facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

長篇SFサスペンス映画『CODE-D魔女たちの消えた家』製作プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

劇場公開決定! 映画祭受賞多数の古本恭一監督
長篇SFサスペンス映画『CODE-D魔女たちの消えた家』製作プロジェクト

国内外で受賞、海外映画祭招待多数の古本恭一監督・三本木久城撮影、近未来ディストピア・サスペンス映画の製作を応援していただくプロジェクト。2022年劇場公開決定!

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2021年7月30日23:59に終了しました。

コレクター
38
現在までに集まった金額
1,206,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2021年7月30日23:59に終了しました。

Presenter
古本ダクト プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
古本ダクト

映画を創っています。 ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞・スイス国際映画祭最優秀外国映画賞をはじめ、国内外の映画祭で受賞・招待多数の古本恭一監督の17作目の新作、長篇SFサスペンス映画を製作中!

このプロジェクトについて

国内外で受賞、海外映画祭招待多数の古本恭一監督・三本木久城撮影、近未来ディストピア・サスペンス映画の製作を応援していただくプロジェクト。2022年劇場公開決定!

新作SFサスペンス映画の製作によせて


コロナ渦で映画の上映や撮影に様々な支障が生じてから1年余り。

今までと違う新たな芸術のあり方を模索しつつ、今まで以上の高いクオリティーの作品を創り出し、感染症で価値観の一変したこの世界で、アーティストとして感じたことを発信するべく、新作長編映画の製作に取り組みます。

芸術性だけに偏らず、お客様が映画館で観たくなる、パワーにあふれたエンターテインメントを目指し、近未来SFサスペンスを企画しております。

美しい映像、十分に練られたシナリオ、毎週のリハーサルを重ねて創り上げる俳優たちの刺激的な演技、鮮やかで予測不可能なストーリー展開・・・

閉塞したこの世界の空気を打ち破る、エネルギッシュな映画を生み出します。

そしてこの映画は既に来年の劇場公開が決定しております!
クラウドファンディングから、準備・撮影・編集・仕上げ・上映と、『CODE -D 魔女たちの消えた家』の全てを見届けてください。

女たちよ 運命に抗え

2057年5月  山荘で繰り広げられる女たちのディストピア・サスペンス

容赦なく美しく 残酷な
山の中の牢獄

◆ STORY ◆

2057年5月。

99. 8 %以上の人類の命が海に消えた大災害から6年。
人口11万人に減った日本人が、わずかに残った標高の高い陸地に分散して暮らす日本連邦共和国。

その31州の内の1つ、関東州秩父郡にある「東秩父女子D山荘」では、Dクラスという下から2番目の階級に分けられた女たちが8人、配給を受けて共同生活している。

女たちの腕にはマイナンバーコードが刻まれ、
Dクラスのコードでは、コードリーダーを突破して敷地外へ出ることができない。

上品な中にサディスティックな面を覗かせるリーダー、
10歳の知能を持つ姉と、その世話に追われる妹。
生死不明の同性の恋人を探し求める女、
一言も話さずに編み物をしている女・・・

そこへ野獣のような男が迷い込んで来て、女たちに波乱を巻き起こす。

「Dクラスはいつか殺される」

そんな信じがたい噂が流れて来るが、敷地外へ出たら死ぬと聞いている女たちは、どうやって脱走すれば良いのかわからない。

謎は日に日に増えて行き、次々と起こる事件が山荘に波乱を巻き起こす。


疑い、欲望、友情、愛、いじめ、裏切り、暴力ー
生きて山荘を出るために、女たちは運命に抗い続ける。

目を離せないスリリングな展開、
畳みかけるような怒涛のクライマックスをどうぞお楽しみに。

komotod'act 17作目は女たちの近未来サスペンス

映画監督古本恭一の作品を製作する団体「komotod'act」

20年前から16作品もの映画を創り続け、PFF審査員特別賞をはじめ、小津安二郎記念蓼科高原映画祭グランプリ、スイス国際映画祭最優秀外国映画賞など国内外で受賞及び、海外映画祭招待上映多数。

◆短篇映画『アトムの光』(2004年・6分)
小津安二郎記念蓼科高原映画祭グランプリ
みちのく国際ミステリー映画祭入選
Santafe film festival入賞(世界三位)
下北沢短編映画祭グランプリ
小田原映画祭入賞

◆長篇映画『ラストムービー』(2013年・34分)
新城映画祭グランプリ
小津安二郎記念蓼科高原映画祭招待上映
福岡インディペンデント映画祭奨励賞
小坂本町一丁目映画祭招待
2013年 下北沢トリウッドにて上映

◆長編映画『キオリ』 (2015年・94分)
小津安二郎記念蓼科高原映画祭招待上映
2016年3月12~18日ユジク阿佐ヶ谷にて劇場公開

◆短篇映画『松本商店街物語』 (2015年・34分)
小津安二郎記念蓼科高原映画祭入選
松本商店街映画祭入選
福島自主制作映像祭2019入賞
2021年4月 短編映画イベント『Life is Short Show』(渋谷ユーロスペース)にて上映。

◆最新作 長篇映画『不完全世界』 (2019年・142分)
スイス国際映画祭最優秀外国映画賞
ユーラシア国際月間映画祭最優秀長編映画賞
アテネ国際デジタルフィルム映画祭 入賞
等 海外映画祭8冠。
小津安二郎記念蓼科高原映画祭招待上映。
2020年8月8~14日「夜の池袋で感染拡大」と言われた時期に、池袋シネマ・ロサにて劇場公開し、好評を博した。


監督 古本 恭一 Kyoichi Komoto

俳優・映画監督。

監督作品『アンゴウ』でPFF審査員特別賞受賞、『アトムの光』で小津安二郎記念蓼科高原映画祭グランプリ、『不完全世界』でスイス国際映画祭最優秀外国映画賞 他、国内外で受賞及び、海外映画祭招待多数。

監督作品の多くに出演する他、原田眞人監督作品『金融腐蝕列島』『狗神』『突入せよ! あさま山荘事件』に出演。世界6ヶ国合作映画『Universalove』日本編主演、オーストリア・日本・ブラジル合作映画『AUN』主演、タイ日本修好130周年記念ドラマ『Rock Letter』出演など、海外でも俳優として活動中。

『巻貝たちの歓喜』(2019)では亡き妻を追い求める男を演じ、ロンドン・ゴールドムービーアワード主演男優賞セミファイナリスト、スウェーデン・フィルム・アウォード(JUNE2020) 主演男優賞ファイナリスト。

CAST

マリナ 写真のような絵を描く魔女 ・・・ 水津 亜子 Aco Suizu

知能は10歳程度だが、写真のように正確な絵を描く能力を持つ。
妹のチアキと共に2週間前にDクラス山荘へやって来て、どうしても浮いてしまうその行動に目をつけられる。
鳥や葉っぱが好き。

ドラマ『アシガール』『匿名探偵』『HERO』『渡る世間は鬼ばかり』『相棒』『ハチ』『たった一人の反乱』
映画『赤×ピンク』『チームバチスタFINAL』
CM『日本生命 愛する人のために』『アイホン』
舞台 Minami Produce 『バータイム/パラダイム』『はなのいろ』Ammo『Lucifer』ミュージカル座『ひめゆり』他、出演多数。

数多く出演している再現VTRでは、実在の連続殺人犯を4回、その他にも殺人犯・横領犯などを演じ、
「虫とか全然殺せないのに、なぜか殺人犯の役が多い…」と語る。

古本恭一監督の前作『不完全世界』では、弐話のヒロイン、失声症の元アイドル 千波役を演じた。

水津亜子公式Twitter
水津亜子公式サイト
 

チアキ 姉の世話係の魔女 ・・・ 新宮明日香 Asuka Shingu

障がいを持つ姉の世話に追われる。
幼い頃から姉優先で育てられ、自分はいつも2番目だと思っている控えめな女。

劇団ひまわりにて子役として活躍。
『天才テレビくん』『時をかける少女』等に出演。
その後は女優として、舞台・映画・CM・ドラマ等に出演。

代表作は東映『バトル・ロワイアル2』、東宝『少林少女』等。

古本恭一監督作品の出演は『キオリ』『デマエのオムカエ』『松本商店街物語』『月蝕』『不完全世界』に続き6作目となる。

新宮明日香 公式Blog「いーっ」てなる。
新宮明日香 公式Twitter

 
ケイ 中性的な魔女 ・・・ Sufa

6年前の隕石災害で、同性の恋人サヤと生き別れている。
マリナ・チアキ姉妹に親切で、愛情深さと激しさを併せ持つ。


2015年ファッションショーモデルとしてデビュー、2016年に芸能事務所Eja9に所属、
舞台「戦国 BASARA(マクベス)」魔女役で俳優デビューした。

韓国舞踊・バリ舞踊・ジャズダンス・バレエなどの経験があり、舞台や映像の他にダンスパフォーマンスやミュージカルなどにも出演している。

2019年に美少女戦士セーラームーン初のショーレストランSHINING MOON TOKYOでタキシード仮面/地場衛役で出演、2021年には短編映画「迷子(マイコ)」で初主演を務めた。

古本恭一監督の前作『不完全世界』でヒロイン翠のルームメイト、ダンサーの藍里役を演じ、今回が2作目の古本組出演となる。

Sufa(すふぁ)公式Twitter
 

ナオ リーダー格の魔女 ・・・ まひろ 玲希 Tamaki Mahiro

山荘に一番古くからいる女。
女たちに独自の細かいルールを守らせる高圧的なリーダー。

2020年2月まで本名 内田量子で活動。
藤山直美を尊敬し2年間付き人で勉強した後、NHK連続テレビ小説『オードリー』や上川隆也主演『陰の季節』などレギュラー出演をしながら経験を積む。

2006年大杉漣主演・映画『棚の隅』では初ヒロインを演じ、数々の作品に出演。

2016年から2019年までは故郷・高知でプロデューサー兼タレント「まひろ」として、テレビ番組『まひろのま』・ラジオ番組・CMを制作。

2020年再上京し、2021年芸名を麻汎玲希に改名。
2021年2月に短編映画『パウンドケーキ』を製作兼主演し、古本恭一に監督と出演を依頼し、現在に至る。
 
 
トモ 編み物をする魔女 ・・・ 黒岩 よし Yoshi Kuroiwa

いつも無言でリビングに座り、何かを編んでいる女。

大阪府出身。
2歳より水泳を始め、14歳でソウル五輪に出場、25歳までプロスイマーとして活動。
引退後、モデル活動、ヨガインストラクター、フードケータリングサービスなどを行う。

2010年「NECK」にて、お化けのゆかりちゃん役で映画デビュー。
以後、得意のアクションを活かし、『進撃の巨人』『ウルヴァリン SAMURAI』『百円の恋』『BG 身辺警護人』『アイアングランマ2』等に出演。

2020年公開作は他に『許された子どもたち』市川真里役、『ロックンロールストリップ』など。
“怖いお母ちゃん”役に定評がある。
 
 
レナ 眼鏡の魔女 ・・・ 藤生 眞有 Maari Fujiu

山荘のサブリーダー。
可憐でありながら、賢く冷徹。
女の集団の力関係を鋭く見抜き、リーダーのナオに近づく。

群馬県桐生市出身。

学生時代に染織技術、デザイン技術、和菓子技術を学び、モノ作りの喜びを知る。
奈良県で和菓子職人をした後、2017年より女優を志す。
ドラマ『孤独のグルメ大晦日SP2018』『半沢直樹2』や舞台などに多数出演。

2020年に初監督・主演で短編映画『海からの贈り物』を製作。

maari 公式Twitter


アミ アルコール中毒の魔女 ・・・ 石月かなで Kanade Ishizuki

Dクラス山荘では厳しく禁じられている酒に救いを求める女。
配給で酒は届かないため、手に入らないはずなのだが…


岩手県平泉町出身。
大学卒業後、一度就職したがあきらめきれず、役者の道を志す。
舞台や声の仕事を中心に活動していた。
その後、役者活動を休業し研鑽を積むべく、学生時代の音楽経験を活かして、
鍵盤サポートやサックスのライブ活動を始めるようになる。

チャレンジ精神旺盛な性格。
へこたれることもあるが、年々リカバリーが早くなっている。

古本恭一監督にサックスを教えたことがきっかけとなり、
古本組へ参加することになった。
本作が初めての映画出演となる。

石月かなで 公式Twitter

 
配達人 ・・・ ショウジ Shoji

女たちの山荘に配給を配達する男。
配達人は階級がBクラスであり、国内を自由に移動することができる。


静岡県出身。
18歳で俳優活動を始めると同時に3DCGや映像制作を学び、2006年にフリーの映像クリエイターとなる。
2007年から自身も制作している自主映画業界を盛り上げるため、Youtubeにて「 自主映画応援チャンネル 」を運営している。

俳優としてはNHK『タイムスクープハンター』、映画『馬の骨』などドラマや映画を中心に活動しながらも、東京バレエ団第33次海外公演・オマーン公演に助演として参加するなど、「面白い」「楽しい」「新たな経験」を求めて多方面で活動している。
力の抜けた場に馴染む演技に定評がある。

ショウジ 公式Twitter

配達人 ・・・ 太三 Taizo

愛媛県出身。
陸上自衛隊に訓練、勤務に励む合間に演劇の勉強や活動をする。

退職後は予備自衛官の身分を保有しつつ映像メインに俳優活動。
数多くの映画に出演し、強面や三枚目からサイコパスまでこなす個性派。
一方で銃剣道五段を持ち、青少年育成を目的に銃剣道の教官をしたり、イベントで演武をした経歴あり。
「日本一不器用なカメレオン俳優」「歩くパワースポット」という異名を持つ。

前作『不完全世界』においては、不気味な雰囲気を持つ強盗を演じ、今回が2作目の古本組参加となる。

【映画】
『ブラックスクール白光』(築地役)2011年 佳本周也監督
『武田くノ一外伝AKECHI』(隻眼のテツ役)2016年 かわさき ひろゆき監督
『闇刻の宴~うつしえ~』(管理人役・主演)2016年坂元啓二監督
『翼の生えた虎』(吉田役)2017年 冨田航監督
『幸せ配達人ユリ子』(太郎役)2018年 山内大輔監督
『スケバンくノ一』(許渾坊役)2019年 荒木憲二監督
『憂いなき男たちよ快楽に浸かるがいい。』(長塚知良役)2019年 松岡邦彦監督
『ガダルカナル』(辻政信役)2021年公開予定 得能祐介監督
【Vシネマ】
『嬢王ゲーム』『未来戦士アマゾネス』『武田くノ一忍法伝 千代女』『エクスタシーイコライザーREN』他多数
 

キャスター ・・・ 川相 真紀子 Makiko Kawaï

電気の使えないDクラス山荘だが、唯一国営放送だけは毎日強制的に流されている。
日本連邦共和国の歴史や階級を明るく解説するキャスターなのだが…

劇団ブリキの自発団で活躍後、宮城聡氏が率いるク・ナウカシアターカンパニー(現SPAC)、他多数の舞台に出演。
また海外の俳優陣とのコラボレーション作品、フェスティバル等に参加。

現在はフランスに在住し、舞台に立つと共に、幼稚園生から小中高生、コンセルヴァトワール(国立芸術学校)まで、多方面に渡り、講師としても活躍中。

古本監督作品の第1作目から20年以上にわたり、ほぼ全作品に出演。
前作の『不完全世界』では参話ヒロイン、シングルマザーの芽衣子役を演じた。
 

サヤ ・・・ きた Kita

6年前の隕石災害で行方不明となったケイの恋人。
失踪当時、体外受精で授かった子を出産する直前であった。

熊本県出身。
2014年、役者活動を開始。
2020年映像作品としては初主演となった、山本大策監督のMV作品『この道』は、Gona Film Awards・Sparrow International Film Festival・Vesuvius International Monthly Film Festでグランプリを受賞し、他にも海外の映画祭受賞・入選多数。

古本監督の前作『不完全世界』では、望まない妊娠を機に思いもよらない計画に巻き込まれていく紫帆役に挑戦。

今作では監督や脚本家と打ち合わせの上、リモート撮影での参加となった。
撮影中に監督や他のキャストとその場でコミュニケーションが取れない中での撮影に苦戦した。

マイペースな性格である一方、情熱的で負けず嫌いな一面を持つ。
医療系の資格を有しており、古本ダクト以外の作品では看護師などの役を演じることが多い。

きた 公式Twitter 


ナオの父 ・・・ おおくぼ 良太 Ryota Okubo

1974~75年に渡米し、ルイジ、ジョジョ・スミス、フィルブラックに師事し、ブロードウェイスタイルのダンスを学ぶ。

帰国後ダンサーとして、TV・舞台で活躍、小柳ルミ子を始め数多くのスターに振付を行う。
ラジオパーソナリティーを10年務め、弾き語りなどマルチに活躍。
作詞も務めた『目蒲線物語』(1983年)は、今も有線やカラオケで聴くことができる。

1989年池袋ミュージカル学院を開校、2020年5月に閉校するまで30年余り、学院長として後進の育成に情熱を燃やし、今も多くの卒業生がミュージカル劇団やテーマパークで活躍している。

今回は初めての古本組出演となり、得意のタップダンスを披露する。

アートにエールを『大久保 里々伊 / 67歳の父と踊る最後のタップダンス』
  

男 ・・・ 古本 恭一 Kyoichi Komoto

女だけのDクラス山荘にいつの間にか迷い込んで来た。
言葉を発しない獣のような男をめぐって、女たちの思惑が交錯する。

STAFF

撮影監督 ・・・ 三木本 久城 Hisaki Sanbongi

大林宣彦監督「野のなななのか」(2014)、「花筐/HANAGATAMI」(2017)では、第62回三浦賞受賞。
深川栄洋監督・太田隆文監督・佐藤二朗監督作品でも撮影監督を務める。

古本恭一監督作品においては、
『アンゴウ』(1999) 『キオリ』(2016) 他、24年間で全16作品を撮影している。
 

音楽監督 ・・・ 野口 真紀 Maki Noguchi

長野県出身。
『アンゴウ』(1999)より古本監督作品の音楽を手がけ、20年来全作品の作曲・演奏を行っている。

また古楽器《ヴィオラ・ダ・ガンバ》を中心に、古楽、様々なアートとのコラボレーション、現代曲の初演など国内外で幅広い活動を展開している。

CD録音多数。
 

脚本 ・・・ 水津 亜子 Aco Suizu

前作『不完全世界』に続き、古本組の長篇を執筆する。
今回の第一稿完成時に
「面白い!こんなシナリオ見たことない!」
と古本監督が絶賛した、謎の多いスリリングな展開と、ラストのカタルシスに乞うご期待。 

『CODE-D  魔女たちの消えた家』スケジュール

【製作スケジュール】

  • 2021年1~3月  脚本執筆・俳優部リハーサル
  • 2021年4~7月  撮影
    (リモート撮影を5月までに終え、本格的な撮影は6月27日~7月5日)
  • 2021年7~11月   編集・音楽・仕上げ

【初号試写】

  • 2021年11月後半~12月前半予定

【劇場公開】

  • 2022年春頃予定

いただいたご支援の使い道

1.撮影経費

  • 撮影期間(8~12日間予定)の食費
  • 撮影・仕上げ時の交通費
  • 撮影現場のレンタル費用

2. 宣材作成費

  • チラシ・ポスター・チケットのデザイン・印刷
  • パンフレットのデザイン・印刷
  • グッズ制作費

3.宣伝費

  • メディアへの宣伝など
  • 試写会場費

4.モーションギャラリー手数料

5.主に人件費・場所のレンタル料に関して助成金を申請中ですが、もし審査を通らなかった場合、下記に関して監督私財とクラウドファンディングから補填することになります。

  • キャスト出演料
  • スタッフ(撮影監督・音楽監督・助監督 他)人件費
  • 録音スタジオ・稽古場 レンタル料
  • 予告・本編のDCP制作費
  • 撮影時宿泊費

リターン(ご支援に対するお礼)について

◆ 監督または出演者からのお礼メール
監督または出演者より、ご支援いただいた全員にお礼のメールをお送りいたします。

◆『 CODE -D 魔女たちの消えた家』限定製作日記
撮影や上映に向けて、公式SNSには載せない突っ込んだ内容や写真で、楽しい限定日記を書いて行きます!

◆『CODE -D 魔女たちの消えた家』限定オリジナル携帯待受画像
出演者の写真入りオリジナル携帯待受画像をお送りいたします!

◆ エンドロール・パンフレットに協賛としてお名前記載
ご希望の方のみ。お名前ではなくハンドルネームでも掲載可能です。
(公序良俗に反する、または政治的思想的な意味合いの強いニックネームは、掲載いたしかねますので、ご了承ください。)

◆ 出演者サイン入りパンフレット プレゼント
撮影風景など写真満載のパンフレットを差し上げます。
劇場公開終了後に発送いたします。

◆ 完成披露試写会にご招待
関係者限定の試写会にご招待いたします。
作品が初めて監督・スタッフ以外の人の目に触れる大事な瞬間を目撃してください。
試写は東京都内で、2021年年末までに開催予定です。

◆画像満載限定チラシに監督・俳優手書きのお手紙
撮影風景など俳優の画像が満載の限定チラシに、監督俳優が手書きのメッセージを記します。
販売はしませんので、クラウドファンディング限定となります。
2022年春頃予定の上映までに発送いたします。

◆ 完成作品DVDプレゼント
劇場公開終了後に発送いたします。

◆ シナリオプレゼント(監督・作家サイン入り)
本作品のシナリオを、監督・作家サイン入りでプレゼントいたします。
製本されたものではなく、作家が自分で簡単に製本した形になりますが、画像入りのオリジナル表紙をつけてお届けいたします。
劇場公開終了後に発送いたします。

◆ 劇場公開ご招待券プレゼント
『CODE -D 魔女たちの消えた家』劇場公開時に、ご招待いたします。
(東京都内・近郊の予定)
上映時期は未定ですが、2022年春頃を予定しております。

想定されるリスクとチャレンジ

劇場公開は決定しており、脚本も完成し、キャストスタッフ・撮影場所も決定しております。
映画製作経験も豊富ですので、今回の企画に関してリスクは非常に少ないと考えております。

とはいえ、コロナ禍の影響などにより、当初より遅れる可能性はございますが、必ず完成させ上映することをお約束いたします。

応援してくださる皆様へ

多くの企画の中から、映画『CODE-D  魔女たちの消えた家』プロジェクトページを見つけていただき、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コロナ前よりも困難な状況で映画創りをする私たちを応援していただけたら、こんなにうれしいことはありません。

『CODE -D 魔女たちの消えた家』製作チームの仲間となっていただけるなら、製作段階から上映まで、共に楽しんでいただけますよう、全力で良い作品を完成させます。

どうぞよろしくお願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 3000

    監督CASTからのお礼メール&コレクター限定日記

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 2021年08月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 5000

    監督CASTからのお礼メール&限定日記&限定待受

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    エンドロールにお名前掲載&サイン入りパンフ プレゼント

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • エンドロールにご協力としてお名前記載(ご希望の方のみ)
    • 出演者サイン入りパンフレット1部プレゼント
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 16人が応援しています。
  • 20000

    サイン入りパンフ&関係者限定試写ご招待

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • エンドロールにご協力としてお名前記載(ご希望の方のみ)
    • 出演者サイン入りパンフレット1部プレゼント
    • 関係者限定 試写ご招待
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 30000

    サイン入りパンフ&試写ご招待&お手紙入り限定チラシ

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • エンドロールにご協力としてお名前記載(ご希望の方のみ)
    • 出演者サイン入りパンフレット1部プレゼント
    • 関係者限定 試写ご招待
    • 写真満載限定オリジナルチラシに出演者が書いたお手紙
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 50000

    サイン入りシナリオ&パンフ・お手紙入り限定チラシ ・試写ご招待

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • エンドロールにご協力としてお名前記載(ご希望の方のみ)
    • 出演者サイン入りパンフレット1部プレゼント
    • 関係者限定 試写ご招待
    • 写真満載限定オリジナルチラシに出演者が書いたお手紙
    • 監督・作家サイン入りシナリオプレゼント
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    サイン入りシナリオ&パンフ・お手紙入り限定チラシ ・試写&上映ご招待

    • 監督または出演者からのお礼のメール
    • コレクター限定日記
    • 限定オリジナル待受画像プレゼント
    • エンドロールにご協力としてお名前記載(ご希望の方のみ)
    • 出演者サイン入りパンフレット1部プレゼント
    • 関係者限定 試写ご招待
    • 写真満載限定オリジナルチラシに出演者が書いたお手紙
    • 監督・作家サイン入りシナリオプレゼント
    • 完成作品DVDプレゼント
    • 劇場公開時 上映ご招待
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。