フードバンク岡山 設立事業をクラウドファンディングで実現!

フードバンク岡山 設立事業

  • 公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま
  • フード
  • 岡山県
Green ▶ 再生
  • コレクター
    19人
  • 合計金額
    156,000円
  • 残り
    0日

目標金額は230,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

フードバンクとは、
企業から余剰食品の寄付を受け、
生活困窮者に対し無償で提供する活動です。

2012年11月15日に発足したフードバンク岡山では、
この活動を通じて広く「食」の支援を実施し、
生活困窮者の生活の立て直しを図り、
また同時に企業の食品廃棄物を削減することにより、
持続可能な循環型社会を実現することを目指しています。
今、その設立準備を行っています。

フードバンクとは、
企業から余剰食品の寄付を受け、
生活困窮者に対し無償で提供する活動です。

2012年11月15日に発足したフードバンク岡山では、
この活動を通じて広く「食」の支援を実施し、
生活困窮者の生活の立て直しを図り、
また同時に企業の食品廃棄物を削減することにより、
持続可能な循環型社会を実現することを目指しています。

今、その設立準備を行っています。





プロジェクトの背景

現在の大量生産・大量消費社会では、品質や安全に問題のない食品であっても、
様々な理由がつけられ処分されています。
その量は年間500万トンから900万トンと言われ、多くは企業が廃棄物として金銭を払い、処分しています。
廃棄コストは1トンあたり1~8万円と決して安くありません。

さらに、愛情を持って作った食品を廃棄するのではなく、きちんと食べてほしいと考えている企業がたくさんあります。





一方で、岡山には日々の食事もままならない人たちがいます。

ホームレス、
年金で暮らす高齢者、
DV被害者、
虐待を受ける児童、
障がいを持った方々。

社会的弱者と呼ばれる方々を支える現場では、絶えず「この人たちにどのように食事を提供するか」ということが大きな問題となっています。


フードバンク岡山は、上記のような方々に対し支援活動を行ってきた5団体のスタッフが集まり、結成されました。

「岡山に暮らす全ての人に食事を届けたい」という、強い共通の思いを持っています。





みなさまからの支援で実現したいこと

フードバンクへの取組みは、始まったばかりの小さな活動ですが、確実に社会を変える仕組みにつながると感じています。

みなさまからお預かりする寄付をもとに、地元スーパーや食品製造会社に向けて、この事業へ関わってもらうための説明会の開催や積極的な広報を行って参ります。

自分たちの作った食品を無駄にしたくない・食べてもらいたいという思いがありながら、包装ミス分や余剰分を廃棄している企業と、食品を必要としている社会的弱者の方を支援する団体を結びつける仕組みを作っていきます。


私たちの新しい挑戦へ、
ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。





[ 実施団体の情報 ]


特定非営利活動法人 杜の家

活動内容   障害者自立支援法に基づく就労支援、農作物の生産販売 など
代 表 者  大森 一弘
設立年月日 2010年11月26日





本プロジェクトは、みんなでつくる財団おかやまの「割り勘で夢をかなえよう」プロジェクト・第1期事業指定寄附プログラムの1つです。



もっと読む
コレクター
19人
現在までに集まった金額
156,000円
目標金額は230,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年2月28日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    • 事業の報告書をお送りします。
    • 6人
  • 3,000円

    • 事業の報告書をお送りします。
    • 3人
  • 5,000円

    • 事業の報告書をお送りします。
    • 現地見学会へご招待します。※希望者のみ・岡山駅までの交通費はご負担ください
    • 8人
  • 10,000円

    • 事業の報告書をお送りします。
    • 障害を持つ人の就労支援につながる、セルプ商品(備前焼コップ等)をお送りします。
    • 2人

プレゼンター

Mintuku logo

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま

  • 岡山県

「公益財団法人みんなでつくる財団おかやま」は、岡山県内の約100名の若者による“呼びかけ人”が中心となり、広く市民に基本財産の寄付を呼び掛け、530名より集まった4,133,000円を基本財産として設立しました。 地域の社会課題解決をじぶんたちの手で実現するための「あたらしいインフラ」として、この岡山の地に根付くものになるよう、取り組みを展開していきます。

質問や意見をメールする