NT金沢2013ワークショップをクラウドファンディングで実現!

NT金沢2013ワークショップ - 缶バッジ作っちゃう?

  • 石川県
  • アート

NICO-Tech金沢で、缶バッヂ作るワークショップやります!
安全な機材充実と、参加費低減のために、若干の手助けをお願いします。
ニコニコ動画を中心に、電子工作の成果を発表している人の集まりが、ニコニコ技術部、通称「ニコ技」です。ニコ技では、ここ数年、NICO-Tech(NT)と呼ばれる展示会をボランタリーに開催しています。
金沢の地でも過去2回開催され、今年は"NT金沢2013として、8月3,4日の二日間、金沢市民芸術村パフォーミングスクエアを会場に開催される予定です。
出展者は、ニコニコ技術部にとらわれず、電子工作、手芸などジャンル問わず、工作品についてであれば、何でも誰でも募集しています。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額50,000円を達成し、2013年8月1日00:00に終了しました。

コレクター
16
現在までに集まった金額
53,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額50,000円を達成し、2013年8月1日00:00に終了しました。

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Myphoto160

PRESENTER
kinneko

たまに雑誌に記事などを書かせていただく遅筆のしがないサラリィマンです。 ネットワークで10年、オープンソースで10年、無線・モバイルで10年仕事をやってきました。そろそろ飽きてきたので、2013年からはVRをテーマに活動しています。 100均パーツで作るFakeRift, ポケットに入るPocketVR, IPD調整に対応した高耐久ゴーグルtaovisorなどを作ってきました。 現在は、taovisor後継のjagovisorを鋭意開発中。近々に試作品のクラウドファンディングを予定しています。(レンズがまだ決まらないので試作で少数だけです) バッキーボールは、次の伏線です。 転職先募集中です。

出資者の皆様用のバッヂ制作に入っています

vol. 6 2013-07-21 0

ある程度の数を作ってみないと、わからないところもあるので、出資者の皆様用のバッヂ制作に入っています。
こんな感じに仕上がりました。


今回は、バッジの作り方をリポートしてみようと思います。

テンプレシートに元になる画像をレイアウトして印刷します。
テンプレートシートは、Pagesで作成しました。
内側に薄い二重円を描いてあります。内側がほぼ平面部分に入るところ、外側はカーブ部分。一番外の濃い線はカッターで切る時に合わせる線になります。上下が明確なデザインはわかりやすいのですが、そうでないデザインの時に上下左右を合わせるために、ガイド用のラインも入れてあります。
今回もらったJCROMのキャラ絵は四角形で、そのままレイアウトすると周辺が白くなってしまうので、背景に色をたしておきます。
レイアウトは、内側の円にいっぱいにしてしまうと、ちょっとバランスが悪いです。余白を活かすレイアウトが必要です。


印刷した用紙を、カッターに入るように切り離します。



切り離した用紙をカッターに入れ、レバーを引いて繰り抜きます。
ガイドの線は入れてあるのですが、調整は結構微妙で難しいです。カッターは斜めなので、照明によってはガイドの線に合わせにくいですね。斜めになっているのは、切ったものが取り出しやすいからだと思われますが、ここまで斜めになっている必然性はなさそうです。




次にバッジ作りの工程に入ります。
必要な道具は、バッジ加工機、バッジ上パーツ、バッジ下パーツ、バッジ用フィルム、素材の画像です。


バッジ加工機には、カップが2つあって、1つは上パーツ用、もう1つは下パーツ用です。
上パーツ用のカップに上パーツをセットします。


素材画像をのせます。


フィルムをのせます。わかりにくですけど乗ってます。


絵柄の上下をあわせ、加工機のステージを回します。


下パーツ用のカップに下パーツをセットします。この時、左に5度程度傾けてやる必要があります。これをしないと、絵柄に対して安全ピンが斜めについてしまいます。


レバーを下げて、上パーツにフィルムで素材画像を固定します。力を入れなくても、一旦カクンと抵抗があるところまで下ろせばだいじょうぶです。3つの素材は組み合わされ、カップ上の部分に格納されています。


ステージを回して、下パーツをアームの下に移動します。


アームを下げて上パーツと下パーツを圧着します。これは結構力がいります。
十分に力が入らないと、下のカップからパーツが取れなくなることがありました。これは要注意です。フィルムを誤って2枚使ったりした場合も同様に取れなくなります。こうなると、バッジを叩いてみても、ガムテープなどを貼って引っ張っても取れません。結局、金属のヘラでカップを傷つけないようにバッジを変形させて取り出しました。取り出したバッジは、フィルムが破れてしまいます。



うまくいくと、バッジが出来上がります。


数を作ってみて、バッジが加工機から外れないというトラブルになりやすいことがわかりました。下パーツに糸をはさんでおくなどの対策も試してみましたが、糸も巻き込んで圧着されてしまうので、あまり具合がよくありませんでした。一度はまってしまうと、再度加工機で力を入れて押してみても、外れる気配はありません。
ワークショップ当日にも起きそうな事故なので、何か対策を取る必要があることがわかりました。

このファンドも、あと10日ほどになりました。
79%達成していますが、もうひと息です。
皆さんのご支援をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    カンパチケット

    • 会場でお名前を掲示します。
    • 2人が応援しています。
  • 1500

    キモチだけ参加チケット

    • 会場でお名前を掲示します。
    • 作成したバッジを、5個お送りします。絵柄は選べません。
    • 3人が応援しています。
  • 2000

    デザイン提供チケット

    • 会場でお名前を掲示します。
    • 切り抜いてバッジを作るだけの人向けの、バッジデザインを提供いただきます。
    • 会場にお名前とお住まいの県名、いただいた画像やバッヂサンプルを作品として掲示します。
    • 作成したバッジを、10個お送りします。
    • 2人が応援しています。
  • 3000

    スポンサーチケット

    • 会場でお名前を掲示します。
    • ご希望のデザイン(twitterアイコン等)のバッジを、5個お送りします。
    • 7人が応援しています。
  • 残り8枚

    10000

    オーナーチケット

    • 会場でお名前を掲示します。
    • わたしが顔を見て手渡し可能な範囲(北陸三県ならびに岐阜県、新潟県の一部くらい、東京近郊など)で、機材一式の貸し出しとワークショップ開催のガイダンスを受けることができます。日程などの都合に問題がなければ、わたしが出向いてワークショップのお手伝いもします。
    • 2人が応援しています。