石巻DRAWINGPROJECTをクラウドファンディングで実現!

「えがく、こども」 - 石巻DRAWING PROJECT vol.2

  • 東京都
  • アート

3.11の地震・津波により大きな被害を受けた宮城県/石巻市で、金箱淳一(メディアアーティスト)、ジェイミー・ハンフリーズ(アーティスト、ワークショップ企画者)が展開するアートプロジェクトです。一年間を通して継続的にワークショップを石巻の子供と共に行い、制作した映像作品を東北や関東を始め各地で展示する企画です。震災から一年以上が経ち、復興に関する動きが所々に見えてきているものの、支援が必要と思われる部分が大いに残っています。人々の関心が徐々に被災地から遠ざかることに疑問を感じ、アートを通して引き続き被災地に感心を持ってもらうために、今回のプロジェクトを提案します。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2013年2月18日00:00に終了しました。

コレクター
26
現在までに集まった金額
92,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2013年2月18日00:00に終了しました。

Picture?type=large

Presenter
金箱 淳一 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Picture?type=large

PRESENTER
金箱 淳一

金箱 淳一 長野県出身。 岩手県立大学で情報学を専攻した後、IAMASで楽器とインタフェースを中心としたメディアアートの研究制作を行う。 大学院1年次にオーストリア・リンツ美術工芸大学に交換留学生として派遣。 修了後は作品制作の経験を基に玩具の企画業に従事したのち、現在は女子美術大学に勤務する傍ら活動を行っている。

Clap Light WorkShopのテスト

vol. 1 2013-02-09 0

コレクターのみなさま

こんにちは、「えがく、こども」の金箱です。
ワークショップ後、年末年始にかけて突然の病魔に襲われ
更新が遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

今回のアップデートでは、石巻に行く前の
事前のテストについて記載させて頂きます。

■Clap Light

Clap Lightとは、金箱淳一が設計、制作したデバイスで、拍手の時のエネルギーを
LEDの光に変換することができます。例えば、コンサートの拍手を
みえるようにしたり、スポーツの観戦で皆で盛り上がったり、拍手をみえるようにすることで
自分のエネルギーを使った表現につなげる工夫をしています。


Clap Lightで絵を描く、というテーマに関しては前々から
個人で取り組んでいたものの、なかなか良い絵が撮れず、
とても悩んでおりました。

Clap Lightが拍手で光るのはほんの一瞬なので、それを捉えるためには
カメラのシャッターを開けっ放しで撮影する「長時間露光」という撮影方式を
用いることが必須です。
最近では、iPhoneでもそのような機能を実現できるのですが、
まだまだ解像度が低く、作品として成立させるのには難しいものが有りました。

そういった経緯もあって、一眼レフのバルブ撮影(長時間露光)にトライしていたのですが、
個人ではどうしてもうまくいかず、写真家のbozzo(森さん)に
声をかけさせて頂きました。
森さんに事の経緯を説明させていただいたところ、
ワークショップをやる前に一度テストしてみようということになり、
放課後、誰もいなくなった大学の構内でClap Lightの撮影テストを行いました。

Clap Lightによるドローイングの面白いところは
自分の拍手によって描く、という点にあります。
ライトを使ったドローイングは、トーチカさんのものが有名ですが、
我々はドローイングに使う光を発電により賄うことで、エネルギーと人との関係性についても考えることが出来ればと考えています。
拍手しながら手を動かす速度によって、点と線を使い分けることもできます。

下にあるのは、点の表現。なるべくゆっくり手を動かしながら拍手します。

線を表現したいときは、少し早く手を動かしながら拍手をします。

そして、拍手しながら手を振り下ろすようにすると、線のような表現が可能になります。

絵画表現の基本形としての点、そして点の軌跡としての線
これらを駆使して、抽象的な表現を探索して欲しいという気持ちを込めて、ワークショップの構成について考えました。
カメラとの距離を変えていくと、点の大きさを調整することができます。

このように、ワークショップのテストでは
・点/線の使い分け
・高さによる点の位置
・奥行きによる点の大きさ
・拍手の強さによる点の強弱
をClap Lightで表現することができるということが、使ってみて分かりました。

これらの要素の複合としてのドローイングを
子供にどのように体験しもらうのか、試行しました。
最後に、Jaimeと僕とで記念撮影、ドローイングの絵と合成して頂きました。
こういった表現が、簡単にできるのが現代のいいところです。

子供達に、ClapLightのワークショップを通して
電気エネルギーは作れるものであること、そして拍手の力を感じてもらえるように
取り組んでいきます!

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • 14人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • 作品の制作風景にメッセージがついたポストカードをプレゼントします。
    • 4人が応援しています。
  • 6000

    6000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • ワークショップで使用する特製Clap Lightをプレゼントします。
    • 4人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • 作品の制作風景にメッセージがついたポストカードをプレゼントします。
    • ワークショップで使用する特製Clap Lightをプレゼントします。
    • 映像作品の最後"Special Thanks"に名前を記載させていただきます。
    • 4人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • 作品の制作風景にメッセージがついたポストカードをプレゼントします。
    • ワークショップで使用する特製Clap Lightをプレゼントします。
    • 映像作品の最後"Special Thanks"に名前を記載させていただきます。
    • 作品の映像を収録したDVDをプレゼントします。
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定のお礼メールをいたします。
    • コレクター限定のUpdateを共有します。作品の製作状況や子供達の制作の様子をより詳しく知ることができます。
    • 作品の制作風景にメッセージがついたポストカードをプレゼントします。
    • ワークショップで使用する特製Clap Lightをプレゼントします。
    • 映像作品の最後"Special Thanks"に名前を記載させていただきます。
    • 作品の映像を収録したDVDをプレゼントします。
    • ワークショップ参加者の集合写真を額装したものをプレゼントします。
    • 0人が応援しています。