facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

自分たちで自分たちの地域経済をつくろう!書籍「ローカルエコノミーのつくり方」をクラウドファンディングで実現!

本づくりから始めるローカル経済のリ・ビルディング。
『ローカルエコノミーのつくり方』、ご支援をお願いします!!

自分たちで自分たちの地域経済をつくろう。スモールビジネスが連携して発意するための立ち上げ資金を集めたい。

コレクター
125
現在までに集まった金額
869,000
残り日数
4
目標金額 700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年5月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年5月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
小泉 寛明 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
小泉 寛明

「これからのローカル地産地消経済をつくる会」の代表です。神戸R不動産という不動産サイトの運営を7年、EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET という朝市の運営を4年行ってきました。様々な業種の人と出会い、お話をする中で「これからのローカルに必要なのは、顔が見える距離感で行われる地産地消経済だ」と感じ、昨年秋にこの団体を細々と立ち上げました。今回はこの団体の活動をギアアップさせるために、ぜひみなさんにチカラを貸していただきたく、クラウドファンディングすることを決めました。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 兵庫県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

自分たちで自分たちの地域経済をつくろう。スモールビジネスが連携して発意するための立ち上げ資金を集めたい。

クラウドファンディングする理由

はじめまして、小泉寛明といいます。「神戸R不動産」という不動産サイトの運営を丸7年、EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETという朝市の運営を行って丸4年、FARMSTANDという野菜販売店兼カフェやKITANOMADというシェアオフィスを運営して丸1年になります。

神戸R不動産を始めたきっかけは、「大事に使われてきた古くて趣のある建物はなぜ簡単に壊されてしまうのか」という疑問からでした。FARMERS MARKETの運営を行ったきっかけのひとつに、「神戸には野菜をたくさん育てている農家が多くいるのに、なぜ神戸市内で買えないのか」という疑問を解きたいと思ったからでした。

なぜ、近くの人からものを買わなくなったのか、なぜ、古いものを大事にしなくなったのか。それを思い返すと、僕たちのお金の使い方、つまり経済概念そのものがそうさせていると考えるようになりました。

そして近くにいる有志の方々(「神戸から顔の見える経済をつくる会」という小さな会を結成)と一緒に僕たちのまわりの人たちの経済の考え方を整理し、本にしてみようと動いています。タイトルはそのものズバリ、「ローカルエコノミーのつくり方」。

このクラウドファンディングは、その活動を支援して頂けないかというお願いです。

写真左から筆者、神戸R不動産の主要メンバーの西村と岩崎

EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETの終礼でのひとこま。

自分たちでローカル地産地消経済をつくる

内容を簡単にまとめてお話しすると、僕たちのお金の使い方や経済概念を変化させることにより、ローカル(自分たちが住み働くエリア)が主体の経済をつくっていこうということです。

安くものを買うより知っている人から買う、大量に安く作るよりも自分で作る、大量に顔の見えない相手と取引するよりも顔の見える人と細く長く続く取引する。つまりローカル地産地消経済とは、莫大な稼ぎはないが細く長く続いていける経済のことです。

僕たちはそろそろグローバル経済という魔法の杖のような言葉に頼らず、自分たちでモノを作り、自分たちで支え合い、自分たちに還流する経済を自分たちで創らなければ、自分たちの住む街が面白くなくなってしまうのではないかと思っています。

逆に言うと、面白い人が集まる街にしたければ、自分たちで仕事を育て、ローカル経済を育てていかなければならないと思うわけです。

表紙イメージ(仮の表紙案です)

なぜそうするべきなのかというと、このままではローカルは大都市や大企業にお金や人を吸収されて、小さな商いがなくなり、街から古い建物がなくなり続け、近くの人から野菜を買うこともできない街になってしまう、そのような危機感があるからです。

ローカル地産地消経済が機能しはじめれば、街に文化が残り、小さな仕事が成り立つ。そして、例えば我々の住む神戸という場所なら、古いものと新しいもの、ローカルな食材も外国からの食材も楽しめるバランスがとれた生活ができる。小さな商いも大企業も協力できる。そんな街になる大きなポテンシャルがあるのではないかと思っています。

小さな商い・古い建物を残すことが成立している、塩屋という街の事例も紹介しています。

この本では「FARMER/農家」「BUILDER/建設業」「MAKER/ものづくりの人」「SPORTS BUSINESS/スポーツビジネス」「URBAN PERMACULTURE/アーバン・パーマカルチャー」「AREA DEVELOPER/エリア・デベロッパー」といった、私たちが関心を寄せている6つのタイプのスモールビジネスから興味深い事業者たちを取材して、“これからのローカルエコノミーのかたち”を紐解こうとしています。

例えば、神戸市民にとって地元の山・六甲山の間伐材を地元で使えるようなサイクルを作り出そうと奔走しているマルナカ工作所の話、地域の材料を使い国内だけでなく外国の顔の見える取引先とビジネスを展開するメイカーの人たちなど。この本で取材させてもらった人たちの活動は、きっと多くのスモールビジネスオーナーや同じことを考えている人たちのこれからに役立つヒントになってくれるはずです。

神戸の自然は、スポーツビジネスにとって大きな資源。

想定されるリスクとチャレンジ

新しいローカル地産地消経済がドライブし、スモールビジネス・フリーランスビジネスが中心となる経済をつくるには、私たちスモールビジネスオーナーが連携して、意思発信し、時には連携して活動できる組織が求められているのではないかと思います。

本の出版に関しては、神戸市や学芸出版社さんの協力を得ることにより目処はついています。ただ、本文の執筆部分については、有志メンバーのボランティア作業で成り立っており、本の事前購入と若干の応援をして頂けると、そうしたメンバーへの支払いが可能になります。

メンバーの多くはその資金を今後スモールビジネスオーナーが連携するための活動資金に使って良いと言っています。まずは、こうした活動をスタートするための足がかりになる70万円の資金集めにチャレンジしたいと思います。本は5月末には出来上がりますので、まず先行してクラウドファンディングに協力頂いた方々にいち早くお届けしたいと思います(尚、書籍は6月初旬に発売開始予定。場合によっては、一部発送が遅れることがあるかもしれません)。

同じ想いを持つ、全国各地のみなさんへ

僕たちが神戸で起業して約7年。僕らもまわりの会社でも、少しつづ連携するメンバーが増えたり、若い人の雇用を生み始めています。神戸の周辺全体を見渡しても、始めは1人や2人だった事業者が複数人雇用したり、コミュニティーのメンバーが増えたり、その発信力が増えているように感じます。

こうした事業者が、顔のみえる経済を作り出す連鎖を生み出し、地方都市に若い人材が集まる「面白い!」と思える仕事を作り出せれば、自ずと地方都市の経済は自立し、楽しい街になっていくのではないかと推測しています。

こうした連鎖を作り出す環境作りこそ、支援頂いた資金をもとに行っていきたいことです。僕たちは神戸にいるので神戸から始めますが、他の地域でも同じことを思っている方々がたくさんいると思います。そうした思いを持っておられる方々にも教えてもらったり、我々の動きをシェアしたり、一緒に考えていければ嬉しいです。

書籍では図表付きで、スモールビジネス主体型経済と大企業依存型経済について比較しています。

リターンについて

まず、支援して頂いた方にいち早く書籍をお届けさせていただきます。

その他のリターンとして、まず、出版パーティーをご用意しました。同じモチベーションを持った方々と出会い、そしてこれからのローカルエコノミーのあり方を一緒に考えていきたいです。

そして自分たちが普段楽しんでいる裏山の道やルート、温泉などの街の公衆浴場、地産地消に力を入れているローカルレストランを紹介する手作りマップもあります。一般的なガイドマップには掲載されていないレアな情報です!神戸に来られたら、僕たちが運営する施設や場所などを簡単にツアーをさせていただくリターンもおすすめです。

地産地消チケットは、神戸の農家さんが出店するファーマーズマーケットやFARMSTAND(神戸の農家の野菜を販売する店)で利用できるので、ぜひ今回のプロジェクトを機に遊びに来て欲しいです。(神戸に来られない人には、野菜の詰め合わせセットを郵送しますので、支援時に選択してください)

クラウドファンディングで協力頂いた資金は、フリーランスやスモールビジネスが活動しやすいような社会づくりをするための書籍を通じた場作りができるよう、初期の活動資金として使用させて頂きます。

一緒にローカルが主になる地域経済づくりができれば嬉しいです!

重ねてご協力をよろしくお願いします。

リターンを選ぶ

  • 4000

    1BOOK+LETTER+MAP

    • ローカルエコノミーの作り方 1冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 51人が応援しています。
  • 6000

    1BOOK+ LETTER+ MAP+ PARTY

    • ローカルエコノミーの作り方 1冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 出版パーティーご招待
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 42人が応援しています。
  • 9000

    1BOOK+ LETTER+ MAP+ PARTY+ LOCAL TICKET

    • ローカルエコノミーの作り方 1冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 出版パーティーご招待
    • EAT LOCAL KOBE 地産地消券 (¥3,000分)
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。
  • 9000

    3BOOK+LETTER+MAP

    • ローカルエコノミーの作り方 3冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 13000

    5BOOK+LETTER+MAP

    • ローカルエコノミーの作り方 5冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 15000

    5BOOK+ LETTER+ MAP+ PARTY

    • ローカルエコノミーの作り方 5冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 出版パーティーご招待
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 18000

    1BOOK+ LETTER+ MAP+ PARTY+ LOCALTICKET+ GUIDE

    • ローカルエコノミーの作り方 1冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 出版パーティーご招待
    • EAT LOCAL KOBE 地産地消券 (¥3,000分)
    • 神戸ローカルツアー(ファーマーズマーケット/KITANOMAD)ご招待
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 25000

    10BOOK+LETTER+MAP

    • ローカルエコノミーの作り方 10冊
    • Thank you letter
    • 手作りローカルマップ(仮)1枚
    • 2019年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。