facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

琵琶湖一周清掃プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

【琵琶湖を世界で一番綺麗な湖にしたい】
琵琶湖一周清掃プロジェクト

今回のプロジェクトでは、琵琶湖の清掃活動を行います。具体的な清掃場所としては、湖南を中心に琵琶湖周辺の釣り場やキャンプ場、公園などを清掃する予定です。またその中で、FBなどで有志を募りながら各地区ごとに清掃を行います。

コレクター
0
現在までに集まった金額
0
残り日数
27
目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年12月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年12月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
猫かぜと愉快な仲間たち プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

初めまして!猫かぜと愉快な仲間たちと申します。趣味はスポーツフィッシングと琵琶湖の清掃活動です。将来の夢はNPOを設立し、琵琶湖の清掃活動を大規模に行いながら、琵琶湖に存在するマイクロプラスチックや不法投棄物をゼロにすることです!よろしくお願いします!

  • 滋賀県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

今回のプロジェクトでは、琵琶湖の清掃活動を行います。具体的な清掃場所としては、湖南を中心に琵琶湖周辺の釣り場やキャンプ場、公園などを清掃する予定です。またその中で、FBなどで有志を募りながら各地区ごとに清掃を行います。

私たちについて

 初めまして!私たちはYoutubeで活動しております、猫かぜと愉快な仲間たちと申します。私たちは普段、動画制作活動をしながら、スポーツフィッシングをしたりしています。スポーツフィッシングでは琵琶湖に頻繁にお世話になります!そんな私たちがお世話になっている琵琶湖ですが、釣り場周辺や公園、キャンプ場などはゴミが散乱している箇所もあり、お世辞にも綺麗と呼べる状況ではありません。そんな琵琶湖の姿を見て、私たちに青春を与えてくれた場所に何かしらの形で恩返しをしたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

(2020年10月21日滋賀県彦根市にて本人撮影)


本プロジェクトについて

 このプロジェクトでは、琵琶湖周辺のキャンプ場、公園、釣り場などの清掃を行います。具体的な期間は1週間程度を想定しています。スポットごとに汚染がひどい箇所を集中的に清掃していく予定です。その中で、FBでイベントを企画しながらそれぞれの地域の大学生ボランティア団体の方々や近隣住民の方々とスポットごとの清掃をしたいと考えております。また、10月17日から23日まで、試験的に清掃を行ってまいりました。その中で一般人には手に負えないような産業廃棄物が投棄されている場所が何箇所もありました。そのような投棄物も我々で処理したいと考えています。

(2020年10月19日に滋賀県高島市にて本人撮影)

ビジョン

 お寄せいただいた資金は、トラックのレンタル料、清掃器具の購入、活動費などに当てさせていただきます。私たちが実現したい社会は、水に対する意識が高い恒久的に琵琶湖の綺麗さを維持できる社会です。このような社会が実現されることで、10年後も100年後も関西の水瓶である琵琶湖の水が安心して飲めると確信しています。そのために、私たちは環境教育が重要であると考えました。そのためにもただ清掃するのではなく、様々な地域、属性の方々と連帯しながら活動を行うことが最も効果的であると考えました。Motion gallery様を利用したクラウドファンディングもまた、連帯の一つです。

特典について

1000円 サンクスレター
 ・お礼のメールをコレクター様宛にお送りいたします。

5000円 サンクスレター 活動写真
 ・琵琶湖での清掃活動を通じて撮影した写真をお送りいたします。(以下例)

(2020年10月23日滋賀県草津市志那町にて本人撮影)

10000円 プロジェクト記念Tシャツ サンクスレター 活動写真
 ・下記の活動写真などに加え、プロジェクト記念Tシャツをお送りいたします。Tシャツのデザインは現在作成中ですので、完成し次第このページを更新する形でご報告させていただきます。

想定されるリスクとチャレンジ

 本プロジェクトで想定されるリスクとして最も大きいのは、天候によるリスクです。屋外で行う活動であるという特性上、仕方ないリスクであると考えております。今のところの計画では、小雨決行と考えております。

 資金調達を行うことで、個人ではコストが大きすぎることを達成しようと考えています。たとえば、トラックのレンタルや活動にあたっての活動費は、個人で負担するには荷が重すぎるので、このような困難をCFを通じて乗り越えたいと考えております。

 また、上記にもあるように、産業廃棄物の不法投棄を我々の手で回収し、処理したいと考えています。産業廃棄物の処理には一般的には大きなコストがかかるような負担が求められます。そのような金銭的、体力的な負担を私たちがCFを通じて解決したいと考えています。

 プロジェクトの実施が遅れる可能性があります。天候次第ということもありますので、そのような要因に関しましては発生し次第ご周知させていただきます。ご了承ください。資金の使い道に関しまして、できる限り慎重に見積もっておりますが、活動費(宿泊費、ガソリン代等)などが変動する可能性がございます。

※目標金額未達成時にはメンバーの自費で賄います。

支援金額の内訳

【目標金額は50万円】

内訳

 ・トラックレンタル料 約10万円

 ・ガソリン代     約2万円

 ・宿泊費       約10万円(メンバー3名分)

 ・産業廃棄物処理費用 約10万円

 ・活動費(3名分×1週間)約10万円

  • 余剰予算は今後の美化活動費に当てさせていただく予定です。 
  • 2020年10月17日から23日まで試験的に活動を行なった上での推定予算です。ゴミの量、状況により予算内訳が変動する可能性があります。あらかじめご了承ください。  

実施場所や結果報告について

【実施場所】

大津市:におの浜・浜大津

高島市:安曇川河口付近

彦根市:南三ツ谷公園 

守山市:木浜

草津市:志那町

【結果報告方法について】

結果報告に関しましては、燃えるゴミ(プラ含む)、ビン缶ペットボトルゴミ、産業廃棄物、流木に分け、それぞれを重量計測した上でプロジェクト終了後にコレクター様のメールアドレス宛に報告書を送付いたします。

プロジェクト開始予定日

 本プロジェクトの開始日は2021年4月頃に予定しています。その頃にはコロナも終息し、有志の皆様と対面で会えることを楽しみにしております。

ページを見てくださった方へ

 本ページをご覧いただき誠にありがとうございます。本ページに少しでも関心を持ち、ページを開いてくださったことに感謝を申し上げます。私たちが行う活動は、刹那的なものではなく、継続、そして他地域への活動の波及を最終的な目標としています。そのためにも、その第一歩として本プロジェクトは非常に重要な意味を持ちます。是非ともご支援、ご指導のほど、よろしくお願いします。

プロジェクトリーダー

名前:古野 元春

年齢:21歳

出身地:京都府京都市

所属:下関市立大学・総合ボランティアサークルWSK元副代表

【本プロジェクトを立ち上げたきっかけ】

趣味であるスポーツフィッシングのために琵琶湖を訪れた際、関西の水瓶である湖がゴミやマイクロプラスチックで汚染されている現状を憂い、本プロジェクトを起案。試験的に琵琶湖一周を仲間内で清掃した際に、その問題意識はさらに強くなった。本プロジェクトにかける想いは、たぶん関西で一番強い。

【他メンバー】

・吉田 凌(所属:大学生)

・河野 篤史(所属:社会人)

リターンを選ぶ

  • 1000

    サンクスレター

    • お礼のメッセージカードをお送りいたします。
    • 2020年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 5000

    サンクスレター 活動写真

    • お礼のメッセージカードをお送りいたします。
    • 活動写真
    • 2020年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    プロジェクト記念Tシャツ サンクスレター 活動写真

    • お礼のメッセージカードをお送りいたします。
    • 活動写真
    • 記念のTシャツをお送りします
    • 2020年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。