松浦直紀監督のオリジナル短編アニメーション『火づくり』をクラウドファンディングで実現!

鋏鍛冶(はさみかじ)「佐助」との出会いを題材に描かれる 松浦直紀監督のオリジナル短編アニメーション

  • 東京都
  • アニメ

短編アニメーション「火づくり」
監督:松浦直紀
音楽:UQiYO(ウキヨ)
出演:山本由美、中田顕史郎、瑞木にょこ
総尺:約10分(予定)
完成予定月:2017年11月
ジャンル:2DCGアニメーション

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2017年1月27日23:59に終了しました。

コレクター
115
現在までに集まった金額
1,746,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2017年1月27日23:59に終了しました。

Middle 1471466409

Presenter
松浦 直紀 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1471466409

PRESENTER
松浦 直紀

こんにちは。松浦直紀(まつうらなおき)と申します。 アニメーションや映像制作の監督・演出業をしています。 オリジナル短篇アニメーション「火づくり」を制作中です。 2017年11月に完成予定です。 どうぞよろしくお願い致します。

「火づくり」支援者と関係者の皆様へ 監督/松浦直紀より

vol. 12 2017-01-29 0

短篇アニメーション「火づくり」の支援者と関係者の皆様へ

こんばんは。監督の松浦です。

1月27日をもって、短篇アニメーション「火づくり」の

クラウドファンディングが終了しました。

結果、174万6千円という金額になりました。

目標の100万円を大きく超える結果に、心底、驚きつつも、

感謝と感激でいっぱいです。

本当に、ありがとうございました。

このメッセージをお読みになっている皆様、お一人お一人の

お気持ちと、行動がなければ、この数字にはなっていません。

そのお気持ちと、ご支援のために行動をしてくださったこと、

重ねて、厚く御礼申し上げます。

本当に、本当に・・・ありがとうございます。

本来であれば、お一人ずつにお会いして、お礼を申し上げたいのですが、

物理的にも、時間的にも、今すぐは、それができないこと、どうかお許しください。

TwitterやFacebookは、今後も定期的に更新していくので、

アカウントをお持ちの方は、是非、そちらの方で、気軽に

話しかけて頂ければと思います。(お返事が遅れていたらごめんなさい)

今回のクラウドファンディングを通じて、

「人とお金」の関係を、改めて、考えさせられました。

当たり前ですが、お金そのものには、感情も人格もありません。

ですが、なぜだか不思議なのですけれど、普段、

自分が見ている銀行残高や、仕事で使う請求書の数字や、

ネットや雑誌、新聞などで見聞きするお金の数字とは、

全く違った意味の数字に見えるのです・・・

なぜでしょうか・・・

「ありがとう」とか「愛してる」とか「頑張ってね」とか・・・

僕たちは、普段、色々な言葉を使って、自分以外の人に、自分の気持ちを伝えます。

「励ましの言葉」は多々あれど、「クラウドファンディング」によって、

具体的な「お金(=数字)」で、それを表現することが

できるようになってきているのだなぁ・・・と思いました。

客観的に分析すれば、今回の数字は、「松浦個人と、この作品に

込められた期待値、応援の総量」と言えますが、そのこと以上に、

『一個人の力でも、これだけ多くの人に、自分の「想い」を伝えて、

少なからずも共感して頂き、事業や企画を実行するための

お金(エネルギー)を集めることができるのだ』という事を

証明できたのが、実は、かなりの部分で嬉しいのです。

(まさにドラゴンボールで「元気玉」を作る悟空の気分です・・・笑)

そういったプロセスを経て集まってきてくれたお金なので、

自分が普段、触れ合っているお金とは、全く違った意味(姿)に

なっているのだと思います。

言葉で一括りにするのは難しいのですが、皆様がこの作品に

寄せて頂いている「想い」が174万6千円という数字になっているのです。

だから、僕が普段、触れ合っているお金たちとは、

全く性質の異なる感覚を抱いたのでしょう・・・

本当に、ご支援をくださり、ありがとうございました。

図らずも、片渕須直監督の「この世界の片隅に」があったお陰で、

親戚や家族、ひいてはメディア関係者にも、「アニメでクラウドファンディング」

というイメージそのものが、好意的に受け止められる場面が多く、

時流の恩恵に感謝しつつも、自分ももっと多くの人に認知して

もらえるように精進せねば!と奮い立っています。

完成する前から、こういう事を言うのは差し出がましいですが、

自分の事例に触発された誰かが、また新しい企画や作品を

立ち上げて、アニメーションや映像表現の可能性が、もっともっと、

豊かに、面白く広がっていく事を期待しています。

なので、もし、このメッセージを読んでいる人の中に、

アニメーションや映像制作に関係する方がいて、

「自分もクラウドファンディングやってみたいな」と思っていたら、

是非、色々お話ししましょう!

今すぐにとはいきませんが、僕の体験談で良ければ、

いくらでもお伝えしていきたいと思っています。

僕も、他の人のクラウドファンディングの企画に、支援者として

参加した経験があるので、おこがましい言い方ですが、

「支援する側の気持ち」も、なんとなく想像できるのです。。。

皆様から頂くお言葉の中に、時折、

「少額で申し訳ありませんが・・・」や

「僅かな金額ですけど・・・」という言葉をお見かけします。

運営の都合上、金額の差によって、リターンコンテンツの

差別化をする必要がありましたが、僕としては、

「支援者になるために行動してくださった」というだけで、

本当に身震いするくらい、有難い事なのです。

なので、その部分をお気にされている方がいれば、

臆する事なく、是非、堂々として頂きたいです。

だって、あなたのご支援がなければ、174万6千円という数字には

なっていないのですから!!(元気玉はできなかった訳です・・・笑)

金額が少ないからといって、僕が支援者の方に抱く感情が

変わったり、弱まったりする事は、一切ありません。

少ない金額だからといって、僕に伝わっている気持ちが少ない、

という訳では、決してないのです。

「声援」になぞらえて表現すれば、小さな手紙に「ガンバッテ!」と

書いてもらったり、大きな包みにどっしり「松浦!ガンバレよ!!」と

書いてあったり、となりにすすっと来てくれて、やさしい声で「頑張って」と

囁いてくれたり、遠くにいるのにめっちゃでかいスピーカーで

「ガンバレー!!」と図太い声で叫んでくれたり・・・(笑)

そんな感じなんですね。

そのどれもが、皆様からの「想い」がこもった「暖かいご支援」です。

なので、僕にとっては、どのご支援も、有り難く、貴重で大切なエネルギーとなりました。

繰り返し申し上げている通り、皆様お一人お一人の「想い」がこの数字になっています。

金額の多寡に関わらず、ご支援を頂いた皆さんのご恩にふさわしい作品に

仕上げますので、どうか楽しみに、待っていて頂きたいと思います。

鋏鍛治の佐助さん、奥様の富子さん、そしてその佐助さんと出会う

きっかけをくれた友人の青池さん、青池さんと出会うきっかけになった

大学の恩師の織田先生・・・

そして、この作品のために素晴らしい音楽を作り、宣伝や告知活動に

全面的な協力をしてくださったUQiYOさん・・・

UQiYOさんの音楽の力は、僕にとって、とてつもなく有り難く、

強烈で、幸福すぎる活動源でした。本当にありがとうございます。

(いつも変なイラストを勝手にアップしていてごめんなさい)

UQiYOのファンであるところから、この作品の存在を知り、

支援者になってくださった皆様・・・

僕の個人的な友人、知人、お仕事でお世話になってきた人、

今も、めちゃめちゃお世話になっている人・・・

ネットや他のメディアから、この作品の存在を知ってくれた人・・・

本当にたくさん、たくさんの方々が、この作品に想いを

寄せて頂いて、支援者が増えるたびに、僕は飛び上がるほど、嬉しかったです。

「○○さぁぁぁあぁん!!ありがとうぅぅぅぅ!!!」と

叫んでいました(笑)ホントです。

人生で味わったことのない、不思議な喜びと、温かさを感じる毎日でした。

大げさですが、「生きていてよかったぁ」とまで思いました(笑)

最後に・・・

クラウドファンディングを始めた時、僕は実家に立ち寄り、

父と母に「こういう事を始めます」と報告しました。

その時の会話では、「自分と父との関係をテーマにした作品」であるという

部分まで触れなかったのですが、母曰く「お父さん、時々、サイトを

見ているみたいよ」との事でした。

60万円を超えたあたりで、母からメールが入り

「お父さんが『おっ、60万までいった』って言ってたよ」という内容でした。

なので、多分、この記事も読んでいると思います。

お父さん、今までありがとう。

こんな息子ですが、皆様に支えて頂いて、なんとかクラウドファンディングは

成功したよ。どうか自慢に思ってください(笑)

お母さんも、いつも身勝手な僕の事を理解して、受け止めてくれて、ありがとう。

もうちょっと心配かけると思いますが、風邪を引いたり、病気には

なっていないから、安心してください。自炊はちょっと遠ざかっているけれど、

掃除と洗濯はちゃんとやってます。家賃や税金も、滞納してないから大丈夫。

そして、姉と弟・・・この作品については、取り立てて会話はしていないけれど、

見守っていてください(笑)

いよいよここから、作品制作を本格化していきます。

皆様のご期待に応えるためにも、そして、僭越ながら、

アニメーションの作り手となり、現代に生きる者として、

この作品を、最高のかたちで、生み出していきます。

どうか今後も、皆様からのご声援、よろしくお願い致します。

長々と失礼しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

改めて、これからも、どうぞよろしくお願い致します!!

2017年1月29日

「火づくり」監督 松浦直紀

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • 支援者限定アップデート
    • 携帯/スマートフォン用 壁紙
    • Facebook/Twitter カバーイラスト/アイコン画像
    • 作品のテーマ曲「DryDryTry」のMVをDL
    • 2017年08月 にお届け予定です。
    • 31人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 支援者限定アップデート
    • 携帯/スマートフォン用 壁紙
    • Facebook/Twitter カバーイラスト/アイコン画像
    • 作品のテーマ曲「DryDryTry」のMVをDL
    • ポストカードセット
    • 完成試写会ご招待
    • エンドロールにお名前を掲載
    • 2018年01月 にお届け予定です。
    • 66人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 支援者限定アップデート
    • 携帯/スマートフォン用 壁紙
    • Facebook/Twitter カバーイラスト/アイコン画像
    • 作品のテーマ曲「DryDryTry」のMVをDL
    • ポストカードセット
    • 完成試写会ご招待
    • エンドロールにお名前を掲載
    • BlurayDisc(特別版)
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • 支援者限定アップデート
    • 携帯/スマートフォン用 壁紙
    • Facebook/Twitter カバーイラスト/アイコン画像
    • 作品のテーマ曲「DryDryTry」のMVをDL
    • ポストカードセット
    • 完成試写会ご招待
    • エンドロールにお名前を掲載
    • BlurayDisc(特別版)
    • メイキングブック贈呈
    • ライブ上映会ご招待券(2名1組様)
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • 支援者限定アップデート
    • 携帯/スマートフォン用 壁紙
    • Facebook/Twitter カバーイラスト/アイコン画像
    • 作品のテーマ曲「DryDryTry」のMVをDL
    • ポストカードセット
    • 完成試写会ご招待
    • エンドロールにお名前を掲載
    • BlurayDisc(特別版)
    • メイキングブック贈呈
    • ライブ上映会ご招待券(2名1組様)
    • 複製絵コンテ贈呈
    • 特製てぬぐい贈呈
    • 公式マスコットキャラクター「アメノさんともちてつ」の特製ぬいぐるみ
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。