facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

NOTO RAILWAY MUSIC LIVEをクラウドファンディングで実現!

のと鉄道を貸し切り地元出身アーティストによるLIVE!
NOTO RAILWAY MUSIC LIVE

石川県能登沿線を走る”のと鉄道”を貸し切り、石川県にゆかりのある様々なアーティストのパフォーマンスを楽しめるイベントを共に創ってくださる方を募るプロジェクトです。

コレクター
6
現在までに集まった金額
37,000
残り日数
25
目標金額 163,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年8月13日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 163,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年8月13日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
川崎 愛 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
川崎 愛

1992年石川県出身。東京音楽大学音楽学部器楽科(クラリネット専攻)を修了。 音大を卒業後、「仕事の作り方を学びたい!」と思いベンチャー企業に就職。 Webメディアのプランナー、広告代理店への転職を経て現在はフリーのディレクター、演奏家として都内を中心に活動を始める。 SNSマーケティングやWebの制作物、フライヤーのデザインなども全てひとりで行なう "ひとり制作事務所" もといセルフプロデューサー。 クラリネット演奏やレッスンの他、イベントのプロデュースも行なっています。

このプロジェクトについて

石川県能登沿線を走る”のと鉄道”を貸し切り、石川県にゆかりのある様々なアーティストのパフォーマンスを楽しめるイベントを共に創ってくださる方を募るプロジェクトです。

このプロジェクトについて

初めまして!私たちは、come home Kanazawa PROJECTという名前で活動しているアートプロジェクトチームです

『come home Kanazawa PROJECT』は、金沢にゆかりのある石川出身者で構成されたメンバーによる"金沢と人をつなぐ"プロジェクト。
プロジェクトのコンセプトでもある" come home Kanazawa" は2つの意味を持っています。
ひとつ目は、「come home!」=ただいま!
石川県にもっと帰って来たくなるような、一度石川県を訪れたことのある方が帰ってきたときに居心地の良い場所作りを目指し、石川県に縁のある各方面で活動を続けるクリエイターやアーティストメンバーによるイベントを行っています。
ふたつ目は、「きまっし、金沢」。
「come」=おいでよ、「home」=うちに!という意味になるcome homeでは、イベントを通じ県内外からのお客さんの流入を増やしていくことで、ゆくゆくは金沢市、そして石川県を代表するようなイベントにして行きたい、ひいては石川県という地元全体を盛り上げていきたい!という夢をメンバー全員が持って活動しています。     

今回はどんなイベント?

石川県にゆかりのあるアーティストをゲストとして招き、走る電車内でLIVE演奏を楽しみながら地元食材を使ったお弁当をいただけるイベントです。
のと鉄道に乗車してのと里山街道(七尾駅ー穴水駅を往復)を巡るプチ旅行へ出かけましょう。
普段は”日常”である電車内がゲストとお客様によって、”非日常”に変わっていきます。

①日常とは異なる電車空間を生み出したい

”電車”は誰もが利用する交通手段であり、日常空間です。
慣れた空間ではどうしてもスマホを触ったりうつむき加減になりがちです。
ですが、そこに音楽というエッセンスが加わることにより
”日常空間が非日常空間に”。
普段は見慣れた窓の外の景色も新鮮に感じたり、電車内がただの移動手段から
”みんなで楽しむ”空間になります。
そして、歌を口ずさんでいる。周りの人と目を合わせ、笑いあえるような。
そんな空間が広がります。

想いを持ったアーティストを応援する場であること

石川にはアツい想いを持って活動するアーティストがたくさんいます。
彼らの多くは県外で活動しており、県内の方々に知ってもらうきっかけはそんなに多くはありません。
「そんな素敵な人たちを少しでも多くの人に知ってもらうきっかけを創りたい」
「その人たちと出会うことでお客様にインスピレーションのきっかけを提供したい」
come home Kanazawa PROJECT』はアーティストを応援する場となるだけでなく、
きっかけにより新たな出会いを産む場でもあることを願っています。

③”石川ってなんかいいじゃん”を感じてほしい

田園風景や海岸風景の広がる線路を走る、のと鉄道。
最高のロケーションを走るこの鉄道も、ローカルならではの良さがあります。
観光として訪れる中心市街地ももちろん素敵だけど、
人と人との出会いや暖かいやりとりが生まれるローカル線だって負けてない。
石川県の良さ、人の良さを再発見できるような旅にしたいと思っております。

『come home Kanazawa PROJECT』が”石川と人をつなぐ”コミュニティであってほしい

chk(come home Kanazawa PROJECT)は年に数回開催しています。
しかし、イベントに参加し、それっきりで終わりにしたくないと私たちは考えています。
「また『 come home Kanazawa PROJECT 』に参加したい。」「今度は個人的に能登に来てみたい。」
そんな風に、お客様が帰ってきたいと思えるような心の拠り所であったり、想い出の場所であったり。『 come home Kanazawa PROJECT』で出会った人とずっとつながっているような感覚になれるあたたかいコミュニティ。
ただいまとおかえりが生まれる場所をつくりたいと思っています。
電車という空間は訪れる多くの人にとって「日常の一部」だと思います。
だからこそ『 come home Kanazawa PROJECT』を催すことで、ちょっといつもよりおしゃれをしてみたり、いつもは静かな車内で歌ってみたりといった「非日常」がもたらす特別な出会いがあり、そんなつながりを大切にしていきたいのです。
石川県出身者でありすでにプロとして活躍しているゲスト達と、石川県を盛り上げたい!という共通した熱い想いを抱いている運営スタッフにより開催される『 come home Kanazawa PROJECT』。
プロジェクトに共感してくれる方々にお客様として乗車いただけると嬉しいなと思っております。
アーティスト同士の共創はもちろん、アーティストとお客様の共創、そしてお客様同士の共創も生まれるかもしれません。

ゲスト紹介

アイカワサキ (川崎 愛)ークラリネット

come home Kanazawa PROJECTを主宰。1992年石川県白山市出身。これまでクラリネットを遠藤文江、三界秀実、室内楽を四戸世紀、宮本文昭各氏に師事。チャールズナイディック、大島史子の主催する北軽井沢ミュージックセ ミナーを3度に渡り受講。KOBE国際音楽コンクール本選出場。 東京音楽大学卒業後、ベンチャー企業に就職。Webメディアのプランナー、広告代理店への転職を経て2018年フリーランスとして独立。現在はフリーのディレクター・演奏者として都内を中心に活動中。
HP:https://i-kwsk.themedia.jp/

Lektroーウクレレ

石川県金沢市在住。現役高校生プロウクレレプレイヤー。“Dancing in Tropic”をコンセプトに、DJプレイをしながら超絶技巧のウクレレを重ねる独自スタイルを追求。アーティスト名の”Lektro”は”ukulele”と”electro”を組み合わせた造語。
Instagram:https://www.instagram.com/lektro_dj


兀橋龍太郎ートランペット

石川県小松市出身。小松市立高等学校芸術コースを経て昭和音楽大学を特別賞を受賞し卒業。第20回KOBE国際音楽コンクールにて優秀賞及び兵庫県知事賞を受賞。第32回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。2016年及び2018年、小澤征爾音楽塾に参加。現在、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ研究員に所属。きんぱくブラスクインテット、CARLOブラスクインテット各メンバー。関東に拠点を置きながら定期的に石川県内にて演奏や指導の活動を行なっている。


新村未都ーテナーサックス

石川県白山市出身。小松市立高等学校芸術コース卒業後、洗足学園音楽大学ジャズコースに進学。在学時、小曽根真presents JFC All Star Big Bandにて東京Jazzに出演。卒業後は都内ライブハウスなどで演奏活動を行っている。主な共演者は、向井滋春、多田誠司、ユキ・アリマサ、エリック宮城、谷口英二氏。


吉本沙耶香ーフルート

1992年河北郡津幡町出身。12歳よりフルートを始める。小松市立高校芸術コース卒業。2014年国立音楽大学演奏学科卒業。現在は、都内と石川県を中心に演奏活動を行なっている。


浜辺晃希ーチューバ

石川県出身。2015年洗足学園音楽大学卒業第13回大阪国際音楽コンクール入選。チューバを石丸薫惠・次田心平各氏に師事。現在会社員として働く側楽器を吹いている。


前回まで(『come home Kanazawa PROJECT vol.1〜2』)の実績

2018年12月に行った第一回と2019年3月にzuiun金沢店さまとタイアップして開催した第二回では併せて約150名のお客様にご来場いただき、各種メディア(Yahoo!ニュース、金沢経済新聞、夕刊フジ、朝日新聞など)に取り上げていただき盛況にて終了いたしました。レタリングアーティストのIchika、イラストレーターの津田を招き「描くこと」をテーマに音楽と併せてその場で作品を描くライブペインティングを行い、多くの方に足を止めていただき盛況に終えました。

INSTAGRAM: https://www.instagram.com/comehomekanazawa/
HP: https://comehomeproject.themedia.jp/
第3回目となる今回は、地元の場所にスポットをあて石川の素敵な場所を県内外の方に知ってもらうべく、のと鉄道さまにご協力いただくこととなりました。

クラウドファンディングで募ったお金の使い方に関して

ファンディングで募ったお金は下記のことに使わせていただきます。

  1. のと鉄道貸切料金:60,000
  2. お弁当・お茶代金:43,000円
  3. リターングッズ制作費:20,000円
  4. ゲストアサイン・コンテンツ制作費:40,000円

特典について

プロジェクトにご支援いただいた方へ各種リターンをご用意しております。

【メッセージをお送りします】
企画メンバーたちのイベントへかける想いや、企画の裏側、プチ情報、
そして感謝の想いを込めたメッセージを作成します。
こちらを電子データとして、支援してくださる皆さまへお送りします。

【come home Kanazawa PROJECTオリジナルステッカーをお届けします。】
鼓門をモチーフにしているcome home Kanazawaのオリジナルロゴステッカーをお送りします。
縦5cm×横5cmサイズ。ノートパソコンや手帳などいろいろなところに貼っていただけます。


【come home Kanazawa PROJECT のTシャツをお届けします。】
鼓門をモチーフにしているcome home KanazawaのオリジナルロゴTシャツ。
S、M、L、XLサイズから、デザインは6種類から選んでいただけます。
(※画像はイメージとなりますので、Tシャツ本体は現物とは異なる場合がございます。)


come home Kanazawa限定トートバックを入手できます。】
鼓門をモチーフにしているcome home Kanazawaのオリジナルロゴトートバックをお届けします。

トートバッグ

【NOTO RAILWAY MUSIC LIVEへご乗車していただけます。】
イベント当日、NOTO RAILWAY MUSIC LIVEのイベントにご招待。
景色を楽しんでもらいながらプロとして活躍している県内出身のアーティストによる生演奏LIVEを地元食材を使ったお弁当を食べながらお楽しみいただけます。

【『come home Kanazawa PROJECT Vol.4』にご自身の企画を持ち込めます。】
ご自身の企画を次回のcome home Kanazawa PROJECTにて持ち込んでいただけます。
企画メンバーと打ち合わせのもと、come home Kanazawa PROJECTらしい企画として共に創り上げていきましょう。
※実施できるかどうかについては打ち合わせの元決めさせていただきます。実施を確約できるものではございませんのでご了承くださいませ。

【『NOTO RAILWAY MUSIC LIVE』へのVIP乗車ができます。】
当日、come home Kanazawa PROJECT Vol.3 -NOTO RAILWAY MUSIC LIVE- のVIP席にご招待。
当日は自由席ですが、ご来場いただいたお客様全員に楽しんでいただけるよう工夫を凝らしているのでどのお席に座っても楽しんでいただけます。
ですが、やはり前列で、アーティストの息遣いも見えるほどの迫力を味わうのは、やはり別格。このVIP席に優先乗車をしていただけます。

想定されるリスクとチャレンジ

目標金額に届かなくてもcome home Kanazawa PROJECT-NOTO RAILWAY MUSIC LIVE-は開催予定です。
しかし、目標額を達成できれば、次回以降の開催に繋げられることや、より多くのお客様に楽しんでいただくことが可能になります。共に『come home Kanazawa PROJECT-NOTO RAILWAY MUSIC LIVE-』を創ってくださることを願っています。

さいごに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。『come home Kanazawa PROJECT-NOTO RAILWAY MUSIC LIVE-』の共創のために、みなさんのご支援とご協力を、よろしくお願い致します。

イベント概要
◼NOTO RAILWAY MUSIC LIVE
〜Presented by come home Kanazawa 〜
のと鉄道に乗車してのと里山街道を巡る旅に出かけましょう。
車内では音楽LIVEや地元食材を使用したお弁当も。
日程 2019.8.18(日)10:30受付開始 11:10出発
場所 七尾駅(〒926-0811 石川県七尾市御祓町イ−28−2)発ー穴水駅着(往復)
http://www.nototetsu.co.jp/
チケット 当日 ¥3,500 前売り¥3,200
学生(大学生以下):¥2,500
チケット購入:https://comehomekanazawa.stores.jp/items/
chk BRASS:アイカワサキ(クラリネット)/吉本 沙耶香(フルート) /兀橋 龍太郎(トランペット)/新村美琴(テナーサックス)/ 浜辺晃希(チューバ)
ウクレレ:Lektro
石川県、金沢市にゆかりのあるアーティスト・クリエイターによる"金沢と人をつなぐ"アートプロジェクト。
出演者全員が石川県・金沢市にゆかりのあるメンバーで構成されています。
今回は金沢を飛び出してのと里山街道を走るのと鉄道へ乗車!
気の合う仲間とのと里山街道の景色を楽しみながら
音楽LIVEと地元食材を使ったお弁当を楽しみませんか。
✴︎雨天決行です。

問い合わせ先
mail: comehomekanazawa@gmail.com
担当:川崎(カワサキ)
チケット販売情報:https://comehomekanazawa.stores.jp/
グッズ販売情報:https://chkproject.theshop.jp/

リターンを選ぶ

  • 500

    500円プラン:企画メンバーから、メッセージが届きます

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • 2019年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 1000

    1,000 円プラン:メッセージとcome home Kanazawa PROJECT限定ステッカーをお届けします。

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り97枚

    2500

    2,500 円プラン:come home Kanazawa PROJECT限定のトートバックをお届けします。

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • オリジナルトートバックをお送りします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り38枚

    3500

    3,500 円プラン:『NOTO RAILWAY MUSIC LIVE』へのご乗車ができます。

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • 『NOTO RAILWAY MUSIC LIVE』へのご招待をします。(自由席となります)
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り99枚

    3500

    3,500 円プラン:come home Kanazawa PROJECT限定Tシャツ(全6種)をお届けします。

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • オリジナルTシャツ(全6種/S,M,L,XL)を入手できます。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り10枚

    5000

    5000 円プラン 『NOTO RAILWAY MUSIC LIVE』へのVIP席でご乗車ができます。 -

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • LIVEへVIPとしてご招待。(出演者に近い席でのご観覧が可能です)
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    10,000円プラン:次回『come home Kanazawa PROJECT vol.4』にご自身の企画を持ち込めます。*企画内容について実施を確約するものではございません。

    • 主催メンバーからの感謝の気持ちや、当イベントの裏側などを電子メッセージとしてお送りします。
    • chk限定ロゴステッカー(縦5cm×横5cm)をお送りします。
    • 次回Vol.4にご自身の企画を持ち込める権利を文書にてお送りします。
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。