若者が多様な働き方に出会えるイベント「だっぴ50×50」開催プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

若者が多様な働き方に出会えるイベント「だっぴ50×50」開催プロジェクト

Daappis ▶ 再生
  • コレクター
    19人
  • 合計金額
    140,000円
  • 残り
    0日

目標金額は120,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

これからの働き方や生き方を考える若者50人が、様々な働き方・生き方をする素敵な大人50人と
出会い、尋ね、語り合うそんなイベントが開催されています。
その名も「だっぴ 50×50」。岡山で、大人と若者の あたらしい関係が育とうとしています。

これからの働き方や生き方を考える若者50人が、

様々な働き方・生き方をする素敵な大人50人と

出会い、

尋ね、

語り合う

そんなイベントが開催されています。


その名も「だっぴ 50×50」。

岡山で、大人と若者の あたらしい関係が育とうとしています。





プロジェクトの背景

「かいわれの会」は、かんきょうに・いっしょうけんめいな・わかての・れんけい、の頭文字から名づけられています。その名のとおり、県内の若手社会人を中心にした環境に関する勉強会などを主な活動としてます。

活動を通じて、地球規模での社会問題を背景として、「持続可能な生き方」が求められる時代になっていることを感じ、この「だっぴ 50×50」というイベントの開催をはじめました。

社会は多様化する一方で、時代に対応した多様な働き方や人生観に、若者が出会う機会はほとんどありません。
また、あったとしても「大人側の視点による」情報提供がほとんどで、若者の心に響いていないのが現実です。

この状況から脱却するため、若者自らがつくった「フラットな場」を「あたらしい橋渡し役」として育てることを、「だっぴ 50×50」というイベントは目指しています。





みなさまからの支援で実現したいこと

2013年1月6日(日)に、トークイベント「だっぴ50×50」の開催します。

当日は、副市長から助産師まで様々な職業の「豊かな未来をつくりたいと軸をもって働いている」大人50人と、10代~30代までの「これからの岡山を担う若者」50人が交じり合って話をします。

現在、若者による実行委員が、当日の進行準備やゲストとなる大人への依頼、ウェブサイトなどによる情報発信に取り組んでいます。




今回いただく寄付はその1月6日開催の「だっぴ50×50」の様子をとりまとめ、今後広めていくための広報費用とさせていただきます。「これまでだっぴに参加したことがない若者」にこの場があることを伝えるために案内パンフや動画の作成に活用できればと考えています。


岡山の未来を担う若者たちのチャレンジを応援してください!







[ 実施団体 ]

かいわれの会

活動内容   勉強会、交流会、自主セミナーの開催
代 表 者  柏原 拓史
設立年月日 2007年3月24日



本プロジェクトは、みんなでつくる財団おかやまの「割り勘で夢をかなえよう」プロジェクト・第1期事業指定寄附プログラムの1つです。

(さらに詳しい情報や郵便振替による寄附はこちらをご覧ください)

もっと読む
コレクター
19人
現在までに集まった金額
140,000円
目標金額は120,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 3,000円

    • 「これからの岡山を担う若者」の声を詰め込んだ、報告書をお送りします。
    • 11人
  • 5,000円

    • 「これからの岡山を担う若者」の声を詰め込んだ、報告書をお送りします。
    • 4人
  • 10,000円

    • 「これからの岡山を担う若者」の声を詰め込んだ、報告書をお送りします。
    • 様々な職業の「豊かな未来をつくりたいと軸をもって働いている大人」50人のプロフィール集をお送りします。
    • 4人

プレゼンター

Mintuku logo

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま

  • 岡山県

「公益財団法人みんなでつくる財団おかやま」は、岡山県内の約100名の若者による“呼びかけ人”が中心となり、広く市民に基本財産の寄付を呼び掛け、530名より集まった4,133,000円を基本財産として設立しました。 地域の社会課題解決をじぶんたちの手で実現するための「あたらしいインフラ」として、この岡山の地に根付くものになるよう、取り組みを展開していきます。

質問や意見をメールする