RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニー第二回公演『メリー・ウィドウ』をクラウドファンディングで実現!

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニー第二回公演『メリー・ウィドウ』

  • レインボー・スタジオ
  • 演劇・ダンス
  • 東京都
A967bb47 4576 49a9 8104 87d77903031e ▶ 再生
  • コレクター
    4人
  • 合計金額
    25,000円
  • 残り
    0日

目標金額は600,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2015年6月5日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

圧倒的!大反響につき早々と第2弾を公演、悲劇の次は喜劇だ!!
RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーが放つオペレッタ、あなたの審判は!?

前公演概要

【第一回公演】

オペラ「ラ・ボエーム」(日本語公演) ※訳詞:古澤 利人
作曲者:ジャコモ・プッチーニ
伴 奏:エレクトーン及びシンセサイザー
場 所:ムーブ町屋・ムーブホール(千代田線 町屋駅)
2014年5月14日(水) 14:30開演・18:30開演
               15日(木) 14:30開演・18:30開演

シングルキャスト(一部ダブルキャスト)公演
入場料:5000円
指揮:草川 正憲
演出:佐羽 英
舞台監督:影山 慎二
ステージング:登坂 良樹
歌唱指導:長谷川 大祐・古澤 利人
音響:実吉サウンドデザイン
照明:小粥 之央

前公演HPはこちら
http://laboheme.rainbow-studio.jp

【お客様の感想】

  • オペラとミュージカルの間を埋めるカテゴリーの舞台だと思います。 オペラのあの独特の歌い方の癖がないというのがいいですね。 以前日本語のオペラを聴いたことがありますが、日本語でオペラを上演するとどうしてもその歌い方により、日本語が不明瞭になって、何を言っているのかわか らないということになります。 今回の舞台では、マイクロフォンを使って音を拾いますから、無理のない発声で歌うことができるため、言葉は明瞭です。 従って、お芝居の要素もちゃんとわかります。 出演者も本職のオペラ歌手の方や声楽科の出身のミュージカル俳優の方々ですので安心して聴いていられます。 このような新しいカテゴリーの舞台芸術が発展していけば、楽しみが増えます。
  • オペラの日本語上演ということで、ややもすると「こそばゆく」なりがちな物語も、自然と入ってくるセリフ(歌)を楽しむことができて、オペラを身近に感じることができる、いい取り組みだと思いました。
  • 「ラ・ボエーム」の日本語版は、なんとも面白かった。言葉がわからないと音楽として聴くことになるけど、言葉がわかると途端に演劇になる。すると結構物語にのれるものなのだ。
  • 『ラ・ボエーム』を観てきた。とても素晴らしかったです。
  • 日本語で分かりやすかったです。

他多数

今回の公演について

第二回目となります今回、2013年に宝塚でも上演されました、フランツ・レハール作曲『メリー・ウィドウ』を選びました。しかしながら日本で上演される 本 作品はオペラとしての縛りによるものか「芸術作品」の形となっている事がほとんどです。今回我々は、前述の理念に基づき「誰にでも親しめるステージ・エン ターテイメント」「声の為にその他(演技・所作等)を犠牲にしないリアルな舞台」としての本作品上演を目指します。 クラシック音楽界のみならず、ミュージカル界・演劇界の第一線で活躍する演者に協力を仰ぎつつ、舞台の新しい可能性を見つけ、若手演者に活躍の機会と場を 提供し、高い目標を付与できればと考えます。

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニー 第二回公演
オペレッタ『メリー・ウィドウ』
フランツ・レハール作曲
(日本語公演)

オペレッタの黄金期にウィーンで活躍した、フランツ・レハールの代表作。

【あらすじ】
財政破綻寸前の架空の国「ポンテヴェドロ侯国」のパリ大使館を舞台に繰り広げられる恋の物語。
ポンテヴェドロ候国は経済危機にあり、国家破産は富豪の未亡人ハンナ・クラヴァリの財産が国外に流出しないことでしか防げません。パリ駐在大使のツェータ男爵は、ダニロ伯爵をハンナと結婚させることで、これを実現しようとしますが、実はこの2人、かつての恋人同士。
しかしダニロの父親が庶民のハンナとの結婚を認めず、2人は別れたのでした。彼らはまだ愛し合っていますが、素直になれません。ハンナはダニロの本心を知ろうと、画策しますが…。

圧倒的!大反響につき早々と第2弾を公演、悲劇の次は喜劇だ!!
RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーが放つオペレッタ、あなたの審判は!?

【日程】
6月4日(木)18:30
5日(金)13:00/18:30
6日(土)13:00/18:30
7日(日)14:00
(全6回公演)

【会場】
ムーブ町屋・ムーブホール
東京都荒川区荒川7-50-9
センターまちや 3F
(千代田線 町屋駅)

【チケット】
入場料:5000円
※全席自由

【キャストスケジュール】
4日(木)18:30
ハンナ:鈴木理恵子
ダニロ:草刈伸明
ヴァランシェンヌ:岡村麻未
カミーユ:高田正人
オルガ:小澤可依
シルヴィアーネ:井上ゆかり

5日(金)13:00
ハンナ:池谷京子
ダニロ:古澤利人
ヴァランシェンヌ:岡村麻未
カミーユ:田中連太郎
オルガ:小澤可依
シルヴィアーネ:井上ゆかり

5日(金)18:30
ハンナ:冨岡由理弥
ダニロ:北川辰彦
ヴァランシェンヌ:尾川詩帆
カミーユ:新堂由暁
オルガ:岩倉真彩
シルヴィアーネ:高橋彩子

6日(土)13:00
ハンナ:鈴木理恵子
ダニロ:草刈伸明
ヴァランシェンヌ:尾川詩帆
カミーユ:高田正人
オルガ:岩倉真彩
シルヴィアーネ:高橋彩子

6日(土)18:30
ハンナ:池谷京子
ダニロ:古澤利人
ヴァランシェンヌ:岡村麻未
カミーユ:田中連太郎
オルガ:小澤可依
シルヴィアーネ:井上ゆかり

7日(日)14:00
ハンナ:冨岡由理弥
ダニロ:北川辰彦
ヴァランシェンヌ:尾川詩帆
カミーユ:新堂由暁
オルガ:岩倉真彩
シルヴィアーネ:高橋彩子

◆ハンナ・グラヴァリ
池谷京子
鈴木理恵子
冨岡由理弥

◆ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵
北川辰彦
古澤利人
草刈伸明

◆ヴェランシェンヌ
岡村麻未
尾川詩帆

◆カミーユ・ド・ロシヨン
新堂由暁
高田正人
田中連太郎

◆ミールコ・ツェータ男爵
長谷川大祐

◆カスカーダ子爵
榛葉薫人

◆サン・ブリオッシュ
石福敏伸

◆オルガ
岩倉真彩
小澤可依

◆クロモウ
冴瑪悠

◆シルヴィアーネ
井上ゆかり
高橋彩子

◆ボグダノヴィッチ
加能大

◆プラシコヴィア
田村依里奈

◆プリチッチ
倉田秀人

◆ニェーグス
鈴木貴大

◆グリゼット
大谷唯
彩緋
塩沢優
豊田るみか
菱川友里
矢鳴優花
横関友希

◆アンサンブル
[女性]
飯塚綾
小野里桃子
甲斐絢子
香林佑美
田中智子
辻岡美沙子
東咲奈歩
西川紗由美
林美里
山本千明

[男性]
安藤裕
片倉いろは
聖闘士♎セイナ
村井健太郎
山本茂男
(50音順)
※トリプルキャスト(一部シングル及びダブルキャスト)

【スタッフ】
指揮:草川 正憲
演出:佐羽 英
エレクトーン:赤塚 博美
ヴァイオリン:小山啓久

舞台監督:藤田 有紀彦
振付:登坂 良樹
音響:実吉サウンドデザイン
照明:小粥 之央
演出助手:石井智子
稽古ピアノ:巨瀬励起・神保道子・村田千晶・谷塚裕美
歌唱アドバイザー:古澤 利人・長谷川 大祐
制作:梶島せいな
広告:浅野夢彦

プロデューサー:長谷川大祐・影山慎二
エグゼクティブプロデューサー:長谷川紀久恵

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーとは

当カンパニーは、ミュージカル・オペラ・オペレッタの上演を主とし、更にはストレートプレイにも目を向け、音楽・演劇全般にわたる研究および 舞台活動を行うとともに、演者を育成して文化の振興と発展に寄与し、より豊かな社会づくりに貢献することを目的として立ち上げられました。先ず初めに、カ ンパニーの理念をお読み下さい。

  1. オペラ・オペレッタを日本語の歌詞でわかりやすく上演。広くお客様に関心を持っていただき、親しみを感じていただける公演にいたします。
  2. オーディションでキャストを募り、実力・将来性のある歌い手・俳優を発掘します。
  3. オペラ・オペレッタにおいて、堅苦しい芸術、ではなく、楽しめるステージ・エンターテイメントとして上演します。
  4. 3項と同じく、歌・声の為にその他(演技・所作等)を犠牲にしない、リアルな演技で上演します。
  5. 地方公演、再演も視野にいれ、ロングラン公演に結びつくことを目標としています。
  6. オペラのみならず、ミュージカル・ストレート等幅広い公演を目指します。

長谷川大祐

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を平野忠彦、平野民子、久保和範、矢部玲司、マーク・プラナー各氏に師事。日本では珍しい本格的な低音を持ち、且つ高音にも対応出来る声域の広さと演技力に定評が有る。
主な出演作はミュージカル「ビクター・ビクトリア」「王様と私」「蝶々さん」オペレッタ「メリー・ウィドウ」「ボッカチオ」「ルクセンブルク伯爵」オペラ「運命の力」「魔笛」その他ライブ、コンサート活動・ストレートプレイ等多数。
特に2015年3月富山オーバード・ホール ミュージカル「ショウ・ボート」では「ジョー」役で出演、「オール・マン・リバー」を歌い絶賛を博した。
後進の指導にも積極的に取り組み、門下生はクラシック・ミュージカル・宝塚・ポップス等多方面で活躍。歌のみならず、俳優のヴォイストレーニング・一般の方の声のコンプレックス改善にも役立つメソッドを指導している。
マーク・プラナー氏の日本における指導アシスタントを務めている。

演出 佐羽英

俳優として、舞台・映像で活躍している他、ストレートプレイをはじめ、オペラ・イベント・コンサートなど、幅広く脚本・演出を手掛ける。
RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーでは、第一回公演オペラ『ラ・ボエーム』を演出、好評を博した。
主な演出作品
2013年11月 one heart musical live(パーシモンホール)
2014年 1月CONTACT イベント(池袋missmach)
2月CONTACT イベント(池袋missmach)
5月オペラ『ラ・ボエーム』(ムーブ町屋)
6月人材育成ドラマ(品川コクヨホール)
9月森田由美恵live 他多数

指揮 草川正憲

東京音楽大学音楽学部指揮科卒。
指揮法を紙谷一衛、故 松本紀久雄、ユーリ・シモノフの各氏に師事。
同大学卒業後、藤原歌劇団に所属しオペラ指揮法を故 福森湘氏に師事。
1997年にイタリアへ渡りダニエレ・アジマン氏のもとで研鑽の日々を送る。
2005年帰国。
帰国後は8年間のイタリア滞在の経験を活かし数々のイタリアオペラを指揮、現在にいたる。
2001年9月、イタリアのペスカーラで行われた『第6回マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクール』にて3位入賞。

何故クラウドファンディングを必要とするか?

作品を作り上げるには、多くの方の力、またその為の資金が必要となります。

オペラのチケット単価は、一般に安くないとされていますが、私達は出来るだけ多くの方に観ていただきたい、気軽に楽しんでいただきたい、との思いから、極力抑えた設定をしたいと考えています。

そのため、チケットによる収入は多く見込めない状況である、と言わざるを得ません。

今回ファンディングによって集まったお金は、稽古場代や演出・制作スタッフ人件費および公演衣装・舞台美術等様々な要素の充実、作品のクオリティを上げる為の資金として活用させていただきます。

その為にも、もしご興味を持っていただけたならば、是非ご支援・応援をしていただけたらと思います。

何卒、宜しくお願い致します!

ご支援頂いた皆様への主な特典

◆お礼のお葉書
心のこもったお礼の葉書を手書きにてお送りします。

◆ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
特設サイトにて、お名前を『特別協賛』としてご紹介させて頂きます。

◆第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
前公演のDVDをプレゼントいたします。(あくまでも資料用ですので、定点撮りとなっております。ご了承ください)

◆ゲネプロ見学
本番さながらの衣装・メイク等で行うリハーサルにご招待いたします。

想定されるリスクとチャレンジ

今回、皆様に応援いただいた資金が目標金額に達しなかった場合でもプロジェクトは履行されます。
もちろんその場合でも、特典はご支援いただいた金額に準じて実施されます。

本公演は前回よりもカンパニーとしてのトータルの規模が大きくなりました。
それにより、予算も大幅に増えていますが、カンパニー・ポリシーによってチケット代の値上げは避けたいと考えています。

クオリティに関して妥協することなく上演する為に、演者はもちろん、音響・照明にこだわってはおりますが、その分衣装・セットに関しては現状薄くならざるを得ない状況です。
舞台全体としてのクオリティを上げる為には、やはり皆様のご支援・ご協力が必要不可欠なものとなります。
今回のみならず、次回以降の公演に繋げる為に、何卒、宜しくお願い致します。

最後に

最後までご覧いただき本当に有難うございます。

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーはこれからも「楽しめるステージ・エンターテイメント」「リーズナブルにクオリティの高いもの」を理念に活動を続けます。

今回のプロジェクトを応援したい・支援したい、そう思っていただけたなら何よりの幸せです。

プロジェクトを通し興味を持ち支援いただけた皆様、更に多くの方に興味を持っていただけるカンパニーを目指してまいります。

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニー

もっと読む
コレクター
4人
現在までに集まった金額
25,000円
目標金額は600,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2015年6月5日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    • お礼のお葉書
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月
  • 3,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月
  • 5,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • 3人
    • お届け予定:2015年06月
  • 10,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • 本公演もしくは次回公演鑑賞券1枚進呈(要予約)
    • 1人
    • お届け予定:2015年06月
  • 15,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • 本公演もしくは次回公演鑑賞券1枚進呈(要予約)
    • チラシに『特別協賛』としてお名前を記載(4月末日迄)
    • ゲネプロ見学
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月
  • 20,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • チラシに『特別協賛』としてお名前を記載(4月末日迄)
    • ゲネプロ見学
    • 本公演もしくは次回公演鑑賞券2枚進呈(要予約)
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月
  • 30,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • チラシに『特別協賛』としてお名前を記載(4月末日迄)
    • ゲネプロ見学
    • 本公演もしくは次回公演鑑賞券3枚進呈(要予約)
    • パンフレットに『特別協賛』としてお名前を記載(5月15日迄)
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月
  • 50,000円

    • お礼のお葉書
    • ホームページに『特別協賛』としてお名前を記載
    • 第一回公演DVD(非売品・資料用映像)プレゼント
    • チラシに『特別協賛』としてお名前を記載(4月末日迄)
    • ゲネプロ見学
    • パンフレットに『特別協賛』としてお名前を記載(5月15日迄)
    • 本公演もしくは次回公演鑑賞券5枚進呈(要予約)
    • キャストとの食事会ご招待(代金自己負担・日時指定)
    • 0人
    • お届け予定:2015年06月

プレゼンター

Middle?1417750487

レインボー・スタジオ

  • 東京都

2011年3月に事務所として立ち上げ、2014年5月に事業の一環としてカンパニーを立ち上げた。 第一回公演「ラ・ボエーム」では『堅苦しい芸術ではなく、楽しめるステージ・エンターテイメント』を旗印にクラシック界に一石を投じた。 「ラ・ボエーム」が好評を得、リクエストに応え第二回公演「メリー・ウィドウ」上演の運びとなる。

質問や意見をメールする