facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

短編映画『失顔』をクラウドファンディングで実現!

春花(テラスハウス)・柾木玲弥(今日から俺は)主演の
短編映画『失顔』制作支援プロジェクト

『テラスハウス』出演で話題の「春花」さんと、『今日から俺は』等出演の「柾木玲弥」さん主演の短編映画『失顔(しつがん)』を制作するに当たりサポーターを大募集します!海外映画祭へチャレンジします!

コレクター
14
現在までに集まった金額
756,000
残り日数
8
目標金額 1,800,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年1月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,800,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年1月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
岡元 雄作 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
岡元 雄作

1980年新潟県生まれ。映画監督、CMディレクター。株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズ代表取締役。映画・TVCM・MV・番組・ドラマ等の制作を行う。 代表作に、『Last Lover』(2020年1月31日〜テアトル新宿にて劇場公開)、田畑智子・山中崇主演の長編映画『Music Of My Life』、工藤綾乃主演の長編映画『きみはなにも悪くないよ』、升毅・朝加真由美主演の『不旋律のソナタ』、岡本夏美主演の『HANA』など。 ディレクターとしては、King & Prince『memorial』初回特典番組『メモリアルケーキを作ろう』、『LOCARI』TVCMなどをディレクション。

このプロジェクトについて

『テラスハウス』出演で話題の「春花」さんと、『今日から俺は』等出演の「柾木玲弥」さん主演の短編映画『失顔(しつがん)』を制作するに当たりサポーターを大募集します!海外映画祭へチャレンジします!

以前にこちらで募集させて頂いた映画監督の岡元雄作と申します。その時の映画 『Last Lover ラストラバー』lastlover.jp)が、沢山のご支援のおかげで1月31日(金)〜テアトル新宿で公開が決まりました!

また今回も海外映画祭へチャレンジする短編映画『失顔』の制作支援募集いたします。
 

世界的に話題なテラスハウスの「春花」さんと、 今日から俺はの「柾木玲弥」さん主演!

主演はNetflix『テラスハウス TOKYO 2019-2020』で話題の 「春花」さん。 テラスハウスは、米「タイム」誌が選ぶ「2018年の番組ベスト10」で、堂々の6位に選ばれた程の、世界的に注目されているリアリテ ィーショーです。 世界的にも有名なので海外映画祭を中心に多く出品する予定です。

そしてもう1人の主演は『今日から俺は』や『電影少女』『みんな!エスパーだよ!』等に出演している 「柾木玲弥」さん。 様々なキャラクターを演じ分けられる「カメレオン俳優」として話題になり、ネクストブレイクとして特集されるほど今大注目の演技派俳優です。
 

ほんとに「顔」で人を判断していいの?

どんな人かを考える時に、大半の方はまず顔から判断するんじゃないでしょうか。なので、可愛い、かっこいい人が目立ってしまうのは心理なのだと思います。面接だって可愛い子が受かり易いし、議員だって可愛いだけで議席を確保出来たりしてしまうというのは事実です。でも ほんとに顔で判断していいのでしょうか?
今流行のマッチングアプリも、何万という顔の商品リストからいい顔を選ぶ感覚でちょっと怖さも感じます。簡単に繋がれるからこそ、表面だけで知ったような気になり、人の中身が伝わりにくい時代になった様にも思います。

『失顔症(しつがんしょう)』という、人の顔が認識できない障害を知っていますか?  目、鼻、口、耳など顔のパーツは認識できるものの、それらが合わさって構成される “顔”の全体像が認識出来ないという特殊な障害です。本作はこの障害にスポットを当てまし た。
盲目ではないので実生活にそれ程の苦労がないように思われますが、多くの人と会う仕事では顔が分からないことは致命傷です。重度になると 家族や恋人すら顔が分からなくもなるそうです。ただの物覚えが悪い人と思われる事が多く、理解される事は困難で、社会生活を送るのがとても難しいです。

この 「顔で判断してしまう社会」という問題をテーマとして掲げて、観客へ顔について考えてもらえたらと思います。
 

国内から海外の映画祭へ出品!

本作は本気で国内外の映画祭へチャレンジする為に企画しました。
もちろん沢山の人に観て頂きたいので、映画祭を回った後には広く観てもらえる媒体で公開を考えていますが、基本的には営利目的ではありません。
ですので、このクラウドファンディングで集まった資金で全ての制作費から宣伝費を考えております。

日本では短編映画の土壌があまり成熟していないので、主に海外映画祭を中心にチャレンジして行きたいと思っています。過去にはロサンゼルスやベルリンなどでも受賞経験があり、現実的に狙って行きます。
沢山の受賞報告が出来る様に頑張りますので、ぜひ僕達の夢に力を貸してください!

ストーリー

いわゆる美人な美空はモデルの仕事をしてた。顔が良くなければ男として見なさないというくらい、イケメンが好きで、人は顔が全てだと思っていた。そんな美空はある時、仕事中の事故で頭部を強打して入院してしまう。

病院で美空が目を覚ますと、目の前には女性がいた。しかしその人の顔はよく分からなかった。目や口、鼻などは見えるけど、一つの顔として全体像を捕えることが出来ない。
声を掛けられてようやく気付いたが、その人は母親だった。どうやら事故で脳の記憶を司る部分を損傷したことで、『失顔症』という顔を認識出来ない障害を抱えてしまったのだった。

美空は誰の顔も分からなくなった。友達と待ち合わせしても、違う人を友達と思ってしまったり。モデルの仕事に復帰するも、撮られた自分の顔さえも分からない。美空はパニックになりスタジオを飛び出す。

そんな時にカメラアシスタントの晃に助けられる。晃の顔ももちろん分からなかったが、優しくしっかりした考えを持っている晃に惹かれていくのだった。
 

キャスト プロフィール

春花 
集英社主催の新人発掘オーディションでグランプリに輝き、2010年に活動をスタート。「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」出演。
これまで多数のスターを生んできた同番組において、常に存在感を発揮してきた。 女優としてNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』や大河ドラマ『八重の桜』、映画『麒麟の翼』など多くのドラマや映画に出演。
雑誌『Ray』『non-no』で専属モデルとしても活躍してきた。
現在は女優を始め、モデルやバラエティなどで活躍中。

<春花さん 本人コメント>
今回この映画のお仕事をいただいた時、久しぶりの映画のお仕事で少し緊張しました。 台本に目を通してみると顔がわからなくなる病気があるのも初めて知って、今の社会のストレスやSNSへの依存とかそういうのも何か含まれてるんじゃないかなと思いました。撮影も楽しみなので丁寧に作っていけたらと思います。
 

柾木玲弥 
1995年3月24日生まれ、北海道出身。
2009年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、芸能活動をスタート。俳優としてドラマ、映画、舞台など多岐に渡る作品に出演する。
その多様なキャラクター性と変幻自在な演技力で「カメレオン俳優」とも呼ばれ、次世代若手俳優のエースとして注目される。
代表作は「今日から俺は」(日本テレビ)、「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)、「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」(MBS / 東映)など。


<柾木玲弥さん 本人コメント>
田中晃役を演じさせていただくことになりました、柾木玲弥です。
失顔症に焦点を当てた作品になりますが、私自身、失顔症というものを知りませんでしたし、聞いたこともありませんでした。 この作品を通してその症状を知り、そして人にとって顔とは何なのか、外見でその人を判断していいのか、本来、人の見るべき姿はどこにあるのか、そんなことを考えさせられるような映画でした。 色々な方に見ていただいて、考えていただいて、何か感じて頂けるように頑張ります。よろしくお願いいたします。
 

奏羽茜 
「1992年6月27日、兵庫県生まれ。
東京カレンダー「港区おじさん」かすみ役で高い演技力を評価される。
戸田彬弘演出・脚本「川辺市子のために」では室賀梢役を熱演。
舞台「教室」では女子高生役を演じるなど、幅広い役柄を演じている。
2019年は「KLM オランダ航空」「出光」の広告にも出演。
2020年もすでに映画・舞台の出演が決定しており、今後大注目の女優!!


  

土井康平
1992年3月19日生まれ。
大阪府出身。エミールハート所属。
身長171cm。関西大学社会学部心理学専攻卒業。
特技は瞬きをしない持続時間で15分以上、スポーツはゴルフ・テニスが得意。
資格は漢字検定2級・数学検定準2級、普通第1種自動車免許。
習い事は英会話・殺陣。
 
 

ゆってぃ (友情出演)
1996年デビュー、2006年からピン芸人として活動を始める。 X「爆笑レッドカーペット」出演を機に「ワカチコワカチコ!」のフレーズネタでバラエティ番組に出演するようになる。現在はFC東京のサポーターとしてTOKYO MX「FC東京!魂」にレギュラー出演中。 

制作スタッフ プロフィール


監督・プロデューサー 岡元雄作
1980年新潟県生まれ。映画監督、CMディレクター。株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズ 代表取締役。映画・TVCM・MV・番組・ドラマ等の制作を行う。
代表作に、『Last Lover ラストラバー』(2020年1月31日~ テアトル新宿公開)、田畑智子 ・山中 崇主演の長編映画『Music Of My Life』、ENBUゼミナールシネマプロジェクト第7弾で工藤綾乃主演の長編映画『きみはなにも悪くないよ』、升 毅・朝加真由美主演の『不旋律のソナタ』、岡本夏美 主演の『HANA』等。その他国内外多数の映画祭でグランプリを受賞。 ディレクターとしては、King & Prince『memorial』初回特典番組『メモリアルケーキを作ろう』、ライフスタイルアプリ『LOCARI』TVCM、『日本テクノ』TVCM、等多数ディレクション。http://astrosandwich.com/

・Berlin Motion Picture Festival 2019(ドイツ) 最優秀長編作品賞(グランプリ)
・ロサンゼルス日本映画祭(アメリカ) アンサンブルアワード 受賞
・Cinema on the Bayou Film Festival(アメリカ) 特別賞受賞(LE TRAIN BLEU AWARD)
・ショートショート フィルムフェスティバル2012 ミュージックShort部門 クリエイティブアワード(最高賞)受賞
・東葛映画際2012 グランプリ
・山形国際ムービーフェスティバル2015 グランプリ
・山形国際ムービーフェスティバル2012 準グランプリ・最優秀俳優賞
・八王子ShortFilm映画祭2013 グランプリ
・第1回丹後映像フェスティバル グランプリ
・第4回ひめじ国際短編映画祭 準グランプリ
・第5回 エディロールビデオフェスティバル ストーリー部門 グランプリ
 

撮影 植原雄太
1982年生まれ。茨城県出身。大学卒業後東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校で映画を学ぶ。
安田光氏のもと撮影助手として映画の現場に参加。その後内田将二氏のアシスタントを7年間務める。 アシスタント時代、撮影の7割がフィルムという環境の中で、飲料・ビューティ・車など数多くのジャンルの撮影を担当する。2018年に独立。独立後は広告、ウェブ、MVを中心に活動中。 監督の岡元とは「HANA」や「不旋律のソナタ」、「きみはなにも悪くないよ」など10年以上タッグを組んでいる。
 

音楽 田中マコト
作曲家。映画音楽を中心に、舞台、CM、WEBコンテンツ等の作曲、主催コンサートの企画・プロデュース等、その活動は多岐にわたる。作曲を五十嵐泰宏氏に師事。
音楽を担当した映画最新作『Last Lover ラストラバー』(岡元雄作監督 ※2020年1月31日〜テアトル新宿 他全国順次公開予定)では、劇伴音楽の作曲に加え、シンガーソングライターの天野花が書き下ろした主題歌の編曲も担当している。
Handsome Cat RECORDS https://www.handsomecatrecords.com/
 

岡元雄作監督過去作品 予告編

『Last Lover ラストラバー』lastlover.jp
2020年1月31日~テアトル新宿にてレイトショー公開!
※Berlin Motion Picture Festival 2019(ドイツ) 最優秀長編作品賞(グランプリ)
※ロサンゼルス日本映画祭(アメリカ) アンサンブルアワード 受賞


『Music Of My Life』

田畑智子・山中崇主演


『きみはなにも悪くないよ』
工藤綾乃主演


『不旋律のソナタ』

升 毅・朝加真由美主演
※山形国際ムービーフェスティバル2015 グランプリ受賞
※Cinema on the Bayou Film Festival(アメリカ)特別賞受賞(LE TRAIN BLEU AWARD)
※第2回八王子映画祭 準グランプリ


『HANA』

岡本夏美主演

募集するお金の使い道

支援して頂いた資金は、撮影にかかる制作費(キャスト・スタッフへ報酬、機材費、ロケーション費、美術費、衣装費、車両費など)やポストプロダクション(CG制作費、劇伴制作費、MA費、DCP制作費など)、また宣伝費(英語字幕制作費、海外映画祭出品料、チラシ・ポスター制作費など)に活用させて頂きます。
もし募集金額を超えた場合は主に宣伝費や海外映画祭への出品料に当てさせて頂きます。
 

リターン特典について

【限定公開の制作日記】
コレクター限定の制作日記が読めます。

【関係者試写会 or オンライン試写会への招待】
2020年4月に都内開催予定の関係者向け試写会へご招待します。
来れない方には3日間限定のオンライン試写でご覧いただけます。(URLをお送りします)
※都内試写会では、応募者多数により満席の場合はご支援額順となる可能性もございます。

【エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載】
本編エンドクレジットにサポーターとしてお名前を掲載させていただきます。

【撮影見学&エキストラ出演(2020年1月13日~15日開催予定・都内某所)】
撮影現場にご招待します。13日~15日の複数箇所で撮影します。エキストラ出演で映画デビューしませんか?
※1月12日(日)12:00までにご支援して頂いた方限定の特典になります。
※交通費はご支援者様のご負担でお願いいたします。

【オリジナルDVDプレゼント(限定メイキング付き)】
完成した作品オリジナルDVDをプレゼント!
他では見れないクラウドファンディング限定のメイキング付きです。
※お届けは5月以降を予定しています。

【春花さん・柾木玲弥さん 限定サイン入り台本プレゼント】
春花さんと柾木玲弥さんのここでしか手に入らないサイン入り台本をプレゼントします!
限定数で少なく先着順になるのでお早めにお願いします。

【限定の関係者試写会打ち上げに特別ご招待】
試写会後の関係者打ち上げにご招待します。
※別途会費がかかります。
※関係者への迷惑行為があった場合にはご退場頂く場合もございます。

【エンドクレジットに特別協賛としてお名前もしくは会社ロゴを記載】
本編エンドクレジットに特別協賛としてお名前もしくは法人様は会社ロゴを掲載させていただきます。

【オフィシャルスポンサー(企業様のみ)】
映画本編冒頭や全ての印刷物、WEBでの露出について「Sponsored by ○○○(御社のロゴ)」と記載します!
エンドクレジットにも大きく御社のロゴ、及び代表者様をアソシエイトプロデューサーとして入れさせて頂きます。
当キャストで100万のCMを撮るのはまず無理ですが、オフィシャルスポンサーになれば多く露出出来るので広告費にしては決して高くないはずです。
※コラボCM等を制作する場合は別途二次利用料や出演料が発生します。
 

想定されるリスクとチャレンジ

映画制作にはとてもコストがかかり、特に本作は非営利自主制作作品のため、このクラウドファンディングのご支援額で出来ることも変わってきます。
また、主に海外映画祭へ出品を考えており、海外は出品料に1万円ほどかかる映画祭も多く制作費以外にとても費用がかさみます。
ご支援次第で多くの映画祭にチャレンジ出来るので、ぜひ沢山のご支援をお願いします!

スケジュールは、2020年1月13~15日に撮影後、3月末完成予定となっています。
完成後には4、5月頃に都内で試写会を行う予定です。
 

最後に

最後までご覧いただいてどうもありがとうございます。
本作は8年前から長編映画として企画したものでした。中途半端にしたくないと何年も浮いては沈んでを繰り返していた企画ですが、この度、春花さんと柾木玲弥さんという最高のキャストを迎えることが出来、長年の歳月を経てやっと制作することが決まりました。

私自身「失顔症」という障害を知らなく、初めて知った時には驚きと同時に恐怖を感じました。障害には程度があり、重度だと自分の顔も分からない程ですが、軽度の隠れ失顔症という人も存在します。人の顔が覚えずらいという人はもしかしたらこの隠れ失顔症かもしれません。実は私も人の顔を覚えるのが苦手で、その節が少しあります。本作でこの障害があるという事をまず認知させれたらと思っております。

主に映画祭目的で制作しますが、パイロットとしての意味もあり、評判次第で本来の姿である長編化プロジェクトも進めたいと考えております。
今後の展開も変化していきますので、ぜひ沢山のご支援を宜しくお願い致します。

監督・プロデューサー 岡元雄作

リターンを選ぶ

  • 5000

    「失顔」応援 コース

    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    関係者試写会ご招待 コース

    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年04月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 25000

    エンドロールにお名前掲載 コース(現場見学&エキストラ出演権)

    • エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載
    • 撮影見学&エキストラ出演権(1月13日~15日開催予定)
    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年04月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 48000

    オリジナルDVDプレゼント コース(クラファン限定メイキング付き)

    • オリジナルDVDプレゼント(クラファン限定メイキング付き)
    • エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載
    • 撮影見学&エキストラ出演権(1月13日~15日開催予定)
    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り13枚

    68000

    【限定15人】 春花さん・柾木玲弥さん 応援コース(サイン入り台本プレゼント)

    • 春花さん・柾木玲弥さん 限定サイン入り台本プレゼント!
    • オリジナルDVDプレゼント(クラファン限定メイキング付き)
    • エンドクレジットにサポーターとしてお名前を記載
    • 撮影見学&エキストラ出演権(1月13日~15日開催予定)
    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り2枚

    150000

    【限定5人】 特別協賛 コース(関係者打上げ特別ご招待)

    • エンドクレジットに特別協賛としてお名前もしくは会社ロゴを記載
    • 限定の関係者試写会打ち上げに特別ご招待
    • 春花さん・柾木玲弥さん 限定サイン入り台本プレゼント!
    • オリジナルDVDプレゼント(クラファン限定メイキング付き)
    • 撮影見学&エキストラ出演権(1月13日~15日開催予定)
    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り1枚

    1000000

    【限定1社】 オフィシャルスポンサー コース(企業様のみ)

    • 映画冒頭と全ての露出媒体に「Sponsored by 〇〇」と御社ロゴを記載
    • エンドクレジットに会社ロゴとアソシエイトプロデューサーとして代表者名記載
    • 限定の関係者試写会打ち上げに特別ご招待
    • 春花さん・柾木玲弥さん 限定サイン入り台本プレゼント!
    • オリジナルDVDプレゼント(クラファン限定メイキング付き)
    • 撮影見学&エキストラ出演権(1月13日~15日開催予定)
    • 関係者試写会 or オンライン試写会への招待
    • コレクター限定公開の制作日記
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。