facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

映画『ギシン』をクラウドファンディングで実現!

映画『ギシン』
「優しさ」と「偽善」の関係性を紐解き、心の声を映画に。

皆さんは、「優しさ」について考えたことはありますか?
「優しさ」には「偽善」と言う言葉がつきものだと私は考えています。
その関係性を紐解き、映画にします。
皆さんが自分の心を振り返り、また一歩踏み出せるように。

FUNDED

このプロジェクトは、2019年4月30日23:59に終了しました。

コレクター
17
現在までに集まった金額
187,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、2019年4月30日23:59に終了しました。

Presenter
吉川宙来 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
吉川宙来

皆様初めまして! 関西で大学生をしながら、フリーランスでカメラマンやディレクターをしている吉川と申します。 今は企業系のVPやブライダル撮影、MVやCM、短編ドラマの制作などを請け負っています。 少し前までは競馬の中継や某TV番組のカメラマンをやってたりしました。 本数自体はあまり多くはありませんが、インディーズ映画の監督をしています。 洋画をよく見ます。 大きな映画の企画をしており、それには予算が足りないため、こちらに登録させて頂きました。 よろしくお願い致します!

  • 兵庫県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • betrayal0608
  • フォロワー 2 人

このプロジェクトについて

皆さんは、「優しさ」について考えたことはありますか?
「優しさ」には「偽善」と言う言葉がつきものだと私は考えています。
その関係性を紐解き、映画にします。
皆さんが自分の心を振り返り、また一歩踏み出せるように。

◼︎はじめに

みなさま、初めまして。

私は大学に通いながらフリーランスでディレクターやカメラマンをしている吉川宙来(ヨシカワソラ)と申します。

高校から部活で映像や音声に興味を持ち、ドラマや映画制作を行い、2017年の春には全国各地から仲間を集め、沖縄で短編映画を撮影。

「未来に対する葛藤と選択」をテーマに描き、作品としての完成を致しました。

今回は今まで育ってきた関西で、45分ほどの中編映画を制作します。

今まで関わって下さった沢山の人にご協力をいただいており、私の今までの集大成となる作品です。

本作のテーマは「人の優しさと偽善の関係」です。

私が今まで、経験したり、感じたり、見聞きした事を、この映画に思いとして込めており、人の優しさや、偽善、そしてそれらのもっと深くにある、人としての感情の変化を綴っています。

日常の、とても素朴な会話や動きの中で揺れ動く、登場人物たちの心の動きに注目していただければと思います。

本作の最初の上映は、来年2月(詳細日程は未定)に行われる兵庫県立美術館での上映で、こちらは私が所属する大学の卒業展示会となっております。

上記の上映に加え、国内、国外の映画祭に出品予定です。

ご支援のほどよろしくお願い致します。

◼︎自分の考え、発見。

皆さんは、「優しさ」について考えたことはありますか?

私は中学生の頃から今まで、何かキッカケがあってはこのことについて考えることが多くありました。

「優しさ」ってなんなんだろう、って。

そして自分の中にその答えがあるのか見つめてみて、でも、よく分からなくて、周囲の人を観察するようになりました。

この人はどうなんだろう、あの人は?

それで答えが出ればよかったのですが、そう簡単にはいかず。

ずっと頭の隅にあったものは、自分が何度も失敗して、初めてわかるようになりました。

、、、いえ、今だから言えますが、ずっとわかっていたのだと思います。

でも、それを理解したくなくて、逃げていたんだと。

「優しさ」には「偽善」がつきものだと、今の私は思っています。

良い、悪い、そんな単純な考えじゃなくて、人によってたくさんの考えがあって、すれ違いがあって、だから衝突して。

ずっと考えていたことが見えた時、私はこう思いました。

他のみんなや、大切なあの人は、どう思ってるんだろう、と。

そんな、普段は口には出さないけど、誰しもが心の何処かで一度は考えたことがあることを追求し、映画にします。

この映画を観た後、自分自身の心の内を振り返ってもらえるように。

◼︎作品について【映画のその後】

私はこの映画を、映画だけで終わらせたくないと思っています。

この映画を見た時、観客の皆さんの中でどんな変化があったのか、この物語のテーマにもある、

「優しさ」と「偽善」について、どう感じたのか。

その思いを教えて頂きたいです。

そのために、映画制作と同時に、匿名投稿が可能な投稿フォームを作成します。

映画だけで終わらせず、その先を知ることで、新たな考えや思いがあるのでは、と。

いただいた投稿については、まとめ、閲覧出来るようにしたいと思います。

また、可能であれば、この作品についての思いを聞くため、インタビューをさせて頂きたいです。

お名前や顔は伏せますので、匿名性は保ちます。

▪︎制作資金について

皆様からご支援いただいた資金は全て映画制作費として活用致します。

全国各地から、沢山のスタッフが関西に集結します。

その際の拠点レンタル費用、車両費用、衣装代、ロケ地費用などなど、監督として費用はたくさん用意したつもりでしたが、足りない部分も多くあり、クラウドファンディングを開始させて頂きました。

目標資金より多くのご支援をいただけた場合、予定している映画祭の出品とは別に、上映会の企

画やグッズ制作費用としての検討をしております。

(映画オリジナルラバーバンド やTシャツなどなど。)

▪︎スタッフについて

今回の作品では、高校から大学、また仕事で関わらせていただいた数多くの方にご協力いただいております。

総勢35名以上のスタッフで制作を行い、完成に向けて制作中です。

沖縄、広島、兵庫、大阪、京都、東京などなど、2週間にわたる撮影期間の中で、たくさんの人に集まってもらっています。

▪︎メインキャストの紹介

●黒田 優(クロダ ユウ) 俳優:木村昌乃介 (きむら しょうのすけ)

1997年7月8日生まれ(21歳)

沖縄と台湾のハーフ。

現在、輔仁大學影像傳播系(輔仁大学映像メディア学科)を休学中。

ピアノ、ドラム、現代版組踊、映画製作等、幼い頃から今に至るまで、様々な表現活動を行う。eiga worldcup 2014自由部門 優秀男子助演賞。

繊細な心情表現、そしてこだわりが強く、本作の主人公のイメージにぴったりだった事、前作で演出や衣装を手伝ってもらった際に、次は役者としてやりたいという言葉をずっと覚えており、私としても彼と、役者と監督として映画を製作してみたいという思いからオファーをしました。本作では自分の優しさに悩み、「偽善」という言葉に正面から向き合う主人公を演じてもらっています。

●椎名 花奏(シイナ カナデ) 女優:雪見みと(ゆきみ みと)

1997年5月1日生まれ(21歳)

出身:兵庫県 現在:京都府

Twitter/Instagram:@_mito_portrait

友人の撮影のモデルをしたことをきっかけに撮影でモデルをすることに興味を持つ。

2018年6月よりポートレートモデルとして京都を中心に撮影依頼の募集を開始。SNSで話題になり地名度が急騰、有名写真家のモデルや広告モデルを務めることも増え、現在では毎月数十件の撮影の問い合わせがある。

Music Videoや映画などの映像依頼も増え、活躍の場を広げている。ミスSNS2019出場中。

彼女の事は以前からTwitterをフォローしており、笑顔が印象的な人だな、と思っていました。

最近になって動画なども増え、ふとその映像を見た時に、この人と映画制作をしてみたい、と思うようになりました。

思い立ったらすぐ行動がほとんど信条みたいなもので、Twitterのダイレクトメッセージでお声がけをし、なんと了承をもらい、、、。

バタバタスケジュールにも関わらず顔合わせや初回読み合わせではイメージ通りのキャラクターを持ってきてくれて、感謝しかありません。

本作では主人公の黒田に対して、その人の事を思うからこそ、胸の内に秘め、何も言わないという心の優しさを持った人物を演じてもらっています。

●結城 凛 (ユウキ リン) 女優:佐藤千佳(さとうちか)

1997年4月22日生まれ(21歳)

出身:京都府 現在:大阪府

劇団かしこばいの旗揚げ公演に役者として出演。

自身が演じるキャラクター像を的確に掴み、繊細な心情表現を得意とする。

かしこしばいの撮影を行った本作監督に声をかけられ、映像作品に幾度か出演をしている。

友人の公演を撮影した際に役者としての彼女を見て、その表現に一目惚れしたというのが本音です。

表情と仕草の機微がとてもその時に考えていたキャラクターによく似ており、この人の演出をして見たい、と思うようになりました。

本作では自分の欲を優先し行動する、そんな人物を演じてもらっています。

●井上 沙耶(イノウエ サヤ)女優:井上朱音(いのうえあやね)

1997年10月22日生まれ (21歳)

出身:岐阜県 現在:大阪府府

Twitter/@akn_1022:Instagram/kyane_0722

大学への入学とともに演劇を始め、その翌年4月かから大学外での役者活動をスタートさせる。

劇団不透明「愛と混在」

ハネオロシ「世界の目」

NOVA THEATRE×ステージプラス 朗読劇「はじめまして」など、2年間で約8本の様々なジャンルの作品に出演している。

また、2017年10月に自身が主宰、脚本・演出を務める「演劇ユニット IQ22」を立ち上げる。

2019年2月に公演を行ったIQ22 SECONDACT「七畳の水槽」では、日常に溶け込んだ非日常を、詩的に、繊細に描いた。

友人の知り合いを紹介して頂き、顔合わせ後に本格的に依頼をしました。

登場する回数は少ないですが、この人物にもすごく思いを込めています。

私は沙耶を、「沙耶のことは良く分かるしいい子だと思うけど、立場としては黒田側」という人に演じてもらいたいと思っていました。

最初の顔合わせの際にはそんな事は全く伝えていなかったのですが、お会いした時にキャラクターの印象を聞き、その際、一番最初にその言葉が出てきて驚いたと同時に、この人にお願いしたい、と強く思いました。

本作では、主人公の黒田に対して、その人に憧れ、その人を尊敬するからこそ、間違った道に進もうとしている黒田に自分の言葉を伝えるという優しさを持った人物を演じてもらっています。

▪︎ご支援のお礼について

●監督からのお礼メール

 監督よりご支援への感謝を込め、撮影中の写真などを添付したメールをお送りさせて頂きます。(写真はランダムです。)

●キャストや監督の直筆サイン

主演キャストや吉川監督の寄せ書きをお送りさせて頂きます。

●映画オリジナルステッカー

本作のオリジナルイラスト入りのステッカーをお送りさせて頂きます。

(いくつか種類があるかも、、、!)

●主題歌、劇中歌が入った映画オリジナルサウンドトラック

昔からの大切な友人が書き下ろしてくれた主題歌、本作の為に1から制作した劇中歌を収録

したCDをお送りさせて頂きます。

劇中歌や他のキャストが歌ったものも収録予定です。

(歌詞カード付き!)

●本作オリジナルTシャツ

本作のイラストデザインをTシャツにしてお送りさせて頂きます。

●本作通常盤DVD(又はBD)

映画本編をパッケージングしたDVD、又はBDをお送りさせて頂きます。

●本作特別版DVD(又はBD)

メイキング映像、映画本編、予告編など、本作の映像全てが入っているスペシャルDVDまたはBDをお送りさせて頂きます。

●劇中で役者の凛が使用している赤い傘(1名様限定)

本作で登場する凛が使用している傘をお送りさせて頂きます。

真っ赤で夜に映える、凛の強さをイメージした色です。

▪︎アーティストについて

1997年12月2日生まれ(21歳)

ふたりきりの劇団【かしこしばい】

関西の小劇場で俳優として活動中。

(過去13作品出演)

《受賞歴》

ウィングカップ9 俳優賞

シンガーソングライターとして音楽活動もしており、オリジナル曲をYouTubeに随時UPしている。↓

https://www.youtube.com/channel/UCKO2vt16cb2olRkjQ...

監督、吉川の昔からの友人で、本作のために一から書き下ろしてもらっています。

作品の内容にとてもマッチした曲を制作してもらいました。

とても、心に響く曲です。

想定されるリスクとチャレンジ

作品は現在(3月時点)で絶賛、映画の撮影中です。

3月より撮影が始まっており、9月に完成予定です。

撮影データの消失、関係者の不慮の事故等、予期しない理由を除き、本制作プロジェクトが中止されることはございません。

また、撮影データに関してはメインハードディスクを加えて三重にバックアップを行います。

なお、本作は2020年の2月に予定(詳細日程は未定)されている卒業展示会の兵庫県立美術館での上映に向けての制作をメインとして行なっておりますが、目標資金を大きく上回るご支援をいただけた場合、制作チームでの単独上映会、またそれに並び、グッズの販売なども検討をしております。

なお、目標金額に達成しなかった場合でも、映画の制作は行います。

今回のご支援でいただいた資金に関しては、より良い音楽、より良い映像表現を目指し、作品のクオリティ向上に使用させていただくためです。

◼︎吉川より【最後に】

今回、30人以上のスタッフが集まってくれました。

スケジュールを調整したり、無理して来てくれる子なんかも沢山いて。

みんないいやつかよ、、、なんて思ったり。

みんな凄い人なんですよ、面白い人ばかりで。

準備や撮影は大変で忙しいけど、その分楽しいです。

この脚本を書くキッカケになった人に、自信を持ってこの映画を見せてあげられるぐらいに、こ

の脚本を通して、私も成長出来たらと思っています。

皆様、ご支援よろしくお願い致します。

リターンを選ぶ

  • 1000

    吉川監督からのお礼メール

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 3000

    キャストや監督の直筆サイン&本作オリジナルステッカーコース

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 5000

    本作オリジナルサウンドトラック(CD)コース

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 本作オリジナルサウンドトラック(CD)
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 8000

    本作映画本編通常盤DVD(又はBD)コース

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 本作オリジナルサウンドトラック(CD)
    • 本作映画本編DVD又はBD
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 12000

    本作オリジナルTシャツコース

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 本作オリジナルサウンドトラック(CD)
    • 本作映画本編DVD又はBD
    • 本作オリジナルTシャツ
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 15000

    本作特別版DVD(又はBD)コース

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 本作オリジナルサウンドトラック(CD)
    • 本作オリジナルTシャツ
    • 本作特別版DVD又はBDコース
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • SOLDOUT

    30000

    【限定一名】本作のキーキャラクター凛の使用する真っ赤な傘

    • 吉川監督のお礼メール
    • エンドクレジットにお名前を掲載【12月1日(日曜)】
    • キャストや監督の直筆サイン(寄せ書き)
    • 本作オリジナルステッカー
    • 本作オリジナルサウンドトラック(CD)
    • 本作オリジナルTシャツ
    • 本作特別版DVD又はBDコース
    • 本作のキーキャラクター凛が使用する真っ赤な傘
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。