夏の花山湖畔 花火大会復活をクラウドファンディングで実現!

夏の花山湖畔に花火大会を復活させるプロジェクト!

  • 阿部 幹司
  • コミュニティ
  • 宮城県
9f9d4f7a d4f0 438c 964a 467a246645e2
  • コレクター
    5人
  • 合計金額
    19,900円
  • 残り
    0日

目標金額は400,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2017年8月11日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

宮城県栗原市花山は宮城県の西北部に位置する風光明媚な地域です。
昭和32(1957)年に旧花山村中心部を水没させた「花山ダム」を会場に、ダム完成60年を記念し、49年ぶりに花火大会を復活させようとするプロジェクトです。

花山ダム完成60年を記念して花火大会を復活させたい!

宮城県栗原市花山在住の阿部 幹司(あべ みきちか)と申します。東日本大震災後の平成23(2011)年7月に「地域おこし協力隊」として赴任して定住を決意、任期終了後は起業して現在に至っています。

花山地区は農業・林業が盛んな地域でした。昭和32(1957)年に旧花山村中心部を水没させた「花山ダム」が完成し、以降宮城県北部の水源として今日に至るまで重要な機能を果たしております。ダムの完成とほぼ時を同じくして昭和34(1959)年から昭和43(1968)年まで毎年花山地区では花火大会が開かれていました。

しかし、昭和39(1964)年の木材輸入の全面自由化により林業が衰退、さらにダムの完成と共に人口が仙台や首都圏に流失するきっかけともなり、花山地区の人口は過疎化していったのです。

平成20(2008)年6月14日の「岩手・宮城内陸地震」は花山地区に甚大な被害をもたらしました。過疎化に加え、高齢化が進展し、花山地区はこれらに加え空き家問題・耕作放棄地問題が顕在化していったのです。
さらに平成26(2014)年8月に「小さな拠点」づくり推進協議会が発足するなど、地域づくりの新たな取り組みが始まったのです。

これらが功を奏し、平成28年度は首都圏から2組5名の移住者が現れるなど、地域に新たな活力が蘇りつつあります。花山ダムが完成して60年を迎える今年、49年ぶりに花火大会を復活させることを目指すプロジェクトです。

毎年開かれる「はなやま夏まつり」にて花火を打ち上げ、地域づくりの起爆剤に!

 本プロジェクトはお盆期間中に開催される「はなやま夏まつり」において花山湖畔に花火を打ち上げ、地域住民のみならず帰省中の方々や観光客にご覧いただくことを目指し、花山地区の地域づくりが新たな局面に入ったことを可視化し、勇気と希望を共にして、一丸で取り組む起爆剤になることを目指しています。

花山観光物産協会様や「小さな拠点」づくり推進協議会、花山地区のすべての諸団体様と連携し、地域住民一丸となって実現を目指しています! 

参加するすべての方が地域に夢や希望を抱ける花火大会に!

花山在住の方はもちろん、花山出身の方、花山に縁がある方など、すべての方々が地域づくりに参加できる、協働の意欲をもって夢や希望が抱ける花火大会にしたいのです。「岩手・宮城内陸地震」でも「東日本大震災」においてもあきらめず、へこたれずにひたむきに復興に向け、地域づくりに励んできた花山の皆さんの真摯な姿は、ヨソ者である当時地域おこし協力隊であった私の胸を深く打ちました。

全くの赤の他人、ヨソ者である私を温かく迎え入れてくれた花山の皆さんにいつかご恩返しがしたい。

そう願っての6年間でした。

地域の皆さんに理解と協力をいただき、いよいよ花火大会が実現できる道筋を整えることができたのです。

後はお金を募集することです。

現在国内では「地方創生」の名の下、様々な地域で数えきれないプロジェクトが進められています。どれも素晴らしいものばかりで、地域づくりのお手伝いをする私にとっても勉強になったり、学ぶ点が多々あります。花山地区は私が移住した当初、二度の大震災の影響で意気消沈しているように見受けられました。それでもみんなが一緒に取り組んできたことで、今花山地区は再び力強い歩みを進め始めたように感じています。

どんな地域でも可能性がある。

諦めたらいけない。そんな願いを込め、花火大会を実現させたく思います。 

主な特典のご紹介

■サンクスレター
〇賛同してくださった方に感謝の気持ちを込めて一生懸命書かせていただきます。

花火の写真をデータにてご進呈!
〇当日の花火の様子を写真に収め、データにて進呈いたします。待ち受け画面等にしてお楽しみください!

ヨガ無料体験
〇花山地区に6月24日にオープンした多目的交流施設「有隣亭」で行われるヨガ教室にご招待します!

温泉入浴券
〇花山温泉郷「温湯山荘」の温泉入浴券を進呈します。緑豊かな山あいの里でごゆっくりご堪能ください!

「湖畔のみせ 旬彩」お食事割引サービス(500円分)
〇花山に数ある特産品を逸品に仕上げました。ぜひお召しあがりください。「湖畔のみせ 旬彩」でご利用になることができます。

花山の特産品詰め合わせ 
〇自然薯や山菜、日本酒など、花山地区をはじめとした栗原市には特産品の数々がございます。ご自宅でお楽しみください!
「栗原の特産品詰め合わせ」(1)→ふさすぐりジャムやお漬物、花山産ワサビなど、選りすぐりの逸品を詰め合わせてお届けします!
「栗原の特産品詰め合わせ」(2)→(1)に加え、日本酒や自然薯など、栗原の豊かな恵みが織りなす特産品をお送りします!!

温泉1泊2日ご招待
〇花山の名湯、「温湯山荘」(ぬるゆさんそう)にご招待します。
山あいの静かな空間で身も心も癒してもらえるものと確信しております。

お店のご案内

「温湯山荘」・・・仙台藩寒湯御番所(ぬるゆごばんしょ)は秋田に通じる街道の関所として江戸時代の遺構をそのままに遺しています。そこに隣接する「温湯山荘」は、古くから湯治の場として賑わっておりました。
低張性アルカリ性高温泉はしっとりとした泉質です。
露天風呂は山々を一望することができ、開放的な気分をお楽しみいただくことができます。


「湖畔のみせ 旬彩」・・・花山湖畔を一望に見渡すことができる絶好の場所に位置しております。

晴れの日には花山湖畔を経て地域の中心部や、遠くに栗駒山を臨むことができます。
漢方牛をふんだんに用いた「ローストビーフ丼」がお客様から大変好評を博しています。

「有隣亭」・・・平成23(2011)年の「東日本大震災」で使用された応急仮設住宅を再使用し多目的交流スペース、有隣亭(ゆうりんてい)。ヨガ教室だけではなく、英会話教室、書道教室など、先生をお招きして多彩な催しごとを行っております。

今回ご寄付いただいた金額は以下のように使用させていただくことを想定しております。

20万円・・・花火打ち上げ費用
15万円・・・クラウドファンディングで寄付をしていただいた方への返礼費用
5万円・・・ 事務費や関連費用

これに対し、収入は以下のように募ります。
40万円・・・クラウドファンディングで募集
20万円・・・観光物産協会様より出資
5万円・・・ 地元の個人や法人様より出資見込

(追記)
7月9日、花山出身方の交流会が仙台市内であり、3万円余のもの寄付を頂戴することができました。
ふるさとを想う気持ち、花火を打ち上げようとする趣旨に対し温かな応援をしてくれる皆様のお気持ちに大変嬉しく思いました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

想定されるリスクとチャレンジ

    はなやま夏まつりは本年8月14日(月)に開催されます。小雨決行ですが、雷雨・豪雨に見舞われた場合は中止となる可能性があります。

    目標金額に達成しなかった場合も花火大会は実施したいと思います。なぜなら、「はなやま夏まつり」から一部出資していただけること、花山の地域住民の皆様から寄付を募ること、そして、花山出身の方から寄付を募ることになっているからです。   

持続可能な地域づくりに向けた第一歩

人口1,088人。高齢化率48%。(2017年4月末現在。栗原市HPより算出)栗原市内でも最も高齢化率が高い花山地区は一見すると消滅してしまう地域の際たるものかもしれません。それでも前向きな地域の人々の姿に、私はいつも感銘を受けておりました。花山地区も豊富な地域資源があります。花山ダムもその一つです。地元の古老に言わせると、

「あれができたから人口減が加速した」
ということになりそうです。

しかし私はそうは思いません。
豊かな水資源が下流を潤すだけではなく、美しい環境を作り出しているのです。
花火大会が実現すれば、水面に映える花火の数々。

それを見て地域の皆さんは、

「花山にダムがあって良かったなあ」と思ってくれることを願っているのです。

生まれ育ったふるさとに愛着を持つきっかけとなるプロジェクトです。
花山に関わって良かったなあ、と思っていただけるようなプロジェクトです。

どうか皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

もっと読む
コレクター
5人
現在までに集まった金額
19,900円
目標金額は400,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2017年8月11日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    サンクスレター

    • サンクスレター
    • 1人
    • お届け予定:2018年01月
  • 1,500円

    サンクスレターに加え、花火の写真をご進呈!

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月
  • 3,000円

    花山で癒しのひととき

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • ヨガ体験ご招待
    • 日帰り温泉入浴ご招待
    • 1人
    • お届け予定:2018年01月
  • 5,000円 残り7枚

    「湖畔のみせ 旬彩」の味覚をお楽しみください!

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • ヨガ体験ご招待
    • 日帰り温泉入浴ご招待
    • お食事割引サービス(500円分)「湖畔のみせ 旬彩」でのご利用が可能です。
    • 3人
    • お届け予定:2018年01月
  • 10,000円

    栗原の特産品詰め合わせ(1)

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • ヨガ体験ご招待
    • 日帰り温泉入浴ご招待
    • お食事割引サービス(500円分)「湖畔のみせ 旬彩」でのご利用が可能です。
    • 栗原の特産品詰め合わせ(1)
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月
  • 30,000円 残り1枚

    栗原の特産品詰め合わせ(2)

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • ヨガ体験ご招待
    • 日帰り温泉入浴ご招待
    • お食事割引サービス(500円分)「湖畔のみせ 旬彩」でのご利用が可能です。
    • 栗原の特産品詰め合わせ(2)
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月
  • 50,000円 残り1枚

    花山まるごとご満喫!!

    • サンクスレター
    • 当日の花火の写真をデータで進呈!
    • ヨガ体験ご招待
    • お食事割引サービス(500円分)「湖畔のみせ 旬彩」でのご利用が可能です。
    • 栗原の特産品詰め合わせ(2)
    • 温泉ご招待!(温湯山荘・1泊2食付き)
    • 0人
    • お届け予定:2018年01月

プレゼンター

Picture?type=large

阿部 幹司

  • 宮城県

サラリーマン等を経て31歳に保育士に。 結婚を機に故郷の仙台に戻り、認可外保育施設を開設・運営。 「東日本大震災」時にエネルギーと食料を絶たれ、我が子には生きる力を育んで欲しいと里山への移住を決意。 折しも「地域おこし協力隊」募集を知り、応募。 栗原市花山に赴任し、定住をし、任期終了後に「株式会社花山サンゼット」を設立し、現在に至る。

質問や意見をメールする