facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

コアラと植林を支援をクラウドファンディングで実現!

【女子大生の挑戦】
オーストラリア森林火災で被害をうけたコアラを一緒に助けませんか?

オーストラリア森林火災で被害を受けたコアラと植林を支援するプロジェクトです!1人でも多くのご協力宜しくお願い致します!なお、目標金額に達成出来なくても頂いた資金はコアラ支援へと役立たせて頂きます。

コレクター
19
現在までに集まった金額
85,000
残り日数
8
目標金額 200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
相模女子大学/上條ゼミナール8期生 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

相模女子大学、上條ゼミナール8期生です!私たちは先生と8期生の8人でゼミナールを通して、社会的判断力やコミュニケーション能力のあるグローバルな女性を目指して日々活動しています!

  • 神奈川県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

オーストラリア森林火災で被害を受けたコアラと植林を支援するプロジェクトです!1人でも多くのご協力宜しくお願い致します!なお、目標金額に達成出来なくても頂いた資金はコアラ支援へと役立たせて頂きます。

こんにちは!私たちは相模女子大学の上條ゼミナールです。

Hello, we are Kamijo seminar students of Sagami Women’s University.

●この活動を通して実現したいこと Our Goal 

2019年9月に発生した、オーストラリアの森林火災で被害を受けたコアラを1匹でも多く助けることを目標としています。動物たちの住む森林を戻し、今回のような森林火災を忘れず、教訓として今後にも生かし、多くの方々にコアラを含む動物や自然を大切にしてほしいです。多くの方に募金へのご協力を、宜しくお願いいたします。

We want to help as many koalas as possible damaged by the Australia forest fire and we don’t want you to forget this incident.

●クラウドファンディングを利用する理由  Reason to use Crowdfunding

学生にとって一番シンプルな街頭での募金活動、学園祭での支援金づくりはコロナ禍で実現出来ませんでした。また、ネットを介しての募金活動は私たち学生にとっては身近な存在ではありません。しかし、自分たちが調査して企画した支援活動はクラウドファンディングであるからこそ、世界の人に賛同してもらえる場になると考えて行動に移しました。コロナ禍だからこそ、このようなステップを踏むこととなり、語学研修や留学先でできた知り合いや友人などにも活動を宣伝できる方法として魅力を感じます。

私たちの行うコアラ里親活動とはコアラだけではなく、オーストラリアの森林火災による自然と動物への被害を修復することです。そして、災害の恐怖と自然のありがたみを改めるメッセージを世界に向けるため、日英バイリンガル発信をしています。

The simplest street fund-raising campaign for students and the creation of support funds at the school festival were not realized due to the Corona disaster.Also, fund-raising activities through the Internet are not familiar to us students.However, we decided to take action because we thought that the support activities we researched and planned were crowdfunding and would be a place for people all over the world to agree with us.Because of the corona disaster, we take these steps, and I find it attractive as a way to promote my activities to language training and acquaintances and friends who we have made at my study abroad.

Our activities to foster koalas are not just koalas, but also to repair the damage to nature and animals caused by Australian forest fires.In order to send a message to the world to correct the fear of disasters and the value of nature, we are sending a bilingual message to Japan and Britain.

●内訳 Breakdown

コアラを1頭支援するには年間約20,000円かかり、8頭の支援については計160,000円が必要となります。頭数のこだわりについては、現在活動している学生数から決定しました。残りの約40,000円(または追加分)に関しては、被害を受けた、その他動物たちの生活環境、そして自然を取り戻すための支援にあてたいと考えています。

One koala can be supported for about 20,000 yen per year, thus a total of 160,000 yen is required to support eight koalas. We decided on the number based on the number of students currently active on this project. For the remaining approximately 40,000 yen (or additional amount), we hope to support other Australian forest fire victim animals and to restore their living environment.

●想定されるリスクとチャレンジ  Possible risks and challenges

私たちは8匹のコアラの里親になることを目標としていますが、目標金額に達成できなかった場合でも、頂いた資金は被害に遭ったコアラ支援へと役立たせていただき、支援するコアラの頭数を減らすなどしてプロジェクトを実行します。

We aim to become foster parents for eight koalas. Whether or not we reach the target sum or not, the funds we receive will be used to help koalas affected by the Australian forest fire.

●被害に遭ったコアラの現状 Current status of Australian forest fire and koalas

オーストラリアの現在は火災が収束してきているものの、未だに完全な復活を成していません。火災の影響で多くの木が焼け落ち、木に登ることが出来ないコアラが数多くいます。また、体調や身体が万全な状態になったとしても、栄養不足に陥ったコアラが病院に運ばれてくるという現状に至っています。

A large-scale forest fire broke out in Australia from September 2019 to this year. The site of the forest fire is also known as the habitat of koalas. When fire broke out, many koalas couldn't escape, and about 90 percent were killed.

↓現在のオーストラリア森林火災の現状やコアラの現状は以下のリンクに記載しております。

A large-scale forest fire broke out in Australia from September 2019 to this year. The site of the forest fire is also known as the habitat of koalas. When fire broke out, many koalas couldn't escape, and about 90 percent were killed.

↓For more information on the current status of Australia's forest fires and koalas, please visit the following links.

火災状況がわかる映像: fire situation

https://www.bbc.com/news/av/world-australia-50482858

コアラ回復:koalas recovery

https://amp.cnn.com/cnn/2020/03/05/australia/koala-status-new-south-wales-trnd/index.html
https://www.risvel.com/news/5284

オーストラリアの森林火災の現状 : Japanese news

https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20200211-00162510/

収束後のコアラの現状 : Japanese news

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92792.php

●私たちについて  About us

私たち相模女子大学の上條ゼミナールは英文科の学生で、グローバルな活動を目指しています。今まで手作りマスクを介護施設に送ったり、要らなくなったタオルを大学で集めて動物愛護センターに寄付する、フィリピンへ支援物資を送る、などの学外活動を行いながら英語を実践的に使う環境がありました。学生生活において、なるべく人の役立つ活動を目指しつつ、アロマセラピーや耳つぼの資格取得の為の学習も行いました。さまざまな活動を通して、私たちは経験と成長ができていると実感しており、貴重な学生としての時間を最大限に活かせています。

We are students of the English Language department but have been engaged in many extracurricular activities such as sending handmade masks to nursing care facilities, collecting towels that are no longer needed at the university for an animal welfare center donation, and sending relief supplies to the Philippines.While aiming for activities that are as useful as possible in our student lifes, we also studied to acquire qualifications for aromatherapy and ear acupuncture. Our experience and maturity has grown with great benefits of our time as university students.

要らなくなったタオル回収の様子 towel volunteer

介護施設へ送った手作りマスク mask volunteer

私たちがゼミナールに所属した年、オーストラリアでコアラが被害を受けているニュースが舞い込んできて、支援活動をしたいと願っていました。現地に行けないけど、コアラ支援したいという気持ちが強くありました。昨年度は、英文科として今まで学んできた英語能力を活かし、フィリピンのブヨン小学校(BUYONG ELEMENTARY SCHOOL)へ全長約1.5mの手作り千羽鶴や手作りカルタ、文房具の支援物資を送っています。文房具は多くの方から不要のものを寄付していただき、支援者と支援先の方々に大変喜んでいただけて、感無量でした。

The year we joined the seminar, we received news about koalas being harmed in Australia, and we wished to do something to help. Even though we couldn't go there, we had a strong desire to support koalas. Last year, we made use of the English skills we have learned as an English Literature major to send 1.5 meter long handmade paper cranes, handmade karuta, and stationery to Buyong Elementary School in the Philippines. The stationery was donated by many people who didn't need it, and it was a great pleasure for the donors and recipients to receive it.

フィリピンの小学校へ送った千羽鶴と文房具 Philippine volunteer

このボランティア活動に参加し海外支援という貴重な経験を積んだからこそ、より海外の活動の幅を広めていきたいと思いました。この度の支援活動では、コアラ被害の現状を知ってもらい、多くの方にご協力していただきたいです。そしてついに卒業年度の締めくくりとして、この支援が多くの人の手を通って行われ、協力者を含めた「みんなの支援活動」になることを願っています。

Now that we have gained valuable experience in overseas support by participating in this volunteer activity, we would like to expand the scope of my overseas activities. Through this support activity, we would like to let people know about the current situation of koala damage, and we hope that many people will cooperate with us. And finally, as the graduation year draws to a close, we hope that this support will go through the hands of many people and become a "support activity for everyone" including the collaborators.

●支援する団体について About the organization

今回私たちが支援する団体はオーストラリア、ニューサウスウェールズ州のポートマッコーリーにあるコアラ病院です。1973年にコアラ専門の病院として設立された非営利団体です。ポートマッコーリー・コアラ病院は主に以下の7つを柱に活動しています。

・野生のコアラを救助し、病院で保護する

・運ばれてきたコアラ達を野生に戻すために治療を行う

・コアラの状態に合わせて治療を4つに分けて管理する

・コアラだけでなく他の野生動物でも使える水飲み場を設置する

・宅地化による森の伐採、今回の山火事で焼失してしまった環境を整える為にユーカリの植樹する

・リストの中から自分がサポートしたいと思うコアラを選び、里親になれるプログラムがあります。

・研究センターでもあるコアラ病院は政府や大学、博物館など、各国の動物園や研究者と強い繋がりを持ち積極的に情報交換を行っています。

↓ポートマッコーリー・コアラ病院のURLは下記なります。

https://shop.koalahospital.org.au/collections/koala-adoptions

The organization we are going to support is the Koala Hospital in Port Macquarie, New South Wales, Australia. It is a non-profit organization established in 1973 as a hospital specializing in koalas. Port Macquarie Koala Hospital is mainly active in the following seven pillars.

・ Rescue wild koalas and protect them in hospitals.

・ We will treat the koalas that have been brought back to the wild.

・ The treatment is divided into 4 parts according to the condition of the koala.

・ We have set up a drinking fountain that can be used not only by koalas but also by other wild animals.

・ Eucalyptus trees are being planted in order to clear the forest due to the conversion to residential land and to prepare the environment that was burned down by this forest fire.

・ There is a program where you can choose the koala you want to support from the list and become a foster parent.

・ Koala Hospital, which is also a research center, has strong ties with zoos and researchers in various countries such as governments, universities, and museums, and actively exchanges information.

↓The URL of Port Macquarie Koala Hospital is below

https://shop.koalahospital.org.au/collections/koala-adoptions

●今後について About the future

支援して頂いた資金で、私たちゼミナール生8人でコアラ病院を通して8匹のコアラの里親となり、1匹ずつ名前を付け、オーストラリアの森林火災で被害に遭ったコアラが負った傷や怪我を治すため、植林を取り戻すために支援していく予定です。

また、今後の活動報告につきましては、随時ゼミナールのSNSやアップデート記事、はがきをお送りして、皆様にご報告していきます。

With the funds we received, we will become foster parents of eight koalas, and we will provide support to koalas and animals that were affected by forest fires in Australia 2019, together with afforestation.

Our activity reports will be sent by SNS and will be informed to all supporters by postcards too.

Instagram

https://instagram.com/kamijoseminar_8?igshid=13h3p...

●想定スケジュール  Schedule

想定スケジュールは以下の通りです。

7月〜9月→支援資金を集める

11月頃〜→支援寄付

12月頃〜→支援寄付後順次リターンを配送いたします。

随時、このプロジェクトのフォームにあるアップデート記事にて現状報告をしていく予定です。

The assumed schedule is as follows.

July-September→Collect support funds

Nomember→Support for Koala Hospital

December→return mail

In addition, we plan to report on the current situation in an updated article from time to time.

●リターンについて About returns

こちらの支援にご協力頂いた方全員に、お礼として僅かながらですが、今回の支援の目的でもあるコアラが描かれている、上條ゼミナールの特製ステッカーを送らせて頂きます。また、随時アップデート記事にてこれまでの活動や今後の活動についても更新していく予定です。

(お届け予定日は、コロナウイルス感染症の影響で遅延する場合がございますのでご了承下さい)

As a token of our gratitude,we will send you a special Kamijo seminar sticker with handwritten pictures of koalas. In addition, we plan to update past activities and future activities in the update article from time to time.

(Please note that it may be delayed due to COVID -19)

リターン用上條ゼミナールオリジナルステッカー original sticker

●この活動の責任者 Activity manager

相模女子大学 上條ゼミナール8期生: 野坂萌衣(のさかもえ)2018年に相模女子大学学芸学部英語文化コミュニケーション学科に入学。2020年に上條ゼミナールに所属する。

Sagami Women's University Kamijo Seminar 8th generation member : Moe Nosaka.Entered the Department of English Culture and Communication, Faculty of Arts and Sciences, Sagami Women's University in 2018. Belongs to Kamijo Seminar since 2020.

リターンを選ぶ

  • 2000

    活動報告コース

    • 活動報告のはがき
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 5000

    活動報告&ステッカーコース ①

    • 活動報告のはがき
    • オリジナルステッカー 1枚(どちらか1枚)
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 8000

    活動報告&ステッカーコース ②

    • 活動報告のはがき
    • オリジナルステッカー 2枚(各1枚ずつ)
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    活動報告&ステッカーコース ③

    • 活動報告のはがき
    • オリジナルステッカー 4枚(各2枚ずつ)
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。