facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

街を巡るアートプロジェクト「本と川と街」をクラウドファンディングで実現!

街を巡るアートプロジェクト「本と川と街」
パスポートブック2021 予約販売&クラファン特典リリース!!

江戸時代から水運で栄え、火事や地震・戦争と様々な災害を経験してきた東京。「本」という記憶媒体を軸に、街を体感する視点を提案します。会期中は街中を巡り、展示やライブを体験、またオンライン参加プログラムも開催予定です。

コレクター
13
現在までに集まった金額
44,300
残り日数
20
目標金額 200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年11月8日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年11月8日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
本と川と街 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
本と川と街

"街を巡る"アートプロジェクト『本と川と街』。 2020年に東京・深川、本所で開催されました。江戸時代から運河と水運で栄え、これまでのおよそ400年の間に火事や地震、戦争と様々な災害を経験してきた深川。『本と川と街』は深川、本所を舞台に、「本」という記憶媒体を軸に改めて風土と向き合い、街を再定義する試みです。

このプロジェクトについて

江戸時代から水運で栄え、火事や地震・戦争と様々な災害を経験してきた東京。「本」という記憶媒体を軸に、街を体感する視点を提案します。会期中は街中を巡り、展示やライブを体験、またオンライン参加プログラムも開催予定です。

街を巡るアートプロジェクト「本と川と街」。特典付きパスポートブックの予約購入で、プロジェクトを一緒に盛り上げてください!

いま話題のイースト東京・深川本所の街を「本」をテーマに巡り、様々なアートプログラムを体感してもらう企画です。街中での展示・ライブに加えて、オンライン開催もあります。 「本と川と街」は、パスポートブックの売上による自己資金運営を行っています。公共性を重んじ、より自由な活動を行うために、助成金・補助金などは受け取らないスタイルを選択しました。 それ故に、活動の原資はパスポートブックの売上のみと言えます。より多くの方にパスポートブックを購入頂き、プロジェクトに参加頂くことで、このアートプロジェクトが持続可能なものとなり、クリエイターの活動資金にもなります。 少しでも多くの皆さんに知って頂き、応援してもらえると嬉しいです!

目次

  1. 街を巡るアートプロジェクト「本と川と街」のはじまり
  2. 深川・本所を舞台に「記憶を重ねる媒体つくる」
  3. 過去から今をアーカイブしていく試み、パスポートブック
  4. 今年の開催概要と、街を巡る 26の視点(プログラム)
  5. クラウドファンディングの特典について
  6. あなたも「本と街と川」に参加してみませんか?

街を巡るアートプロジェクト「本と川と街」のはじまり

「深川の街中でアートや本をテーマとした、イベントをしませんか?」

はじまりは、2020年4月。緊急事態宣言下・外出自粛の東京の街からは、人影が消えました。日々の街の営みは、あたり前のものではなかったー誰もがそう感じたタイミングだったかもしれません。その時期にもちあがった話に、街の友人たちとオンラインで何度もミーティングを重ね、本・川・街をコンセプトとしたプロジェクトが浮かび上がってきました。

「本」

人から人へ思いを届ける本。革から紙そしてデジタルに変わっても、ページを開けば、そこに人々の笑い声や悲しい別れがあります。図像や文字を拾い、人の手で編まれた本たち。本は記憶そのものであり、私たち自身でもあるのです。

「川」

多くの川が流れる東東京。江戸から令和まで時代が変わっても川の流れは変わりません。わたしたちを見守ってくれる川。震災や戦争で多くの人が亡くなった川。川は私たちの心のふるさととも呼べる場所です。

「街」

沢山の人が住んでいる街。それぞれの生活があり、工夫を凝らした商店があります。住む人が変わっても東京は東京です。花見をして、神輿を担ぎ、川で夕涼みして、神社で手を合わせる。私たちの営みが積み重なり、街の記憶へと紡がれていきます。

本も川も街も、様々な歴史や文化、そして人々の思いを内包している記憶装置のようなものです。その、本と川と街で、イースト東京の側面を掘り起こし、リフレーミングして新しい本を作るようなイベントを企画しました。ページを捲るように街を回って、舟にゆっくりと揺られながら、人との出会いを楽しんでください。角を曲がると、そこには新しい東京があります


本と川と街 の発起人こと、実行委員会の理事メンバー

深川・本所エリアについて

発起人となった理事メンバーは、それぞれ深川・本所こと清澄白河・森下周辺でナリワイを営んでいます。最近は東京都現代美術館やアートギャラリー、また人気のロースタリーカフェや専門店、雑貨店などが話題となり、街を訪れたことがある方もいらっしゃるかもしれません。夏の江戸三大祭に数えられる、「深川八幡祭り」の勇壮なお神輿でも知られています。

もとは江戸時代から隅田川左岸の運河が整備された埋立地に、寺町や武家屋敷、材木問屋や加工場、町人長屋が軒を連ね、活気ある街並みに下町文化が育まれてきた場所でもあります。いまでも街中や商店街には、昔ながらの呉服店や文房具屋、伝統工芸品の工場もあれば街のシェアオフィスまで、新旧混沌としたNeighbors(ご近所さん)が新たなカルチャーを生み出している場所です。

深川・本所を舞台に「記憶を重ねる媒体つくる」

江戸時代からたくさんの運河と水運で栄えてきた深川・本所は、これまでのおよそ400年の間に火事や地震、戦争とさまざまな災害を経験してきました。その度に街を再建した根気強い住民たちの思い、そして生活や文化のレイヤーが幾重にも重なり今があります。また、庶民が多く暮らしていた地の自由な気風は脈々と受け継がれ、新しい文化も生まれています。

新型コロナの感染拡大というパンデミックは、現代の私たちが同時代に経験する強烈な体験となっています。同様に地球規模の気候変動が起こり、世界的に「公平公正(ポリティカル・コレクトネス)」の変化のうねりが起こっている現在、私たちは何を感じ取り、どのような表現で街にレイヤーを重ねていけるのか。このアートプロジェクトは「本」という記憶媒体を軸に改めて風土と向き合い、街を体感する、複数の視点(レイヤー)を提案するものです。

昨年度の開催の様子



過去から今をアーカイブし、視点を重ねるためのパスポートブック

「本と川と街」を語るうえで欠かせないのは、パスポートブックの存在です。パスポートブックには、プログラム紹介、展示エリアMAP、イベントスケジュールが入っています。観客は会期中にパスポートブックを持ち、街を巡り、プログラム観覧または体験。自分が訪れた会場やプログラムの記録をパスポートブックに残し、自分だけのパスポートブックを完成させることができる仕組みとなっています。またパスポートブック購入者は、割引価格でプログラムを観覧・体験、東京都現代美術館やアートホテルKAIKAなど、連携先での特別鑑賞が可能となります。

過去から現在までを映した、街中にある各々のプログラムを巡り、他の誰かの視点(レイヤー)を観覧者自身が体感し、自分の視点へとローカライズしていく。その一連の流れをガイドし、記録していく。「本と川と街」では、このパスポートブックと開催レポート「ふりかえる」を積み重ねながら、3年で一括りとして、本を出版する予定です。

今年の開催概要と、街を巡る 26の視点(プログラム)

いよいよ、この10月末から、約1ヶ月にわたって「本と川と街」が開催されます。あらためて、開催概要とエリア、26のプログラム内容をご覧ください。

<開催概要>

● 日時: 2021年10月30日(土)〜11月28日(日)

● 会場: 隅田川テラス / かわてらす(LYURO東京清澄)/ KAIKA東京 / 小名木川、隅田川 / 木場公園 / ATELIER TAKIGUCHI / gift_lab / 両国リバーセンター / 両国駅 ほか

● チケット:有料、一部無料(チケットは個別プログラムごとにオンライン販売を実施します。併せて、パスポートブックを発行し、パスポートブック購入者は個別の有料プログラムが割引となります。)

● 主催: 「本と川と街」実行委員会

● 協力: TOKYO ART BOOK FAIR / 東京都現代美術館 / 公益財団法人東京都公園協会 / NPO法人 江東区の水辺に親しむ会 / 隅田川マルシェ実行委員会 / gift_lab / 松林院華厳院など寺院 / LYURO東京清澄 by THE SHARE HOTELS / KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS / 舟遊びみづは /夢観月ほか

<展示エリア>

※ 最寄駅:清澄白河駅・森下駅・両国駅・門前仲町駅・木場駅ほか

<26のプログラム>

クラウドファンディングの特典について

クラウドファンディングにあたって、5つの特典をご用意しています。今回、「本と川と街」のプロジェクトを知ってくださり、秋に観覧を希望される方には、A、B、Cを。またD、Eでは、昨年度のパスポートブック(完全版)と開催レポート「ふりかえる」付きの特典を用意していますので、「もっと詳しく知りたい」という方には自信をもってお勧めできる内容となっています。


A: スタンダードプラン 2000円

オーソドックスに、2021パスポートブックを手に、今期の「本と川と街」を楽しんで頂けるプランです。またクラウドファンディングを通じて協力下さった方の氏名は、サポーターとして開催レポートへ掲載予定です。

・ 2021 パスポートブック(A6サイズ)

・本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載

B: スタンダードプラン(ポスター付き) 2800円 

2021パスポートブックと併せて、2021版/2020版のポスター(A3サイズ)をプレゼントします 。

・2021 パスポートブック(A6サイズ)

・ポスター 2021版 / 2020版(A3サイズ)

・本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載

C: スタンダードプラン(本所深川の地図3枚セット付き)3500円 プラン

2021パスポートブックと併せて、本所深川の地図3枚セット(A3サイズ)をプレゼントします 。昨年の開催のプログラム「地図と地図」で配布されたものですが、大人気のため増版しました。(※下部写真参照)

・2021 パスポートブック (A6サイズ)

・本所深川の地図3枚セット(A3サイズ)

・本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載

D: 2021/2020コンプリートプラン 4500円

「本と川と街」の世界により興味を持ってくださった方向けに、2021パスポートブックと2020パスポートブック(完全版)、2020開催レポート「ふりかえる」をセットでお届けします。

・2021 パスポートブック (A6サイズ)

・2020パスポートブック(A6サイズ、完全版 クリエイターズブック12冊・MAPスケジュール付き)

・2020 開催レポート「ふりかえる」(A4サイズ)

・本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載

E: 2021/2020コンプリートプラン(本所深川の地図3枚セット付き) 5500円

上記のコンプリートプランに、さらに本所深川の地図3枚セットを付けたものです。コレクターの方に一押しのプランです。

・2021 パスポートブック(A6サイズ)

・2020パスポートブック(A6サイズ、完全版 クリエイターズブック12冊・MAPスケジュール付き

・2020 開催レポート「ふりかえる」(A4サイズ)

・本所深川の地図3枚セット(A3サイズ)

・本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載

チケット情報や限定グッズ・特典など情報を優先案内

また上記のいずれの特典でも、クラウドファンディングを通じてご支援頂いた方には、「本と川と街」実行委員会からのお礼メッセージとともに、随時メルマガにて、チケット情報や限定グッズ・特典などの情報を優先案内していきます。

パスポートブックを先行予約購入頂き、たっぷりと会期前から会期後まで、「本と川と街」の世界観に浸って頂けると嬉しいです。

パスポートブック売上が、「本と川と街」の活動資金に

「本と川と街」は運営に際して、パスポートブック売上による自己資金運営を行っています。各プログラムの制作費も、クリエイターが自己資金により制作運営を行っていますし、プロジェクト運営はプロボノの実行委員メンバーの活動により行われています。

公的な団体からの助成金・補助金などは受け取っていません。より多くの方にパスポートブックを購入頂き、プロジェクトに参加頂くことで、プロジェクトが持続可能なものとなり、クリエイターの活動資金となります。この運営スタイル自体が私たちのチャレンジになります。ぜひ、ひとりでも多くの皆さんに応援頂きたいです!

あなたも「本と川と街」に参加してみませんか?

「本と川と街」では、クリエイターによるプログラム展示に加えて、参加者・運営者の視点も交えながら、ともに創り上げていくアートプロジェクトになります。参加型のアートプログラムもありますし、皆さんからのメッセージ、街を巡るなかでの気づきが、とても大切な要素になっていきます。(昨年も街を巡った方の感想をSNSで見つけて、運営チームでシェアしていました。)

昨年は10月31日(土)〜11 月 29 日(日) 、さらに ”おまけ” 期間として 11 月 30 日(月)~2021年1月11日(月祝)を開催しました。期間中は、16プログラムの作品の展示やライブで街を巡ってもらい、またオンラインで視聴、参加ができるプログラムも実施しました。詳細は昨年の 開催レポートより。

皮から紙、それがデジタルに置き換わる時代の中でも、「本」は記憶を編み現代の私たちのことを未来に伝えてくれる。

花見をして、神輿を担ぎ、川で夕涼みして、神社で手を合わせる。

私たちの営みが積み重なり、街の記憶へと紡がれていること。

川辺や青空の下で本を読む楽しさ。

ゆっくりと銭湯につかって、湯上がりに飲むビールの美味しさ。

散歩の途中に、江戸とつながる場所をみつけたときの嬉しさ。

外出自粛が何気ない日常にこそ豊があったことを思い出させてくれた。わたしたちの幸せは、 すぐ足元にあり、それはこの街を作り上げてくれた先人たちのさまざまな経験とそれぞれの時代 の出来事が重なった上に成り立っていた。 立ち止まり、過去を振り返ることで見えてくる、様々な豊かさのあり方。

私たちは、コロナのおかげで過去を振り返り、アタラシイ目線で紡ぐ「本と川と街」というプロジェクトを 2020年11月に開催した。

地域とのかかわりが深いこのプロジェクトは、長い年月をかける必要があるだろう。振り返り から歩みだした小さな一歩は、停滞していた30年の歩みを進める一歩になるはずだ。次の世代 にバトンを渡していくために、私たちが何を行動し、何を受け継ぎ、そして何を渡すのか。「本 と川と街」は、これらの様々なことを再発見し表現するプロジェクトとして、小さな一歩をあゆ みはじめた。

― 「本と川と街 2020年開催レポート はじめのはじめ」実行委員長 イワタマサヨシ 

新型コロナのパンデミックが始まって、もうすぐ2年が経とうとしています。私たちは前に進めているのでしょうか。前に進めていなかったとしても、街を歩くときに違う視点を見つけられているかもしれない。

解はきっと一つではないでしょう。これからの時代の歩きかたを、同じ時代を、同じ街に生きている皆さんとともに探して行きたいと思います。この秋、パスポートブックを片手に街を巡ってみてください。

本と川と街 実行委員会

2021.10.11

リターンを選ぶ

  • 2000

    A: スタンダードプラン

    • 本と川と街 2021 パスポートブック
    • 本と川と街 実行委員会からのお礼メッセージ
    • プログラムのチケット・グッズなどの情報をメルマガで優先案内
    • 本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 2800

    B: スタンダードプラン(ポスター2021版/2020版付き)

    • 本と川と街 2021 パスポートブック
    • ポスター2021版 / 2020版
    • 本と川と街 実行委員会からのお礼メッセージ
    • プログラムのチケット・グッズなどの情報をメルマガで優先案内
    • 本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 3500

    C: スタンダードプラン(本所深川の地図3枚セット付き)

    • 本と川と街 2021 パスポートブック
    • 本所深川の地図3枚セット(A3)
    • 本と川と街 実行委員会からのお礼メッセージ
    • プログラムのチケット・グッズなどの情報をメルマガで優先案内
    • 本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り10枚

    4500

    D: 2021 - 2020コンプリートプラン

    • 本と川と街 2021 パスポートブック
    • 本と川と街 2020 パスポートブック(完全版)
    • 本と川と街 2020 開催レポート「ふりかえる」
    • 本と川と街 実行委員会からのお礼メッセージ
    • プログラムのチケット・グッズなどの情報をメルマガで優先案内
    • 本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り8枚

    5500

    E: 2021 - 2020コンプリートプラン(本所深川の地図3枚セット付き)

    • 本と川と街 2021 パスポートブック
    • 本と川と街 2020 パスポートブック(完全版)
    • 本と川と街 2020 開催レポート「ふりかえる」
    • 本所深川の地図3枚セット(A3)
    • 本と川と街 実行委員会からのお礼メッセージ
    • プログラムのチケット・グッズなどの情報をメルマガで優先案内
    • 本と川と街 2021 開催レポート「ふりかえる」へ支援者として氏名を記載
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。