ロックバー"Full House"の記念本をクラウドファンディングで実現!

「70年代って何だ?」45周年を迎えるロックバー"Full House"の記念本を作りたい!!

『1970年代』ビートルズ解散後、新しい音楽が爆発的に生まれたロックの黄金期。そんな時代に始まったロックバー「Full House」は今年で45周年。マスターの視点から70年代を振り返る記念ブックを作りたい!!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年5月13日23:59に終了しました。

コレクター
25
現在までに集まった金額
158,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年5月13日23:59に終了しました。

Middle 1455760609

Presenter
フルハウス45th記念ブック制作チーム プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1971年から続くロックバー「フルハウス」が、今年創業45周年を迎えます。 6月17日に来るその記念すべき日に、フルハウスの歴史と70年代を振り返る記念ブックを作りたい!! そうして地元の有志が集まったプロジェクトチームです。

マスターがロックのオールタイム・ベスト50を選んだらこうなった 40-50

vol. 16 2016-05-12 0

フルハウスマスターの高山さんはこの道45年、ロック・バー界の草分け的存在。マスターがロック・バーを始めた70年代初頭は、こういったお店は少なからずあったんだそうです。昔はレコード屋さんも兼ねていたようなところもあったみたいですね。

当時はあちこちにあったロック・バーも、時代と共に少なくなりました。

ロックバーのマスターを続けて45年。それは一体どういうことなのか?一言では表しようもないでしょうが、一つだけ言えることは、その45年間はロックの歴史とほぼ重なるということです。

45年間に渡りロックシーンを見続け聴き続けてきたマスター。

例えば毎日約20枚のアルバムをかけるとして、すごくざっくり計算してみると、

20 (枚) x 350 (日) x 45 (年) =
315,000枚ものアルバムを今日までにかけてきたことになります。

そのマスターが満を持して選びぬいた、 ロック名盤ベスト50を記念本に収録します。
ロックが誕生した時点から現在に至るまで、ありとあらゆるロックアルバムを聴いてきたマスターがセレクトしたベスト50!
ここに紹介されるものは 名盤中の名盤と言っても過言ではないでしょう!

ここで選ばれた50枚にはそれぞれマスターのコメント・解説つきです。

ミュージシャンや評論家の視点ともちょっと違う、「ロックバーのマスター」が選んだベスト50の、50位から40位までを今日は先行で公開しちゃいます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

50.  The Who "フーズ・ネクスト"


1970年ロックが最も充実した時代。モッズの若者が最高のロックアルバムの金字塔をうち立てた!稲毛駅前にフルハウスの前身のドノヴァンをオープンした時に新譜で出たアルバム。若者が時代を作るんだって意気込みがあった時代の音楽だ!



49.  David Bowie "ジギー・スターダスト"


衝撃の日本デビューアルバム。誰もがノックアウトされちゃった(笑)化粧ロッカーは大嫌い、でもボウイだけは別!グラムロック(ファッション系) vs. ジーンズロック(カントリー系)という特集を音楽雑誌「プラスワン」でやってて面白かったな。おれは断然ジーンズロック派だったけど、デビッド・ボウイだけは特別だ!!



48.  Chicago "Chicago Ⅱ"


名曲「長い夜」を含むトータルアルバム!ビートルズが武道館で初ライブやった後の2発目がシカゴの武道館だ!!それが1971年6月16日、うちの開店の前日なんだ。はっきり覚えてるよ。武道館にシカゴを見に行った翌日にフルハウスがオープンだ!!



47.  Fairport Convention "Full House"



フェアポートを初めて聞いたのは、ボブ・ディランの未発表曲を奴らがカバーしてたからなんだ。それから有楽町の読売ホールに来て演ったんだよね。最高のライブだったよ。ビートルズよりデビューは先、今だに現役の英国フォークロックバンドのこのアルバムタイトルはうちの店名の由来だよ!



46.  Tom Waits "Closing Time"

デビューにして完結、名曲オール55は永遠不滅だ!1977年初来日、虎ノ門ホールに最初の奥さんのあやちゃんと観に行ったんだよ。楽屋まで覗きに行ってさ。でもトム・ウェイツは酒も飲まないタバコも吸わない。とても真面目だったよ。それがステージの開始直前に突然酔っ払ったフリを始めて、タバコを咥え始めて酒飲むフリはじめて(笑)なあんだ芝居じゃんって面白かった。



45.  Stevie Wonder "Talking Book"


ソウルをわからなかった当時の僕に、一緒に店を初めた仲間が教えてくれた一枚なんだ。「すげー」って思って、これがきっかけでブラックミュージックに目覚めて、ダニー・ハサウェイやロバータ・フラックとかをどっぷり聞きまくったよ。リトルスティービーが成長してジャンルを超えてスーパースターに!

44.  Marvin Gaye "What's Going on"


言わずと知れた名曲"What's going on"、当時あんまりソウルって聞いてなかったんだけど、CCRの「悲しいうわさ」を千葉の怪しげなゴーゴークラブで聞いて、オリジナルがマーヴィン・ゲイって初めて知ったんだ。ゴーゴークラブっていうのはディスコの前身ね。

43.  Joni Mitchell "Blue"

名曲の数々を生み出した彼女の最高峰!歌はうまいわ絵はうまいわ、ジョニ・ミッチェルってすっごい高飛車な女王様なんだけど、このアルバムだけはなんでか渋くて内省的なんだよね。それが好きなんだ。

42.  Eric Anderson "Blue River"

シンガーソングライターのお手本、心に沁みます。76年の初来日ライブ、久保講堂に最初の奥さんのあやちゃんと観に行ったよ。プロモーターのトムズキャビン社長の麻田さんと友達で、楽屋に入れてもらってエリックと写真撮ったんだ。

41.  Bruce Springsteen "The River"

ザ・リバー1曲で何もいらない!

代々木の競技場で初来日ライブ。74年か75年かなぁ?うちのお客さんの女の子が並んでチケット買ってきてくれたんだ。昔レコード会社の友達がスプリングスティーンのでっかいポスターをくれたことがあったよ。畳一枚ぐらいの大きさで、うちの店に貼れなかったからスプリングスティーン狂のマスターがやってる津田沼のお店にあげちゃったんだよね。

40.  Velvet Underground & Nico "Velvet Underground"

アンディ・ウォホールの凄さとルー・リードの気迫。デザイン学校に通ってた頃、「美術手帖」でレビュー見てジャケ買い!「ジャケット良ければ中身良し」とはこのことだ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いかがでしたでしょうか?

もうこの時点で名盤が揃っていますね。これでも50位から40位までのほんのサワリです。

気になるベスト10は?

今すぐここで全部紹介したい!

ですが。もちろん。続きは記念本で読んでください!

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

     感謝のメール

    • 感謝のメール
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 1000

    ポストカード('70s)

    • ポストカード(’70s)3枚セット
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    記念ブック『Full House 45th ~70年代って何だ?~』

    • 記念ブック『Full House 45th ~70年代って何だ?~』
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 4000

    45周年記念フルセット

    • 感謝のメール
    • ポストカード(’70s)3枚セット
    • 記念ブック『Full House 45th ~70年代って何だ?~』
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 10000

    45周年記念フルセット+お名前入り

    • 感謝のメール
    • ポストカード(’70s)3枚セット
    • 記念ブック『Full House 45th ~70年代って何だ?~』
    • 記念ブック内にスペシャルサンクスとしてお名前を記載します
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。