2018年国内最大規模の国際哲学カフェ開催をクラウドファンディングで実現!

広島で、これまでにない形で「平和」を考えるイベントをつくりたい。
2018年国内最大規模の国際哲学カフェ開催プロジェクト。

11月3日(土)に広島市内のカフェにて、東京・岡山から哲学対話の進行役3人を呼んで哲学カフェイベントを開催したい。キーワードは「争い」。世代・経験・立場・肩書き・国籍を問わない「より自由な対話の場」をつくりたい。

コレクター
15
現在までに集まった金額
120,000
残り日数
49
目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2018年10月1日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2018年10月1日23:59までに集まった金額がファンディングされます。
Middle 1528468269

Presenter
ひろしま哲学カフェ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

2017年4月から、毎月広島市内で「ひろしま哲学カフェ ~呼吸と哲学カフェ」や、不定期で哲学ウォーク、哲学パブを開催しています。このほか、広島市内で英語による哲学カフェや、高校生のための英語哲学対話イベントも企画・開催しています。全国的に哲学カフェの人気が高まる中、広島市内における哲学対話の機会を増やしてきました。「カフェフィロ」パートナー。

このプロジェクトについて

11月3日(土)に広島市内のカフェにて、東京・岡山から哲学対話の進行役3人を呼んで哲学カフェイベントを開催したい。キーワードは「争い」。世代・経験・立場・肩書き・国籍を問わない「より自由な対話の場」をつくりたい。

Please click here for reading in English.

【このプロジェクト・イベントの余剰金は「平成30年7月広島県豪雨災害義援金」に寄付いたします / The surplus budget of this event will be donated to July 2018 Hiroshima Heavy Rain Disaster.】

0.プロジェクト・サマリー

2018年11月3日(土)に広島市内の「喫茶さえき」で開催を目指す、「ひとりひとりの『平和』を考える哲学カフェ」イベント。平和を考えるきっかけとして「争い」をキーワードに、最大45人の参加者が対話を楽しめる場をつくりたいと思っています。英語のグループを設け、国籍や世代、肩書き、経験を超えた人々が対話できるイベントを実現したいです。

◆イベントのポイント◆

  • 2018年国内最大規模の国際哲学カフェ(2018.7時点、当方調べ)
  • 東京や大阪、岡山などで経験豊富な3人のファシリテーターが、広島にやってきます
  • 「平和」「争い」について、誰の言葉も借りずに考える。決まった方向性のメッセージを伝えない。これまでになかった形の平和関連イベントを広島で開催します

◆イベントのプログラム◆

・第1部:進行役3人によるトーク「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」
・第2部:3グループに分かれて哲学カフェ…キーワード〈争い / Conflict〉
「平和」とは「争いのない状態」と考えることもできます。今回、平和について考えるためにきっかけとして、「争い」という切り口から対話を始めてみたいと思います。
・第3部:全体で、対話の振り返りと共有

1.広島に引っ越してきて、思ったこと

はじめまして、私は広島市内で「ひろしま哲学カフェ」というイベントを毎月開催している、草間さゆりと申します。このたび、すっかり好きになってしまった広島で、「ひとりひとりの『平和』を考える哲学カフェ」というイベントを2018年11月に開催したく、クラウドファンディングを始めることになりました。


私は2016年秋に、転勤で広島市内に引っ越してきました。原爆投下という歴史をもつヒロシマには、「戦争はなくそう」「核兵器廃絶」といった伝え続けなければならない大事なメッセージがあり、一年を通してさまざまな平和関連イベントが開催されています。戦争を体験していない私にとって、イベントで聴くお話やメッセージには賛同することが多く、ひとつひとつのイベントがとても貴重なものだと感じていました。

しかし一方で、イベントでは誰かのもっている「答え」を聴いたり、一定のメッセージ性をもっていることが多く、平和について素直に、「自由に」対話できるイベントがあまりないようにも思っていました。
また、戦争を体験していない世代からすると、イベントで語られるのは他の人の経験であったり、「よく聞く言葉」であることが多い。自分の言葉や自分の経験から「平和」について考えることも大事で、そこにはおそらく十人十色の考え方やイメージ、理由付けがあると思うのです。

さまざまな考えをお互いに聞き合い、まったく異なる考えさえも理解しようとする。そんな形のイベントがあれば、これまでになかった視点から、自分にとっての平和を考えることができるのではないか――、と思うに至りました。
そして、これを実現する方法として、今回私は「哲学カフェ」という形をとり、イベントを開催したいと考え始めました。

2.「ひとりひとりの『平和』を考える哲学カフェ」企画内容

一般的な平和関連イベントと異なり、このイベントでは結論を出したり、決まった方向性のメッセージを伝えたりはしません。ステレオタイプや「当たり前」を疑ってもよい対話の場をつくりたいと思っています
哲学に関する難しい知識は必要ありません。
ここで言う「哲学」とは、人の考えを理解する・自分の言葉で考える・問うこと――。
それでは、現在考えているイベントの企画内容をお伝えしたいと思います。

  • タイトル:ひとりひとりの「平和」を考える哲学カフェ  -Think Peace for Yourself : Philosophical Dialogue Session-
  • 日程:2018年11月3日(土祝)15:00~18:00 予定
  • 場所:広島市中区本通り近く「喫茶さえき」貸し切り

会場の「喫茶さえき」さん

  • 参加者数:最大45人を見込んでいます。
  • 対象:年代を問わずどなたでも。国籍を問わず。
  • 使用言語:日本語(2グループ)、英語(1グループ、第1・3部は通訳を予定)
  • 当日参加費:(未定)+1ドリンクオーダー
  • プログラム

第1部:進行役3人によるトーク「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」
「哲学カフェって、何?」というところから始まり、平和を哲学的に考えるとはどういうことか、進行役それぞれの考えを聞いていきたいと思います。「平和な社会を実現していく上で、哲学は何ができるのか?」という問いも投げかけてみたいです。 

第2部:哲学カフェ…キーワード〈争い / Conflict〉
「平和」とは「争いのない状態」と考えることもできます。よって、今回は「争い」というキーワードを切り口にして、平和について考える対話を始めたいと思います。
「争い」とはたとえば、ケンカや口論、人間関係の対立、心の中での葛藤、資源をめぐっての争い、はたまた命の奪い合い――。「争い」とは一見よくないものと思われがちですが、一方で、デモや「権力との闘い」のような、「よい争い」もある? 「争い」が始まるもとには何があるのでしょう? 争いは平和をつくることができる? 当日は「争い」にまつわるみなさんの日常経験と問いを募集してから対話を行います。 

第3部:全体で、対話の振り返り 
他のグループではどんな対話が行われたのか、進行役の方々から簡単な振り返りをしてもらい、全体で共有します。

  • 進行役プロフィール

寺田俊郎●1962年、広島生まれ。高校卒業までを広島で過ごす。上智大学文学部哲学科教授。2000年以来哲学カフェを中心とする哲学的対話の活動を続ける。「カフェフィロ」正会員。特定NPO法人「こども哲学・おとな哲学 アーダコーダ」監事。お気に入りのカフェメニューは、夏でもホットコーヒー。
松川絵里●1979年、大阪府生まれ。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任研究員を経て、現在はフリーランスの〈てつがくやさん〉。現在は岡山を中心に、カフェ、公民館、社会福祉施設など地域のさまざまな場所で哲学対話を企画、進行役を務める。「カフェフィロ」副代表。お気に入りのカフェメニューはロイヤルミルクティー。
Flavia Baldari●1984年、イタリア生まれ。東京大学法学政治学研究科博士課程を卒業し、現在は同科特任講師。「子どものための哲学」で日本語による進行役を務めたり、一般社団法人「哲学相談おんころ」の会員として、英語での哲学カフェ進行を務める。お気に入りのカフェメニューはマキアート。

※企画内容は今後、変更になる場合があります。

3.哲学カフェって、なに?

でも、そもそも「哲学カフェ」って何? という方もいらっしゃると思いますので、
以下、哲学カフェとはナンゾヤを、Q&A形式で書いてみたいと思います。生粋の広島ジンではないので、多少方言が間違っていてもお許しください…!

◆Q1.「哲学カフェ」って、いつ始まったんかいね?
1992年にフランス・パリのカフェで生まれ、日本では2000年前後から全国で行われるようになってきたんよ。

◆Q2. ほうなんじゃ。どんな感じで進むんかいね? なんかルールがあるん?
進行役が一人おってね、だいたい10~15人くらいの参加者よ。1つのテーマについて2時間じっくり話すんよ。テーマのキーワードは「常識」「後悔」「かわいい」「親切とおせっかい」とかね。ルールは進行役によって異なるんじゃけど、たとえばこんな感じよね。

  • 人の話をよう聞いてから、ぜひそれに反応・質問してあげんさい
  • えらい人の言葉・先人の思想を使わんこうに、自分の言葉で話しんさい
  • 自分の考えが変わっていくんを、楽しんだらええよ!


◆Q3. なるほど、ちょっとわかってきたわ。ほいで、目的は何かいね? どこが楽しいん?
一言で言うたら、目的は「対話を楽しむこと」よ。どこが楽しいか、ゆうて、これまで参加者から聞いた感想やら、私の考えを書いてみるけえ。

  • 難しい専門知識に頼らずに、自分たちの言葉だけで考えることが楽しい
  • 反対の考えや疑問(問い)を含めたいろいろな意見を聞くことができる
  • わかっていたつもりことがわからなくなったり、考えもしなかった問いが見つかることも楽しい


◆Q4. ほうねぇ。でも、他の話し合いの方法とどう違うん?
「哲学カフェ」は、ひとつの答え・結論を出したり、合意形成を目指すことが目的じゃないんよ。 肩書きや知識の量に関係なく、問いに対して全員が対等に対話ができる場なんよ。反対の考えや質問がどんどんあってもええし、ゆっくり話してええ。

じゃけぇ、相手を説得するディベートやら、多数派意見が重視されるディスカッションとは違うし、日常会話やら会議とも違う。哲学カフェは 「より自由な対話の場」じゃぁ思うんよ。

自分とまったく異なる考えを話した相手に、「もうこれ以上話しとうない」「話しても理解し合えんじゃろうて」という態度じゃのうて、「なんでそう考えるん?」と、相手の考えを知ろうとする姿勢で対話が行われる。これは、平和的なコミュニケーションの方法のひとつといえるかもしれんじゃろ。

Q5. ほうなんじゃ。げに「自由な対話」なんかいね? ケンカは起きんのん?
哲学カフェでは、 対立する考えが出れば、それは対話を深めていく大事なポイントなんよ。「平和のために必要な戦争もある」という考えの方や、「小さい頃から平和のことばかり聞いて、平和アレルギーになった」のようなモヤモヤを持っとる人もおるかもしれん。 
「平和」という概念について、例えば「家族で仲良くする」「心の中の平和」のような、もっと広い意味で捉える方もおるかもしれん。

そこに理由付けがある限り、ここで語っちゃいけないことはない。もしかすると、最初はまったく意見が異なると思っとった相手が、聞いていくうちに「意外と似とる部分もある」と思えてくるかもしれんよ。

◆ほうか、ちと参加してみとうなってきたわ!

4.リターンについて

次に、リターンについてご紹介します。次のA~Eの種類で、セットもご用意しています。

  • お礼メッセージ ……このイベントのイラストを描いてくださった広島県出身のアーティスト・mvchomayaさんのイラスト入りで、メールにてお届けします
  • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載......クラウドファンディング終了後、イベントを告知するFacebookページや申込フォームページ、「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブックにお名前を掲載します。(非掲載も可)
  • A: 11月3日 哲学カフェイベント 参加権(ドリンク代は別途)......購入後、別途イベント申込フォーム(リターン者専用フォーム)をメールにてお送りしますので、改めてイベント申込をお願いいたします。チケットの郵送はございません。当日行けなかった場合は、他日程の「ひろしま哲学カフェ」に1回無料でご参加いただけます(差額の返金はいたしません)。
  • B: 定期開催 ひろしま哲学カフェ(11月3日以外)1回参加権 ……9月以降の「ひろしま哲学カフェ」にご参加いただけます(ドリンク代別途)。ご参加の際は「ひろしま哲学カフェ」facebookページなどをご覧いただき、ご希望の日程にて参加お申込みをお願いいたします(申込はSNSを使わずにメールでも可能です)。その際、クラウドファンディング特典利用の旨をお伝えください。チケットの郵送はございません。
  • C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック印刷版送付 ……当日の第1部のトークセッションをまとめたミニブックを制作します。
  • D: 広島市&尾道 哲学カフェ・パスポート ……広島県内で開催されている「ひろしま哲学カフェ(広島市、毎月)」「哲学カフェ尾道(隔月)」に計10回まで無料で参加できるパスポートです。期限なし。ドリンク代は別途。11月3日のイベントでも使用可能。 パスポートは10月中に発送予定です。*将来的に、主催者の都合で開催頻度の変更または開催が休止された場合、恐れ入りますが返金対応などはいたしかねます。
  • E: 「ひろしま哲学カフェ」あなたのところへ出張します!(要別途交通費の場合あり) ……開催場所、対象に合わせたオリジナルの哲学カフェを企画します。進行は草間さゆりが担当させていただきます。提供予定日までにご連絡させていただきますので、企画の内容からご相談させていただければと思います。

5.どうしてクラウドファンディングが必要なの?

今回、クラウドファンディングに挑戦している理由は以下の2つです。 
(1)「平和」のような、ある意味センシティブなテーマで行う際は経験豊富な方による進行がより適していると考えていますが、広島県内にはそうした進行役の方が少なく、東京など県外から進行役を招きたいからです。
(2)哲学カフェは特に東日本大震災以降、全国的に注目が高まっていますが、 広島では開催頻度が東京や大阪に比べると少なく、認知度もそれほどあるとはいえません。今回、クラウドファンディングに挑戦したり、この少し大きい規模での哲学カフェイベントを開催することで、広島で、哲学カフェの楽しさをもっと伝えていきたいからです。

今回の目標金額は25万円に設定しました。目標金額に達しなくても、企画の縮小・変更および、今後継続的に毎月開催する「ひろしま哲学カフェ」の余剰金による補填で、イベントは開催いたします。
予算の使い道については、以下のように考えています。

  • 進行役の方(3名)の交通費など 10万円
  • 会場費 3.5万円
  • 告知物(ポスター・チラシデザイン、イラスト)制作費 4万円
  • リターン(ミニブック)制作費・印刷費 4.5万円
  • その他、プラットフォーム手数料など 3万円

上記以外にも、告知物印刷費・マイクレンタル費・通訳関連費などがかかることを見込んでいますが、参加費から充てる予定です。イベント後に予算が余った場合は、「平成30年7月広島県豪雨災害義援金」に寄付いたします。

6.おわりに

長文にもかかわらず、最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
広島にとって新しい風になるよう頑張りますので、どうかどうか、よろしくお願いいたします!

ひろしま哲学カフェ主宰・草間さゆり●1989年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部にて高等教育に関する哲学を学び、学生時代から哲学カフェに通う。哲学カフェ進行役の勉強会などを経て、2017年4月より、広島市内で毎月「ひろしま哲学カフェ ~呼吸と哲学カフェ」を開く。英語の哲学カフェの企画も行う。「カフェフィロ」パートナー会員。お気に入りのカフェメニューはチャイ。


※支援の方法やパソコンの操作などがわからない場合は、「hirophilocafe*gmail.com」(*を@に変えてください)までご連絡いただければと思います。

Illustration by mvchomaya

photos by Erika Abiko, Hozumi Masada, Steve Jarvis 
Hiroshima dialect proof reading by Junpei Hirao

----English version is below----- 

-----------------------------------------

Dear all,
My name is Sayuri Kusama, I monthly organize Philosophy Dialogue café in Hiroshima city in Japanese from last year spring. Also I have organized the one spoken in English a few times so far.
Philo café is a public activity that has spread from Paris since 1992 and now enjoyed by lots of people around the world, even around Japan.

Now I am funding to organize the larger Philo Dialogue café event; ”Think Peace for Yourself “ -Philosophical Dialogue Session- on November 3rd 2018 in Hiroshima-city. We will prepare one group spoken in English of all three groups, so we would be happy if you get interested in this event! 

Please let me explain (1)WHY I would like to organize it, (2) the PROPOSAL of the event, (3) WHAT is ” Philosophy café”? and (4) Return.

(1) WHY? --I would like to create opportunities for participants:

  • I. To be aware of that and enjoy listening to varied perspectives. Because in Hiroshima people seem to have common idea of “peace,” but there should be a diversity of thought and reasoning. Talking with people from a variety of generation and background.
  • II. To consider with your words, not by borrowing “answers” from famous figures or from the media. In this event, we would like to question the stereotypes and assumptions in our mind.
  • III. To be able to talk honestly. One could say “Some war could foster peace, because…” or people with a “Peace allergy” would also be welcomed here. We want to listen and try to understand their way of thinking.
  • IV. Not to put forward typical arguments, for example “let’s continue to appeal for the importance of peace.” To help guide this process there is a facilitator and rules & attitude, and PD does not aim to make conclusion.

(2) Proposal of the event : ”Think Peace for Yourself” -Philosophical Dialogue Session-

  • Date: 2018 November 3rd (sat) 
  • Place: Café Saeki (reserved all space) , near Hondo-ri, Naka-ku, Hiroshima-city
  • Capacity: 45 participants (3 groups including 1 English group, 15 persons each)
  • Intended:Regardless of Nationality & Age   
  • Fee: (Not decided) + a drink order

Part 1: Talking Session by 3 facilitators (40 mins) *Interpreter for E-group (planning)
  --What is Philosophical Dialogue?
  --What does it mean, “Thinking of Peace Philosophically"? 
  --How could Philosophy contributes to fostering Peaceful society (or Peace)?

Part 2: Philosophical Dialogue Session separated to 3 groups (90-120 mins)
Keyword : Conflict》
Among the possible definitions of peace we could say that peace is the absence of conflicts. So We would like to start the dialogue from the keyword "conflict".
But how can we define “conflict”? This can be considered as, for example, a quarrel or an argument, a conflict in your relationship, a conflict in your mind, a competition for resources, or a, eventually, lethal physical combat… Generally, “conflict” has a negative image, however, can we think of a “positive conflict for peace” as in demonstrations against oppressive power? What are the origins of “conflict”? The more we think, the more confused we get. Please bring your daily experience and question about “conflict”!

Part3: Entirely Reviewing Session by facilitators (15 mins) *Interpreter for E-group (planning)
Sharing briefly each group’s dialogue.

<Facilitators>

Toshiro Terada(寺田俊郎), was born in Hiroshima in 1962 and resided there until his graduation from high school. Professor for philosophy at Sophia University in Tokyo. Since 2000, he has been active in philosophical dialogue, primarily in philosophical café. He is a member of “Café Philo(カフェフィロ)” and the NPO “Philosophy for Children & Adult Ardacoda(こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ)”. His favorite café menu is “Hot coffee even in summer”.

Eri Matsukawa(松川絵里), was born in Osaka in 1979. After Specially Appointed Research of Center for the Study of Co* Design in Osaka University, currently "freelance philosopher".  Living in Okayama, she organizes and facilitates a variety of philosophical dialogues in a café, local community center and social welfare facility etc. She is Vice President of “Café Philo(カフェフィロ)”. Her favorite café menu is “Royal milk tea”.
Flavia Baldari, was born in Italy in 1984 and holds a Ph.D. from Graduate School of Law and Politics, the University of Tokyo, where is is currently Project Lecturer. She has facilitated in Japanese in “Philosophy for Children” and in English in philosophical café as a member of “Philosophical Counseling Oncolo(哲学相談おんころ)”.Her favorite café menu is “Macchiato”.

(3) WHAT is “Philosophy Café”?

Philosophy Cafe has been spread from Paris to the world since 1992. It is not a debate and discussion. It is a way to enjoy questioning and exploring our subconscious beliefs, stereotypes, ideas and assumptions, not in the form of an argument, rather by listening to and questioning opposing opinions.

It is often said that understanding each other is necessary for fostering peace, but what does mean by “understanding each other”? I believe one of the ways to do that is Philosophy Café.

Waiting for other’s words patiently, reacting to other’s idea, realizing the stereotype & assumption in our mind unconsciously and questioning is very important for the dialogue. Then philosophy cafe give us possibility to do that.
We usually tell tips (rules) in Philosophy Café as following:

++ Tips for Making A Community of Inquiry ++

  • Listen carefully to others and consider other’s opinion.
  • Please raise your hand when you would like to speak. Then as you are passed the community ball (Dolphin!), start to speak.
  • During the dialogue you don’t need to introduce yourself nor even your nationality.
  • Please speak in your own words, not a philosopher’s or someone else’s words.
  • To native speakers, we would appreciate if you speak slowly and clearly.

In Hiroshima, I think there are few events like that people staying in Hiroshima from a variety of countries enjoy a dialogue in English. Don’t miss this chance and very welcome of your participation!

(4) Return (for English speakers)

Please select "Return A", including as following;

  • One Free ticket of participating this event (3rd of November, 2018)......You are still required to pay for a drink. The ticket will not be sent, but instead you will receive the application form. Please apply to participate through with this form. If you can not participate for some reason, you can substitute with one of the monthly Philo cafe in Hiroshima-city (in Japanese). Unfortunately, there is no refund if you do not participate.
  • A Thanks email
  • Publishing your name on the event web page

(Other returns are written and spoken only in Japanese. Please check Japanese explanation above.)

※※If you don’t know how to use this cloud funding site, don’t hesitate to ask me through email; hirophilocafe at gmail.com

Thank you very much for reading until the last. 

Sayuri Kusama 

Sayuri Kusama, was born in Tokyo in 1989 and graduated from Keio university as studying philosophy of higher education. She monthly has been facilitating philosophical dialogue cafe in Japanese in Hiroshima city since April of 2017 and also she has organized a number of Philo café in English. She is a partner of "Cafe-Philo (カフェフィロ)" .Her favorite café menu is “Spiced Tea”.


リターンを選ぶ

  • 3000

    お礼メッセージ

    • お礼メッセージ
    • 2018年11月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 4000

    B: 定期開催 ひろしま哲学カフェ(11月3日以外)1回参加権

    • B: 定期開催 ひろしま哲学カフェ(11月3日以外)1回参加権
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2018年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り21枚

    5000

    A: 11月3日 哲学カフェイベント 参加権 / A: Free ticket for 2018/11/3 event

    • A: 11月3日 哲学カフェイベント 参加権(ドリンク代は別途)/ A: Free ticket
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2018年11月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 5000

    C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック送付

    • C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック印刷版送付
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2019年02月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 6000

    B + Cセット

    • B: 定期開催 ひろしま哲学カフェ(11月3日以外)1回参加権
    • C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック印刷版送付
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2019年02月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 7000

    A + Cセット

    • A: 11月3日 哲学カフェイベント 参加権(ドリンク代は別途)/ A: Free ticket
    • C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック印刷版送付
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2019年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り7枚

    10000

    D + Cセット

    • D: 広島市・尾道市開催の哲学カフェ・共通パスポート(計10回まで参加無料、ドリンク代は別途)
    • C: 「平和を哲学的に考えるって、どういうこと?」ミニブック印刷版送付
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2019年02月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 25000

    「ひろしま哲学カフェ」あなたのところへ出張します!

    • E: 「ひろしま哲学カフェ」あなたのところへ出張します!(要別途交通費の場合あり)
    • お礼メッセージ
    • イベント告知ウェブページおよびミニブックにお名前掲載
    • 2019年01月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。