乗越たかお三カ国ダンス取材ツアーをクラウドファンディングで実現!

舞踊評論家のCFは可能か!? 乗越たかお三カ国ダンス取材ツアー支援プロジェクト短期決戦スペシャル!

  • その他・海外
  • 演劇・ダンス

「ダンサーやディレクターには渡航費の助成金があるが、評論家にはぽっかりない」という現状への挑戦です。
 著作物への評価を元に、ダンスを愛する人達の気持ちで支えられる「これからの評論」のために、一ヶ月間の短期決戦に挑む!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額300,000円を達成し、2015年11月24日23:59に終了しました。

コレクター
151
現在までに集まった金額
1,077,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額300,000円を達成し、2015年11月24日23:59に終了しました。

Middle?1444576800

Presenter
乗越たかお プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1444576800

PRESENTER
乗越たかお

作家・ヤサぐれ舞踊評論家。株式会社ジャパン・ダンス・プラグ代表。06年にNYジャパン・ソサエティの招聘で滞米研究。07年イタリア『ジャポネ・ダンツァ』の日本側ディレクター。 現在は国内外の劇場・財団・フェスティバルのアドバイザー、審査員など活躍の場は広い。著書に 『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』(作品社) 『どうせダンスなんか観ないんだろ!?』(NTT出版) 『ダンス・バイブル』(河出書房新社) 『ダンシング・オールライフ 中川三郎物語』(集英社) 『アリス ~ブロードウェイを魅了した天才ダンサー 川畑文子物語 』(講談社)など多数。

​【趣旨の補足。と、雄叫び】

vol. 3 2015-10-29 0

伊達なつめさんから徳永京子さんのツイッターを通じて、以下の様なご指摘を受けた。

「応援しますし、組織に所属していないと取材費自腹というのもその通りで日々実感してることですが、「助成」という言葉からイメージする、たとえばセゾン文化財団や文化庁の在研(長期・短期)はフリーも差別なく対象となるので、誤解してあきらめないでほしいとも思います。」

たしかにその通りで、オレの書き方は誤解を与えるものだった。すでにいろいろ考えてくれている人々に対しても失礼なことで、そこはお詫びしたい。

ただクラウドファンディングは基本的に一度アップすると書き換えることはできないので(公正性の確保のためだ)、ここに記しておきたい。

上記のことは全面的に認めた上で、ちょっと補足。

評論は継続して見ることも大事なのだが、助成金の場合、「同じ人間に同じ目的で二度助成することはない」のが基本のため、今回オレがCFでお願いしているような経年観察については、やはり難しい。

今回のCFは、「助成金に頼らず、かつフリーの評論家やジャーナリストが生き残るための可能性を探るもの」として、毎年でもやっていける評論のあり方として、あらためて提案していきたい。

従来は「先に取材費をかけて書いた物が売れて、お金になる」という順序だったが、これだと常に書き手は先払いである。その後のギャラがガッと入るのならそれでもいいが、もうそういう景気ではないので、先細りにならざるをえない。

しかしCFのおかげで、書き手とそれを必要とする人がダイレクトにつながることができ、次の取材が可能になる。

もうこれしかないんじゃないか、という背水の陣の挑戦なのである。

じっさい「評論家」を掲げながら開店休業状態の人はゴロゴロいる。

十分以上の力があるにも関わらず、という人も少なくない。

だがそもそも(前も書いたが)出版業界全体が激変の中で生き残りに必死な昨今、

「書く場がない。嘆かわしい」

とふんぞり返っているだけでは、そりゃもう淘汰される他ないのではないか。

評論家の、それも舞踊の、しかもコンテンポラリー・ダンスの、という幾重にもマイナーな世界だ。オレも必死だし、これまでも必死だった。何十年もギリギリでやってきたので、ちょっとバカになって、しんどさの不感症になっているだけだ。

でもやはり無理しているものは続かない。次の世代も育たない。可能性を示したいのだオレは。

それがオッサンの責任ではないのかと自分に問う。

これからダンスの重要性はますます大きくなっていく。そして良いダンスには、絶対に良い評論が必要なのだ。オレはそう信じているし、それを一生かけて証明してみせる。

なにより良いダンスを見てないと、オレが死んじまうのでな。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • メールでお礼
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 41人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 35人が応援しています。
  • 8000

    8000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 韓国とシンガポールのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 25人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 韓国とシンガポールのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルから、乗越たかおが選んだ、できるだけ変なデザインの絵はがきが届く
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 32人が応援しています。
  • SOLDOUT

    15000

    15000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 韓国とシンガポールのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルから、乗越たかおが選んだ、できるだけ変なデザインの絵はがきが届く
    • インバル・ピント&アブシャロム・ポラックのサイン入りインタビュー記事(埼玉アーツシアター通信)
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り1枚

    30000

    30000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 韓国とシンガポールのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルから、乗越たかおが選んだ、できるだけ変なデザインの絵はがきが届く
    • 来年刊行される乗越たかおの新刊に「取材協力者」として氏名を掲載、サイン本進呈
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • SOLDOUT

    50000

    50000円リターン

    • メールでお礼
    • 公式サイトに氏名を掲載(希望者)
    • 韓国とシンガポールのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルのフェスティバルのディープなレポート配信
    • イスラエルから、乗越たかおが選んだ、できるだけ変なデザインの絵はがきが届く
    • 来年刊行される乗越たかおの新刊に「取材協力者」として氏名を掲載、サイン本進呈
    • Skypeでイスラエルから速報(一回)。サイン入りイスラエル土産となにがしかを進呈
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。