短編映画プロジェクト「JAPAN SHORTS」の上映をクラウドファンディングで実現!

日本発・世界志向の短編映画をプロデュースする「JAPAN SHORTS」の上映支援のお願い

  • JAPANSHORTS
  • 映画
  • 東京都
Japanshorts mg1 ▶ 再生
  • コレクター
    12人
  • 合計金額
    149,000円
  • 残り
    0日

目標金額は100,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2013年9月28日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

「JAPAN SHORTS」は世界の国際映画祭や国際見本市に向けて日本発「世界志向の短編映画」プロデュースするプロジェクトです。短編映画は、若手作家が世界へ踏み出す第一歩として非常に有効な手段です。
事実、カンヌを始めとする国際映画祭には登竜門としての短編部門が古くから存在し、そこから羽ばたいた世界的な作家が数多く存在します。本年度の『隕石とインポテンツ』は第66回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に3年ぶりにノミネートされました。

「JAPAN SHORTS」は世界の国際映画祭や国際見本市に向けて日本発「世界志向の短編映画」プロデュースするプロジェクトです。

このプロジェクトがスタートするきかっけとなったのは、公益財団法人ユニジャパンが平成22年、23年度に引き続き、経済産業省から※平成24年度コンテンツ産業人材発掘・育成事業(若手映像等人材発掘育成・国際ネットワーク構築事業)を受託し、その一環として短編制作プロジェクトを実施してきました。そして、平成22年度は田崎恵美監督『ふたつのウーテル』がカンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に日本映画として45年ぶりに出品、吉野耕平監督『日曜大工のすすめ』は短編最大のクレルモン・フェラン国際短編映画祭に出品され、海外の放送局でも放映されるなどめざましい成果をあげています。2012年は、ぴあフィルムフェスティバルと提携し、同フェスティバルの過去のアワード入選監督から企画を募り選考を行う(監督の選考はPFF事務局で実施)と共に、ユニジャパンでは、その監督と共同で企画を開発していくプロデューサーを募集しました。完成した作品『隕石とインポテンツ』は第66回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に3年ぶりにノミネートされました。

『隕石とインポテンツ』製作メンバー@第66回カンヌ国際映画祭

作品紹介

■『少女と、女』(2012年/日本/10分)
監督&脚本:勝又 悠 プロデューサー:伊藤 主税
出演:新田 恵利/勝尾 麻結奈

郊外のスーパーマーケットで働く真千代の前に1人の少女、大塚梓が現れる。「失われた母性」と「芽生えた母性」が13年の時を経て、残酷に重なり合う瞬間を活写する。

■『I’m Home』( 2012年/日本/13分)
監督&脚本:中村 拓朗 プロデューサー:中村 謙吾
出演:大方 斐紗子/中吉 卓郎

  東日本大震災直後の福島。老人介護施設から逃げ出したフジヤとミネギシ。2人はミネギシがしきりに帰りたいと言っていた「家」へと向かうのだがー。

■『Nostalgic woods』( 2012年/日本/10分)
監督&脚本:森岡 龍 プロデューサー:中村 無何有
出演:飯田 芳/岡本 奈月

自主映画監督の森本は、自身の作品に出演していた主演女優の智子と付き合っていたが、別れる。森本は思わぬ真実を知り、撮影を放棄し森の中へ。彼が出会ったのは…。

■『夢を見た』(2013年/日本/10分)
監督&脚本:井上 真行 プロデューサー:山中 羽衣
出演:渡辺 大知/奥田 恵梨華

病気で入院した友だちのために何かし歌を作ろうと思い立った主人公、真一。
しかし、何も思いつかなかったのが彼の創作の原点となった。

■『りんご』(2013年/日本/10分)
監督&脚本:北川 仁 プロデューサー:湯川 暁子
出演:池脇 千鶴/小野 敦子/三島 ゆたか

被災した土地で、略奪を重ねながら生き抜く女。ある日、朽ち果てた一軒家に侵入した女が見た光景とは…。主人公のセリフを一切排し、荒涼とした風景の中に生と死を強烈に描き出した、ひとつの極北の物語。女を演じた池脇千鶴の圧倒的な演技が印象を残す。

■『隕石とインポテンツ』(2013年/日本/10分)
監督&脚本:佐々木 想  プロデューサー:鈴木 徳至
出演:筑波 竜一/野本 かりあ

数年前、地球に接近した超巨大隕石は不可解な滞空を続けていた。男はもう、何年も妻を抱くことができなかった。自信を失った我々は再び立ち上がることができるのだろうか。強く、硬く、天に向かって…

サポートのお願い

JAPAN SHORTSでは今回、上映に向けて宣伝費の寄付をお願いしております。

現在、日本映画界では極端な二極化が進んでいます。興行収入の大半を大手メジャー映画が独占し、インディペンデント映画の低予算化は留まるところを知りません。このままでは中規模の映画が消滅し、映画の多様性までも失われてしまうという危機感は、映画に携わる者ならば誰しも少なからず抱えていることと思います。

そんな中で、現在双方に共通している課題、それは「世界進出」です。
国内でヒットしているメジャー映画も海外となると話は別であり、今後グローバル市場に対応し得る国際的競争力を持ったコンテンツの生産が早急に求められています。
一方、インディペンデント映画にとっても、海外で評価を受け、新たな観客や予算を獲得していく戦略はもはや必須のものとなってきています。

私たちはそんな現状を踏まえ、今出来ることのひとつとして、JAPAN SHORTSを立ち上げました。

短編映画は、若手作家が世界へ踏み出す第一歩として非常に有効な手段です。
事実、カンヌを始めとする国際映画祭には登竜門としての短編部門が古くから存在し、そこから羽ばたいた世界的な作家が数多く存在します。

しかし現在、日本の個人作家にとって国際映画祭への参加は、言語や費用などの理由からとてもハードルの高いものとなっています。また、日本では海外で評価された短編映画を鑑賞する機会がまず少ないため、作り手の間で短編映画のリテラシーというものが共有されていない、という問題点もあります。

「世界志向の短編映画」のプロデュースや字幕支援などを通じて、日本映画の未来を切り拓いていくきっかけを作りたい。そのためにまず、我々が制作し海外で一定の評価を受けてきた短編映画をより多くの方々に観て頂きたい。

そんな想いで、JAPAN SHORTSでは今回ティ・ジョイさんにご協力頂き、ほとんど予算のない中、あえてシネコンでの全国公開&オンライン配信に挑戦してみました。

そしてこのプロジェクトをより多くの方に知って頂くために、あと少しだけ、お金が必要です。上映後のトークイベントや、ご来場頂いたお客様にお配りするパンフレットの制作、地方劇場でのPRなど、細かいことではありますが、今やる必要があると感じたため、こうして寄付を募らせて頂くことにしました。

日本映画の新しい波に、少しばかりのお力添えを、どうか宜しくお願い致します。

JAPAN SHORTS 宣伝スタッフ一同

皆様からの支援金は、以下のような目的で使用いたします。

【上映宣伝支援】
・パンフレットの制作費
・イベント制作費
・上映地域での宣伝制作費

終了時にコレクターの皆様には使途の明細をご報告いたします。

上映案内

JAPAN SHORST 公開スケジュール

8月24日(土)~期間限定 企画上映 【KINEZO PREMIERE】
新宿バルト9ほか 全国6か所 + オンラインシネマにて公開

8月24日(土)~8月30日(金) 新宿バルト9、広島バルト11
9月7日(土)~9月13日(金) 梅田ブルク7、横浜ブルク13
9月14日(土)~9月20日(金) T・ジョイ京都
9月21日(土)~9月27日(金) T・ジョイ博多

オンラインシネマは9月7日より9月27日まで
公式サイト:http://premiere.kinezo.jp/index.html

チケットと特典

チケットを購入いただいたコレクターの皆様は、上映鑑賞のプロセスにご参加いただけるだけでなく、次のような特典を受けることができます。特典の詳細については、チケット欄をご参照ください。

【特典の一部を紹介します!】

隕ポストカード
第66回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門にノミネートされた『隕石とインポテンツ』のポストカードをプレゼント致します!このインパクトの有るビジュアルは、現地カンヌでも話題を呼んだ逸品です

『隕石とインポテンツ』キノコ栽培キット
『隕石とインポテンツ』劇中、何度か象徴的に登場するキノコの苗床をプレゼント致します! 誰でも簡単に一週間ほどでシイタケを育てることができるこの栽培キット。育てたシイタケはもちろん食べることができます。育てる楽しさ、食べる美味しさ、この感動を是非、ご自宅で!

『JAPAN SHORTS』KINEZOでのオンライン視聴をプレゼント
KINEZO PREMIEREは、㈱ティ・ジョイが企画・運営する、映画館のレイトショー枠とオンラインシアターを利用した新しい映画上映プラットフォームです。
これまで映画館での上映機会に恵まれにくかった作品が、広く世の中に出ていくことを支援する目的で広く作品を募集中!

●1200円で映画をオンラインで楽しめる。
●24時間いつでも視聴可能。(期間中、24時間以内でしたら何度でも好きなだけ視聴できます)
●高画質HDクオリティの動画をストーリミング。(回線速度やマシンパワーにより最適な画質を自動調整します)

もっと読む
コレクター
12人
現在までに集まった金額
149,000円
目標金額は100,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年9月28日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • コレクター限定記事の公開(『隕石とインポテンツ』制作秘話等!)
    • 2人
  • 3,000円

    • コレクター限定記事を共有します(『隕石とインポテンツ』制作秘話等!)
    • 『JAPAN SHORTS』上映6作品の脚本をPDFでプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』KINEZOでのオンライン視聴をプレゼント
    • 1人
  • 5,000円

    • コレクター限定記事を共有します(『隕石とインポテンツ』制作秘話等!)
    • 『JAPAN SHORTS』上映6作品の脚本をPDFでプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』KINEZOでのオンライン視聴をプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』本編DVDをプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』劇場限定パンフレットをプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』ポストカードをプレゼント
    • 5人
  • 10,000円

    • コレクター限定記事を共有します(『隕石とインポテンツ』制作秘話等!)
    • 『JAPAN SHORTS』上映6作品の脚本をPDFでプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』KINEZOでのオンライン視聴をプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』本編DVDをプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』劇場限定パンフレットをプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』ポストカードをプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』ポスター(B2)をプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』キノコ栽培キットをプレゼント
    • 0人
  • 30,000円 SOLDOUT

    • コレクター限定記事を共有します(『隕石とインポテンツ』制作秘話等!)
    • 『JAPAN SHORTS』上映6作品の脚本をPDFでプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』KINEZOでのオンライン視聴をプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』本編DVDをプレゼント
    • 『JAPAN SHORTS』劇場限定パンフレットをプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』ポストカードをプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』ポスター(B2)をプレゼント
    • 『隕石とインポテンツ』キノコ栽培キットをプレゼント
    • 数量限定カンヌ国際映画祭公式バッグをプレゼント
    • 4人

プレゼンター

Ac

JAPANSHORTS

  • 東京都

「今、日本発の短編映画が熱い!」 JAPAN SHORTSは日本の短編映画を盛り上げていくためのプロジェクト。

質問や意見をメールする