舞踊集団マドモアゼル・シネマ メキシコ・エチオピアの2カ国ツアー公演をクラウドファンディングで実現!

旅するダンス2017 メキシコ・エチオピアツアー公演。日本人の身体性・文化価値を海外 へ!

  • マドモアゼル・シネマ
  • 演劇・ダンス
  • その他・海外
F9e2ce9b ac09 4e6e b3f2 eb0edb293bee ▶ 再生
  • コレクター
    40人
  • 合計金額
    546,000円
  • 残り
    42

目標金額は700,000円です。

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月2日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

このプロジェクトを応援する

このプロジェクトについて

舞踊集団マドモアゼル・シネマは、2017年メキシコ・エチオピアの2カ国ツアー公演が決定!ダンスを通じて海外の人々との交流を深め、日本の身体性・文化価値を発信!学びを糧に今後の日本のダンス・芸術の発展に活かします。

-マドモアゼル・シネマとは?

私たちは、東京神楽坂にある劇場「神楽坂セッションハウス」で、劇場付舞踊団として活動をしているマドモアゼル・シネマです。1993年、振付の伊藤直子を中心に、新たな舞台表現を探る女性ダンサー、アーティストが集まり活動をスタートさせました。1998年より活動名を「旅するダンス」とし、国内では、北は北海道から南は鹿児島まで、国外では、フランス、ドイツ、ブルガリア、オーストリア、ルーマニア、ポーランド、ポルトガル、そして韓国、シンガポールと世界各国にダンスを届ける旅を続けています。ダンサー一人ひとりの少女期の記憶の物語を紡ぐ作品を多数生み出し、今もなおその活動に精力を注いでいます。

現在活動しているメンバーは、振付家伊藤直子を中心とした女性ダンサー7名。昼間はエンジニアやスポーツインストラクター、中学高校の体育講師として働く社会人や大学生など、職業も年齢もさまざまです。仕事を終えると神楽坂セッションハウスに集まり、レッスンを通じてカンパニー特有の身体メソッドを深め、深夜にまで及ぶリハーサルを重ねています。現メンバーでは、セッションハウスを拠点とした年間3~4回の公演実績があり、2016年にはシンガポール交流公演、札幌へのツアー公演を実施しました。毎回多くのお客様に劇場に足を運んで頂いています。

-次なる挑戦、メキシコへ!

私たちは、日本とメキシコの架け橋としてメキシコで活動している特定非営利活動法人「手をつなぐメキシコと日本」の横尾咲子氏より招いて頂き、今年8月メキシコツアー公演を実施することが決定しました。2017年は、日本初の中南米移民35人がメキシコのチャパス州に上陸してから120年という節目となる年です。今回のメキシコ公演は、その記念として立案されたツアー企画です。

現メンバー7名揃っての海外公演は今回が初となります。常に新しい挑戦を求め続けている私たちに行かないという選択肢はありません。私たちが次に目指すはメキシコ!今回レギュラーメンバーに加えて、以前マドモアゼル・シネマで活動していた女優村雲敦子を迎え、メキシコへと飛び立つことを決意しました。

-メキシコで上演する作品「不思議な場所」とは?

私たちがメキシコで上演する作品「不思議な場所」は、結婚により日本を離れて暮らすことになった女性の望郷をテーマとし、遠く離れた姉妹たちの喜びや哀しみを綴った作品です。この作品は、人々の居場所であり、心の拠り所として一番小さな単位である「家」や「家族」を舞台に、数々の記憶の断片が、さまざまな出来事となって現在に蘇るダンス物語です。これまで国内だけでなく、ルーマニアやオーストリア、ブルガリア、ポーランド、ポルトガルでも上演し、大きな反響をよんできました。今回は移民の女性たちの物語としてダンスで綴り、現地の皆さんと身体や動きを通じて、時代を超えた家族の在り方、普遍性を探り、共有していきます。

-メキシコの地で「不思議な場所」を上演する理由

明治時代、日本は急増する農村部の貧農層や都市部における困窮民の救済問題を抱え、狭小な中でも増加の一途を辿る人口増加問題を解消する国策として、海外移住植民が盛んに唱えられていました。このような情勢下で、メキシコの官有地を購入し、コーヒー栽培に就業する日本人を植民したのが「榎本武揚メキシコ植民団」。今から120年前、豊かな生活を求め理想郷を構築すべく、夢と希望を抱いて、日本人35名がメキシコへと渡りました。しかしながら、開拓資金不足やコーヒーの栽培に適していない土地であったことが原因で植民地は崩壊。そういった苦闘の歴史を背負いながらも、強靭な意志をもって家族や地域社会を守り抜き、その生命を繋いできた人々が、今もなお存在します。このような移民の苦闘の歴史を知る人々にとって、「不思議な場所」は共感を呼びうる作品です。

また、グローバル化が浸透する中で、移民の増加が社会不安を増大させており、メキシコ人にとっても移民は深刻なテーマとなっています。多くのメキシコ人が夢とリスクをもってアメリカへ出稼ぎへと向かっているものの、一方で移民に対して排斥主義的な運動が顕著化しているのも事実です。文化や社会的背景の異なる私たち日本人の視点を通じて、作品を再構築し、改めて「移民」や「家族」という問題と向き合い、国を越えて共有するに適した作品です。

振付の伊藤直子の祖父母が移民として海を渡った歴史をもつことも大きなモチベーションとして全員で共有しています。

-言葉の壁を越え、現地の方とのワークショップにも挑戦!

メキシコでは「不思議な場所」の上演だけでなく、メキシコの人々とのワークショップにもチャレンジします。ワークショップの題材となるのは、マドモアゼル・シネマのレパートリー作品「赤い花・白い花」。この作品は、日本列島に咲く桜の季節を待つ日本人の心情を軸に展開しており、赤い花は「生」を白い花は「死」を、亡くなったもの、失ったもの、個人の記憶と出来事を視覚化した物語です。2016年シンガポールでも現地の方と協同し上演した作品であり、大きな反響がありました。メキシコにおいても、人々の死生観と共振しうる貴重な時間となるでしょう。

-10月には、エチオピア国際ダンスフェスティバルへ!

メキシコ公演に続き、10月にはエチオピアを代表するコンテンポラリーダンスカンパニーDESTINOが初開催する伝統と現代のダンスの融合をテーマとした国際ダンスフェスティバル「ADEYエチオピア・ダンス文化の探求と強化の旅」への参加が決定しました。これは、東京オリンピックに向けた事業に関わる青年海外協力隊員井上陽子氏より紹介頂いた企画であり、ダンスや舞踊に関心の高いエチオピアの人々に日本文化を発信できるチャンスであると渡航を決めました。

現にエチオピアでは、2008年に開始した「カイゼン・プロジェクト」により日本の技術や産業ノウハウが伝えられ、NHK ワールドの放送により相撲や歌舞伎など日本文化に興味をもつ人々も多く、私たち自身は日本の伝統的な身体性による現代のダンスによって、更なる刺激と影響をもって日本文化を発信したいと考えています。

-エチオピアでは「赤い花・白い花」を上演!

このフェスティバルでは、メキシコでもワークショップを実施する「赤い花・白い花」の上演とフェスティバルに参加するダンサーとのワークショップに挑戦し、メキシコと同様、世界のダンサーとともに人々の「死生観」に向き合います。歌舞伎用の桜の花びらを使用することで、繊細ながらも大胆に咲き誇り、やがては散りゆく人々の情感を、身体とともに視覚化することを目指します。

-資金の使い道

メキシコ・エチオピア2カ国のツアー公演を実施するにあたり、ダンサーやスタッフの渡航費や制作費、舞台に必要な機材など多額な資金不足であるのが現状です。現段階で290万1000円必要となりますが、今回渡航費の一部として70万円を目標金額として設定させていただきました。ご支援のほどどうぞよろしくお願い致します。

<メキシコ経費内訳>
●渡航費(成田↔メキシコシティ)
¥85,150×11名=¥936,650
●照明スタッフ費 ¥120,000
●音響スタッフ費 ¥120,000
●衣装費 ¥110,000
●機材借用費(映像機材・無線カメラなど) ¥200,000

合計 ¥1,486,650

<エチオピア経費内訳>
●渡航費(成田↔ドバイ↔アジスアベバ)
¥192,050×7名=¥1,344,350
●制作スタッフ費 ¥60,000
●小道具費 ¥10,000

合計 ¥1,414,350

メキシコ・エチオピア合計 ¥2,901,000

-海外ツアースケジュールについて

-リターンについて

○現地からのお便り
メキシコorエチオピアで厳選したポストカードにメンバーが心の込もった直筆メッセージを添えて、現地よりお送りします。
※8月20日までに募金頂いた場合はメキシコより、以降に募金頂いた場合はエチオピアよりお送りします。

○公開リハーサルご招待
マドモアゼル・シネマのリハーサルを見学頂けます。
場所は神楽坂セッションハウス、見学日は10月19日(木)21時〜23時頃 となります。
※途中入退室OK!
エチオピアツアー公演に向けて「赤い花・白い花」のリハーサルを実施します。
お茶やお菓子もご用意しています。お気軽にお越しください!

○メキシコ・エチオピア報告会ご招待
2カ国ツアー公演のご報告もかねて、現地での公演DVDを上映します。
1月10日(水)21時〜23時頃
・メキシコ公演「不思議な場所」
・エチオピア公演「赤い花・白い花」
神楽坂セッションハウスにて。
お酒やお茶、お菓子もご用意していますのでお気軽にご参加ください!

○2018年マドモアゼル・シネマ公演1回無料券
2018年のマドモアゼル・シネマ公演を1回分、特別にご招待させて頂きます。日時、作品内容につきましては、順次メールにてご連絡致します。

○12月国内公演のプログラムにお名前記載
12月16・17日に女優の大方斐紗子さん、吉田由布子さんをお迎えし、「女は旅である」を上演します。会場でお客様に配布するプログラムにお名前を記載します。※ご希望でない方は、予めお知らせください。

○ダンサー7名のオリジナルブロマイド(直筆サイン&メッセージ入り☆)
躍動感たっぷりの公演写真をダンサー7名分プレゼント!メンバー直筆の心の込もったサインとメッセージを添えてお届けします。

○インストラクター佐藤郁の簡単コアトレDVD
フィットネスクラブでインストラクターを勤める佐藤郁によるご自宅でできる簡単コアトレーニングのスペシャルDVDをお届けします!

○メンバー各自のセンス全開!メキシコorエチオピアお土産
7名それぞれが選ぶメキシコ、もしくはエチオピアのとっておきのお土産をプレゼント。何が届くかはお楽しみに☆

○マド作品を一緒に踊ろうワークショップ
マドモアゼル・シネマのレパートリー作品のワンシーンを2時間で作り踊る特別ワークショップ。ヘアメイク・衣装もつけて、マドの世界を体験してください!ワークショップ終了後は、北海道農家出身ダンサー古茂田梨乃の実家のお米で作った「ホカホカおにぎり」とお菓子づくりの名人中島詩織による「おいしいちゃんクッキー」でお茶会を♪

※お友達を連れての参加もOK(3名まで)
※日時につきましては、後日ご相談させて頂きます。

○伊藤直子レッスン1回無料チケット
マドモアゼル・シネマ主宰の伊藤直子によるレッスンを受けられるチケット!

○伊藤直子レッスン永久無料チケット
同じく伊藤直子によるレッスンを無料で何回でも受けられるプレミアムチケット!

◆伊藤直子レッスンとは
一人ひとりの体の可能性と表現力を探します。ツイストを利用したフロアワークで体のポジションを整え、重力を利用した動き=コンビネーションで踊る能力を伸ばします。表現を目指すダンサーのベーシックレッスンとして、また体を整え元気な日常を過ごしたい人にも適したメソッドです。10代〜70代まで男女問わず幅広い世代が受講していますので、お気軽に参加頂けます!

◆レッスン日
月曜・木曜19時半〜21時
火曜・金曜13〜14時半
※祝日はお休み。休講・代講情報はHPをご覧ください。

@セッションハウス地下1階
レッスンの詳細はこちら

-想定されるリスクとチャレンジ

目標額の達成、未達成に関わらず、このツアー公演は実施する予定です。各国の情勢やテロなどの緊急事態の際には、渡航を断念する可能性がありますが、極力の非常事態を除いては渡航する努力をします。

まずは8月19日20日に、神楽坂セッションハウスにて、メキシコ出発前の「不思議な場所」を上演します。こちらもぜひ足をお運びください。お待ちしております。

▼▼▼

マドモアゼル・シネマ 2017 旅するダンス
不思議な場所 ~メキシコ前夜~

明日、わたしたちの姉は、海の向こうへお嫁に行きます。

19日(土) 19:00  完売
20日(日) 14:00/17:00

神楽坂セッションハウス

チケット
一般前売:3000円 学生前売:2500円 ペア券:5500円 当日:3200円

ご予約(神楽坂セッションハウス)
yoyaku@session-house.net
03-3266-0461
URL: http://www.session-house.net/

照明:岡田敦 音響:上田道崇 舞台監督:鍋島峻介
映像原案:梶村昌世 映像作成:瀧島弘義 映像装置:上田道崇
衣裳:原田松野 美術:くに若尾 制作:伊藤孝

-さいごに

2カ国のツアー公演は、治安を考えても決して安全とはいえません。女性メンバーだけのカンパニーですが、危険や困難に配慮ながら、新しい挑戦を続けたいと今回の海外ツアーを心に決めました。

日本人特有の身体性や文化を海外に発信する絶好の機会であり、海外で吸収したことを糧として、帰国後は今後の活動を通じて日本のダンスや芸術の発展に活かせるよう尽力したいと考えています。

現在の日本のコンテンポラリーダンスは、未だに人々の生活に根付いておらず、劇場に足を運んで下さるお客様や、サポートして下さる方がいて成り立っています。この新たな挑戦を見守りご支援いただけることを心から願っています。どうぞよろしくお願い致します。

マドモアゼル・シネマ プロフィール

ダンサー

ー近年の活動実績

写真:山之上雅信

もっと読む

このプロジェクトを応援する

コレクター
40人
現在までに集まった金額
546,000円
目標金額は700,000円です。
残り
42

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月2日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    • 現地からのお便り
    • 1人
    • お届け予定:2017年09月
  • 3,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • 6人
    • お届け予定:2017年10月
  • 5,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 4人
    • お届け予定:2018年01月
  • 10,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 12月国内公演でのプログラムにお名前記載
    • 2018年マドモアゼル・シネマ公演1回ご招待券
    • 伊藤直子レッスン1回無料チケット
    • 20人
    • お届け予定:2018年01月
  • 30,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 12月国内公演でのプログラムにお名前記載
    • 2018年マドモアゼル・シネマ公演1回ご招待券
    • 伊藤直子レッスン1回無料チケット
    • ダンサー7名のオリジナルブロマイド※直筆サイン&メッセージ入り☆
    • インストラクター佐藤郁の簡単コアトレDVD
    • 8人
    • お届け予定:2018年01月
  • 50,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 12月国内公演でのプログラムにお名前記載
    • 2018年マドモアゼル・シネマ公演1回ご招待券
    • 伊藤直子レッスン1回無料チケット
    • ダンサー7名のオリジナルブロマイド※直筆サイン&メッセージ入り☆
    • インストラクター佐藤郁の簡単コアトレDVD
    • メンバー各自のセンス全開!メキシコorエチオピアお土産
    • 1人
    • お届け予定:2018年01月
  • 100,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 12月国内公演でのプログラムにお名前記載
    • 2018年マドモアゼル・シネマ公演1回ご招待券
    • 伊藤直子レッスン1回無料チケット
    • ダンサー7名のオリジナルブロマイド※直筆サイン&メッセージ入り☆
    • インストラクター佐藤郁の簡単コアトレDVD
    • メンバー各自のセンス全開!メキシコorエチオピアお土産
    • マド作品を一緒に踊ろうワークショップ
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月
  • 500,000円

    • 現地からのお便り
    • 公開リハーサルご招待
    • メキシコ・エチオピア報告会ご招待
    • 12月国内公演でのプログラムにお名前記載
    • 2018年マドモアゼル・シネマ公演1回ご招待券
    • ダンサー7名のオリジナルブロマイド※直筆サイン&メッセージ入り☆
    • インストラクター佐藤郁の簡単コアトレDVD
    • メンバー各自のセンス全開!メキシコorエチオピアお土産
    • マド作品を一緒に踊ろうワークショップ
    • 伊藤直子レッスン永久無料券
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月

プレゼンター

Middle 1501458009

マドモアゼル・シネマ

  • 東京都

マドモアゼル・シネマ。主宰伊藤直子を中心に少女期の記憶の物語を紡ぐダンス集団。東京・神楽坂セッションハウスの劇場付舞踊団として1993年に設立。作品を国内外に届ける活動“旅するダンス”を継続。重心の低い躍動的な動きと少女期の記憶を紡ぐダンスは、日本人の身体伝統を受け継ぐ現代のダンスとして評価を得ている。

質問や意見をメールする