facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

インディペンデント映画オンデマンド配信アプリ『門真国際映画祭オンデマンド』開発をクラウドファンディングで実現!

インディペンデント映画オンデマンド配信アプリ『門真国際映画祭オンデマンド』
開発支援プロジェクト

門真国際映画祭では、オンライン観劇サービス『観劇三昧』と協業し、映像ライブラリー・映像作家支援システムとしての機能を持つインディペンデント映画オンデマンド配信アプリ『門真国際映画祭オンデマンド』の開発と運営を目指します!

コレクター
4
現在までに集まった金額
17,000
残り日数
108
目標金額 2,200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年3月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 2,200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年3月27日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
門真国際映画祭運営事務局 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

門真国際映画祭は、国内と海外の作品を公募し、最優秀作品賞や大阪府知事賞、門真市長賞、そして最優秀主演男優賞や最優秀主演女優賞など、個人賞のある映画祭で、映画祭最終日に行われる授賞式に特徴がある。海外のフィルムフェスティバルと提携しており、門真国際映画祭の入選作は各国のプロデューサーの元に送られ、現地のプロデューサー達に選ばれると、ワシントンD.C.、ヒューストン、ボストン、サンフランシスコといった都市で開催される映画祭で招待作品として上映される。未来の映画監督を育てるための祭典で、ダンス映像部門や舞台映像部門もあり、映像作品全体のファン開拓と、地域の活性化を目的として運営されている。

このプロジェクトについて

門真国際映画祭では、オンライン観劇サービス『観劇三昧』と協業し、映像ライブラリー・映像作家支援システムとしての機能を持つインディペンデント映画オンデマンド配信アプリ『門真国際映画祭オンデマンド』の開発と運営を目指します!

【『門真国際映画祭』について 】

門真国際映画祭は、大阪府門真市で2018年から毎年7月に開催されてる国際映画祭です。
国内と海外の作品を公募し、最優秀作品賞や大阪府知事賞、門真市長賞、そして最優秀主演男優賞や最優秀主演女優賞など、個人賞のある映画祭で、海外のフィルムフェスティバルと提携しており、入選作は各国のプロデューサーの元に送られ、現地のプロデューサー達に選ばれると、ワシントンD.C.、ヒューストン、ボストン、サンフランシスコといった都市で開催される映画祭で招待作品として上映されます。

未来の映画監督を育てるための祭典で、ダンス映像部門や舞台映像部門もあり、映像作品全体のファン開拓と、地域の活性化を目的として、日本で唯一有志のボランティアだけで成立している国際映画祭として運営されています。

また本映画祭運営代表である奈須崇は、本映画祭の運営を評価され、内閣府が後援する地域活性化事業、ふるさと名品オブ・ザ・イヤーの2018年度「政策奨励賞」を受賞しています。

公式HPhttps://www.kadoma-filmfes.com/

【『観劇三昧』について】

株式会社ネクステージからリリースされている舞台映像オンデマンド配信アプリ『観劇三昧』は2013年8月にスタートしたオンライン観劇サービスで す。
会員は月額950円(税別)の利用料で、スマートフォン、タブレットの アプリやパソコンサイトからオンラインで視聴することができます。

また劇団側には、配信する際の費用負担は発生せず 、会員からのサービス利用料を有料作品の再生回数に応じて分配する仕組みを構築しており、 劇団の公演がない期間にも劇団に収益が発生します。
新たな劇団を知り劇場へ足を運ぶきっかけづくりや、子育てや介護、身体的な事情により劇場に足を運べない方が演劇を気軽に楽しむことのサポートなど、観客側へのサービスと共に、劇団支援の活動 の一環ともなっています。

公式HPhttp://kan-geki.com/

『門真国際映画祭オンデマンド』とは】

「門真国際映画祭オンデマンド」は舞台映像オンデマンド配信アプリ『観劇三昧』で培ったノウハウをベースに、そのシステムを流用した月額固定制の会員制インディペンデント映画オンデマンド配信システムです。

  1. PC・iOS・Androidの端末でいつでもどこでもインディペンデント映画が観れる
  2. 月額固定会員制(税別¥950-)で観放題
  3. 会員登録~ライセンス購入~視聴 の3ステップで簡単に視聴可能
  4. 配信作品は門真国際映画祭の作品応募(2019年度は国内350本海外650本)と同時に募集。開催毎に作品が増えます。
  5. 配信時期は作品提供者の皆様のご事情に合わせ、特定期間だけ配信を停止したい・再開したいなどのご要望には個別に対応いたします。
  6. 『門真国際映画祭オンデマンド』での配信は排他的な物では有りません。他の上映・映画祭への出品・放送・配信などを制限するような制約は一切設けません。

『門真国際映画祭オンデマンド』で実現したいこと】

常設のオンデマンド映像配信アプリとして映画祭開催期間以外の映画祭参加作品の観客層へのアピール、映像アーカイブ・ライブラリーとしての文化事業としての継続的なサービスの確立を目標としています。

加えて何よりも『観劇三昧』と同じ月額固定会員制の料金システムとその収益の分配システムを導入することにより、従来の上映会・映画祭では難しかった「インディペンデント映画のマネタイズによる映像作家への経済的利益の提供」の門戸を大きく開きます。
この収益分配システムによるインディペンデント映画界に対するモチベーションと希望の喚起、ひいては新しいインディペンデント映画市場の創出こそが「門真国際映画祭オンデマンド」の最大の目標です。

また門真国際映画祭は現在のところ日本で唯一有志のボランティアだけで成立している国際映画祭であり助成金などの公的資金の投入は一切無しで運営されていますが、年々の規模の拡大によりこのままの状態での運営は限界を迎えています。

公的資金の導入の確保も一つの手段ではありますが「門真国際映画祭オンデマンド」の収益配分システムでその運営費をまかなうことで自由な立場を維持(参考URL https://mainichi.jp/articles/20190722/k00/00m/040/163000c)したままのより安定した規模の大きな運営を行うことももう一つの大きな目標です。

【開発状況と今後の予定について】

2019年9月中旬に門真国際映画祭運営事務局・株式会社ネクステージ双方の了解のもと企画スタート。

仕様・業務分担に関する調整がひとまず済み、資金が調達出来次第実際の開発に入る事になっています。

開発自体には最低でも3~4ヶ月ほどの時間がかかる予定です。

次回の門真国際映画祭が2020年7月開催予定で、この直後から「門真国際映画祭オンデマンド」を実際に稼働出来る状態にすることを目指しています。

直接開発費は180万円(税別)を予定しており、消費税とクラウドファンディング手数料を加算した220万円をクラウドファンディングで支援を募ります。

クラウドファンディングを実施する理由について 】

オンデマンド映像配信アプリは開発レベルの高い専門的なソフトである以上、その開発には一定の初期費用が必要となります。
門真国際映画祭は有志によるボランティアで運営されているため、この初期費用の準備が最大の難点でした。
しかしながら門真国際映画祭は有志のボランティアによって運営されるが故に、営利目的・商業ベースの映画祭とは一線を画した地元密着型の国際映画祭として高い自律性と自由度を維持しており、それが映画祭の最大の魅力の一つともなっています。

我々は「門真国際映画祭オンデマンド」の発足にあたってもこの方針を貫いて、単純な営利的な事業としてのスポンサードの獲得ではなく、門真を中心とした大阪地域の皆さまや、インディペンデント映画を愛し応援してくださる皆さまのご支援での開発が実現できれば、門真国際映画祭を高い自律性と自由度を保ったまま更に魅力的で更に規模の大きな映画祭へと成長させることが出来るのではないかと考えました。

地域やジャンルを愛する皆さまのお力添があってこその門真国際映画祭。

…この信念が「門真国際映画祭オンデマンド」開発と立ち上げにあたってクラウドファンディングに挑戦する理由です。

【ご支援いただいた方のリターンについて 】

  1. 「門真国際映画祭オンデマンド」が特定月間視聴できるライセンスカード
    「門真国際映画祭オンデマンド」ライセンスコードの記入されたカード。支援金額により視聴期間が変わる。郵送。
  2. 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    門真国際映画祭受賞者が受け取る表彰状と同じデザインの認定状(印刷)郵送。

  3. 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    WEB上の限定公開URLによる門真国際映画祭キャンペーンモデル出演のお礼のビデオレター。URL告知による配布。

  4. 第3回門真国際映画祭ご招待券
    2020年7月2日~5日にかけてに行われる予定の第3回門真国際映画祭の4日間通し券をご招待券として進呈します。郵送。

  5. 第3回門真国際映画祭ご招待券(VIPスリッパ付き)
    2020年7月2日~5日にかけてに行われる予定の第3回門真国際映画祭の4日間通し券をご招待券として、加えて会場(土足厳禁)でお使いいただける「VIP」の刻印の入ったスリッパを進呈します。郵送。

  6. 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    グーグルフォトなど既存のサービスを利用したWEB上の限定公開URLによる2020年度門真国際映画祭の模様を撮影した記録写真のスチル集。URL告知による配布。
  7. 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    2020年度門真国際映画祭の授賞式の模様を全編収録した記録DVD。郵送。

  8. 門真フィルムコミッション製作オリジナル映画エキストラ出演権
    現在のところ毎年制作・公開されている門真フィルムコミッション制作の映画へのエキストラキャストとしての出演権。

  9. 門真国際映画祭オンデマンド」アプリのトップページバナー広告を1年間表示
    「門真国際映画祭オンデマンド」アプリのTOPページに企業・団体のバナー広告を表示。期間は2020年第3回門真国際映画祭参加作品配信開始から第4回門真国際映画祭配信開始までの1年間。企業向けプラン専用ですが個人で支援することも可能です。
  10. 「門真国際映画祭オンデマンド」配信動画の冒頭に動画インサート広告を1年間表示
    「門真国際映画祭オンデマンド」アプリの配信作品冒頭に挿入型の動画で企業・団体の広告を表示。期間は2020年第3回門真国際映画祭参加作品配信開始から第4回門真国際映画祭配信開始までの1年間。企業向けプラン専用ですが個人で支援することも可能です。

【想定されるリスクとチャレンジ】

門真国際映画祭事務局の母体である門真フィルムコミッションとも連携しつつ自己資金の調達も計画中ですが、現在のところ資金面で最も大きな比重が掛かっているのはこのクラウドファンディングプロジェクトになります。
門真国際映画祭事務局では「門真国際映画祭オンデマンド」の開発を中心事業の一つとして位置づけているため、万が一目標金額を達成しない場合でもその開発を諦める事はありませんが、このプロジェクトの達成度が極端に低く、かつ自己資金調達も不調に終わった場合は来年7月の稼働・運営開始を再来年度の開催後までに延期し、別途の資金調達を実施せざるを得なくなる可能性は存在します。
稼働時期延期の場合はライセンスカード・各種広告表示以外のリターン特典は予定通りに発送し、ライセンスカード・各種広告表示につきましては稼働開始と同時に発送・表示開始とさせて頂きます。

【締めくくりに】

最後までお読み頂きありがとうございました。
デジタルやITの進化に伴って近年急速に文化・ビジネスの両面で新たな可能性を示しつつあるインディペンデント映画界。
「門真国際映画祭オンデマンド」がその更なる飛躍と発展の一助になれればこんなに嬉しいことはありません。
このプロジェクトの成否が「門真国際映画祭オンデマンド」を大きく左右します。
「門真国際映画祭オンデマンド」が映画を愛する皆様とともに新しい映画文化を育んでいけますよう、皆様のご支援・応援を心よりお待ち致しております。
何卒よろしくお願い申し上げます!

リターンを選ぶ

  • 1000

    「門真国際映画祭オンデマンド」ライセンスカード1ヶ月分

    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が1ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    「門真国際映画祭オンデマンド」ライセンスカード3ヶ月分

    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が3ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 5000

    「門真国際映画祭オンデマンド」ライセンスカード6ヶ月分

    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が6ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    「門真国際映画祭オンデマンド」ライセンスカード12ヶ月分

    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 第3回門真国際映画祭ご招待券
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 30000

    門真国際映画祭受賞式DVD

    • 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 第3回門真国際映画祭2020ご招待券(VIPスリッパ付き)
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    門真映画エキストラ出演権

    • 門真フィルムコミッション製作オリジナル映画エキストラ出演権
    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    • 第3回門真国際映画祭2020ご招待券(VIPスリッパ付き)
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    企業様・団体様向けバナー広告プラン

    • 「門真映画祭オンデマンド」アプリのトップページバナー広告を1年間表示
    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    • 第3回門真国際映画祭2020ご招待券(VIPスリッパ付き)
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 200000

    企業様・団体様向けインサート広告プラン

    • 「門真映画祭オンデマンド」配信動画の冒頭に動画でインサート広告を1年間表示
    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    • 第3回門真国際映画祭2020ご招待券(VIPスリッパ付き)
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 300000

    企業様・団体様向けバナー&インサート広告プラン

    • 「門真映画祭オンデマンド」配信動画の冒頭に動画でインサート広告を1年間表示
    • 「門真映画祭オンデマンド」アプリのトップページバナー広告を1年間表示
    • 表彰状型クラウドファンディングご支援者認定状
    • 「門真国際映画祭オンデマンド」が12ヶ月間視聴できるライセンスカード
    • 門真国際映画祭キャンペーンモデルからのお礼ビデオレター
    • 映画祭公式カメラマンによる映画祭WEBスチル集
    • 門真国際映画祭授賞式の模様を完全収録したDVD(非売品)
    • 第3回門真国際映画祭2020ご招待券(VIPスリッパ付き)
    • 2020年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。