇!
劇団フジ大阪第29回6月劇場『おとな食堂』

劇団フジ大阪では2018年ぶりにアトリエ公演を上演することにしました。最新の換気システムを備えた東大阪市の劇場「布施PEベース」をお借りして、劇団員である四方京の新作のオリジナル現代劇『おとな食堂』を上演します。

コレクター
20
現在までに集まった金額
144,000
残り日数
25
目標金額 150,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年6月10日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 150,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年6月10日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
四方 京 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
四方 京

劇団フジ所属。劇作家/俳優。 劇団フジは、東京・大阪を拠点に、定期公演のほか、各地で地域の子どもたちの参加型ミュージカルなどの巡回公演・学校公演を行なっています。

このプロジェクトについて

劇団フジ大阪では2018年ぶりにアトリエ公演を上演することにしました。最新の換気システムを備えた東大阪市の劇場「布施PEベース」をお借りして、劇団員である四方京の新作のオリジナル現代劇『おとな食堂』を上演します。

劇団フジを応援してくださるみなさんのお気持ちを受けて…

劇団フジは、昭和35年4月の創立以来、積極的な演劇活動を重ね、着実に躍進をしてきました。

60余年の歴史を持つ劇団ですから、多くの劇団OB・OGのみなさんがいらっしゃいます。芸能の道へ進まれた方はもちろん、それとは異なる各種業界でご活躍されている方も多く、あらためて演劇に関わる経験がその人生を豊かにしてくれることを確信させられます。2017年に前代表で演出家の田村丸が亡くなり、戸惑いながら2018年に追悼公演を終えました。その後、心強いことに、これまで以上に多くの劇団OB・OGのみなさんからから観劇以外の形でも劇団や後輩を応援したいという声をいただき、励まされています。ありがとうございます。

こういった声にお応えするためにも、我々はより精力的に演劇活動に取り組もうと決意を新たに走り始めております。一方で、ただでさえ困難な劇団経営がコロナ禍でさらに大きな打撃を受けていることもまた事実です。私たち劇団フジの主な収入源は全国各地への巡回公演によるものですが、こういった公演は主催者様が地方公共団体や自治体であることや子どもが多く関わることも相まって、中止・延期をせざるを得ません。そのため、劇団の収入も減り例年行なっていた定期公演を自力でやり切ることもなかなか難しいのが実情です。

こういった背景から、劇団フジ大阪としてははじめてとなるクラウドファンディングに挑戦することにしました。

My Home Town
(第8回12月劇場『My Home Town』より)

新たな挑戦!この公演のために書き下ろされた新作を上演!

近年(コロナ禍前まで)、東京・大阪で年1回ずつの定期公演として定着している劇団主催公演は、劇団フジのアトリエ公演として位置付けています。60余年の歴史の中で時として古典的・時として前衛的な実験演劇空間は、根っからの劇団フジファンにも愛され続けてきたステージです。近年は、故・田村丸(前代表)の作・演出によるオリジナル舞台劇を上演し続けていました。

今回は、劇団としても新しいステップを踏み出すために、若手劇団員の四方京がこの公演のために書き下ろした新作『おとな食堂』を、劇団代表:齋藤純子の演出・製作で上演することにしました。ジェンダー、貧困、孤独、ひとり親家庭、コロナ禍……等、現代の社会に顕在化している問題を盛り込んだ現代劇・会話劇です。四方の作品は、演劇・舞台にあまり親しみがない(観劇経験がない・少ない)方でも気軽に楽しめる作品であることが特長です。四方が劇団フジで劇作を担当するのは初めてですが、「人間がより人間らしく生きるために闘う姿、その美しさを描く」という劇団フジらしさも内包したものに仕上がったと自負しております。

(作品の概要・あらすじは、このページの最後に掲載しております)

長年、故・田村丸のもと、めまぐるしい時代の激流の中で健気に生き抜く人々をあたたかい眼差しで描いてきた私たちだからこそ創れる舞台を、みなさまにお観せできればと思います。


(第27回4月劇場『不幸の極ーモンスターの涙ー』より)


劇団フジは純粋に楽しめる演劇づくりを続けます!

今回のクラウドファンディングは、ただ、この公演を成功させるためだけのものではありません。劇団フジが事業を継続、つまりこれまでのように全国のみなさんと共に演劇を通して交流をしていくためのものでもあります。

私たち劇団フジの目指すところは、昭和35年の旗揚げ以来変わりません。それは、演劇の観念的先行を避け、気紛れな時流にも左右されることなく、あくまでも観るものが──大人も子供も等しく──「感動」できる舞台を創造することにあります。

そのために、劇団フジでは、あらゆるジャンルの作品を演題として幅広く取り上げ、舞台化を行っています。また、全国の小学生を始め中学生、高校生及び一般の方々により良い演劇を拡めていこうと巡回公演にも取り組んでいます。

子どもたちの成長期に、生の舞台とじかに触れ、演劇の楽しさを知っていただき、感性を深めると同時に思考をひろげ、感情を豊かにする情操教育の充実として、磨かれ、練り上げられた力のある作品をもって、皆様方の地域に訪問させていただきたいと思います。

そのことをコロナ禍後も続けていくためには、私たちが演劇活動を辞めないこと、いまできる最大限の力で舞台を確実に創り上げ、演劇人としてもスキルアップをし続けることが必要です。ぜひ多くのみなさんのご支援・ご指導・ご協力をいただきながら、コロナ禍で休止していた上演活動のリスタートをしたいと思います。


(参加型巡回公演『オズの魔法使いと夢の国』より/於・宇治市文化センター)

用意している特典

全てのリターンに、上乗せ応援が可能です。お気持ちを上乗せした応援を頂ける方は「さらに支援する」にて金額をお選びください。

集まった支援金は、すべて制作費(劇場使用料、技術スタッフ謝礼、広報宣伝費等)に充てます。

(1)お花代(1,000円)

  • 純粋にお気持ちをいただくものです。
  • お礼として、出演者の集合写真・舞台写真等をつけた公演終了のご報告(レポート)をメールにてお送りします。
  • 感染症対策から、本公演では関係者への差し入れ・花束等をご遠慮しております。ぜひ、出演者・スタッフへのお声がけとあわせてお気持ちを頂戴できればと思います。

(2)パンフレットへのお名前掲載(3,000円)※受付締切日をご確認ください。

  • 趣旨は「(1)お花代」と同じですが、公演当日にお客様にお渡しするパンフレットに「協力」という形でお名前を掲載する予定です。
  • 掲載されるお名前は、個人名でも団体名でも構いません。掲載については、公演特別出演者(客演)の所属劇団等の後、五十音順で掲載する予定です。
  • 掲載する個人名・団体名を教えてください(記入欄あり)。

(3)公演映像の共有(データ:6,000円/DVD:12,000円)

  • 本番(どの回かは未定)を記録用として定点カメラで撮影します。
  • その映像を、データの場合は期間限定で閲覧できるようにします。
  • DVDの場合は、DVD再生機器で再生できるDVDを郵送します(送料込み)。

(4)パンフレットへの広告掲載(20,000円)※受付締切日をご確認ください。

  • 公演当日にお客様にお渡しするパンフレットに広告掲載をします。
  • 広告掲載と併せて、本公演へご招待(1名)します。
  • 1枠=5cm×20cm。たとえば、2枠ご購入いただいて、10cm×20cmをつなげての掲載も可能です。
  • 原稿を含めた詳しいやりとりは、お申し込みいただいた方に別途、劇団担当者よりご連絡いたします。
  • ただし、政治や宗教に関わる団体等は、掲載をお断りする場合がございます

想定されるリスクとチャレンジ

  1. クラウドファンディングの目標金額の達成・未達成にかかわらず、公演は実施いたします。クラウドファンディグ以外の部分でも予算は確保していますし、すでに外部出演者(客演)のみなさんのご協力も得ながら準備を進めています。なんとしてでも公演を成功させたいと考えております。
  2. ただし、新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては公演を急遽中止する場合もございます。公演が中止された場合については、ご協力いただいたすべての方にご案内の上、ご要望の方には手数料を差し引いた全額を返金いたします。
  3. リターン(2)・(4)についてはパンフレットのスペースの都合上、定員が近くなりましたら締め切らせていただく場合がございます。

公演概要:劇団フジ大阪第29回6月劇場『おとな食堂』

会場:布施PEベース(大阪府東大阪市長堂3-4-9ハヤマビル)

日時:2022年6月
   11日(土)①15:00〜 ②19:00〜
   12日(日)③13:00〜 ④17:00〜

出演者:田辺浩子/稲田乃其望/後藤健司/四方京/木部未菜実 他

※詳しくは劇団ホームページやSNSでご確認ください。


(チラシビジュアル。宣伝美術:丸山拓真)

あらすじ

普段は子ども食堂を主宰しているハルたちがはじめたのは「おとな食堂」!!

「とにかく、あたたかい料理をみんなと一緒に食べることが大切だと思うの!」

こども食堂を開いているハルがそんなポリシーのもとで開いたのは、カンパ制・一人で来れば誰でも大歓迎だという「おとな食堂」。本当に人が来るのか不安だったが、なんだかんだと初日からいろんな「おひとりさま」が集まってきた。

ジェンダー、貧困、孤独、ひとり親家庭、コロナ禍……最初はぎこちなかった会話が弾むにつれて、各人がひとりでいる理由──どうやら皆、普通ではないらしい──ことが見えてくる。

あれ?そもそも普通って何だ?

皆がそんなことを考え始めた矢先、思ってもみなかった事実が明るみになり…

支援・ご協力よろしくお願いいたします!

劇団員一同、久しぶりの劇団主催公演に向けて気合を入れ直しております。

今回の会場となる「布施PEベース」では、最新の換気扇を取り付け30分に1回劇場内の空気が入れ替わるように設計されています。こういった力も借りつつ、感染症対策に万全を機しながら当日を迎えたいと思います。

InstagramやFacebookでは、稽古の様子もアップしていく予定です。ぜひフォロー&チェックをお願いします!

ぜひ、ご支援くださいませ!

劇団ホームページ:https://www.gekifuji.com/

Twitter:@gekifuji_osaka

Instagram:@gekifuji_osaka

Facebookページ:@gekidanfujiosaka

リターンを選ぶ

  • 1000

    お花代

    • 終演レポート
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • SOLDOUT

    3000

    パンフレットへのお名前掲載【5/13(金)受付締切】

    • パンフレットへ「協力」の形でお名前掲載
    • 終演レポート
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 6000

    公演動画データ視聴権(期間限定)

    • 終演レポート
    • 定点カメラでの公演動画(データ・期間限定)の共有
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 12000

    公演DVD(送料込み)

    • 終演レポート
    • 公演DVD(定点カメラで撮影した映像)を郵送
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • SOLDOUT

    20000

    パンフレットへの広告掲載(1枠5cm×20cm)【5/2(月)受付締切】

    • パンフレットへの広告掲載
    • 終演レポート
    • 本公演へのご招待(1名)
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。