facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

バリアージ舞踊団15周年公演「道」をクラウドファンディングで実現!

人間の野性を呼び覚ます至極の舞台を共に創る:
バリアージ舞踊団15周年公演「道」

バリ舞踊、モダンバレエなどをベースにした唯一無二のスタイルで観る人の感性を拓く異空間を創り出してきた舞踊団バリアージ。主宰Chie Norieda。その15周年記念公演「道」を共に創るプロジェクト。

コレクター
75
現在までに集まった金額
1,171,000
残り日数
13
目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
山崎 繭加 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
山崎 繭加

華道家。2017年よりいけばなの叡智をビジネスや教育の世界につなげる活動IKERUを主宰。 同時に舞踊団バリアージに所属し、主宰のChie Noriedaの世界観を社会に伝える役割を担っている。

このプロジェクトについて

バリ舞踊、モダンバレエなどをベースにした唯一無二のスタイルで観る人の感性を拓く異空間を創り出してきた舞踊団バリアージ。主宰Chie Norieda。その15周年記念公演「道」を共に創るプロジェクト。

バリアージとは

*今回の物語の主語「私」は、バリアージ主宰Chie Noriedaです。

私Chie Noriedaは3歳から踊り始めました。21才の時、阪神淡路大震災で被災。ただ生きのびるのに精一杯の中、自分の魂である踊りに人生をかけようと決意しました。ダンスグループを作ったり、バックダンサーとして舞台に出演したり、ニューヨークのダンスカンパニーで学んだりしながら、踊りとの向き合い方の模索を続けました。

ある時、ふとしたきっかけでバリ舞踊に出会います。そのいびつな美しさ、大地に根ざす力に魅了され、バリ島へ留学。祈って、食べて、踊って。バリの時間、文化、宗教の中にどっぷりと浸かり、自分がただここに「在る」こと、自分も大きな宇宙の一部であることを感じる日々でした。帰国後、これまで自分が学び自分の一部としてきた、モダンバレエ、ジャズ、そしてバリ舞踊をベースとした唯一無二の舞踊としてのバリアージを立ち上げます。バリアージは多彩、変容などを意味するバリの言葉が語源です。

最初はたった一人で始めたバリアージですが、だんだんと共感する人々が集まって舞踊団となり、バリアージの世界観を様々な形で表現できるようになっていきました。その道はでこぼこで大変なことだらけでしたが、すべて天からの使命だと捉え、自分ができうるすべてをつぎ込んで、能楽など新たな分野も学びながら、舞台を創り踊り続けました。

舞台【一粒萬倍】より黄泉比良坂

戦国シェイクスピア「マクベス」

屋久島

バリアージは、ただ踊りをエンターテインメントとして魅せるというだけでなく、舞踊を通じて人の感性を拓く、ということをやってきた自負があります。いつもは奥底に隠れている人間の本質、野性。バリアージの舞踊を観ることでそれが目覚める。本当のその人が出てくる。そうすると、きっと、その人だけの人生を生きることにつながっていくし、そういう人が増えれば世界としても平和になる、と信じています。

15周年記念公演「道」

バリ島でバリ舞踊の師匠の家に住み込みで踊りを学んでいた時、「道」に出会いました。聖なる山の上の寺院までをつなぐ道。そこを歩いた瞬間「あ、ここ、神様が歩いている道だ」と感じたのです。その後、バリ島を訪れる度、その道を訪れました。バリ島の変化とともにその道も変容を遂げ、毎回違う姿を見せてくれました。

私の中には、ずっとあの「道」を表現したい、という気持ちがあったのだと思います。何かあればあの「道」の写真を見返しては、想いを馳せたりもしていました。でも、これまで国内外で開催してきた自主公演では、その時々で天から降りてくるインスピレーションに従って舞台を創ってきましたが、「道」は降りてこなかった。

15周年の舞台、ということを考えた時、ふっと「道」のアイディアが湧いてきました。これまでの舞台のテーマのように天から降ってくるのではなく、自分の奥底から湧き上がってくる感じ。15年かけてバリアージとして世界を表現し続け、自分もその過程で深化を遂げ、ようやく「道」を表現する機が熟したのではないかと思っています。

道教では、道とは宇宙と人生を創る理だとされ、日本では華道・茶道・武道などに代表されるように、心技体を整えながらあることに向き合い続けるという意味でよく使われます。バリで歩いたあの「道」から始まり、宇宙の道、世界の道、人生の道、祈りの道、最近歩き奉納舞もさせて頂いた熊野古道...あらゆる道を表現する、それがバリアージ15周年記念公演「道」です。

2019年10月12日(土)19:00- 10月13日(日)13:00-/17:30-

彩の国さいたま芸術劇場小ホール(埼玉県さいたま市中央区上峰3丁目15-1)

チケット購入はこちら

Chie Noriedaの物語

今の私につながっている昔の話をいくつかします。

「心と身体は一緒」

神戸から上京して、芸能事務所に所属するダンサーとして活動していた24歳の時に、股関節の難病にかかっているという診断を受けました。10年後には歩けなくなる、悪化するから踊らない方がよい、と。目の前が真っ暗になりました。でも、「動けなくなったら、車いすダンサーになればいい」と開き直りました。

実は当時、芸能事務所での活動に迷いが生じていました。その迷いが腰の痛みにつながり、痛いのでますます気が塞ぐという負の循環に陥っていたのです。病は気から。いつ終わるかわからない人生なら、やりたいように生きよう。事務所も辞めて、ニューヨークに踊りを学びに行こう。そう決意して動き始めました。

そして他の病院で診察を受けたところ「難病というのは誤診ですね」と言われたのです。もともと誤診だったのか、気持ちを立て直したことで本当に身体まで治ったのか、何が真実かはもうわかりません。でも私はこの時「心と身体は一緒。すべて自分次第だ」という確信を得ます。奇跡は起こるのではなく、起こすもの。一ミリも疑わず信じれば、それは実現する。

そうして、世間のニーズに合わせるのではなく、自分の心を信じて自分の世界を表現する方向に舵を切りました。その延長にバリ舞踊との出会い、バリ島への留学があります。

バリ島で宇宙につながって見えたこと

バリ島では、バリ人の師匠の家にホームステイをして、朝起きて、お祈りして、朝ご飯を食べ、踊って、昼ご飯を食べ、昼寝をして、散歩して、晩ご飯を食べ、踊って、そして寝る、週に何度もお寺にお供えに行く、というバリ人と同じ生活を続けていました。

そして何度も、意識が宇宙につながる感覚を得ました。思考がぶわーっと広がっていくんです。ああ、私はここに在る。そして、用意された答えの中では生きられない、自分の道を切り拓けるのは自分だけ、という境地にいたります。

「自分一人でもいい」

日本に帰国後しばらくして、バリ舞踊をベースにしながら幼少期から学んできたモダンバレエやジャズも織り交ぜた独自のスタイルを持つ舞踊団バリアージを立ち上げました。立ち上げた、といっても、最初は自分しかいません。友人の舞台の前座、イベントの余興など、少しずつ自分の踊りを見せる機会をもらい、バリアージの世界観を伝え続けました。

他のジャンルのプロダンサーたちが興味を持ってバリアージに入ってくれ、ソロだけでなくユニゾンの表現もできるようになっていきました。でも彼女たちもそのうち自分の分野に戻ってしまった。スタジオで待っていても誰一人レッスンに来ない、という日が続きました。

ある日、駅を降りていつものようにスタジオに向かおうとした時、突然不安と絶望が押し寄せてきて歩けなくなりました。スタジオに行ったところで誰も来ない。また一人になってしまった。重く暗い気持ちを抱えたまま、並木道に足を踏み入れた途端、雷に打たれたかのように、ある気づきが降ってきたのです。

「これでいいんだ。もともと一人でやらないといけないものなんだから」と。そして声を上げて笑いました。その瞬間、影がさーっと晴れて、キラキラした日の光を感じました。

自分一人でもいい、と腹をくくった途端に、大きな舞台のチャンスがやってきて、それをきっかけにさらなる舞台の機会、そしてバリアージのメンバーも増えていきました。日本だけでなく海外での公演も増え、2018年にはIzanami Project のメンバーとして平昌冬季オリンピックでも踊らせていただくまでになっています。

IZANAMI Project【MIYABI】より「天光」

バリアージの創る世界

もともと私がバリ舞踊に惹かれたのは、神々しさと、あの何とも言えない不思議さがあるから。美しいけれどいびつで、いびつだけれど美しい。アンバランスなバランス。これはバリ舞踊に限らず世界中にあらゆる伝統舞踊にあります。それはきっと、いびつさやアンバランスさに人は国境や時代を超えて心を揺さぶられるからだと思います。

でも一方で、バリ舞踊も含め伝統舞踊といわれるものは、伝統や型があるがゆえ、現代の人にはなかなかすっと入ってこないのも現実です。そこに、私が3歳から20代までずっと学び踊ってきた現代的なダンスの要素を混ぜ、今の人たちの心に響きやすく表現しているのがバリアージです。

さらに、バリアージの作品にはそれぞれ表現する物語のテーマがあります。そのテーマは、日常とは少し次元がずれた異空間。花魁だと思ったら妖怪だった、夜の帳があいて何かがやってきた、人間が進化したら動物になって踊りだした...陰と陽、日と影、昼と夜、人と人でないもの、いろんなものが混ざり合って、美しいけれどどこか怖い、怖いからこそ惹かれる、そんな世界を表現しています。

「日照雨」

「百鬼夜行」

そうして創られた世界を観ている方々の心が奥底から揺さぶられ、そこからその人自身の野性・本質が顔を出す。それこそがバリアージが願っていることです。

「道」を共に創るプロたち

バリアージ15周年記念公演「道」では、Chie Noriedaと7名のバリアージのプロメンバー(Momoa, Nana, Hinaho, Mio, Sufa, Asuka, MaRikA)が踊ります。

Momoa: 高校生。幼少期よりChie Noriedaに師事。

Nana:Chie Noriedaのアシスタント兼ひきこもり。

Hinaho:今年20歳✩.*˚ 幼少期よりChie Noriedaに師事。

Mio:年齢不詳、踊れるパーソナルトレーナー。

Sufa(すふぁ):174㎝の長身の関西人。俳優、モデルとしても多方面で活動中。

Asuka ダンスはもちろん、俳優、声優としても活動中。

MaRikA 8歳 baliasi最年少メンバー。

そして音楽は生演奏。つまり、舞台上で演奏を通じて共に「道」の世界を創ってくれる音のアーティストが4名いらっしゃいます。

鼓の望月左武郎さん。

望月左武郎:幼少時より祭に憧れ盆踊りの太鼓を打つ中、創作組太鼓「新音太鼓」より日本で初となる和太鼓プログループ「助六太鼓」を設立。アメリカ、LA等で三ヶ月ツアーを行う。 1973年に歌舞伎囃子「望月流」名取となる。「菊五郎劇団」や東京芸術大学非常勤講師を経て、現在NHK、国立劇場等出演の傍ら、古典を基礎に歌舞伎、祭囃子、和太鼓、洋楽との融合を図った創作音楽に力を入れ活動中。https://www.facebook.com/saburomochizuki/

二胡・唄の中川えりかさん。

中川 えりか(アカラ):10歳から声楽をまなび、14歳の時三重奏(ソプラノ)でNHK音楽コンクール入賞。2004年サウスサイドレコードよりボーカリストとしてCDデビュー。同時期に二胡と出会い、二胡と歌のユニット“アカラ”を結成。2011年両国国技館での音楽イベントにゲスト出演、同年中国で開催したワンマンライブが評判をよび、その後3年連続となる上海公演・広州公演でツアー4会場で来客記録を更新するなど成功をおさめる。活動の場を国内外で展開しながら、和洋楽器、声明、朗読、演劇等とのコラボレーションを通じて、声と弦の独自の表現にも挑み続けている。アカラアカラFacebookページ 

チェロ・歌の成田千絵さん。

成田千絵cellist/singer-song writer/improviser:幼少からエレクトーンとフルートを始め、1994年チェロに出会う。故・井上頼豊氏に師事。渡印してヨガを学び、心身と音楽がよりリンクするようになり演奏活動を始める。様々なバンドに参加してチェロの可能性を模索したのち、2012年冬にソロをスタート。チェロ弾き語りという未知の世界に描くように音を散りばめて、独自の世界観で物語る。2014年秋に1stアルバム「mani」、2016年秋に2ndアルバム「碧い絵」を発表。感覚と時と場を大切に、様々なアーティストとパフォーマンスを行う。http://chiecello.com/index.html

和太鼓の石塚由有さん。

石塚由有:1978年 邦楽囃子方・望月左武郎の長男として生まれ、幼少の頃より父と四代目望月朴清氏より、長唄囃子の手ほどきを受ける。1991年 父が総指導者を務める太鼓チーム「鳩山鼓韻の会」に入会。1996年 東京のプロ太鼓団体「大江戸助六太鼓」に入門。1998年 同団体のレギュラーメンバーとしてプロ活動を開始。国内コンサート/海外ツアー等、演奏活動多数。また、在籍中はその他ユニットでも活動を展開。2009年 大江戸助六太鼓より独立し、ソロの太鼓奏者として活動を開始。太鼓を用いた様々な形態のユニットを立ち上げ、新しい太鼓音楽のさらなる追究をするとともに、様々な分野のアーティストとの共演、楽曲提供、独自の太鼓打法理論を交えた教室の開催等、その活動は多岐にわたる。2013年 自身のライフワークとして、太鼓プロジェクト「indra-因陀羅-」を設立。組太鼓の進化形の提示と、後進の育成に力をそそぐ。2014年 邦楽囃子方/望月武和珂(もちづきたけわか)を許される。

タイトル

石塚由有 太鼓プロジェクト indra-因陀羅-公演「漆黒の雪」でバリアージも出演

バリアージは、振り付けた動きを事前にしっかり練習した上で踊るという表現と同時に、即興での表現も大切にしています。私は特にソロでは即興をすることが多い。即興のときは、完全に無になり、場の空気、エネルギー、香り、色、すべてを感じて、感じるがままに身体を動かしていき、身体を動かすことで感じることをさらに表現していきます。

録音の音楽での即興は、本当の即興にはなりません。即興の際は、無音、もしくは私と同じようにその場で無になり感じ取りながら表現することができる音のアーティストの即興演奏と共に踊ります。

4名の方は、これまで私が、即興を含め、様々な舞台や場でご一緒してきた、魂を揺さぶる音を生み出すアーティストです。再現不可能な時空をどう共に創っていけるか、今からとても楽しみにしています。

リターン

この「道」の舞台は、私Chie Noriedaにとって、これまでのすべての総決算になります。今の自分にしか創れない、これを創らずには先に進めないという舞台。しかも、場に惚れ込んでしまい、これまでのバリアージの公演に比べて圧倒的に収容人数の多い彩の国さいたま芸術劇場小ホールでの開催です。

この舞台を全力で創りたい。それを応援してほしい。それがこのプロジェクトのシンプルな願いです。なので基本的にはリターンは、舞台そのもの。ぜひ観に来ていただき、「道」を心と身体で感じていただく、というのが、バリアージのできる最大の還元だと思っております。

大口の応援をしてくださった方々には、「道」の舞台を超えてバリアージの世界を味わっていただくプランをご用意しております。

お礼のメッセージ:バリアージ特製ポストカードでお礼のメッセージをお送りします。

ポストカードの一案

「道」の創られる過程を随時共有:練習・打ち合わせ風景など、「道」舞台ができていく過程を、動画や写真で共有します。

「道」公演へのご招待:通常チケットはS席5,000円、A席4,000円。応援の額に応じてご招待する席の種類、席数を変えております。

「道」舞台の上でバリアージメンバーと記念撮影:「道」公演の終了後、舞台の上で出演者と共に写真撮影ができます。

「道」アフターパーティーへの参加:10月末あたりに都内某所での開催を予定している「道」アフターパーティーに参加できます。パーティーではバリアージが踊ります。(*飲食代は別途必要)

今後のバリアージ厳選公演へのご招待:これからのバリアージの公演のうち厳選したものを鑑賞していただけます。応援額によってご招待する公演の回数・有効期限が異なります。

バリアージ特別プライベートレッスン:Chie Noriedaによるプライベートレッスンを受けることができます。呼吸法・イメージトレーニングで心と身体を一体化させ、ストレッチ・バランスで体幹や内側の筋肉を鍛えて軸を作り、バリ舞踊基礎で基本的な動きを覚えて外側の筋肉を鍛え、振付を覚えて身体表現を磨く、という一連の流れを体験いただきます。場所はバリアージのダンススタジオ(原宿ダンスアカデミーか東中野のStudio Libra)です。

Chie Norieda特別出張公演:Chie Noriedaが出張して公演いたします。

ロート製薬とKANSEI Projects Committee設立「ベレアラボ」オープニングパーティー(二胡 中川えりか)

バリアージ舞踊団特別出張公演(30分):バリアージ舞踊団がご希望の場所で30分の特別公演を行います。(交通費は別途いただきます)

東京キモノショー

目標金額の内訳

以下の合計120万円のうち100万円をクラウドファンディングで調達希望

新規衣装作成代(8名分) = 400,000円

照明代 = 500,000円

音響設備代 = 200,000円

生花による舞台装飾代 = 100,000円

想定されるリスクとチャレンジ

「道」の公演は確実に開催します。例え赤字が出ても、それは自分で背負うという覚悟もありますので、応援してくださった方には必ず「道」の舞台をお届けいたします。

でも応援いただけると、例えば照明や舞台を最高の質にする、衣装を全員分イメージ通りのもので新調できる、舞台の花を造花ではなく生花にできる、など、舞台の質をさらに上げることができます。

最後に

ここまで読んでいただいてありがとうございます。心から感謝しております。

そしてすでに十分にお気づきのように、自分が願っている「道」の舞台を全力で創りたいから、それを応援してほしい。このプロジェクトはそういう私の勝手なお願いにすぎません。

でも、宇宙の、世界の、祈りの、そして人生の道を表現するその舞台は、観てくださった方々の人生の道をもほのかに照らすものになる、と確信しています。

一人でも多くの方と「道」を創れることを願って。

バリアージ主宰 Chie Norieda

Chie Noriedaの即興(コクリ!プロジェクト@建長寺)

リターンを選ぶ

  • 3000

    「道」舞台を気持ちで全力応援!

    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 5000

    「道」舞台ができていく様子を感じながら応援!

    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 残り27枚

    10000

    「道」舞台ができていく過程を楽しみ、さらに舞台も楽しむ!(A席ご招待)

    • 「道」公演A席に一名様ご招待
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 残り17枚

    11000

    「道」舞台ができていく過程を楽しみ、さらに舞台も楽しむ!(S席ご招待)

    • 「道」公演S席に一名様ご招待
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 22人が応援しています。
  • 残り4枚

    15000

    「道」舞台を観て(S席ご招待)、アフターパーティーにも参加!

    • 「道」公演S席に一名様ご招待
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り7枚

    20000

    「道」舞台を観て(S席)、舞台上で記念撮影をし、アフターパーティーにも参加!

    • 「道」公演S席に一名様ご招待
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り4枚

    25000

    「道」舞台をご家族・ご友人と観て(S席ご招待)、舞台上で記念撮影をし、アフターパーティーにも参加!

    • 「道」公演S席2名様ご招待
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り2枚

    30000

    「道」舞台のすべてを楽しみ、さらにバリアージの体験レッスン!

    • 「道」公演S席2名様ご招待
    • バリアージ体験レッスン無料参加券
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • SOLDOUT

    50000

    「道」舞台のすべてを楽しんだ上で、これからのバリアージも応援する!

    • 「道」公演S席2名様ご招待
    • バリアージ厳選公演チケット1枚(有効期間一年)
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    「道」舞台のすべてを楽しみ、さらにバリアージによる特別プライベートレッスンを受けて、バリアージの世界を堪能する!

    • 「道」公演S席2名様ご招待
    • バリアージメンバーによる特別プライベートレッスン
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    100000

    VIP席で「道」を味わい、これからのバリアージも全力応援!

    • 「道」公演S席2名様ご招待(VIP席)
    • ご希望の厳選バリアージ公演にすべてご招待(有効期間2年)
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    150000

    VIP席で「道」を味わい、これからのバリアージも全力応援しつつ、バリアージ特別プライベートレッスンをうけて、バリアージの世界を網羅する!

    • 「道」公演S席2名様ご招待(VIP席)
    • ご希望の厳選バリアージ公演にすべてご招待(有効期間2年)
    • バリアージメンバーによる特別プライベートレッスン
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    200000

    バリアージ大パトロン!Chie Noriedaがあなたのために踊ります!

    • 「道」公演S席4名様ご招待(VIP席)
    • Chie Norieda特別出張公演
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    500000

    バリアージスーパーパトロン!バリアージ舞踊団があなたのために踊ります!

    • 「道」公演S席8名様までご招待(VIP席)
    • バリアージ舞踊団による特別出張公演
    • 「道」公演終了後、舞台上でバリアージメンバーと記念撮影
    • 後日開催されるバリアージが踊る「道」アフターパーティーへの参加(飲食代は別)
    • 「道」舞台が創られる過程を随時共有
    • バリアージ特製ポストカードでのお礼のメッセージ
    • 2019年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。