『クオリアの庭』最終作品上演をクラウドファンディングで実現!

国内5都市を移動しながら繋ぐダンス「クオリアの庭」最終作品製作支援プロジェクト

  • Works-M
  • 演劇・ダンス
  • 神奈川県
5782e743 397a 4842 a99c 8189c96150e6 ▶ 再生
  • コレクター
    35人
  • 合計金額
    266,555円
  • 残り
    0日

目標金額は200,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2016年1月22日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

2014年秋から神戸・秋田・岡山・京都でレジデンスとプログレス公演を経てきたWorks-M Vol.7「クオリアの庭」。最終作品上演となる横浜ダンスコレクションでの作品製作支援をお願いするプロジェクトです。

「クオリアの庭」Garden of qualia

 Works-M Vol.7「 クオリアの庭」は「移動を続けながらクリエーションを行う」というコンセプトのもと、2014年秋に創作が開始されました。
 創作開始当初よりダンサー・アーティストが国内複数都市から参加し、4都市(神戸・秋田・岡山・京都)でクリエーションとプログレス公演を重ねながら作品を上演してきました

progress.1「 lie_」ArtTheater dB(神戸)
progress.2「 set_」coco laboratory(秋田) 
progress.3「 float_」すろおが463(岡山)
progress.4「 past_」京都芸術センター(京都)

 そして2016年1月30日・31日に 横浜ダンスコレクションアジアセレクションにおいて、Works-M Vol.7の最終作となる「クオリアの庭」Garden of qualia が横浜赤レンガ倉庫1号館にて上演されます。

                 progress.1「lie_」写真:小熊栄

クオリアの庭とは

 クオリアとは人間の持つ感覚質のことを指します。有名なところでは私たちがリンゴを見て「赤い」と感じる、その「感じ」がクオリアと呼ばれています。また、私の感じる赤とあなたの感じる赤が同じであるということは説明のつくところではありません。しかし、私もあなたも赤いリンゴを見たら「赤い」と感じます。

 庭は空間そのものを象徴しています。私がいるこの部屋も空間ですし、今このサイトを見ているあなたがいる場所も一つの空間です。また、私たちのカラダも一つの空間を有しています。本来の庭も空間であり、劇場も空間です。さらに拡大して行けば宇宙も一つの空間として存在しています。そのどれもが空間という定義の中にあっては同等です。

 人間のカラダは一つの空間として有りながら、クオリアに満たされています。クオリアの庭とは私たちのカラダそのものであると言えるでしょう。

 感じる空間=クオリアの庭=カラダ

なぜ「移動」するのか?

 人が移動するという行為そのものが、身体による自己表現の一つとして成立していると考えます。人は約10万年前にアフリカ大陸から移動を始めました。それは生きるため、生き延びるための衝動と言ってもいいかと思います。また、移動によって人は多くのコミュニケーションを培ってきました。身体の移動そのものがコミュニケーションツールの役割を果たしてきたのです。

 そして現代、情報化社会の隆盛によって、人は移動することなくコミュニケーションを図ることが可能になりました。と同時にそれは未だ多くの問題点を抱えているとも言えます。

 身体を移動させて、あなたのいる場所に行く。そして話をする。そんなシンプルなコミュニケーションに立ち返ることで、現代社会が抱えている問題点を見定め、あるいは我々が忘れかけているのかもしれない「感覚の触れ合い」を今一度問い直してみようと思います。

 移動する感覚。その身体をもって「クオリアの庭」は創作されています。

Works-M

 Works-Mは作家・振付家・ダンサーの三浦宏之により2010年に開始された作品単位によるアートユニットです。活動の母体は1999年に同氏によって結成され、2010年に活動を停止したダンスカンパニー「M-laboratory」にあります。
 Works-Mは2010年の活動開始からこれまでに7作品を製作し秋田・東京・京都・兵庫・岡山・福岡・沖縄で作品を製作・発表しています。進んで国内複数の都市で活動を行うことにより、環境や風土、歴史などによって異なる各都市の文化の違いをその都市の持つ表現の独自性として捉え、身体と場所と時間の3つを基軸として作品創作にあたってきました。

Works-Mのこれまでの活動

  1. 速度と石 speed and stone (ダンスインスタレーション作品@岡山上ノ町会舘)
  2. 抑圧、あるいは不埒な関わり(ダンス作品@浦添市てだこホール)
  3. 世界は下らない会話で満ちている(ダンス作品@神楽坂セッションハウス)
  4. とある場所とあるからだ(ダンス作品@岡山・福岡・東京三都市巡回)
  5. 在/不在(インスタレーション作品@岡山県内三美術館巡回)
  6. self_(ダンスインスタレーション作品@沖縄県立美術館)
  7. クオリアの庭 Garden of qualia (ダンス作品@神戸・秋田・岡山・京都・横浜五都市巡回)

左上「速度と石  speed and stone」写真:小熊栄
右上「とある場所とあるからだ」写真:松永亜紀子
左下「在/不在」写真:小熊栄
右下「self_」(ダンスユニットMings提携作品)写真:久高友昭
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                progress.4「past_」写真:小熊栄

今後の展望

 Works-Mは活動開始から上記、国内7都市での創作を進めてきました。今後この7都市で活動するダンサーやアーティストによる交流を深めること、また互いの都市を行き来できる環境を整備すること、そしてさらに別の都市との新たな結びつきを進めて行きます。
 各都市で活動するダンサーやアーティストが自らの場所から文化の中心に向かうだけではなく、国内の各都市に向かうことで網の目のように繋がってゆく。一方向ではなく多方向に向かうことで表現の多様性が生まれ、さらに各々が自由に独自の表現を模索できるようになるのではないかと考えています。

「クオリアの庭」参加アーティスト

安達香澄 ダンス/振付(秋田)

東北を拠点に活動するダンサー・振付家。柴内啓子、金井芙三枝、斉藤梢に師事。文化庁国内研修員/派遣芸術家在外研修員(NY)Trisha Brown Dance Company にて研修。中馬芳子&SOHK(NY)、ダグダダンスカンパニー(アイルランド)のダンサーとしてアメリカ、アイルランドを始めサラエボ、エストニア、ロシアなど国内外ツアー参加。東京新聞全国舞踊コンクールシニア入賞1位、秋田全国舞踊コンクール・シニアグランプリ受賞。'05年、danceとアート・人と人のつながりを実験的創作現場でつなぎ深める事を目的に、ampersand[&]を立ち上げ、東北を拠点に創作活動中。
http://www.facebook.com/ampersand.jp

上村なおか ダンス/振付(東京)

石川県金沢市生まれ。幼少よりバレエを始める。木佐貫邦子にダンスを、笠井叡にダンスとオイリュトミーを学ぶ。身体の発見と冒険をキーワードに'95年より自作ソロダンスを開始。ソロ以外にも、様々なジャンルのアーティストとの恊働作業やセッション、ワークショップを通して身体による交流・交感を積極的に行っている。近年では<笠井瑞丈×上村なおか>としても継続的に活動中。第36回舞踊批評家協会新人賞受賞。桜美林大学芸術文化学群などで講師を務めている。 http://www.naoka.jp/

斉藤栄治 ダンス/振付(東京)

ダンサー・演出家。'73年長野県生まれ。
大学中退後ダンスを始める。小池博史パフォーミングアーツ研究所卒業。
伊藤キム+輝く未来、M-laboratory、まことクラヴ等の活動に参加し、国内外での公演に出演する。'10年より男三人によるパフォーマンスグループ「世界装置」の活動を始め、東京、ドイツ、香港で作品を発表。ソロ活動も国内において展開中。 http://sekaisouchi.jugem.jp

高木貴久恵 ダンス/振付(京都)

京都市在住。幼少よりヨガを、その後ジャズダンスを始め、京都造形芸術大学在学中よりパフォーミング・アーツ・カンパニー〈dots〉のメンバーとして活動。出演、振付を行う。これまでに白井剛、三浦宏之など様々な振付家の作品に出演。自身の作品に、単独公演『あなたの輪郭はいつも美しい』、水のメディア芸術祭参加『ミニマルフロー』等。演劇作品への振付や、ミュージシャンとのコラボレーション、WSの講師などもつとめている。現在初音館スタジオ(京都)にてダンスクラスをオープンし、身体と丁寧に対話する作業を続けている。

目黑大路 ダンス/振付(鳥取)

'01年、アスベスト館に入館。元藤燁子に師事。'02年、「JADE 2002 INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL 土方メモリアル」にて、元藤燁子・大野慶人とのトリオ作品 「大鴉」で注目を集める。'03年〜'10年、室伏鴻のユニットKo&Edge Co.に立ち上げ時から参加し、世界14カ国、29都市で作品を発表。平成22年度 文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として渡米。今一度、舞踏の特性について考え、舞踏的身体の可能性を探り、そして提示することを目指している。

岩村原太 照明デザイン(京都)

舞台照明家・美術家。'85年よりライティング・ワークの試みを始め、劇場/舞台をフィールドに創作を続ける。照明デザイナーとして「観光会」を、自身のワークショップとして「pdd_G.Light'W.」を主宰、アーティスト・ラン・スペース/スタジオギャラリー「西陣ファクトリーGarden」代表。'90年より参加する「山海塾」ではディレクター天児牛大氏の照明デザイン・リアライズを担当し約25年間で42ヵ国を訪問。京都造形芸術大学舞台芸術学科准教授・同大学舞台芸術研究センター主任研究員、京都市立芸術大学非常勤講師。専門は舞台照明・美術、劇場技術・演出。

宮内康乃 作曲(東京)

作曲家/音楽パフォーマンスグループ「つむぎね」主宰。楽譜ではなく、呼吸などの有機的なリズムをもとにした単純なルールやコミュニケーションで音楽を作っていく独自の方法を確立し、「つむぎね」を中心に発表を行う。その他、聲明やダンス、映像の音楽など幅広く手がける。'08年Prix Ars Electronica Digital Music 部門 Honorary Mention受賞。トーキョーワンダーサイト主催「Experimental sound, art and performance festival 2008」最優秀賞受賞。'11年日本作曲家協議会主催「第6回JFC作曲賞」受賞。'15年度Asian Cultural Councilのグラントに選出される。 http://www.tsumugine.com/

井上直美 衣装(岡山)

岡山県立大学デザイン学部工芸工業デザイン学科テキスタイルコース大学院修了。テキスタイルデザインスタジオ、アパレルブランドの企画などを経て「糸へんデザイン工房」主宰。オーダーメイドで染めやプリントなどの段階からデザインを提案できる服作りをしている。'09年〜'11年岡山県立大学地域貢献特別研究「天然素材テキスタイルの開発に関する研究」衣服・小物デザイン製作。インターナショナルファッションデザインコンテスト入賞1級婦人子供服製造技能士。

山本和馬 構成補佐(兵庫)

振付家・ダンサー。'90年、新潟県生まれ。高校生の時にダンスに出会う。大学時代は岡山県を中心に活動し、国内外でソロの作品を発表。NPO法人DANCEBOX主催「国内ダンス留学@神戸」への参加を機に神戸へ移住。ダンサーとして三浦宏之の作品に参加。横浜ダンスコレクションEXⅡ2014ファイナリスト。


三浦宏之 作/構成/振付/美術(岡山)

M-laboratory主宰・Works-Mアートディレクター・振付家・舞踊家。'93年土方巽記念アスベスト館にて舞踏を始める。以降これまでにダンサー及び振付家として欧州、アジア、北米、南米、計21ヶ国40都市以上での公演に参加。'99年ダンスカンパニーM-laboratoryを結成。以降'10年の活動停止までに24作品を製作し国内外で上演。'02年よりソロワークを開始しアジアを中心に国内外で上演、振付作品製作、ワークショップ活動を行う。'09年東京から岡山へ移住。’10年よりアートユニットWorks-Mを開始し、東京・神戸・岡山・福岡・沖縄にて作品を発表。近年は振付作品以外に「身体」をモチーフテーマとした現代美術インスタレーション作品も発表している。’15年 M・L・I(ムーブメントラボインスティテュート)を主催し若手アーティスト育成にも注力する。横浜ダンスコレクションソロ×デュオコンペティションナショナル協議員賞受賞。東京コンペ#2優秀賞受賞。
http://www.t3.rim.or.jp/~h-miura/

横浜ダンスコレクションアジアセレクション(日本)
「クオリアの庭」Garden of qualia

作・構成・振付・美術 三浦宏之
出演 安達香澄 上村なおか 斉藤栄治 高木貴久恵 目黑大路
照明デザイン 岩村原太
作曲 宮内康乃
衣装 井上直美
構成補佐 山本和馬
照明オペレーション 丸山武彦
音響 牛川紀政
舞台監督 安藤千秋
制作 小野塚央
   田中麻美

日時 2016年1月30日(土)18時〜
          31日(日)15時〜

会場 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール

料金 一般 前売3000円・当日3500円
   学生 前売2000円・当日2500円

主催 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
企画  横浜ダンスコレクション
   M-laboratory
HP    http://works-m7.wix.com/home

 公演チケットのお申し込みは こちら

クラウドファンディングへ

 昨年秋からクリエーションが始まった「クオリアの庭」は1年余りをかけて、神戸〜秋田〜岡山〜京都でレジデンスとプログレス公演を重ねてきました。都市を重ねるごとに、確実に作品は成長してきました。しかし助成や協賛などのない中、決して潤沢とは言えない資金で4都市を終えましたが、やはり資金面は大きな課題として残されています。
 最終作品上演の地である横浜ではその課題を克服するべく、クラウドファンディングを決断しました。

 ご支援頂いた資金は「クオリアの庭」横浜公演のための作品製作費に充てられます。内訳は主に舞台美術費と映像素材製作費への補填となります。
 また「クオリアの庭」横浜公演では国内6都市からアーティストが横浜に集まり、数日間に渡り作品のクリエーションと上演を行います。その際経費として大きな割合で必要とされる交通・滞在費にも充てさせていただきます。
progress.4「past_」写真:小熊栄

ご支援いただいた方へのリターンについて

作家 三浦宏之からの感謝メール
支援いただいた方全員に、三浦宏之より「ありがとう!」の気持ちをメールでお届けさせて
 いただきます。

・ニュースレター配信
最新情報満載のニュースレターをお届けいたします。(ご希望の方のみ)

・特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載
 クオリアの庭特製公演パンフレット、及び公式ホームページにお名前を掲載させていただき
 ます。(ご希望の方のみ)

・特製公演パンフレット進呈(非売品)

・出演者からの直筆お便り
出演者より直筆のお便りをお届けいたします。(ランダムに選ばれた一人から)

・Works-M Vol.7 クオリアの庭 公演チケット
Works-M Vol.7 クオリアの庭 2016年1月30日18:00〜、31日15:00〜いずれかの公演に
 ご招待させていただきます。

・横浜赤レンガ倉庫1号館でのクリエーション見学
Works-M Vol.7 クオリアの庭 上演の劇場「赤レンガ倉庫1号館ホール」で行われる本番直前の
 作品創作過程を見学。
 ※2016年1月28・29日開催予定。時間は追ってご連絡いたします。

三浦宏之によるWSへの参加ご招待又は見学無料
2016年1月26日横浜で開催される、三浦宏之によるワークショップへの参加ご招待。
 又は見学無料 ※時間は追ってご連絡いたします。

Works-M Vol.7 クオリアの庭 DVD 進呈(非売品)
本公演を収録したDVDを進呈させていただきます。

Works-M Vol.7 クオリアの庭 DVD エンドロールへのお名前掲載
DVDエンドロールクレジットにあなたのお名前が流れます。(ご希望の方のみ)

クリエーションテキスト進呈(非売品)
三浦宏之執筆!本作品のクリエーションテキストを進呈させていただきます。

三浦宏之からの直筆お便り
三浦宏之より直筆のお便りをお届けいたします。

岡山の面白土産をお届け!
岡山から三浦セレクトによる面白土産をお届けいたします。
 (写真は一例です。)

 

・2016年3月上演予定 Works-M Vol.8 「Human outline」へご招待!
2016年3月岡山にて上演予定のWorks-M Vol.8 「Human outline」の公演チケット、及び
 岡山での宿泊費(1組2名様までホテル宿泊一泊分 or お1人様でホテル二泊分)+終演後の
 打ち上げへご招待 ※公演日時詳細については別途ご連絡。 ※交通費は含まれておりません。

想定されるリスクとチャレンジ

 目標金額が達成されなくとも「クオリアの庭」最終作としての横浜公演は遂行されます。また今後のWorks-Mの活動展開においても前述の理念のもと継続して行きます。
 目標金額が達成されることで充実したクリエーションが行われることが可能となり、作品のクオリティも向上します。さらに、現在地方都市で活動している多くのダンサー・アーティスト同士の繋がりを一層進化させて行くこととなります。
 各都市独自の表現をダイレクトに繋げて行くため、皆様よりのご支援を必要としております。
 30日余りの短いチャレンジではありますが、何卒よろしくお願いいたします!

三浦宏之より

 私は2009年にそれまで活動していた東京から岡山へ移住しました。理由は様々ありましたが、その一つとして「これまで(東京)とは異なる生活環境の中で創作活動をする」ということがありました。そして移住から5年が経った今感じていることが「各地方都市で活動するダンサー・アーティストの繋がりを作る」ということです。
 地方都市にはそれぞれ、その地方ならではの文化が根付いています。もちろんそれは守るべきものでもありますが、時としてそれ自体が文化の風通しを悪くしているという場合もあります。「他の都市や外の文化に触れたいけど、ここにいたらどうすることも出来ない。」という状態は決して少なくはないようです。おそらく岡山に移住をしていなければ、そのような状態に気がつくこともなかったと思います。
 地方独自の文化を守り継承しながら新たな表現を生んでゆくために必要なのは、各都市で活動するダンサーやアーティストがダイレクトに繋がって行くということです。そして往来することです。まず人が繋がること。そこからしか都市や文化の繋がりは起こりえないのです。

 今回「クオリアの庭」は、秋田・東京・京都・兵庫・鳥取・岡山のダンサーとアーティストによって構成されています。そして5都市を巡ります。そこには知らなかった場所や人との新しい出会いがあり、その出会いから繋がりがあり、そこからまた、新たな表現が起ころうとしています。

 その瞬間に立ち会うことを、是非ご一緒いただければと思います。
「クオリアの庭」最終作品製作へのご支援を、何卒宜しくお願い致します。

                                       三浦宏之

もっと読む
コレクター
35人
現在までに集まった金額
266,555円
目標金額は200,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2016年1月22日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    「ありがとう!」感謝メールプラン

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 7人
    • お届け予定:2016年01月
  • 2,000円 SOLDOUT

    「ありがとう!」感謝メールプラン【期間限定】年賀状付!!※受付締切12月25日

    • 作家 三浦宏之からの直筆年賀状をお届け!
    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 4人
    • お届け予定:2016年01月
  • 3,000円

    特製パンフレット付プラン

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • 6人
    • お届け予定:2016年01月
  • 5,000円

    クオリアの庭公演チケット付プラン

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 6人
    • お届け予定:2016年01月
  • 10,000円

    クリエーション見学orWS招待(見学可)どちらかプラン(出演者からの直筆お便り付!)

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 劇場でのクリエーション見学(1月28・29日)もしくはWSへ招待(見学可)(1月26日)
    • 出演者からの直筆お便り(ランダムに選ばれた一人から)
    • 6人
    • お届け予定:2016年02月
  • 15,000円 残り4枚

    Works-M Vol.7 クオリアの庭DVD(非売品)付プラン(出演者からの直筆お便り付!)

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 出演者からの直筆お便り(ランダムに選ばれた一人から)
    • 赤レンガ倉庫でのクリエーション見学(1月28・29日開催予定 ※時間は別途ご連絡。)
    • 横浜で開催、三浦宏之によるワークショップへご招待・見学のみ可(1月26日 ※時間は別途ご連絡。)
    • Works-M Vol.7 クオリアの庭DVD進呈(非売品)
    • 5人
    • お届け予定:2016年03月
  • 30,000円 残り6枚

    DVD(非売品)エンドロールにお名前&クリエーションテキスト付プラン(出演者からの直筆お便り付!)

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 出演者からの直筆お便り(ランダムに選ばれた一人から)
    • 赤レンガ倉庫でのクリエーション見学(1月28・29日開催予定 ※時間は別途ご連絡。)
    • 横浜で開催、三浦宏之によるワークショップへご招待・見学のみ可(1月26日 ※時間は別途ご連絡。)
    • Works-M Vol.7 クオリアの庭DVD進呈(非売品)エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 三浦宏之によるクリエーションテキスト進呈(非売品)
    • 0人
    • お届け予定:2016年03月
  • 50,000円 残り2枚

    スペシャルプラン!岡山の面白土産が届く!!(三浦・出演者からの直筆お便り付!)

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 出演者からの直筆お便り(ランダムに選ばれた一人から)
    • 赤レンガ倉庫でのクリエーション見学(1月28・29日開催予定 ※時間は別途ご連絡。)
    • 横浜で開催、三浦宏之によるワークショップへご招待・見学のみ可(1月26日 ※時間は別途ご連絡。)
    • Works-M Vol.7 クオリアの庭DVD進呈(非売品)エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 三浦宏之によるクリエーションテキスト進呈(非売品)
    • 三浦宏之からの直筆お便り
    • 三浦セレクトによる岡山の面白土産
    • 1人
    • お届け予定:2016年03月
  • 100,000円 残り2枚

    「多いにありがとう!」そうだ 岡山、行こう。新作公演ご招待+宿泊付プラン

    • 作家 三浦宏之からの感謝のメール
    • Works-Mからのニュースレター配信(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット・公式サイトへのお名前掲載(希望者のみ)
    • 特製公演パンフレット進呈(非売品)
    • クオリアの庭 公演ご招待
    • 出演者からの直筆お便り(ランダムに選ばれた一人から)
    • 赤レンガ倉庫でのクリエーション見学(1月28・29日開催予定 ※時間は別途ご連絡。)
    • 横浜で開催、三浦宏之によるワークショップへご招待・見学のみ可(1月26日 ※時間は別途ご連絡。)
    • 三浦宏之によるクリエーションテキスト進呈(非売品)
    • 三浦宏之からの直筆お便り
    • 三浦セレクトによる岡山の面白土産
    • 2016年3月(岡山)Works-M Vol.8「Human outline」ご招待
    • Works-M Vol.8での岡山宿泊費(1組2名ホテル一泊orお一人様ホテル二泊)
    • Works-M Vol.8(岡山)打ち上げご招待!※岡山公演に関する特典に往復交通費は含まれません。
    • 0人
    • お届け予定:2016年03月

プレゼンター

Middle?1449658091

Works-M

  • 岡山県

三浦宏之  M-laboratory主宰/Works-Mアートディレクター/作家・振付家・舞踊家 '93年土方巽記念アスベスト館にて舞踏を始め、以降これまでにダンサー及び振付家として21ヶ国40都市以上で公演。'99年ダンスカンパニー<M-laboratory>を結成し、24作品を国内外で上演。'02年よりソロワークを開始し、国内外で活動。2010年よりアートユニットWorks-Mを開始し、東京・神戸・岡山・福岡・沖縄にて作品を発表。 横浜ダンスコレクション2005ソロ×デュオ・コンペティション・プラスでナショナル協議員賞受賞。東京コンペ#2で優秀賞受賞。

質問や意見をメールする