facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

映画『Good boy,Good girl』をクラウドファンディングで実現!

田中夢×奥田洋平×古屋隆太!
現実、夢、小説内が行き来するサスペンス・ラブストーリー映画制作

映画『Good boy,Good girl』
演劇界には未だ映画に発見されていない素晴らしい俳優達がいる。そんな彼らに映画に出演してもらい、日本の映画シーンがアップデートされることを願って企画した映画制作プロジェクト。

コレクター
22
現在までに集まった金額
193,500
残り日数
59
目標金額 900,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年11月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 900,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年11月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
山科 圭太 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
山科 圭太

俳優、映画監督をやっております山科圭太です。今回、10年ぶりに映画を撮ります。

このプロジェクトについて

映画『Good boy,Good girl』
演劇界には未だ映画に発見されていない素晴らしい俳優達がいる。そんな彼らに映画に出演してもらい、日本の映画シーンがアップデートされることを願って企画した映画制作プロジェクト。

映画『Good boy,Good girl』の制作背景

はじめまして、俳優の山科圭太と申します。僕はもともと映画をやっていたのですが、ここ4 年ほどは演劇作品に集中的に参加させていただきました。そこで驚いたのは、映画に未だ発見されていない素晴らしい俳優たちの存在で、彼らが映画に出ないのはとても勿体無いことだと思いました。それは、単に観客として作品を観て思ったことではなく、少なからず映画を探求した僕が、彼らと共演し、共に作品を作ったことによって感じたことです。まずは、彼らに映画に出演してもらい、彼らの素晴らしさを知ってもらいたい。そして、それによって日本の映画シーンが、より豊かになり、大きくアップデートされるのではないかと思い、この企画をスタートさせました。

作品の概要

俳優の魅力が最大限に発揮されるには、役になるのではなく役をやること、つまり役と俳優が同時に見えることだと考えます。そのときに発生するイメージの広がりに、観客は彼らに、そして映画に介入できる。ですから映画のスタンスは、 一面的なものではなく、幾つもの捉え方を備えた物語、現実と夢、回想、小説の中の世界が行き来する入れ子構造となります。その描かれる曖昧さの中に、俳優の類いまれなる魂と肉体が炙り出されるでしょう。この、物語上のサスペンス・ラブストーリーとは別次元に存在する真の俳優の姿が、結果的に映画を豊かにしてくれるだろうと思います。

タイトル:「Good boy,Good girl」
出演:田中夢、奥田洋平、古屋隆太、柴田貴哉、鮎川桃果、ほか
監督・編集:山科圭太
脚本:三宅一平、山科圭太
プロデューサー:井前裕士郎、山科圭太
撮影:松島翔平
ジャンル:劇映画〔サスペンス・ラブストーリー〕
想定尺:80min
撮影日数:10日程度

ストーリー

若い小説家ハルヒコは恋人のリリコと、新作のアイデアのために、従姉のヨウコからある夜の出来事を聞き出す。
3 年前の夜。アキラとヨウコが営んでいるバーにジロウが訪れ、久しぶりの再会。アキラとジロウは大学時代からの親友。 ヨウコとアキラは結婚していたが、ヨウコはジロウとも関係を持っていた。たわいもない話で盛り上がるが、同時に緊張感も。アキラがトイレにいっている間、ヨウコとジロウは消えていた。高架下で燃え上がる二人。それをアキラは見ていた...
この 3 人をモデルに小説を書き進めるハルヒコ。過剰にヨウコにのめり込んでいくハルヒコをリリコは止めようとする が、小説の世界は思いもよらぬ結末へ...

プロジェクトの想定スケジュール

2019年7〜8月・・・改稿、リハーサル、衣装合わせ、ロケハン
2019年9月15日〜25日・・・撮影
2019年10月・・・編集
2019年11月・・・整音、カラーコレクション作業、英語字幕版制作
2019年12月・・・完成
2020年・・・国内外の映画祭へ出品、劇場公開

キャストプロフィール

ヨウコ役:田中夢

2003年、宮沢章夫主宰・遊園地再生事業団「トーキョー・ボディ」で初舞台。以降メンバーとなる。2011年退団。教育現場でWSファシリテーターを経験しつつ、ダンスや映像に出演。2014年、立教大学映像身体学科入学。スカラシップを得て育児と俳優活動を主題としたドキュメンタリー映画を制作。2014年から、松田正隆代表・マレビトの会「長崎を上演する」「福島を上演する」に出演。[主な出演] 演劇:2005年「トーキョー/不在/ムレット」 2010年「ジャパニーズ・スリーピング」 (作•宮沢章夫) 映画:2013年「タートルハウス」 (監督•久保田誠) ダンス:2012年『踊りに行くぜ!!』出品作「MESSY」 (作•菅原さちゑ) 2015年「言語の霧」 (作•チョン・ヨンドゥ) など。

出演するにあたって

俳優として映画や演劇で独特の魅力を放ち、私にとっては良きライバルでもある山科氏。その彼の初監督作のキャストにオファーされ、正直驚きました。もう「ヒロイン」とは呼べないような30代後半の女性がこの映画の主人公です。そんな挑発的な企画と、挑戦的な監督の熱意に強く惹かれました。難しい役柄ですが、一歩踏み出して未知の領域を演じてみたいと思います。

監督のコメント

夢さんは、夢さんの人生が、身体に顔に、そして声に、ありありと刻み込まれていて、それを妖しげに発することができます。


アキラ役:奥田洋平

1999年に青年団へ入団。主な舞台出演作はサンプル、城山羊の会、五反田団など多数。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』や大河ドラマ『おんな城主直虎』『真田丸』、テレビ東京「三匹のおっさんスペシャル」など映像作でも活躍。

出演するにあたって

僕の個人的なこと書いて申し訳ないのですが、この作品は、今までしたことのない演技に挑戦する感じになると思っていまして、とにかく後悔しないように、思いきって、ぶつかっていきたいです。

監督のコメント

奥田さんの寡黙ながらも雄弁に語る繊細な、顔。そして常に微細に震えているかのような身体の深刻さにとても好感を持っています。


ジロウ役:古屋隆太

1999年青年団に入団。主な舞台出演作はサンプル、城山羊の会、岡田利規氏演出、谷賢一氏演出、戌井昭人演出など多数。大正時代のアナキスト・大杉栄を演じる青年団「走りながら眠れ」は何度も再演を積み重ねている。実直な青年役から胡散臭い役柄、狂気を孕んだ役と極端に幅広く役を演じ分ける俳優として、また柔らかく温かみのある声でナレーターとしても多く活躍している。

出演するにあたって

「劇的なるもの」とは何だろうと、そんな大それたことは普段考えておりませんが、この作品への意気込みはと問われ少し考えましたが、僕が最も敬愛する盟友である奥田洋平と友人同士という設定。肚に太く相手への思いを持つもの同士の関係こそ劇的なのではないかと。そこのところを追究しようと思ってます。

監督のコメント

古屋さんの演技によって生成される無邪気な艶は、画面に湿気をもたらし、それはフレームの外にまでおよび、映画の世界を広げてくれるでしょう。


ハルヒコ役:柴田貴哉

1988年、北海道出身。高校を卒業後、俳優を志し、上京。自主映画に出演をする。その後 Tori studio にて演技を学ぶ。主な出演作品として、 三宅唱監督「やくたたず」「playback」「密使と番人」「きみの鳥はうたえる」 塩田明彦監督 web ムービー「約束」中村祐太郎監督「若さと馬鹿さ」などに出演。

出演するにあたって

昔からの知り合いの山科くんにオファーされて、凄く嬉しかったです。だからといって、いつも以上に頑張るという事は、僕は決して出来ませんが、というか、この映画という特殊な世界に入って生きるという事は頑張るとか頑張らないとかの話ではないのです。生きるって事です。最近、読んだ漫画にあったセリフ『体が喜ぶ事をしてればいいのさ』僕は俳優である自分を信じて、体が喜ぶように生きたいと思っています。めっちゃ頑張ります!

監督のコメント

柴田は、ふてぶてしく何食わぬ態度で、自らをスクリーンにしっかりと定着させることのできる稀有な俳優です。そんな姿に甘んじることなく、彼の新たな可能性を見出したいと思います。


リリコ役:鮎川桃果

1991年6月10日生まれ。東京都出身。主な出演作としては、【ドラマ】 NHK BSプレミアム「徒歩7分」、テレビ東京「さすらい温泉 遠藤憲一」、【映画】「恋とさよならとハワイ」、「太陽の家」【舞台】五反田団「pion」、「新年工場見学会」、玉田企画「少年期の脳みそ」などがある。

出演するにあたって

今回一番嬉しいのは、役者とスタッフがとても近い関係で作品をつくれる環境です。これがなかなか難しかったりで、全体でコミュニケーションが多くとれるのは、いい作品に繋がると思っています!私は今までやった事のない役柄で、しかも普段の私を知ってる監督の山科くんの中でイメージがあるのも不思議で、チャレンジさせてもらえてとても嬉しいです!

監督のコメント

桃ちゃんの、奥底に流れる昔気質の女性性が不意に露わになる時、あのしっかりめの顔と相まって、聖母性を帯びはじめます。ある「正しさ」をもってそこに存在してくれるでしょう。

スタッフプロフィール

監督:山科圭太

1985年、兵庫県生まれ。神戸芸術工科大学にて建築を学ぶ。その後、映画美学校フィクションコースに入学し、卒業後、俳優、監督、スタッフとして映画に関わっていく。主な映画出演作は、企画も担当した『あの日々の話』(19年/玉田真也監督)、『ゆかちゃんの愛した時代』(18年/吐山ゆん監督)、『たまゆらのマリ子』(16年/瀬川浩志監督)など。舞台『福島を上演する』(16~18年)の他『今が、オールタイムベスト』(17年)、『バカンス』(18年)など玉田企画による舞台にも多数出演。映画『Playback』(12年/三宅唱監督)では、助監督を務め、今作は、長編1本目の監督作となる。


脚本:三宅一平

2012年よりマレビトの会にプロジェクト・メンバーとして参加。以降、『アンティゴネーへの旅の記録とその上演』(2012)、『長崎を上演する』(2013-2016)、『福島を上演する』 (2016-)に演出部、劇作家として関わる。2015年には、自身が代表を務める文字の劇場を立ち上げ、2018年には、俳優、演出家、研究者らのインタビュー映像の上映とドキュメンタリーにまつわる演劇作品の上演からなる『ドキュメンタリー』を発表した。

クラウドファンディングを行う理由

今作の製作費は300万円です。その内の80万円(目標金額90万円ー手数料10%)をクラウドファンディグで皆様にご協力いただきたいと思っております。前回、企画、出演した映画『あの日々の話』でもこちらのモーションギャラリーにて資金を募らせていただき、その際に思ったことは、ご協力いただいた皆様と一緒に作品を作っている感覚です。制作期間もずっと気にかけていただいたり、完成後観て頂いて、暖かいご感想をいただいたりと、制作前から、作品に参加して頂いていることに感動し、今作もクラウドファンディングをやってみようと決意いたしました。ご協力いただいた皆様のおかげで、『あの日々の話』は昨年の東京国際映画祭・スプラッシュ部門にて上映され、今年の4月に無事、劇場公開いたしました。今作もご支援いただいた資金をしっかりといい作品になるよう、有意義に使用させていただきたいと思っております。

リターン

1:前売り特別鑑賞券
劇場公開時、映画をご覧になれる前売り特別鑑賞券をプレゼント。

2:脚本
脚本データをプレゼント。

3:試写会へのご招待
試写会鑑賞券をプレゼント。

4:メイキング動画
現場のメイキング動画のデータをプレゼント。

5:スチール
現場スチールのデータをプレゼント。

6:サウンド・トラック
ギタリストもりのしんによる、サウンド・トラックのデータをプレゼント。

7:イラスト
劇中にも登場する、リリコが描いたヨウコのイラストデータをプレゼントします。
(※画像はイメージ)

 
©︎Hajime Matsumoto

8:打ち上げ招待
撮影後の打ち上げにご招待いたします。

9:クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
お名前を作品クレジットの”Specail Thanks”欄に掲載致します。エンドクレジット/パンフレット/HP/その他広報物に掲載予定です。

10:クレジットに“Associate Producer”でお名前を掲載
お名前を作品クレジットの”Associate Producer”欄に掲載致します。エンドクレジット/パンフレット/HP/その他広報物に掲載予定です。

想定されるリスクとチャレンジ

映画『Good boy,Good girl』は、映画祭での上映、劇場公開が約束された映画ではありません。しかし今作は僕が、この俳優たちをもっと映画に発見されて欲しい、それによって日本の映画シーンが更新されることを願ってスタートしたものです。そこに300万円かける価値があると思っています。ですから、製作費の一部が希望額に届かなかった場合でも、自己負担して必ず制作いたします。そして完成後、多くの方に見ていただき、彼ら俳優を知ってもらえるよう尽力いたします。目標額を達成することによって、よりクオリティの高い作品にすることができ、またキャスト、スタッフに最低限の人件費を支払うことが出来ます。皆さま、どうかご支援宜しくお願い致します。

※リターンの前売り特別鑑賞券、試写会のご招待の提供予定日は、遅れる可能性があることを予めご了承ください。

80万円(目標金額90万円ー手数料10%)の使用目的
映画『Good boy,Good girl』は、2019年9月15日〜25日までの最大11日間(予備日含め)の撮影を予定しています。その期間の、機材費、美術費、衣装費、食費、交通費、ロケーション費、エキストラ費、編集・整音スタジオ代、英語字幕制作費の一部として使用させていただく予定です。

80万円以上集まった場合の使用目的
2020年の劇場公開に向けて宣伝・配給費用として使わせていただきます。

目標額に達しない場合
その場合でも、集まった金額は費用に充当させて頂きます。(注:MotionGalleryに支払う手数料が10%から20%に増えます。)チケットをご購入頂いた皆様への特典は履行されますのでご安心ください。

最後に

このページを最後までご覧いただき、誠にありがとうございます!

映画に関わった一番最初の作品は、自分で監督、出演(1人3役で僕しか出ていません!)したものでした。その後、何本か小さな作品を撮り、俳優、スタッフとして映画に参加し、だんだんと俳優の活動がメインになっていきました。いつかまた、映画を撮りたいと思いつつも、映画を観れば観るほど、時が経つほど、撮ることから遠ざかっていました。

その後、演劇に出演するようになり、素晴らしい演劇人たちと出会うことができ、彼らは僕を突き動かしました。その中でも、俳優の田中夢、奥田洋平、古屋隆太、柴田貴哉(彼だけ映画)、鮎川桃果は、もっと映画に発見されるべきです。彼らの魅力をしっかりと映画に焼きつけるため、僕は彼らをとにかく見つめ、話し合い、共にクリエイションします。彼らが最も輝く作品となるよう、監督として、またある意味では俳優として精一杯力を尽くします。脚本を担当する作家の三宅一平も演劇で出会いました。同世代で彼ほど台詞が書ける人は他にいないと思っています。さらに今までにお世話になった優秀な若いスタッフが集まってくれました。みんなの力をお借りして、絶対に映画『Good boy,Good girl』を完成させ、一般公開を目指します!

ある映画監督がこう言っています。

「映画は、1にキャスティング、2にキャスティング、3にキャスティング」

皆様、どうかご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

山科圭太

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券
    • 脚本データ
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券2枚
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • イラスト
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券3枚
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • イラスト
    • 試写会へのご招待
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券3枚
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • イラスト
    • 試写会へのご招待
    • メイキング動画
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券5枚
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • イラスト
    • 試写会へのご招待
    • メイキング動画
    • 打ち上げ招待
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 500000

    500000円リターン

    • コレクター限定アップデート
    • 前売り特別鑑賞券10枚
    • 脚本データ
    • クレジットに“Special Thanks”でお名前を掲載
    • スチール
    • サウンド・トラック
    • イラスト
    • 試写会へのご招待
    • メイキング動画
    • 打ち上げ招待
    • クレジットに“Associate Producer”でお名前を掲載
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。