facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

短編映画「DAYDREAM」の制作をクラウドファンディングで実現!

何者かになりたいともがく全ての人に捧ぐ短篇映画
『DAYDREAM』制作応援プロジェクト

何者かになりたいともがく全ての人、夢と現実のハザマで生きる全ての人を応援する物語を創ります。

FUNDED

このプロジェクトは、2022年5月9日23:59に終了しました。

コレクター
23
現在までに集まった金額
158,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、2022年5月9日23:59に終了しました。

Presenter
松岡 優馬 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
松岡 優馬

ICU在学中から「物語」が持つ力に惹かれ文学を専攻。映画配給会社で勤務。映画学校ニューシネマワークショップに入学し、自主短編映画『DAYDREAM』を立案し製作中。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

何者かになりたいともがく全ての人、夢と現実のハザマで生きる全ての人を応援する物語を創ります。

はじめに・監督からのご挨拶

この度は数あるプロジェクトの中で、自主製作短編映画『DAYDREAM』のプロジェクトのページを閲覧頂き、誠にありがとうございます。本作品の監督を務める松岡と申します。

大学在学中から「物語」が持つ力に惹かれ文学を専攻。留学先でクリエイティブ・ライティングや映像制作を学びました。卒業後は広告代理店に入社しマーケティングやコミュニケーションの仕事をしていましたが、映画配給会社に転職。買付から配給、宣伝など配給全般の業務に携わりました。その後物語と映画への情熱が忘れられず、映画学校ニューシネマワークショップに入学。本企画の立案に至ります。

何者かになりたいともがく全ての人へ

「何者かにならなければ」「映画を撮らなければ」という脅迫観念に迫られながら、生活のための仕事に忙殺される毎日。そんな自分自身に向けて救いを求めるように書いた企画と脚本が、自分以外の同じ立場の人からも共感されるのを目の当たりにし、夢と戦う全ての人が少しでも救われるような作品を創りたいと決意しました。

本作では俳優になるために人生をかけたオーディションに挑む主人公が、もう1人の自分自身(焦りと強迫観念を象徴する存在)との戦いを通じて、俳優になる事よりもより大切なものに気づくまでを描いています。夢と現実のハザマで悩みながら生きる全ての人に向けた、儚い12分間のDAYDREAM(白昼夢)を創ります。

ストーリー

主人公のケンは俳優になるという夢を持ちながら広告代理店で勤務する27歳の青年。彼は30歳を目前にとあるオーディションに挑むものの、演技を前に不条理な理由により不採用を言い渡される。

絶望の中で現れた自分自身の分身にも全てを否定されるケン。彼はその翌日突如オーディション会場へと踏み込むと、その場にいた監督と自分自身の分身に向けて全てを捨てる覚悟で全身全霊の演技を見せる。その中で、彼は自分でも予想しなかったような変化を経験していく。

(全編を通じて、夢を追いかける焦りや強迫観念がもう一人の自分(分身)として登場し、主人公を追い詰めます。主人公は、そんな自分自身と向き合い戦う事を余儀なくされます。)

主要キャスト

■長森要

1998年生まれ。大阪府出身。 大阪芸術大学 映像学科卒業。 大学時代はスタッフワークを学ぶ傍ら、役者としても活動。 卒業制作「海底悲歌」(堂ノ本敬太 監督)に出演。上野オークラ劇場や名古屋シネマスコーレなど全国にて凱旋上映された。 その他映画・舞台・MV等に出演している

■松岡眞吾

音楽活動を経て俳優に転身。塚本晋也監督作『野火』に出演した際に自主制作映画の可能性を強く感じ、その後多くの自主制作映画に参加、映像製作や監督の活動も始める。自身の監督作『路地』は2016年ドイツ・ハンブルク映画祭、調布短編映画祭などに入選。身体表現も行い、大野一雄舞踏研究所でに舞踏を学ぶ。現在はフリーランスで活動中。

■尾野綾美

ダンサーやシンガーソングライターを経て、現在は俳優として活動している。最近ボクシングをはじめた。

■岡本弦

1991年生まれ。神奈川県藤沢市出身。演劇団体「Prayers Studio」所属。アフリカ・ルワンダのNGO「ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」で活動後、俳優活動を始める。主な出演舞台作品に「卒塔婆小町」(三島由紀夫作)や日韓香合作・「アンドラ」(マックス・フリッシュ作)など。

スタッフ

撮影監督:TAKUYA NAGAYABU
撮影助手・照明 :DAIKICHI KAWAZUMI, SHU NISHITANI
メイク:RIRIKA TAKEUCHI
録音:KAORU SUGITA
製作アシスタント:YUI KOMATSU, KENZO TSUNEMI
スタイリスト:RIKU
アシスタント:OCHIBA
カラリスト:HAZUKI MORIO

プロジェクトの目標

このクラウドファンディングで皆様から頂戴したお金は、全額製作資金に使用させていただきます。 目標金額を上回るご支援は、映画の更なるグレードアップのため、そしてより多くの方に届けるためのプロモーションのために使用致します。

■総額:35万円
-キャスティング費用、スタッフィング費用:13万円
-撮影機材費:7万円
-ロケーション費:6万円
-衣装・小道具費:1.5万円
-食費・交通費:2.5万円
-ポスト・プロダクション費:1万円
-素材制作・映画祭出品等:4万円

リターン

◯応援の気持ち(1,000円)
・監督より御礼のメッセージ
→お一人お一人に向けて感謝の気持ちを綴ります。

◯先行試写(2,000円)
・監督より御礼のメッセージ
・先行試写権 (オンライン試写)
→一般公開に先んじて先行・限定公開となります。

◯先行試写+限定DVD(5,000円)
・監督より御礼のメッセージ
・先行試写権 (オンライン試写)
・『DAYDREAM』の限定DVD
→クラウドファンディングのための限定制作となります。

◯リターンセット(10,000円)
・先行試写権 (オンライン試写)
・『DAYDREAM』の限定DVD
・ポストカード
・脚本(データ)
→クラウドファンディング限定のポストカードと脚本データをお送りします。

◯エンドクレジット(30,000円)
・先行試写権 (オンライン試写)
・『DAYDREAM』の限定DVD
・ポストカード
・脚本(データ)
・お名前をクレジットに記載
→エンドクレジットにお名前を記載致します
(表記統一のため英語表記となる旨ご了承ください)。

想定スケジュール

・2022年3月:撮影
・2022年4月:編集
・2022年5月以降:映画祭出品、関係者試写

想定されるリスクとチャレンジ

このプロジェクトはクラウドファンディングの支援の額に多寡に関わらず、未達成時は不足分を自費等で補填し準備を進めてリターンを履行いたします。リターンは必ずお届けしますのでご安心ください。

最後に

ここまでお読み頂き誠にありがとうございます。もし企画意図や内容に共感してくださる方がいらっしゃいましたら、クラウドファンディングを通じてチームの一員に加わって頂ければ幸いです。金額の大小問わず、そのお気持ちが大きな力になります。少しでも多くの方に作品が届くよう祈っています。

監督: 松岡優馬

リターンを選ぶ

  • 1000

    応援の気持ち

    • 監督から御礼のメッセージ
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 2000

    先行試写

    • オンライン試写鑑賞権
    • 監督から御礼のメッセージ
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 5000

    先行試写+限定DVD

    • 限定DVD
    • オンライン試写鑑賞権
    • 監督から御礼のメッセージ
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 10000

    リターンセット

    • 脚本データ
    • 限定ポストカード
    • 限定DVD
    • オンライン試写鑑賞権
    • 監督から御礼のメッセージ
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 30000

    エンドクレジット

    • エンドクレジットにお名前を記載
    • 脚本データ
    • 限定ポストカード
    • 限定DVD
    • オンライン試写鑑賞権
    • 監督から御礼のメッセージ
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。