facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

「アイ」をテーマに作品を発表する「@ainitsuitetime」が、pvと写真集の制作をクラウドファンディングで実現!

@ainitsuitetime pv 写真集 制作 私達は「あなた」の「誰か」になって寄り添っていきたいです。

2020年私達は何かを失う形で始まりました。
関わりを閉ざされた後に見えた孤独と絶望。
「誰か」かがいない私達はとても脆いです。
決して私達は独りじゃないからね。
そんな思いをたくさん詰めて作品を作りたいです。

コレクター
2
現在までに集まった金額
15,000
残り日数
26
目標金額 350,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年5月6日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 350,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年5月6日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
@ainitsuitetime プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
@ainitsuitetime

初めまして@ainitsuitetimeです。 私たちは『アイ』をテーマに活動している団体です。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

2020年私達は何かを失う形で始まりました。
関わりを閉ざされた後に見えた孤独と絶望。
「誰か」かがいない私達はとても脆いです。
決して私達は独りじゃないからね。
そんな思いをたくさん詰めて作品を作りたいです。

@ainitsuitetimeとは

@ainitsuitetimeは名前のように「アイ」をテーマに作品作りをしている団体です。

代表 つくだありさ・いさしひとみ 

結成日 2019年
拠点地 東京
活動歴 2019年8月 宣伝用PV制作

    2019年9月 第1回舞台公演『@ainitsuitetime』を公演

大学生の頃、私たちは出会いました。

同じ時間を共に過ごして行く中で、飛び交うニュースや友人達の話を聞いているうちに私たちは何もかもすべては「アイ」につながるのではと考え始めました。

私たちの中で生まれた、「アイ」とは。という疑問。

でも、そもそも「アイ」ってなんなのか。

何をもって「アイ」なのか。

「アイ」について考えるほど疑問が湧きました。

誰もわからない、誰にもわからない。だからこそ聞きたい、話したい。

私たちは、その疑問をきっかけに2人で団体を立ち上げ、作品を作ることにしました。

そして2019年に旗上げ公演を打ちました。
この時、私たちは、普段みんなは「アイ」について考えているだろうか。悩んでいること言いたいこと思ったこと思っていることを口に出して「誰か」に伝えているだろうか。SNSの普及によって生まれた匿名制を使用し、「誰か」になってSNS上だけで伝えてはいないだろうか。飛び交う沢山の情報や目に左右され自分の思いを縛り付けてはいないだろうか。そもそも作品を作ろうとしている私たち自身ですら、思っていることを普段口に出して伝えられていないのではないか。そんなことを思い、私たちは思っていることを口に出して「誰か」に伝えようというコンセプトのもと作品を制作致しました。公演では、「アイ」を4つのブース(友愛.家族愛.性愛.無償の愛)に分け、来客者に全員に各ブース(無償の愛を除く)で同時に語ってもらうという体験型舞台で、参加方法は匿名制という意味で、来客者全員にお面をつけてもらいました。また、同時に公演中にインスタライブを実施し、本番中に参加することができなくてもSNS上で参加できるような舞台を作りました。
上映中には、急にダンスが始まるなどハプニングの形態要素も取り入れました。
上映中は来客者含め色々な人たちが思いのままを口に出し語ること聞くことで様々なことその空間で起き、とても毎回ステージが魅力的な空間になっていました。
この作品を終え、私たちは「誰か」に話す、聞いてもらうということの大切さを物凄く感じました。
実はその行為は、簡単に見えてとても難しいことだということも。発言することによって生まれる「誰か」からの意見。その意見をその場で聞く怖さ。実際に私たちも公演中は一緒に参加をし、各ブースで語り、聞かせて頂きましたが、話すことで自分の中で生まれるたくさんの感情、それを「聞く」人たちの感情を生で見て、聞き、感じるというこの空間で、私たち自身感情がかき混ぜられ、自分の中にある「何か」が動かされました。この作品を通して少しでも「誰か」の心の中にも何かが生まれたなら、少しでも自分の中にあるモヤモヤがとれたのなら、この作品を作れてよかったと思いました。

この写真は、上演中に起こる急なダンスを撮った一枚です。

今回作品を新たに作るきっかけとなったのが、

2020年誰もが味わった見えない敵によって生まれた「孤独」というものを感じたからです。

人との関わりを閉ざされ生まれた「孤独」。

「誰か」がいない私たちはとても脆い。

そんなことを思いこのプロジェクトを立ち上げました。

今回のコンセプトは?

今回のプロジェクトのコンセプトは「孤独」です。

何かを失う形で始まった2020年。

姿の見えない敵。すり減らされる生活。恐らく遠いところに行ってしまった希望。

抱いてた想いは裏切られ、今日まで不安が積もってきました。

”関わりを閉ざされた後に見えた孤独と絶望”

これを感じたのは私たちだけではないはず。

昨年、再び自殺者が増加したそうです。

今の私たちは、愛おしい人と会話をするだけで睨まれ、疎まれてしまう。

「誰か」がいない私達はとても脆いです。

私たちは「あなた」の「誰か」になって寄り添いたいです。

決して私たちは独りじゃないからね。

そんな思いを詰めて、一つの作品を作りたいと思っています。

今回の制作チームは普段から舞台、映画等で活動している人たちを集め本格的な制作を行います。

費用の使い方

お金の使い道としては、

今回PVと一冊のphoto bookを制作するために使用させて頂きます。

<予算内訳>
撮影機材:2万
照明機材:最低5万
ヘアメイク費:6万
衣装費:5万
車両費:5万
制作費:4万
人件費:5万
photobook 制作費:3万

合計:35万円

<スケジュール>
3~4月準備
5/3~9日のどこか2日間撮影
5~7月 編集・作成
8月 完成予定

となっております。

今回の作品で、少しでも「誰か」に寄り添えたらいいなと思っております。

ありがとうを「あなた」へ

特典といたしまして、完成いたしました「孤独」をテーマにしたphoto bookとオリジナルステッカーを送らせて頂きます。

想定されるリスクとチャレンジ

本プロジェクトはプロダクションファンディングでの実施になります。目標金額に満たなかった場合でも、自己資金で補填し、集まった資金でPV撮影とphoto bookの制作を実現します。

何があっても制作は実現します。

最後に。

閲覧いただき誠にありがとうございます。

私たちの活動に少しでも「あなた」の「アイ」を添えて頂けたら幸いでございます。

是非今後とも応援よろしく願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 1500

    思いを込めて「あなた」へ

    • オリジナルステッカー
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 5000

    「あなた」にいち早く

    • 完成したphotobook
    • 2021年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 10000

    「あなた」のお名前を

    • 完成したphotobook
    • 「あなた」のお名前をBOOKにクレジット
    • 2021年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。