facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

宮城県高野連主催「代替大会」安全面強化支援をクラウドファンディングで実現!

愛する高校球児ドットコムみやぎ
—宮城県高野連主催「代替大会」安全面強化支援— 球児にエールを !

最後の夏の甲子園大会が中止となった3年生のために、宮城県高野連主催の代替大会がより「安心して全力でプレー」できるように。高校野球OBと高校野球ファンの資金サポートと熱い応援メッセージで、球児の心に力強いエールを送ろう!

FUNDED

このプロジェクトは、2020年7月29日23:59に終了しました。

コレクター
280
現在までに集まった金額
2,520,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、2020年7月29日23:59に終了しました。

Presenter
庄子 康一 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
庄子 康一

私は仙台商業高等学校の硬式野球部OBです。1、2年生の時は選手として、3年生の時はマネージャーとして、3年間甲子園を目指しました。今回、その高校野球の3年間があったからこそ生まれたプロジェクトです。母校の枠を越えてすべての高校野球OB、ファンの皆さんと一緒に1つになって支援したい。『すべての高校球児に少しでも多くのエールが届くように』甲子園大会が中止という事態。応援のメッセージを1つ1つ球児に送りたい。私は高校野球、地元の宮城、仙台が大好きです。子どもたちにとっても誇れる地元になるように、そして今向き合って歩めるように。次世代へ伝え残す。仙台YEG卒/RIPS塾卒

  • 宮城県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 245 人

このプロジェクトについて

最後の夏の甲子園大会が中止となった3年生のために、宮城県高野連主催の代替大会がより「安心して全力でプレー」できるように。高校野球OBと高校野球ファンの資金サポートと熱い応援メッセージで、球児の心に力強いエールを送ろう!

「これまで3年間の君たちの努力を見てたよ!」

球児たちが、高校野球ファンの愛情のバトンを受け、来年以降の後輩たちに託す役割。

高校野球OBをはじめ、宮城県内には多くの熱心な「高校野球ファン」がいらっしゃいます。みなさまには毎年、観戦応援や物理的な支援で「球児たち」をずっと熱心に応援していただいてきました。それは「夢と目標」を持って取り組む球児たちの真剣な姿が「勇気と希望」を与えてくれていたからだと感じています。球児の姿があったからこそ高校野球ファンがいて、高校野球ファンがいたからこそ球児の姿を支えることができた、お互いの密接な関係がそこにはあります。

今年は、このプロジェクトのプレゼンターである庄子康一を代表とした高校野球OBが先頭に立ち、代替大会を支えることで高校野球ファンのみなさまに恩返しを行います。そして、たとえ無観客試合という状況であっても、我々に「勇気と希望」を与えてくれている球児たちを応援します。

この双方の想いを今回のプロジェクトで強くすることは、来年以降も脈々と続く高校野球の歴史に、また新たな価値を加えてくれることになると思います。

「今年は球場で応援することはできない。でも見てるよ!」

全力で悔いのない試合ができるよう、安全面強化のためにサポートを。

代替大会は、宮城県高野連が定めた感染予防安全対策に準拠した万全の態勢で開催されますが、このプロジェクトではさらに選手が試合中に着用する「スポーツマスク」の提供や医療従事者の会場待機費用など、安全面強化のためのサポートを行います。また、少しでも大会が円滑に行われるよう、集まった資金は運営費用の一部にも活用します。高校球児たちが真剣に全力で悔いなく「最後の夏」をプレーするための環境づくりに、全力でご賛同いただけたら幸いです。

「集大成の夏の勇姿を、見てるよ!」

甲子園中止で行き場を失った想いを、代替大会で少しでも叶えるために。

小さな頃から野球を始め、成長とともに夏の甲子園を目標にして厳しい練習を重ねてきた高校球児たち。たとえ甲子園出場が果たせなかったとしても、これまでにかけてきた情熱と想いに変わりはありません。残念ながら今年の甲子園大会は中止となりましたが、宮城県では県高野連主催による代替大会が開催されることになり、この夏が過ぎると部活引退~卒業となってしまう3年生の高校球児たちはいま、そこを照準にあらためてモチベーションを高めています。一度は味わった落胆から、再度前を向いて歩み始めた球児たちの勇姿を一緒に応援しましょう。

「これからの人生も、見てるよ!」

「最後の夏」の経験は人生において、かけがえのない心の支えとなる。

3年生で迎える最後の夏は戦績や結果に関わらず、その後の人生にとって大きな意味を持つひとつの区切りです。甲子園を目標にチームメイトと頑張った日々は生涯の財産ですが、集大成の「夏の大会」は、これまでの野球生活を支えてくれた多くの人の存在に、あらためて気づく機会でもあります。こうした「一人ではなく多くの方々の関わりが大切」という想いと気づきを、後輩たちに伝え残すこともまた人としての成長につながります。

今後、社会で出あうさまざまな難局で「最後の夏」の経験は自分を鼓舞する自信となり、また「人との関わりの大切さ」を実感する機会です。本プロジェクトが球児たちの将来にとって心の支えの一助になれればと思います。

<プレゼンター  庄子康一からメッセージ>

「ずっと、ずっと。見てるよ!」

5月20日に夏の甲子園大会の中止が発表され、その日のうちに今回のプロジェクトを決めました。私も元高校球児です。甲子園大会の中止が3年生にとってどれだけの事態か…。「一人の高校野球OBとして、子どもの頃からの高校野球ファンとして、今こそ動かなければ」。宮城県内の同じ気持ちの大人たちの想いを集め球児に届けたい、応援したいと強く感じ、2つの支援を考えました。

1つは代替大会開催に向けた高野連への支援金寄付です。今大会は無観客試合のため財源が厳しいと聞いたので、宮城県高野連の松本理事長に「クラウドファンディングで支援者を募り支援金を寄付したい。安心して全力でプレーできるようスポーツマスク等の感染予防の費用全般に使って欲しい」と趣旨を伝えたところ「本当にありがたいお話です」と、松本理事長はじめ理事のみなさまにも承認いただきました。

もう1つは、このサイトで支援金と一緒に高校野球OBのみなさまと高校野球を応援するみなさまからのメッセージを集め、甲子園出場機会を奪われた現実と向き合う球児に届ける支援です。代替大会ですら今後また感染拡大となれば中止も考えられます。だからこそ高校野球を経験したOBが伝えられること、そして高校野球を応援するファンとしてのメッセージをぜひ投稿していただきたいと思います。「私たちは君たちの頑張りを見てるよ!」という思いや言葉がたくさん集まれば、将来『あの時があったからこそ今がある』という自信や励みになると心から信じています。

個人、企業様のご支援と球児への温かい応援メッセージをよろしくお願いいたします。

『代替大会について』

宮城県高野連では、令和2年6月11日に行われた「令和2年度宮城県高等学校野球連盟第2回理事会」とその後の運営委員会にて、第102回全国高等学校野球選手権宮城大会の中止を受け、宮城県独自の代替大会開催を可決しました。名称は「令和2年東北地区高等学校野球宮城大会」となり、宮城県内6球場を使用。関係者以外無観客で開催します。日程は、7月11日(土)から8月1日(土)=決勝・楽天パークで開催予定。組み合わせ抽選会は、6月26日(金)に代理抽選で行います。

『想定されるリスクとチャレンジ』

新型コロナウイルスの感染拡大による代替大会の中止も考えられます。その場合は最後の夏になる3年生に野球部員として活動してきた姿をまとめたDVD等や記念品を贈呈。また宮城県高野連に球児支援の資金として提供するほか、秋季大会の感染対策等に使用します(中止の場合の使いみち内訳は下記に記載)。支援金額に関わらずプロジェクトは実行致します。

一人じゃできないから 力あわせ 作ってゆこう

<ご支援金の使いみち>

ご支援いただいた資金は、以下の費用とします。

[目標金額:500万円]

・スポーツマスク費用(67校×25名分) 200万円
・感染防止用備品および医療従事者待機費用 75万円
・東北大会運営費用の一部支援 70万円
・手数料およびリターン費用 155万円


*万が一感染拡大により代替大会中止の場合の使いみち

 [目標金額:500万円]

・スポーツマスク費用(67校×25名分) 200万円
(発注済みのため、未使用の場合は秋季大会で活用)
・各校3年生に対し「野球部活動の証」をまとめたDVD制作費用又は記念品費用 100万円
・秋季大会の感染防止対策一部費用
・手数料およびリターン費用 155万円

「目標金額が未達の場合でも、支援額に応じてできる範囲で実行します」

<ご支援いただいた特典について>


・お礼メール
感謝を込めたお礼メールをお送りいたします。

・オリジナル記念缶バッジ(君たちを見てるよ!)

オリジナル記念缶バッジ(君たちを見てるよ!)をプレゼントいたします。
バッジをつけて球児を応援しよう!

・代替大会の特別パンフレット
貴重な非売品パンフレットをプレゼントいたします。

各校キャプテンからのお礼メッセージファイル
大会出場校の全キャプテンからのお礼メッセージファイルをお送りいたします。

今回の代替大会で使用したボール(大会中止の場合未使用ボールに大会名刻印のもの)
超レア:代替大会で使用したボール(代替大会で使用したボール)をプレゼントいたします。(但しファールボール等で紛失が多かった場合は刻印未使用球(先着順)、大会が中止になった場合も未使用ボールに大会名刻印のものになります)

*代替大会で使用するボールはミズノ株式会社よりご協賛いただきます。

FB専用ページでお名前・企業名記載(希望しない場合「不要」と記入)
FB専用ページでお名前・企業名記載させていただきます。

<20,000円 球児にエール!20,000円〜自由に選ぶことができます。>リターンについて
さらに支援して頂ける方は、こちらのリターンを宜しくお願い致します。20,000円〜金額を選べますので20,001円以上の応援を頂ける方は「さらに支援する」にて金額をお選びください。

愛する高校球児ドットコムみやぎ実行委員

発起人    庄子  康一 

実行委員   小根山  英樹(子供の頃から大の高校野球ファン)

実行委員   関  英勝(仙台二高野球部出身)

実行委員   柳田  直樹(東北学院榴ヶ岡野球部出身)

実行委員   大山  豊和(仙台育英野球部出身)

協力者

コピーライター   鎌田  高広(泉高校野球部出身)鎌田高広事務所代表

デザイン      三浦  良(仙台育英野球部出身)株式会社イート http://eat-inc.jp

動画編集      漆田  義孝 NPO法人メディアージ 常務理事

見てるよリレー動画 高校野球部OBの皆様 高校野球応援者の皆様 

CFサポート       島  征史 株式会社 MAKOTO WILL

ご支援と情報拡散をよろしくお願いいたします!

リターンを選ぶ

  • 1000

    お礼メールコース

    • お礼メール
    • 2020年09月 にお届け予定です。
    • 31人が応援しています。
  • 3000

    缶バッジコース

    • オリジナル缶バッジ(君たちを見てるよ!)
    • お礼メール
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 5000

    パンフレットコース

    • 代替大会パンフレット
    • オリジナル缶バッジ(君たちを見てるよ!)
    • お礼メール
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 122人が応援しています。
  • 10000

    球児からのお礼文コース

    • ・各校キャプテンからのお礼メッセージファイル
    • 代替大会パンフレット
    • オリジナル缶バッジ(君たちを見てるよ!)
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 42人が応援しています。
  • 残り12枚

    20000

    大会使用球コース

    • 今回の代替大会で使用したボール(大会中止の場合未使用ボールに大会名刻印のもの)
    • ・各校キャプテンからのお礼メッセージファイル
    • 代替大会パンフレット
    • オリジナル缶バッジ(君たちを見てるよ!)
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 20000

    球児にエール!20,000円〜自由に選ぶことができます。

    • 代替大会パンフレット
    • FB専用ページでお名前・企業名記載(希望しない場合「不要」と記入)
    • お礼メール
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。