facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

福島県南相馬市 本屋「フルハウス」カフェスペース増築をクラウドファンディングで実現!

芥川賞作家・柳美里とあなたがつくるブックカフェ
―福島県南相馬市 本屋「フルハウス」に、あなたの思いを染み込ませたい―

芥川賞作家・柳美里が、2018年4月に福島県南相馬市小高区の自宅を改装してオープンした本屋フルハウスにカフェスペースを増築し、地域の学生や市民、南相馬市を訪れた人たちとの交流スペースをつくります。

コレクター
72
現在までに集まった金額
1,520,000
残り日数
68
目標金額 17,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月28日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 17,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月28日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
柳美里 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
柳美里

劇作家・小説家。1968年生まれ。茨城県土浦市生まれ、神奈川県横浜市育ち。高校中退後、ミュージカル劇団「東京キッドブラザース」に入団。女優、演出助手を経て、1987年演劇ユニット「青春五月党」を結成。1993年『魚の祭』で、第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1996年『フルハウス』で、第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞。1997年「家族シネマ」で、第116回芥川龍之介賞を受賞。 福島県小高に「世界一美しい場所」を創りたい。地震、津浪、原発事故、風評被害(放射能汚染差別)によって大きく傷ついた住民たちと共に、過去と未来に誇れる物語を創っていく。

このプロジェクトについて

芥川賞作家・柳美里が、2018年4月に福島県南相馬市小高区の自宅を改装してオープンした本屋フルハウスにカフェスペースを増築し、地域の学生や市民、南相馬市を訪れた人たちとの交流スペースをつくります。

「世界で一番美しい場所をつくる」

一昨年の12月に、そう宣言をして、4ヶ月。

573人お一人お一人の協力で、2018年4月9日、本屋「フルハウス」はオープンすることができました。

(前回のクラウドファンディング。ありがとうございました)


(フルハウス、オープニングセレモニーの様子)


「あぁ、綺麗だ」

フルハウスの本を眺めて、胸に手を当ててそう言ってくださるご年配の方。

原発事故による長きにわたる避難生活では、ずっと大切にしていた本すら、失わなければならなかった方が多くいます。

学校帰りに立ち寄って、副店長の横に座っておしゃべりをしていく学生。

お小遣いを握りしめて、学生にとってはとても高額な本を目をキラキラと輝かせながら買っていく姿。

本屋「フルハウス」では、日々このような風景が見られるようになりました。

(フルハウス店内の様子)


皆さんの協力のおかげで、オープンした本屋「フルハウス」ですが、実はまだ完成していません。

完成する前に、なぜオープンしたのか。

それは、完成形となる前に、この場所に皆さんの声や思いを染み込ませたいと思っているからです。

企業や行政が店舗や建物をつくるときには、完成してからオープンするのが通例です。でもここは、そうはしたくなかった。

なぜかといえば、まだ未完成の段階から、多くの人がここを訪れて、本を眺めたり、立ち読みしたり、語り合ったり、思いを寄せたり、そういったひとつひとつが重なっていくことで、柳美里だけの本屋ではなく、ここを訪れる、思いを寄せる人たち、みんなの場所にしたいと考えているからです。

あなたの思いも、この場所に染み込ませたい。

どうか、ご協力いただけないでしょうか。

福島県南相馬市小高区に、ブックカフェが必要な理由

作家の柳美里です。

わたしは2015年4月に、神奈川県鎌倉市の自宅を売却し、福島県南相馬市に移住しました。東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の影響で約5年半もの間、人の住むことのできなかった地域です。

東日本大震災発災後の2011年4月22日、今わたしの住む南相馬市小高区を含む、福島第一原発から半径20キロ圏内は、警戒区域と指定され、立ち入りが制限されました。

警戒区域になると発表されたのは、前日の4月21日。町が閉ざされる前に、この目で見なければと思い、当時住んでいた鎌倉から警戒区域になる地域に向かいました。

それからひと月を置かずに南相馬を再訪し、頻繁に通うようになります。その様子をツイートしていたら、南相馬市臨時災害放送局「南相馬ひばりFM」から、南相馬に通っているならラジオでパーソナリティをやってくれないかという依頼がありました。

2012年3月から「ふたりとひとり」という番組を週に1回放送。南相馬市に関わる人ふたりからわたしが話を聞く、という30分番組です。南相馬ひばりFMが閉局する2018年3月までの間に約600人の方々の話をうかがいました。

(ラジオ収録の様子)


その中で見えてきたことは、悲しみも苦しみもこの南相馬市での「生活」の中にあるということです。ここでの「生活」の中に皆さんの思いがあるのに、鎌倉という安全な場所から通いながら話を聞くことに違和感を感じていきました。また、仕事とはいえ無報酬でしたので、交通費や宿泊費の工面に苦慮していたこともあり、2015年4月に南相馬に移住することにしたのです。

南相馬で暮らす方々の「生活」、そして仕事は、驚くほど丁寧です。丁寧に誇りを持って、日々の暮らしを営んでいました。その営みを奪ったのが、東日本大震災です。

6年以上もの間、避難を余儀なくされた町は荒廃し、丁寧に暮らしていた家は、自然の猛威と動物の侵入でそのままでは暮らせる状態ではありませんでした。家財道具も、そして大切にしていた本も、カビや動物の糞尿で汚れ、捨てるしかなかったのです。

そのような状態であっても、少しずつ南相馬市に人は戻ってきています。私が住む南相馬市小高区に居住している人は3,167人(2019年2月末時点)で、震災前の約25%です。

そんな小高区は城下町で街並みが美しい。相馬野馬追の舞台となる小高神社、大悲山の「観音堂石仏」、縄文時代前から晩期にかけて形成された浦尻貝塚……。歴史の厚みが大切に保存されています。

わたしは、原発事故前にあった、一人ひとりの「生活」と「文化」、「歴史」、それを支えた住民の努力と誇りに連なりたい、そう強く思い、この地に本屋を開くことを決めました。

(小高神社から町を見下ろす)


前回のクラウドファンディングでの皆さんからの支援、そのほかにも数多くの方々の協力のもと、本屋フルハウスを、2018年4月にオープンすることができました。

このフルハウスは、本屋としてだけではなく、近所の小高産業技術高校(2017年4月に新設、校歌の作詞をわたしが、作曲を長渕剛さんにお願いしました)の生徒たちが、電車を待つ間の溜まり場にもなってほしいと思っていて、窓際に設けた長テーブルでは、飲み物を飲んだり、宿題をしたり、スマートフォンの充電ができるようになっています。

(ブックカフェスペース)


しかし実際にオープンしてみると、どうしてもスペースが足りないのです。

わたしの住居の一部、事務所と土間のスペースを本屋としたので、面積は約10坪。10人も入ると満員御礼、文字通りフルハウスになってしまうのです。

この場所をお気に入りの場所だと言って通ってくれる人が増えてくると、どうしても手狭になってしまう。高校生は、レジの横に座ったり、ご年配の方は店内が混んでいるようだと入店を躊躇されたりしてしまいます。

またこのフルハウスは、すでに南相馬市の被災地視察先の一つという位置づけになっており、遠方からバスで訪れる方も多く、そんな日には全員がお店に入り切ることができないという状態になっています。

オープン当日のフルハウスの様子。時間を区切ってお客様に入ってもらわなくてはならないほどでした)


そこで、今駐車場になっている、フルハウス入口に面したスペースを、ブックカフェとして増床したいと考えています。

設計は、「建築界のノーベル賞」とも言われるプリツカー賞を受賞している建築家・坂茂(ばん・しげる)さんにボランティアで協力していただきました。
坂さんは、最近では、宮城県の女川駅なども設計されています。

(完成イメージ。フルハウスHPより)


このフルハウスを、高校生も年配の方も遠方から訪れた方も、共に過ごし、交流が生まれる場所にしたい。そのためにブックカフェスペースを拡張して、フルハウスを完成させたい、そのための支援をお願いしたいのです。

ご存知の方も多いと思いますが、本屋というのは儲かりません。

商圏内の人口によって売上が左右される部分があり、震災前の約25%しか人の住んでいない南相馬市小高区で、利益を出すのは難しいのです。正直に言えば、赤字にはなっていませんが、トントンです。

またわたしは昨年、23年休止させていた自身の演劇ユニット「青春五月党」を復活させました。この地域で出会った人たちの悲しみを解放し外に流す必要があるのではと強く感じ、そのアプローチには演劇という形しかないと思い、地域の学生たちや南相馬市に生まれ育ったシニアの方をキャストに、戯曲を書きました。2公演をフルハウス裏の倉庫「LaMaMa ODAKA」で行い、つい先日はその一つ「静物画」の東京での再演を終えたばかりです。

出演した方からは、自分の記憶が驚くほど蘇ってきたとか、抱えていたものが剥がれ落ちていく感じがしたというような言葉をいただきました。公演を観に来た多くの方からは、すぐには言葉にできない、公演を観て福島に行かなければと思った、など沢山の感想がツイッターに溢れました。ただ、演劇公演も非常に多くのお金がかかります。

(フルハウスの裏の倉庫を使った劇場「LaMaMa ODAKA」で講演した青春五月党復活公演第1弾「静物画」)


そんな状態でも、このフルハウスにブックカフェをつくりたいと思うのは、フルハウスがオープンして、ここに新たなコミュニティが生まれつつあることを感じているからです。

常連となっている地元の高校生や近所の方はもちろん、小高区と同じく、ここ数年で避難指示が解除された隣の双葉郡には本屋がありませんから、双葉郡から訪れる人、また福島県よりさらに北の岩手県大船渡市から月に1回通ってくる人もいます。

フルハウスオープンから4ヶ月は、毎週土曜日に、わたしの友人の作家を呼んだ朗読会を開催していましたが、その朗読会に毎週のように参加してくれる人たちは、フルハウスの外でも交流を深めたり、そのうちのお1人は、「青春五月党」のキャストとして演劇の舞台にも立ってくれました。

(柳美里の著書「JR上野駅公園口(Tokyo Ueno Station)」の英訳者モーガン・ジャイルズさんを迎えたイベント。
一番左の男性、稲垣博さんは青春五月党復活公演第2弾「町の形見」にキャストとして出演してくれました。)


フルハウスができたことで、戻ってきた数少ない住民たちの中に新しく生まれたコミュニティを守りたい、またどの様な人がいつ訪れても、快適に過ごすことのできる場をつくりたい。

お手伝いをお願いできないでしょうか。

特典について

【フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権

支援していただいた皆様全員にフルハウスプロジェクトを応援するFacebookグループに加入していただけます。

【オリジナル冊子「フルハウスができるまで」】

ブックカフェ「フルハウス」が完成するまでの記録と柳美里への取材をまとめ「フルハウスができるまで(仮)」と題した冊子を作成しお送りします。

※5000円以上の支援のリターンに全て冊子が含まれます。

【サイン入り本「町の形見」】

柳美里が南相馬に移り住み、住民たちの声を聞き、書き上げた戯曲集「町の形見」にサインを書いてお送りします。

【フルハウス朗読会招待権】

リニューアル後のフルハウスと朗読会にご招待します。朗読会は柳美里とゲストをお呼びして行います。

<朗読会の日程>

2019年12月7日(土)、12月14日(土)、12月21日(土)

2020年1月11日(土)、1月18日(土)、1月26日(土)

※ 現在、ゲストを調整しています。ゲストが決定次第お知らせいたします。

※フルハウスまでの交通費は別途ご負担をお願いいたします。

【柳美里による選書】

柳美里によるあなたに読んでほしい本を選書し、直筆メッセージを添えてお送りします。どの本が選ばれるかはお楽しみです。

※選書の際に70問の質問にご回答頂きます。

【演劇ワークショップコース】

柳美里が自身の戯曲を元に演劇のワークショップを行います。

ワークショップ後は福島の日本酒が飲める懇親会も行う予定です。

予定日:7月13日(土)・7月14日(日)

人数:1日15名ずつ

場所:郡山市 

※交通費・宿泊費は別途ご負担をお願いいたします。

【柳美里セレクト・福島の日本酒とおつまみセットコース】

柳美里が選んだ福島県の日本酒とおつまみを直筆メッセージと併せてお送りします。

※中身は届いてからのお楽しみです。

【柳美里セレクト・南相馬の食詰め合わせコース】

「フルハウス」のある福島県南相馬市のご当地食を直筆メッセージと併せてお送りします。

※中身は届いてからのお楽しみです。

【オリジナル冊子へのスポンサー枠s掲載】

オリジナル冊子にスポンサー枠を掲載させていただきます。また、スポンサー枠を掲載した冊子も送らせていただきます!

100,000円:1/4ページのスポンサー枠とオリジナル冊子100冊

300,000円:1/2ページのスポンサー枠とオリジナル冊子300冊

500,000円:1ページのスポンサー枠とオリジナル冊子500冊

プロジェクトスケジュール

2019年5月8日 着工

2019年8月31日 工事終了予定

2019年9月末 リニューアルオープン

プロジェクトが達成した場合、皆様からご支援ただいた資金は以下のように活用させていただきます。

カフェスペース増築工事費8,560,000円
トイレ工事費4,644,000円
カフェ用台所改修工事費380,000円
リターン費用1,579,750円
手数料1,836,250円
合計17,000,000円

予想されるリスクとチャレンジ

リターンに関しまして、フルハウスの改築工事のスケジュールが不透明な為、遅延が発生する場合がございます。その際、支援者の皆様には前もってご連絡いたします。よろしくお願いいたします。

企画者について

柳美里 (作家) 

1968年生。福島県南相馬市小高区在住。 16歳で劇団「東京キッドブラザース」に入団した後、「青春五月党」を主宰。1993年『魚の祭』で岸田國土戯曲賞を最年少で受賞。 1996年『フルハウス』で野間文芸新人賞・泉鏡花文学賞、 1997年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。 2012年、南相馬臨時災害放送局の番組「ふたりとひとり」を担当。 放送は296回を超え、600人以上の住民の話を収録。2017年、福島県立小高産業技術高等学校の校歌を作詞(作曲は長渕剛)

このプロジェクトは復興庁クラウドファンディング支援事業の対象プロジェクトです。

リターンを選ぶ

  • 3000

    お気持ちだけ支援コース

    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年07月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 5000

    オリジナル冊子コース

    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 34人が応援しています。
  • 20000

    柳美里直筆サイン入り本「町の形見」コース

    • 柳美里直筆サイン入り「町の形見」
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 残り197枚

    25000

    朗読会ご招待コース

    • フルハウス朗読会ご招待権
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    柳美里による選書コース

    • 柳美里が厳選するあなたへの本3冊
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • 直筆メッセージ
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年09月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 残り13枚

    50000

    【数量限定】演劇ワークショップコース:7月13日(土)

    • 柳美里が指導する演劇ワークショップ+懇親会 参加権:7月13日(土)
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り15枚

    50000

    【数量限定】演劇ワークショップコース:7月14日(日)

    • 柳美里が指導する演劇ワークショップ+懇親会 参加権:7 月14日(日)
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り49枚

    50000

    柳美里セレクト・福島の日本酒とおつまみセットコース

    • 柳美里が選ぶ福島の日本酒とおつまみセット
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り49枚

    50000

    柳美里セレクト・南相馬の食詰め合わせコース

    • 柳美里が選ぶ南相馬の食詰め合わせ
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」
    • サンクスメール
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り5枚

    100000

    オリジナル冊子スポンサー掲載コース①

    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」にスポンサー掲載(1/4ページ)
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」100冊進呈
    • 柳美里直筆感謝状
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年07月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り4枚

    300000

    オリジナル冊子スポンサー掲載コース②

    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」にスポンサー掲載(1/2ページ)
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」300冊進呈
    • 柳美里直筆感謝状
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    500000

    オリジナル冊子スポンサー掲載コース③

    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」にスポンサー掲載(1ページ)
    • オリジナル冊子「フルハウスができるまで(仮)」500冊進呈
    • 柳美里直筆感謝状
    • フルハウスプロジェクト応援Facebookグループ加入権
    • 2019年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。