facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

「エミィ賞グランプリ2020」をクラウドファンディングで実現!

No.1コメディエンヌは誰!?
「エミィ賞グランプリ2020」

2012年11月17日に53歳の若さでこの世を去った女優 牧野エミさんをリスペクトし、
毎年、ポップでクール、スタイリッシュで面白い「コメディエンヌ」を選出。
受賞者を多方面から応援していこうという賞です。

コレクター
5
現在までに集まった金額
50,000
残り日数
22
目標金額 150,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年11月17日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 150,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年11月17日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
松原 利巳 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
松原 利巳

近鉄アート館プロデューサー

このプロジェクトについて

2012年11月17日に53歳の若さでこの世を去った女優 牧野エミさんをリスペクトし、
毎年、ポップでクール、スタイリッシュで面白い「コメディエンヌ」を選出。
受賞者を多方面から応援していこうという賞です。

「エミィ賞」のはじまり

この「エミィ賞グランプリ」は、2012年11月17日に53歳の若さでこの世を去った女優 牧野エミさんをリスペクトし、ポップでクール、スタイリッシュで面白い「コメディエンヌ」を選出し、みんなで応援していこうという賞です。           

           

                                                                    牧野エミ

2016年、毎年行っていた牧野エミさんの追悼イベント「エミちゃん祭り」(ABCホール)の中の一つのプログラムとして行われた「エミィ賞」コンテストを、2017年から「エミィ賞」実行委員会を立ち上げ、広く一般募集した上で予選会、本選会を近鉄アート館でおこなったのが、この賞の始まりです。

                 

                                                           エミ賞トロフィー

「エミィ賞グランプリ」の歴史

 第一回「エミィ賞グランプリ2017」 エミィ賞受賞者 たくませいこ

第二回「エミィ賞クランプリ2018」 エミィ賞受賞者  杉野叶依

第三回「エミィ賞クランプリ2019」 エミィ賞受賞者  川久保 晴

2020年 第四回エミィ賞予選会出場者15名決定!!

今年の予選会に出場する15名のコメディエンヌが決定しました。

予選会は10月19日(月)14時スタート。今年からyoutubeで予選会を配信しますので無料でご覧になれます。皆さんも審査員になったつもりでご覧いただき、そして応援してあげてください。

11月16日(月)の本選会に出場できるのは6名。さて誰が本選会に進めるかのか!

乞うご期待!!

なお、予選会に参加する15名のエントリー動画がエミィ賞ホームページからご覧いただけます。      

事前に見てから予選会をご覧いただくと、100倍楽しめるかも!?

エミィ賞ホームページ http://emi-award.com/

エミィ賞グランプリの挑戦!!

4年目を向かえた「エミィ賞グランプリ」。今年はコロナ禍の中での開催となります。正直、当初は開催できるかどうかも危ぶまれましたが、「オンライン審査」とうアイディアが共有されて、一挙に前進しました。

これまで大阪での予選会に参加しにくかった他府県で活動されているコメディエンヌの方々も、オンライン審査ならどこからでも参加できます。もちろん海外からでも。

これは今後のエミィ賞にとっても大きん一歩となりました。

こらからも毎年、No.1コメディエンヌを探す旅はつづきます。そして、何よりも勇気をもって、この「戦いの場」へ踏み出したコメディエンヌたちをお応援してあげてくださ。

昨年の本選会DVD(非売品)

実行委員長 升毅、エミィ賞受賞者との記念撮影(昨年の様子)

想定されるリスクとチャレンジ

毎年、入場収入や協賛金などを運営資金にしてきましたが、今年はコロナ禍で非常に苦しい経済状態です。なんとしてでも続けていくつもりですので、できる限りのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

私たちの挑戦は続きます

最後に、このプロジェクトに興味を持ってページを見てくださった皆さま、ありがとうございました。私たちの挑戦はまだまだ続きます。これからもご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 5000

    5000円ご支援いただくと

    • 当日配布のプログラムにお名前を記載します
    • 升毅実行委員長からのお礼メール
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    10000円ご支援いただくと

    • 当日配布のプログラムにお名前を記載します
    • 本選会映像(DVD)をプレゼント
    • 升毅実行委員長からのお礼メール
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 50000

    50000円ご支援いただくと

    • 当日配布のプログラムにお名前を記載します
    • 本選会映像(DVD)をプレゼント
    • 本選会当日に優勝者及び審査員との記念撮影
    • 升毅実行委員長からのお礼メール
    • 2020年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。