facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group

故・渡辺保史氏の遺稿のオンデマンド出版をクラウドファンディングで実現!

故・渡辺保史氏の遺稿「Designing ours:『自分たち事』をデザインする」
をオンデマンド出版するプロジェクト

日本における情報デザインのパイオニアの一人である故・渡辺保史さんの遺稿、「Designing ours:『自分たち事』をデザインする」を未完成でも必要とする人のためにオンデマンド出版を目指すプロジェクトです。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額750,000円を達成し、2018年2月15日23:59に終了しました。

コレクター
485
現在までに集まった金額
1,661,801
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額750,000円を達成し、2018年2月15日23:59に終了しました。

Middle 1511149064

Presenter
Designing ours プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1511149064

PRESENTER
Designing ours

故・渡辺保史さんの遺稿、「Designing ours:『自分たち事』をデザインする」をオンデマンド出版を目指すDesigning ours 出版世話人グループです

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Facebook (未設定)
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

ブックデザイン決定!

vol. 4 2018-02-08 0

来週の入稿に向けて、ブックデザインが急ピッチで進んでいます。特色をアクセントに使った表紙のビジュアルは、渡辺先生が亡くなられた6月の星空と星座がモチーフになっており、きらめく星はひとつひとつ手作業で丁寧に並べられています。デザイナーの富田真弓さんの力作です。

見る人によって見え方や意味が変わる星空というモチーフは、さまざまな人と人によって作られるコミュニティのメタファとして、とてもマッチしているように思います。私(上平)は「真砂なす 数なき星の 其の中に 吾に向ひて 光る星あり」という正岡子規の短歌を想起しました。書籍の中に収録されている渡辺さんの文章は、読む人それぞれにとって響く箇所は異なるでしょう。ご自分に向けて光るフレーズをつかまえるような気持ちで、煌めく表紙を眺めて頂ければと思っております。

先日行われた世話人会のミーティングの様子です。自分たちで本を作るというのはかなり大変な仕事で、上に掲載した表紙だけでなく、本文の文字組みなどを含めた書籍のデザイン、原稿の構成・細部の修正など編集作業などのスキルが必要になります。みなさまから頂きました資金は、印刷費だけでなくこういった専門的スキルへの謝金にも使わせて頂きたいと考えています。

クラウドファンディングの期間も残り1週間ほどとなりました。お陰様で多くの寄付を頂いていますが、普段SNSを見ない人には届いていないようで少々困っています。みなさまの身近に渡辺さんとご縁があった方がいらっしゃいましたら、是非このプロジェクトのことをお伝えしていただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 残り15枚

    2500

    書籍の贈呈

    • 「Designing ours:『自分たち事』をデザインする」を一冊贈呈
    • お礼のサンクスメール
    • 2018年03月 にお届け予定です。
    • 385人が応援しています。
  • SOLDOUT

    3500

    出版記念イベントにご招待

    • 「Designing ours:『自分たち事』をデザインする」を一冊贈呈
    • 出版記念イベントに無料ご招待
    • お礼のサンクスメール
    • 2018年03月 にお届け予定です。
    • 100人が応援しています。