facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

先鋭的MOOSIC LAB出品作『光の輪郭と踊るダンス』制作をクラウドファンディングで実現!

ミスiD日下七海×バカがミタカッタ世界ほか異色コラボで贈る
先鋭的MOOSIC LAB出品作『光の輪郭と踊るダンス』制作!

ミスiD2020日下七海が主演を務める映画『光の輪郭と踊るダンス』支援プロジェクトです。監督は次期演劇界のホープと評される岡本昌也。コロナ禍をポップ&アイロニカルに切り裂いた青春?ホラー?SF?ジャンル不問の衝撃作!

コレクター
29
現在までに集まった金額
386,000
残り日数
39
目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年2月24日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年2月24日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
映画「光の輪郭と踊るダンス」 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

コロナ禍をポップ&アイロニカルに切り裂いた青春ホラーSF映画! MOOSIC LAB 2020-2021 長編映画『光の輪郭と踊るダンス』製作支援プロジェクト (主演:日下七海|監督:岡本昌也|音楽:バカがミタカッタ世界)

このプロジェクトについて

ミスiD2020日下七海が主演を務める映画『光の輪郭と踊るダンス』支援プロジェクトです。監督は次期演劇界のホープと評される岡本昌也。コロナ禍をポップ&アイロニカルに切り裂いた青春?ホラー?SF?ジャンル不問の衝撃作!

映画『光の輪郭と踊るダンス』について

日常をゆるやかに破壊するラブリーな超常現象と、どんな世界でも決して変わらない人間のゆらぎを捉えた衝撃作。魂を揺さぶるジャンル不問の映像体験!

タイトル:映画『光の輪郭と踊るダンス』
監督・脚本:岡本昌也
音楽:バカがミタカッタ世界

※2021年2月より開催の『MOOSIC LAB [JOINT]2020-2021』において上映される長編映画作品 です。

映画『光の輪郭と踊るダンス』
公式HP(https://www.imaodoritai.com/
Twitter(@imaodoritai



フィクションみたいな現実で、フィクション撮ってみた──。


予想できない手つきと鮮烈な色彩感覚で衝撃的な体験を作り出す新時代の作家 岡本昌也が、もはやフィクションみたいな現実をそのまんま舞台に繰り広げる、21世紀系・超常映画がMOOSIC LABに登場。

〝コロナ禍への新しい形の応答〟として作られた本作。【こんなご時世】をポップ&アイロニカルに切り裂きながら、極彩色で詩的な世界観で見る者の感覚をもれなくジャック!



あらすじ

冬ごろから、世の中にある感染症が蔓延しはじめた。「口から光線が出る」という独特な症状を持ち、出どころも治療法も分からないその感染症はいつしか〝呪い〟と呼ばれるようになった。

赤い髪の少女、ルルは4年前に失踪した姉、ヒソカを探している。

〝呪い〟が流行するなか、映画監督を志す平凡な青年、首藤(22)はカメラを持ってよなよな外出を繰り返していた。首藤はファンタスティックな映画を撮りたかったが、金もセンスも無かった。


声がした。

「撮って? あたしの映画。」


振り向くと、そこにはヒソカと名乗る、奇怪なアウラを放つ少女が立っていた。

今夜も空に光線が伸びていく。太陽はどこかへ行ってしまった。


ミスiD受賞から始まった映画『光の輪郭と踊るダンス』


本作主演を務めるのは、 <新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子> を発掘するオーディション「ミスiD2020」(講談社主催)にて、応募者約3500名の中から「SPOTTED賞」に輝いた日下七海。劇団「安住の地」に所属しながら、持ち前の存在感と幅広い表現力を武器にヨーロッパ企画・維新派など様々な舞台に出演している俳優です。彼女が受賞したのは、MOOSIC LAB作品ほか数々の名作を企画・配給し、時代をリードする映画を生み出してきたSPOTTED PRODUCTIONSからの賞でした。


この賞をきっかけに同社代表の直井卓俊さんから「MOOSIC LABで女優なり音楽で参加できる企画を考えてみませんか?」と声がかかり、コロナ禍で表現の場を失っていた日下は思い切って「映画」の世界に飛び込むことを決心。「こんな時だからこそ、新しい世界や人々と出会いたい──!」彼女の決意と挑戦が、この企画を生みました。


監督を務めるのは同じく安住の地に所属する、京都アンダーグラウンドシーン出身の演劇・映像作家、岡本昌也。「次期演劇界のホープ」とも評されるほどポップな作風でありながら、予想できない手つきと鮮烈な色彩感覚で衝撃的な体験を作り出す新時代の作家です。過去作品で炸裂した奇才ぶりと熱狂的な中毒性を見込まれ、本作にて初めて長編の劇映画を手掛けることになりました。


そして、コラボアーティストには「バカがミタカッタ世界」を起用。透き通るような歌声と精妙にフックのかかったピアノのメロディで、唯一無二の世界観を確立している新進気鋭の二人組音楽ユニットです。


キャストに「安住の地」より、雛野あき、森脇康貴、沢栁優大が名を連ね、東京芸術劇場で行われる劇団ハイバイの公演などに出演の山脇辰哉、劇団コメディアス所属の村上京央子、劇団子供鉅人の億なつきなど、舞台を中心に活躍する個性派・実力派俳優が顔を揃えました。


小さな俳優の決意から始まった映画『光の輪郭と踊るダンス』。想像を絶するエキセントリックな撮影を全て終えて、現在みなさまの元へ届けるために様々な工程を進めている最中です。このプロジェクトでは、よりよい状態で全国の劇場へ本作を届けるため、また国内外へのさらなる展開を目指すため、応援してくださる方を募集します!


MOOSIC LABとは

2012年から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクト。映画作家とミュージシャン、映画と音楽とをコンペ形式・対バン形式で上映する異色の映画祭であり、話題作や人気監督を次々と輩出している。COVID-19の影響から本年は開催延期・未定となっていたが、AOI Pro.の協賛を受け、参加監督らが「MLJ実行委員会」として共同企画・主催するという新体制でMOOSIC LAB[JOINT]2020-2021”と名称新たに再始動。 2021年2月末からK’s cinemaほかで順次開催が決定。


映画を彩る人々

監督は新進気鋭劇団「安住の地」の作家・演出家 岡本昌也


 ▼ 監督・脚本 岡本昌也(おかもと まさや)

1995年生まれ。劇作家・演出家・映像作家。安住の地所属。京都を拠点に活動。
様々なカルチャーと協働し、演劇・映画・詩・ファッションショーの演出・MVなどミクストメディアな作品をジャンルレスに発表。ファッションデザイナーYusho Kobayashi氏のショーの演出を担当したり、「こまばアゴラ演出家コンクール」や「AAF戯曲賞(愛知県芸術劇場主催)」に選出されるなど、その活動に注目が集まっている。


日下七海・岡本昌也の所属する「安住の地」って?

京都を拠点に活動する劇団/アーティストグループ「安住の地」。
複数の作家と多ジャンルで活動する俳優が在籍。舞台に限らず、メンバー個人での映画出演・制作、ミュージックビデオ出演等、映像作品にも活動を広げています。コロナ禍へのリアクションとして、新しい映像企画「安住の地 film」を立ち上げ、感染予防のために筆談のみで繰り広げられる会話劇『筆談喫茶』を制作しました。さらに、第二弾として制作した長編映画『2020 みんなの春をやり直す』(監督:岡本昌也・私道かぴ)では、シアターセブン、アップリンク京都での単独上映を実施し、高い評価を得ています。

安住の地
安住の地第3回本公演『ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!』

近年では
・ロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム〝KIPPU〟
・神戸アートビレッジセンター KAVC FLAG COMPANY2020-2021
・金沢21世紀美術館芸術交流事業アンド21 
などに選出されています。

またKAAT神奈川芸術劇場で行われた「かながわ短編演劇アワード2020」で、審査員から高い評価を受けるなど、今後、全国的に活躍が期待される若手集団です。


過去舞台作品:安住の地『異郷を羽織る -Drape the Strange land-』

フルverはこちら https://youtu.be/R6vI6H8LKSI


安住の地 公式HP(http://anju-nochi.com)
安住の地 Twitter (@anju_nochi


圧倒的な世界観をもつ音楽ユニット
「バカがミタカッタ世界」が音楽を担当!

 ▼ 音楽 バカがミタカッタ世界

本作の音楽を担当するのは、京都を拠点に活動するvo.谷口未知とpf.フルイケナツキによる音楽ユニット「バカがミタカッタ世界」。 フォーク・アンビエント・エレクトロニカなどの要素を取り入れた圧倒的な世界観を持ち、近年では映画や舞台、ファッションブランドの展示会での音楽を提供するなど活動の幅を広げている新進気鋭のアーティストです。


楽曲の一部を主演日下七海が担当
本作の楽曲の一部には、主演の日下七海が作曲した音楽も登場。中国琵琶の演奏者としても活動する彼女が、本作のために作曲し、それをさらにバカがミタカッタ世界。さんが作詞、編曲をしています。


作品を彩るキャスト

 ▼ 汐月ヒソカ 役 / 日下七海 (くさか ななみ)

1995年生まれ。劇団「安住の地」にて俳優、身体表現者、中国琵琶奏者として活動。 
身体性を生かした演技を得意とし、幅広い表現力で人間離れした役どころも演じている。安住の地の他に、維新派『アマハラ』(2016)、ヨーロッパ企画第39回公演『ギョエー!旧校舎の77不思議』(2019)などに出演。またオムニバス映画「#平成最後映画」やNISSANのラジオCMに出演するなど、活動範囲は多岐にわたる。

初代グランプリの玉城ティナなどを輩出している、講談社主催のオーディション「ミスiD」。
ルックスやジャンルに捉われず、新しい時代をサバイブしていく多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディション。2019年に行われた「ミスiD2020」にて、「MOOSIC LAB」を参加監督たちと共同主催するSPOTTED PRODUCTIONより送られる「SPOTTED賞」に、エントリーした約3500名から日下七海が受賞。


 ▼ 汐月ルル 役 / 雛野あき (ひなの あき)

1997年生まれ。2016年、大学入学と同時に演劇を始める。
大学時代は、同志社大学の演劇サークル(同志社小劇場)に所属しながら、関西を中心に“無名劇団”の本公演や“突劇金魚”主催の企画などに出演。引退後の2019年に、京都を拠点に活動をしているアーティストグループ“安住の地”の第4回本公演『Qu’est-ce que c’est que moi?』のオーディションに合格。また、その公演の参加をきっかけに同年10月に“安住の地”に入団。48hfp応募作品や、『真言アイロニー』(石原ひなた監督)など、舞台だけでなく映像にも活動の幅を広げている。


 ▼ 首藤一成 役 / 山脇辰哉 (やまわき たつや)

1997.04.09生まれ、牡羊座、A型、左利き
「ナチュラルよりもリアルな芝居」を自分が演じる上での目標にしており、あてられる役としては、親がいなくなった中学生、家庭環境の悪い小さな子供、突然キレる若者など、内包するエネルギーが多そうな役が多い。生涯の目標は、優しい人間になること。 過去の出演作品に、アマヤドリ『やがて二人は部屋を出る』、オーストラ・マコンドー『お父さんとお母さん』、キ上の空論『ひびのばら』、劇団5454『カタロゴス~「青」についての短編集~』


 ▼ 名波唯 役 / 森脇康貴 (もりわき こうき)

1993年8月20日生まれ。
『ゴールデンスランバー』に出演する滝藤賢一の演技に魅了され、自らも芝居をはじめる。
大学4年間は演劇活動に没頭し、現在も京都を拠点に活動する劇団「安住の地」で俳優とし
て表現活動を行っている。 出演作に安住の地第4回公演『Qu'est-ce que c'est que moi?』、ルドルフ『隕石の栞』、かながわ短編演劇アワード2020 参加作品『異郷を羽織る - Drape the Strange land -』など。


▼ 水戸かなん 役 / 村上京央子 (むらかみ きょおこ)

1995年生まれ。コメディを専門に都内で活動する劇団『コメディアス』の所属俳優。
外部出演ではコメディのみならず古典や得意とする歌唱を活かした歌劇など幅広い舞台に出演。過去の出演作品に『トートラインがゆるんだら(2016)』、『KEYLOCK(2017)』コメディアス、『バッコスの信女-ホルスタインの雌(2019、2020)』Q(市原佐都子)など。


 ▼ しずむ 役 / 沢栁優大 (さわやなぎ ゆうだい)

1999年、長野県生まれ・京都府出身。安住の地所属。
2019年、安住の地第4回公演『Qu’est-ce que c’est que moi?』に出演後、入団。以降、全作品に出演。メーキャップアーティストの篁怜とのユニット「ゆうれい」では、モデルとしても活動中。最近は外部の舞台やテレビへの出演、モデルとしての活動も増えている。


 ▼ 名波母 役 / 億なつき (おく なつき)

夏生まれ。劇団子供鉅人に所属し、サテュロスでサテライト的に活動中。
近年の出演作は、2019年『三文オペラ』@京大吉田寮 
2020年公開中の映画『君が世界のはじまり』に出演。


【STAFF
助監督:荻颯太郎
撮影・照明:中谷利明
音響:清水雪名/中野コナン
衣裳:大平順子
ヘアメイク:篁怜
協力:ケースイーダー/北島健介/伊藤貴哉/河井朗/鍵山千尋
安住の地/劇団子供鉅人/コメディアス/陶玄房

本プロジェクトの目的

この映画はすでに全ての撮影を終え、現在みなさまに届けるために様々な工程を進めている最中です。2021年2月27日より開催の『MOOSIC LAB [JOINT]2020-2021』での上映が決定しており、さらに今後多くの劇場での上映、また国内や海外への映画祭への出品を目指しております。いただいた資金は撮影にかかった費用の補填、完成に向けた編集・整音環境の向上、国内および海外映画祭での上映に向けての配給、宣伝に充てさせていただきます。

尚、目標額に達成した場合のストレッチゴールとして、スタッフ・キャストへの還元、今後の国内外の上映活動に伴う諸経費に充填させていただきたいと考えております。

これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

リターンについて

◾︎お礼のメッセージ映像
監督・キャスト陣から、皆様へお礼のメッセージを動画でお送りします。

◾︎メイキング映像
モーションギャラリー限定!メイキング映像集をお届けします。

◾︎脚本PDFデータプレゼント
映画『光の輪郭と踊るダンス』の脚本をPDFデータにてプレゼントします。

◾︎日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
主演日下七海が中国琵琶で作曲演奏したオリジナルサウンド集をデータにてプレゼント。
本作に登場する日下作曲楽曲も収録されています。

◾︎エンドクレジットへの名前掲載
映画『光の輪郭と踊るダンス』エンドロールへクレジットさせていただきます。
制作メンバーの一員としてご参加ください。
(決済時に掲載名の記載をお願いいたします。希望されない方はお申し付けください。)

MOOSIC LAB公開版のエンドクレジットは2021年1月31日を締切とさせていただきます

2021年2月1日以降に申し込まれた方のお名前は、リターンにてお送りするDLC版DVDや、MOOSIC LAB以降に映画館にて上映する際のエンドロールに反映させていただきます。

◾︎本編DCDVD
完成した本編のディレクターズカット版DVDをお届け!
Blu-ray版とDVD版がありますので、ご希望する方を記載してください。

◾︎バカがミタカッタ世界書き下ろし!安住の地過去公演CD。(数量限定)
岡本昌也が脚本・演出を担当し、音楽をバカがミタカッタ世界が担当した
音楽劇『Qu’est-ce que c’est que moi?(ケスクセクモア)』の劇中歌CD。
バカがミタカッタ世界が公演のために書き下ろした楽曲が詰まった一枚。また岡本昌也が作詞を担当した楽曲も1曲収録されています。

◾︎映画『光の輪郭と踊るダンス』オリジナルTシャツ
映画『光の輪郭と踊るダンス』オリジナルTシャツをプレゼント。
サイズはS,M,L,XLとありますので、ご希望のサイズを一つ選択し記載してください。

◾︎日下七海が奏でる、あなたへのオリジナルの1曲
日下七海が「あなたのための1曲」を中国琵琶で作曲し、サウンドデータにてプレゼントします。
※1分程度のものになります。

◾︎岡本監督書き下ろし短編戯曲(PDFプレゼント)
岡本昌也監督書き下ろしの短編戯曲をデータにてプレゼント。
ここでしか手に入らない短編戯曲です。

◾︎安住の地主催公演、2年フリーパス
安住の地が主催する公演に2年間ご招待!
2021年夏頃開催予定の公演より使用可能となる予定です。使用可能公演の詳細が決まりましたら、こちらのリターンを選択された方に後日お知らせいたします。 
安住の地が主催する舞台公演のみ有効です。 イベントや演劇祭などに参加している作品などは対象外です。こちらのリターンをご購入いただいたご本人様1名のみご利用いただけます。決済時に、公演をご予約される際に使用するお名前を記載してください。

想定されるリスクとチャレンジ

今作はMOOSIC LABでの上映が決定している状態で制作が開始しており、すでに撮影も終了していますので、映画が完成しないリスクは低いと考えています。
なお、目標金額未達に終わった場合も、引き続き可能な範囲で完成に向けて作業を進め、国内外の一人でも多くの方へ本作をお届けできるよう尽力いたします。


監督からのメッセージ


初めまして。岡本昌也です。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
と、よくある言葉ではじめてしまいます。でもこれは「だれかの文章を最後まで読む」ということがどれだけ大変なことかよく知っているからです。だから、定型でなくて、本心で言っています。

いまは大体、スマホで「あ」と打てば後の「りがとう」が勝手に出てくるようになりました。ほぼノーモーションで何でも言えちゃう。だから信じてほしくってこうしてエクスキューズをいれています。

ありがとう

このありがとうは、1文字ずつ念を込めて打ちました。

ありがとう

このありがとうは、予測変換で簡易に打ちました。

テキストデータ上には、何の違いもありません。だけど私にとってはなにかが確実に違う。そこには事実やロジックだけでは説明のつかない、得体の知れないなにかが潜んでいます。そうですよね、ちょっとスピってます……。でも本当です。

私はずっと、〝なにか〟を作品にしてきました。

いまこの時代に潜むなにか、いま差し込んだなにか、いま消えていくなにか、いま沸き起こるなにか。そのぜんぶを捕まえて映画に閉じ込めてしまおうと、日々もがいています。

きっと映画が流れ出すと、お湯をかけたドライアイスみたいに「なにか」がスクリーンから漏れはじめて、映画館いっぱいに充満すると思います。映画から逃げ出してしまった「何か」たちが、映画館に座っているみんなの魂を侵食すると思います。

『光の輪郭と踊るダンス』はコロナ禍の中に潜む〝なにか〟に出会ってほしくて作った映画です。

呼吸することをやめません。生活することをやめません。
同じように、作ることを決してやめたくありません。なにかに侵食されたあなたの魂が揺さぶられることに、ものすごい価値を感じているからです。

ワザワイの渦中・恐ろしい驚異がステルスに迫りくる最中、抱かれた私の小さな衝動とキャスト・スタッフの勇気ある併走だけで、本当にそれだけを燃料に作られたこの映画を、この時代、この国で公開できることを、すこしは誇りに思います。そして、私たちはそれ相応の傷を負いました。だれにも頼まれていないのに、勝手に。

でも、劇場や映画館が街にあるかぎり、映画や演劇を愛する人がいるかぎり、作品に救われる人がひとりでも生きている限り、私は作り続けたい。それもできるだけ軽やかに、サスティナブルに、創作活動を遂行遂行!したいと思っています。新しいものが湧いて出て、古いものを押し出していくことがきっと、いつかの「死なない」秘訣である気がしてならないから。

作ることは削ること。体力や精神力とトレードして世界を削り出し、形取り、あなたに提出するまでの長い旅。もう少しでゴールです。もう少しで、あなたにこの映画を届けることができます。

感情を揺らす豊かさを忘れないために、この不要不急の旅を共にしませんか?
あなたの健康と、この映画との健やかで衝撃的な出会いを心から祈って。

ありがとう

岡本昌也

映画『光の輪郭と踊るダンス』

リターンを選ぶ

  • 1000

    気軽に応援コース

    • お礼のメッセージ映像
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 3000

    作品ができるまでコース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 5000

    日下七海サウンドコース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 10000

    あなたも一員コース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • エンドクレジットへの名前掲載
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 30000

    オリジナルTシャツコース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • エンドクレジットへの名前掲載
    • 本編DC版DVDプレゼント
    • 映画『光の輪郭と踊るダンス』オリジナルTシャツ
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り30枚

    30000

    過去作書き下ろしCDコース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • エンドクレジットへの名前掲載
    • 本編DC版DVDプレゼント
    • バカがミタカッタ世界書き下ろし!安住の地過去公演CD。
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    あなたに送るコース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • エンドクレジットへの名前掲載
    • 本編DC版DVDプレゼント
    • 映画『光の輪郭と踊るダンス』オリジナルTシャツ
    • 日下七海が奏でる、あなたへのオリジナルの1曲
    • 岡本監督書き下ろし短編戯曲(PDFプレゼント)
    • 2021年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    ええい!応援コース

    • お礼のメッセージ映像
    • メイキング映像
    • 脚本PDFデータプレゼント
    • 日下七海オリジナルサウンドデータ(日下七海作曲の劇中歌入り)
    • エンドクレジットへの名前掲載
    • 本編DC版DVDプレゼント
    • 映画『光の輪郭と踊るダンス』オリジナルTシャツ
    • 日下七海が奏でる、あなたへのオリジナルの1曲
    • 岡本監督書き下ろし短編戯曲(PDFプレゼント)
    • 安住の地主催公演、2年フリーパス
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。