映画『犬に名前をつける日』をクラウドファンディングで実現!

犬たちの命を考える映画「犬に名前をつける日」、日本へ、世界へ。

  • Yamada Akane
  • 映画
  • 東京都
9f40d045 7735 4e42 82ed cbd9d20fa323 ▶ 再生
  • コレクター
    309人
  • 合計金額
    1,553,132円
  • 残り
    0日

目標金額は1,500,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2015年12月25日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

犬の命をテーマに、4年間、200時間撮影してできた、映画「犬に名前をつける日」。
全国の上映館に監督山田あかねが行き、観客と犬の命について語り合いたい。
ドイツ、イギリスという犬フレンドリーな国の映画祭に参加したい。

愛犬・ミニを亡くしたことがきっかけ


ありし日のミニ(ゴールデンレトリーバー)

映画「犬に名前をつける日」の監督、山田あかね(=わたし)は、2010年10月、最愛の犬、ミニを病気で亡くしました。

テレビのディレクターとして働いていましたが、悲しみのあまり、なにもできなくなり、犬のために何かしようと思い立ちました。
ミニはもう死んでしまったけれど、これから助けられる命がある。
犬の映画をつくり、たくさんの人に見てもらい、一匹でも多くの犬が救われるように、
2011年より、ひとりで撮影を始めました。

殺処分や震災の現場に行ってみた。


愛護センターから犬を救い出す「ちばわん」の吉田さん


福島の原発20キロ圏内に残された犬たち。


千頭近い猫を保護している「犬猫みなしご救援隊」の中谷さん。

日本では、年間およそ12万頭(2013年度・環境省)の犬と猫が処分されています。
福島の原発20キロ圏内に残された犬猫たちも数多くが命を落としました。
しかし、現状を嘆くだけでなく、動物愛護センターから犬や猫を引き出し、新しい飼い主を探す人達や、
原発20キロ圏内の入り、犬、猫をはじめ、多くの動物を救ったひとたちがいることを、取材を通じて知りました。

そういうひとたち(「ちばわん」「犬猫みなしご救援隊」)と出会ったことで、自分にも何か出来ることがある、と思うようになりました。
それは映画にして、広く伝えること。
4年かけて取材し、200時間を越えるドキュメンタリー映像を撮影しました。


広島の「犬猫みなしご救援隊」猫舎にて。

はじめは、過酷な現実を前に、絶望しましたが、一匹でも多くの犬を救おうとする人達の懸命な姿に、希望を感じ、次第に励まされるようになりました。
犬をひどい目に合わせるのも人間なら、救うのもまた、人間であること。
人間も捨てたもんじゃない…と思うようになりました。
多くの人に見てもらうために、ドラマ部分を加え、ドラマとドキュメンタリーが融合した、新しいかたちの映画を作りました。

映画「犬に名前をつける日」(2015年10月31日よりシネスイッチ銀座他公開)
出演 小林聡美 上川隆也 「ちばわん」扇田桂代 吉田美枝子
  「犬猫みなしご救援隊」中谷百里 田原好巳 青山美郷 今村沙緒里 渋谷昶子 ほか
監督・脚本・プロデューサー 山田あかね
構成 松谷光絵 
撮影 谷茂岡稔
編集 大泉渉
ラインプロデューサー 竹内暢生
音楽 つじあやの
主題歌=「泣けてくる」ウルフルズ
製作=スモールホープベイプロダクション
配給・宣伝=スールキートス

2015年/107分/カラー/16:9/5.1CH/ⓒスモールホープベイプロダクション

犬の命をテーマにしていますが、単なる保護活動だけでなく、諦めずに奮闘する人達を描いた、

人間ドラマにもなったと思っています。

まったく新しいドキュメンタリードラマ、というスタイル

4年間撮影したドキュメンタリー映像をそのまま、見せるのではなく、
取材していた私(=監督)の視線をいれるため、取材者側をドラマとして描きました。

実際、起こったことの強さとそれを見て感じたことの両方を入れるため、このスタイルをとりました。

取材者の役を女優の小林聡美さんにお願いしました。
「演じる」といっても、ドキュメンタリーを撮った実際の場所に行き、自らも取材者になって、動いていただきました。

はじめての試みで、どうなるか予想できませんでした。しかし、元々、犬や猫を愛する小林さんは、愛情を持った目で犬たちを見つめながら、一方で、取材者として演じる、というとても難しい役柄をやりきってくれました。

撮影した映像を見て、想像以上のものが撮れたと思いました。
そこには犬と猫の命の現場で、傷つきながらも、何かを映し取ろうとする、取材者の姿があったからです。

ドラマ部分が加わったことで、犬や猫のテーマに特別の関心を持たないひとたちにも、
すんなり見ていただけるようになったと思います。

試写では、「ドラマが入っていて見やすかった」「ドラマとドキュメンタリーの融合というのがとても新鮮だった」というご意見を多数いただきました。

もちろん、号泣される方も多かったですが、悲嘆ではなく、希望を感じたという感想を受け取りました。みなさん、晴れやかな表情で会場を後にされました。

映画のホームページ:www.inu-namae-com

私のこと

山田あかね:映画監督、小説家、脚本家、テレビディレクター

東京生まれ。早稲田大学でロシア文学を学ぶかたわら、自主製作映画グループ「ひぐらし」にて、自主映画を撮る。この時の仲間には、佐藤東弥監督、吉田大八監督がいる。
卒業後、テレビ制作会社(株)イーストに入社。20代のほとんどをテレビ番組のディレクターとして過ごす。
30歳でフリーランスになったあと、テレビのディレクターを続けながら、95年「終わりのいろいろなかたち」で文學界新人賞受賞して、小説家デビュー。著書には、「ベイビーシャワー」「すべては海になる」「しまうたGTS」(以上小学館)「まじめなわたしの不まじめな愛情」(徳間書店)などがある。
「時効警察」(テレビ朝日)「すいか」(日本テレビ)など、個性的なドラマの脚本を数本担当している。
2010年自分の小説を映画化した「すべては海になる」で監督デビュー。主演は佐藤江梨子、柳楽優弥。
ドキュメンタリー番組も数多く演出。日本一有名なニートphaさんを追いかけた「お金がなくても楽しく暮らす方法」(「ザ・ノンフィクション」フジテレビ2014)、今回の映画のきっかけにもなった、「むっちゃんの幸せ 福島の被災犬がたどった数奇な運命」(NHK総合2014)、「生きがい 千匹の猫を寝る女」(「ザ・ノンフィクション」フジテレビ2015)なども作りました。
たくさんのドキュメンタリーを作って来た経験と、小説、ドラマなどフィクションで培った力を合わせた、自分にとってライフワークの映画になりました。

映画「犬に名前をつける日」を見てもらい、
犬の命について一緒に考えたい

2015年10月31日から銀座シネスイッチはじめ、全国で順次公開されます。

監督の私が、全国の劇場に伺い、映画を見たひとと、犬について話をする機会を持ちたいと思います。また、ひとりで映画制作を始めましたが、たくさんの人に助けられ、大きな劇場で公開できるようになったことについても、お話しできたらと思います。

ごく普通の犬好きだった私は、犬のために懸命に働くボランティアの方たちと出会い、自分にもできることがあると気づきました。ほんのちょっと勇気を出して、動き出すことで、小さな命を救うことができることも知りました。

また、ドイツ、イギリスという、犬先進国での映画祭に参加し、映画を広めたいと思います。

映画祭に出すことで、注目を集め、さらにこの映画を多くの人に知ってもらえたらと思います。

目標金額:150万円

<内訳>
*監督・山田あかね 全国上映劇場巡り 10箇所 70万円
(交通費・宿泊費・イベント費など 合計 1箇所7万円) 7万円×10箇所=70万円

上映劇場を訪問し、舞台挨拶、上映後の犬の命をテーマにトークなどを行います。
地元の犬好き、映画好き、ドキュメンタリー好きの方達と交流します。

*海外映画祭用費用 80万円
英字幕作成 20万円 英字幕つきDCP制作 20万円 海外セールス・渡航費 30万円
海外用宣伝用素材(ポスター、チラシなど)作成費 10万円

殺処分ゼロの国・ドイツ、保護犬先進国・イギリスの映画祭での上映をめざします。
日本の犬事情を広く、世界で見てもらう。映画祭に出ることで注目を集めて、関心を呼びかけたい。

主な特典

・保護犬ハルをモチーフにした、シール!

・保護犬ハルのシール とTシャツ(男女兼用 Mサイズ)

・映画「犬に名前をつける日」プレスブック(非売品)監督サインいり

・映画に登場した犬と猫たちが集まった、デジタルブックレット(非売品)
*以下のような犬猫たちのブックレットです。
*デジタルブックレットは、PDFファイルのデータでお送りします。
 閲覧にはAdobeReader(無料)などのPDF閲覧ソフトが必要です。
*パソコン(Windows/Mac)での閲覧を推奨します。

・山田あかねサイン入り原作ノンフィクション

このほか、上映期間中に、
シネスイッチ銀座の大スクリーンに、
あなたの大事な犬(猫も可)の写真が、大写しされるチャンス。
・幕間に、「犬猫へのひとこと」とともに、彼らの写真が流れます。(約10秒間)

たとえば、こんな感じの写真が流れます。

他ではなかなかない、特別なリターンです。40名限定(締め切り11月6日)
あなたの犬、もしくは猫の写真(1920×1080くらいの画質・デジタルのみ)を1〜3枚、添付でお送りください。
犬、猫の名前、ひとこと(15文字以内)、申込者のお名前(ハンドルネーム可)を掲載します。
私が編集して、つじあやのさんの音楽とともに、すてきな映像を作ります。

*10月31日(土)公開の時には、サンプルとして、「犬好き、猫好き」で知られる方々(著名な方も含む)の「犬猫映像」が流れる予定です。

クラウドに応募して下さった方達の犬猫映像は、各1週間、毎日幕間に流れます。
先着20名様が第一弾で流れます。21名様以降は、第二弾になります。

第一弾 11月14日(土)〜11月20日(金)20名分
第二弾 11月21日(土)〜11月27日(金)20名分

なお、この映像は、DVDにも収録されます。

想定されるリスクとチャレンジ

映画はすでに完成しており、2015年10月31日(土)より、シネスイッチ銀座ほか、全国の主要都市で順次公開が決定しています。とはいえ、ドキュメンタリードラマという珍しいスタイルの映画なので、公開館数はそれほど多くないです。海外の映画祭も、未知数です。
けれども、たくさんの人に見てもらう努力は続けるつもりです。
ひとりで始めた映画が、ここまで大きくなりました。海外へも積極的にチャレンジします。

最後に。

ここまで読んで下さって、ありがとうございます。
私はテレビ出身の無名の監督です。4年間、ひたすらカメラをまわしてきました。
映画ができ、なんとか上映にこぎつけました。
できるだけ多くの方に見ていただきたいと思っています。
お力、お借りできると幸いです。

もっと読む
コレクター
309人
現在までに集まった金額
1,553,132円
目標金額は1,500,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2015年12月25日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    保護犬ハルのシール,プレスブック(非売品)つき

    • 保護犬ハルのシール(3枚つづり)
    • 監督サイン入り 映画「犬に名前をつける日」プレスブック(非売品)
    • 125人
    • お届け予定:2015年11月
  • 3,000円

    保護犬ハルのTシャツ、シール、プレスブック(非売品)つき

    • 保護犬ハルのシール(3枚つづり)
    • 監督サイン入り 映画「犬に名前をつける日」プレスブック(非売品)
    • 保護犬ハルのTシャツ(男女兼用 Mサイズ)
    • 87人
    • お届け予定:2015年11月
  • 5,000円

    映画のデジタルフォトブックレット(非売品)つきセット

    • 保護犬ハルのシール(3枚つづり)
    • 監督サイン入り 映画「犬に名前をつける日」プレスブック(非売品)
    • 保護犬ハルのTシャツ(男女兼用 Mサイズ)
    • 映画に登場した犬と猫の写真によるデジタルフォトブックレット
    • 37人
    • お届け予定:2015年11月
  • 10,000円

    監督サイン入り原作本つきセット

    • 保護犬ハルのシール(3枚つづり)
    • 監督サイン入り 映画「犬に名前をつける日」プレスブック(非売品)
    • 保護犬ハルのTシャツ(男女兼用 Mサイズ)
    • 監督サイン入り映画の原作ノンフィクション「犬に名前をつける日」(キノブックス刊)
    • 56人
    • お届け予定:2015年11月
  • 30,000円 SOLDOUT

    大スクリーンで自分の愛犬(or愛猫)と再会!  ※11/6締切

    • シネスイッチ銀座の幕間で、あなたの犬(あるいは猫)の写真が大スクリーンを飾ります。
    • 4人
    • お届け予定:2015年11月

プレゼンター

Middle?1444204648

Yamada Akane

  • 東京都

映画やテレビ番組を作ったり、小説やノンフィクションなどの本も書いたりしている、山田あかねといいます。 ひとりで、(株)スモールホープベイプロダクションという会社もやっています。 2010年に愛犬を病気で亡くしたことをきっかけに、 「助けられる犬の命のために何かしたい!」と映画を作ることを思いつきました。 映画は完成しました。日本で、世界でなるべくたくさんの人に見てもらえるように がんばっています。

質問や意見をメールする