facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

短編映画「代弁屋」制作をクラウドファンディングで実現!

短編映画「代弁屋」制作支援プロジェクト
あなたは、“あなた”を演じていませんか?

自分の想いを表現する勇気 − それを、掻き立てる映画を届けたい。

コレクター
9
現在までに集まった金額
52,000
残り日数
73
目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
カスミ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
カスミ

奈良県橿原市生まれ。大学在学中に、ニューシネマワークショップで映像制作を学ぶ。ポストプロダクション、プロダクションを経て、フリーランスに。

このプロジェクトについて

自分の想いを表現する勇気 − それを、掻き立てる映画を届けたい。

<企画意図>

代弁してほしい…自分の想いのはずなに、自分自身では伝えられない。相手も自分も傷つけたくない、発言の責任を背負いたくない、感情を知られたくない、虚勢を張りたい等、理由は様々です。
メール、チャット、ライン等、簡単に炎上してしまうコミュニケーションツールが充実した2019年。もともと、建前を守ることによってつくられてきた日本社会。その充実が、私たちに別人格の形成を余儀無くさせ、想いを言葉にする機会を失わせているのではないでしょうか?
そんな今だからこそ、「演じない自分の想いを、声や表情で表現してみませんか?」と、問いかける作品にしたいと考えています。

<ストーリー>

依頼主に代わって、花と “想い” を贈る花屋の話。元役者とそのマネージャーが営む花屋には、もう一つの顔がある。それは、依頼主の伝えたい想いを代弁すること。不器用な依頼主の苦悩と、依頼主を演じ、その想いを代弁する花屋の苦闘を描く。

<キャスト>



中村文彦
北海道出身。映画「アスリート~俺が彼に溺れた日々~」が2019年7月より全国公開。CM「あいおいニッセイ同和損保」、ドラマ「勉強させて頂きます」、 舞台「マザー特攻の母鳥濱トメ物語」に出演。映画だけでなく、ドラマや舞台などで幅広く活躍。

水原睦実
大阪府出身。映画「ミゾロギミツキを探して」「きみはなにも悪くないよ」等に出演。舞台「母の桜が散った夜」「五反田忍者見参」等、出演作品多数。独特の存在感を放つ。

三宅裕子
愛知県出身。モデルとしてキャリアをスタート。CM「日立ソリューションズ」、WEB「楽天コミュニケーションズ」、 ショー「東京国際ビューティーフェスティバル」などで、モデルや役者として活躍。

田村祐貴
神奈川県出身。Theatre of Arts演劇学校(ロサンゼルス)で2年間演技を学ぶ。 その後、カナダ・トロントにて映画、CMを中心に活動。2017年より拠点を東京に。 主演兼プロデュースしたWEBドラマ「オクサワ珈琲店」は、Global Film Festival Awardにて最優秀WEBドラマ賞を受賞。
https://poggie0112.wixsite.com/yukitamura

<スタッフ>

撮影:打木健司
録音:衛藤なな
ヘアメイク:砂庭麻由
助監督:菊池潤太

<音楽>

MilleFace
mikarin(Vocal)、kuma(Sound)による音楽ユニット。2010年、機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション Theme Songsにてメジャーデビュー。先鋭的なサウンドを追求し、音楽を多面的に捉えた独特な手法でオルタナティブデシダルロックを展開している。

<概要>

メインターゲット:30~40代の男女
ジャンル:ヒューマンドラマ
想定尺:25分程度
展開:国内外の短編映画祭に出品

<想定されるリスクとチャレンジ>

キャスト、スタッフに恵まれた環境で撮影を終え、現在仕上げ作業中です。全てを自己資金でまかなうには時間がかかってしまうため、皆様にご支援をいただければと思っています。目標金額に達しなかった場合でも、資金は本作の制作費として大切に使用させていただきます。責任をもって完成させ、映画祭への出品等を通して多くの方へ作品を届けていきたいと考えています。

・スケジュール
 4月:プリプロダクション
 5月:プロダクション
 6-7月:ポストプロダクション
 8月:完成
 9月:映画祭への出品開始

・制作費内訳
 キャスト・スタッフ・機材費:¥200,000
 衣装・美術費:¥20,000
 ロケーション費:¥180,000
 MA・音楽制作費:¥100,000

<特典について>

・お礼のメールをお送りいたします。
 監督より、心を込めたお礼のメールをお送りいたします。

・エンドクレジットにお名前を表記します。
 ご希望の有無、ご希望の場合は表記名(仮名可)を、お知らせください。

・シナリオ(PDF)をお送りいたします。
 決定稿を、お送りいたします。

・本編の試聴URLを先行して共有します。
 2020年以降のオンライン公開前に、限定公開させていただきます。

・あなたの想いを、シナリオ(PDF)にしてお送りします。
 誰にどんな想いを伝えたいのか、教えてください。
 花と言葉を使った演出プランで、自分の想いを声や表情で表現する勇気を後押しします。

<監督プロフィール>

カスミ
奈良県橿原市出身。大学在学中に、ニューシネマワークショップで映像制作を学ぶ。ポストプロダクション、プロダクションを経て、2019年よりフリーランスに。
http://krsrkasumi.com/

<最後に>

閉塞した世界にいた頃、私を救ってくれたのは映画でした。誰か一人だけでも良い、強い気持ちで前に進んでいく原動力になるような映画を作りたい。それが、制作のはじまりです。言い訳を探しながら、のらりくらりと映像制作に携わり18年が経っていました。ひとりの作家として何を伝えていくのか − 所属から卒業した今、改めて向き合っていきたいと考えています。

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • お礼のメールをお送りいたします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • お礼のメールをお送りいたします。
    • エンドクレジットにお名前を表記します。(希望者のみ)
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • お礼のメールをお送りいたします。
    • エンドクレジットにお名前を表記します。(希望者のみ)
    • 「代弁屋」のシナリオ(PDF)をお送りいたします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • お礼のメールをお送りいたします。
    • エンドクレジットにお名前を表記します。(希望者のみ)
    • 「代弁屋」のシナリオ(PDF)をお送りいたします。
    • 「代弁屋」の試聴URLを先行して共有します。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • お礼のメールをお送りいたします。
    • エンドクレジットにお名前を表記します。(希望者のみ)
    • 「代弁屋」のシナリオ(PDF)をお送りいたします。
    • 「代弁屋」の試聴URLを先行して共有します。
    • あなたの想いを、シナリオ(PDF)にしてお送りします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。