facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

趣向ジュニア「大阪、ミナミの高校生1、2、3」沖縄公演をクラウドファンディングで実現!

趣向ジュニア「大阪、ミナミの高校生1、2、3」
沖縄公演 応援プロジェクト

劇作家オノマリコと精華高校演劇部の共同創作「大阪、ミナミの高校生」シリーズ。
現在までに3部作が制作されたシリーズの集大成となる公演を、現役高校生がOG達と共に、沖縄で上演するための製作資金を募ります。

コレクター
6
現在までに集まった金額
70,000
残り日数
33
目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年3月22日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年3月22日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
趣向

「趣向」は劇作家のオノマ リコのユニットです。 ご連絡・脚本依頼など連絡先 →shukou2010☆gmail.com(☆を@に変更してください)  twitterアカウント→@shukoushukou

このプロジェクトについて

劇作家オノマリコと精華高校演劇部の共同創作「大阪、ミナミの高校生」シリーズ。
現在までに3部作が制作されたシリーズの集大成となる公演を、現役高校生がOG達と共に、沖縄で上演するための製作資金を募ります。

「大阪、ミナミの高校生」シリーズ、そのプロジェクトについて

『大阪、ミナミの高校生』シリーズは、劇作家のオノマリコと、大阪南部の私立高校、精華高校演劇部の共同創作のシリーズです。2016年度から、オノマが演劇活動を行う「趣向」に「趣向ジュニア」という枠組みをつくり、毎年新しい作品を発表しています。

『大阪、ミナミの高校生』シリーズ上演歴

今までの上演歴はこちらです。

東京のこまばアゴラ劇場にて行われている「高校演劇サミット」に選出、各地域の高校演劇祭に呼ばれるなど、高い評価を受けてきました。

●2016年度『大阪、ミナミの高校生1』
5月、趣向ジュニアとして横浜初演(神奈川県立青少年センター多目的プラザ)
2017年1月、高校演劇サミット2016にて上演(こまばアゴラ劇場)
同3月、佐賀がばい高校演劇祭にて上演(佐賀市立東与賀文化ホール)
同3月、福山高校生春の演劇フェスティバルにて上演(福山市西武市民センター)

●2017年度『大阪、ミナミの高校生2』
9月、第3回アエルワ演劇祭にて初演(アエルワホール)
同9月、趣向ジュニアとしてまつもと演劇祭にて上演(ピカデリーホール)
2018年3月、精華高校演劇部・新座柳瀬高校演劇部合同東京公演『愛もない青春もない旅に出る』にて上演(シアター風姿花伝)

●2018年度『大阪、ミナミの高校生3』
7月、HPF2018にて初演。初の大阪公演(一心寺シアター倶楽)
9月、第4回アエルワ演劇祭にて上演(アエルワホール)
12月、高校演劇サミット2018にて上演(こまばアゴラ劇場)

『大阪、ミナミの高校生』シリーズは、基本的には大阪では上演しません。

このシリーズは、精華高校演劇部の高校生たちの持つ、土地や学校や生活と強く結びついています。そんな演劇だからこそ、彼らから離れた土地にいる、違う生活や考え方を持っている人に、見て、知ってもらいたいと考えています。

高校生というと、CMなどで取り扱われている、制服を着て、標準語で、「青春」というなんだかよくわからないけど大人がやたら羨むものの只中にいる、そんなイメージがあるかもしれません。でもそれはパッケージングされたシャイニーな「高校生」像。実際には、言葉の違い(方言含む)、都会育ち、田舎育ち、仕事の多い地域かどうか、外国人の多い地域かどうか、土地の持つ歴史と文化、学校の持つ歴史、それからいわゆる偏差値、全日制か定時制か通信制か、パッと思いついただけでもこれだけの差異があります。

日本に住む大人に多様な姿や生活があるように、日本に住む高校生も多様な姿と生活をしています。その一部である、大阪南部の高校生のことを、見ていただければと思います。

沖縄公演に挑戦します。あと日本の地図を埋められるようになる。

今回は、『大阪、ミナミの高校生』を、今まで作ってきた1、2、3とまとめて、沖縄の銘苅ベースにて上演する運びとなりました。沖縄には沖縄のそれぞれの土地に住む人々がいて、歴史と文化が濃い場所です。いま沖縄に生きている子どもや、彼らの親である人たちに見てもらいたいと考えています。日本の他の地域に比べ、「似ている」と思えるところはたくさんあるのではないかと想像しています。もちろん、「全く違う」と思うところもたくさんあるでしょう。それも知りたいです。大阪南部の高校生たちにも、沖縄の高校生たちや暮らしに、出会ってほしいと考えています。

このような考えで、沖縄公演に挑戦いたします。この活動にぜひご支援をお願いいたします。

目標金額25万円は、沖縄へ渡航費、滞在費、スタッフへの経費の一部として使わせて頂きたいと考えております。

また、精華高校演劇部は、日本地図を全部埋められない生徒が多いので、実際に足を運ぶことによって覚えてもらいたいと、オノマリコは個人的に思っています。(もし目標金額以上のご支援をいただけたら、生徒に一枚ずつ白地図を買います。)

『大阪、ミナミの高校生』シリーズは、大阪以外の土地での上演の機会を大切にしているので、今後も日本の様々な地域で上演の機会をいただき、少しでも彼らの地図を埋められるようにしたいです。目指すは都道府県全国制覇。

是非お力添えをお願いいたします。(文責:オノマリコ)

主な特典の内容について

■オノマリコと出演者からのお礼のビデオメッセージ、パンフレットへのお名前掲載
ご支援頂いた方に、オノマリコと、趣向ジュニア『大阪、ミナミの高校生1、2、3』の出演者から、映像にてお礼のメッセージを送ります。
またご希望者様のお名前を、当日パンフレットに掲載させて頂きます。

■出演者からの寄せ書き入りの台本集
公演終了後、趣向ジュニア『大阪、ミナミの高校生1、2、3』出演者からの寄せ書き入りの「大阪、ミナミの高校生」シリーズの台本集を郵送いたします。

■台本のPDFデータをお送りいたします。
これまでに3部作が製作されている「大阪、ミナミの高校生」シリーズ台本のPDFデータをお送りいたします。

■沖縄公演フリーパス入場券
沖縄公演へご来場頂ける場合、上演される3部作すべてにご招待でご入場いただけます。
※現地までの交通費、滞在費等は実費となりますのであらかじめご了承ください。

■『大阪、ミナミの高校生3』特製パーカー
『大阪、ミナミの高校生3』デザインの特製パーカーを限定1名様にプレゼント!

■劇作家オノマリコによる書きおろし台本
岸田國士戯曲賞にもノミネートされた劇作家オノマリコが、ご支援者様のために新作脚本を書きおろしします。

※上演に関しては、別途ご相談ください。原則、脚本のみの提供です。
※執筆のスケジュール等は別途作家とご相談ください。

想定されるリスクとチャレンジについて

本公演はすでに上演が決まり稽古が開始されております。そのため目標金額に達成しない場合でも沖縄での上演は行われます。しかしながら目標金額に達成しなかった場合、資金面の問題から今後の劇作家オノマリコの演劇活動、ならびに高校生たちとの共同制作というフィールドワーク活動が制限、縮小される可能性がございます。

プロの劇作家と高校生たちとの共同での創作活動、創作した作品の公演とそれまでの過程には、双方に豊かな演劇体験、また演劇という枠を超え、高校生たちに広く社会や世界、それに対峙する自分自身との出会いをもたらすものです。

また演劇を通じた共同創作には、大人側には世代の異なる人々の新鮮な感覚や感受性に触れることで新たな気づきをもたらし、若い人達へは、他者とのコミュニケーション方法や関係性のとらえ方の訓練、自己肯定感を育む等の教育的成果もあると考えられます。

継続的な活動のために、皆様のご支援を是非賜りたく存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【関係者プロフィール】

趣向
2010 年、オノマリコの一人ユニットとして発足。2015年1月−2月、『奇跡の年 ANNUS MIRABILIS』(KAAT 神奈川芸術劇場)『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(シアタートラムネクストジェネレーションvol.7)と連続公演を行い、注目を集める。2016年1月、マグカル・シアター in KAAT『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』にて、第61回岸田國士戯曲賞最終候補作にノミネート。2016年から、高校生との共同製作を行う“趣向ジュニア”の活動を始める。

オノマリコ
劇作家。東京女子大学文理学部哲学科卒。みずみずしい台詞と、時空間を飛び越える構成とを特徴とする。代表作は『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』、『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』など。近年は高校生との作品創作や、エスノグラフィーの演劇化など、「劇作家が世界でできること」を考えつつ活動している。『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』で第61回岸田国士戯曲賞最終候補にノミネート。神奈川県を中心に活動している。

精華高校演劇部
大阪府堺市にある精華学園精華高等学校の演劇部。別名「旅する演劇部」。「呼ばれればどこでも行きます」をモットーに全国各地を飛び回る。2018年度は兵庫、大阪、徳島、東京、高知、沖縄で上演(高知は2019年2月、沖縄は3月)。また希望すれば高校3年生の3月末まで部活動ができることも特徴。スタイルを決めず、瀬戸山美咲氏など現代作家の作品から、ギャグコントまで面白いものはなんでもやる。こまばアゴラ劇場で行われている「高校演劇サミット」には2013、2016、2018と3回出場。大阪のパワーを沖縄へ運んでいきます。

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 「大阪、ミナミの高校生」3部作のうち1部の台本PDFデータ
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 「大阪、ミナミの高校生」3部作全ての台本のPDFデータ
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』沖縄公演への入場無料パス
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り10枚

    20000

    20000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』沖縄公演への入場無料パス
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』出演者からの寄せ書き入り台本集
    • 2019年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    30000

    30000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』沖縄公演への入場無料パス
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』出演者からの寄せ書き入り台本集
    • 『大阪、ミナミの高校生3』特製パーカー
    • 2019年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    100000

    100000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』沖縄公演への入場無料パス
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』出演者からの寄せ書き入り台本集
    • 劇作家オノマリコが40分の作品を書きおろします
    • 2019年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    200000

    200000円リターン

    • オノマリコと出演者からのお礼メール
    • オノマリコと出演者からのビデオメッセージ
    • 当日パンフレットへのお名前掲載
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』沖縄公演への入場無料パス
    • 『大阪、ミナミの高校生1、2、3』出演者からの寄せ書き入り台本集
    • 劇作家オノマリコが60分の作品を書きおろします。
    • 2019年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。