パリの伝説的なアトリエで活動するアーティストEtsuko Kobayashi の作品集をクラウドファンディングで実現!

パリの伝説のアトリエ「59 RIVOLI」が生んだアーティスト、Etsutsuの作品集を作りたい

  • PROJECT ETSUTSU
  • アート
  • 東京都
663fd252 03e7 4488 9f75 d32917428bea
  • コレクター
    137人
  • 合計金額
    830,500円
  • 残り
    0日

目標金額は600,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2016年10月5日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

パリの伝説的なアトリエで活動するアーティスト、Etsuko Kobayashi の作品集を制作するプロジェクトです。Etsutsuの作品集の制作に参加して、その自由で一風変わった生き様を応援しませんか?

十五年間の歴代の作品がつまったその作品集は、彼女の生き方を色濃く写し出すものになるでしょう。その作品の精神性に触れることで、手に取った人の今日が昨日よりも少し自由に感じられたら嬉しいです。

Etsuko Kobayashi(Etsutsu/エツツ)と「59 リヴォリ」について

Etsuko Kobayashiは、過去十五年間、“スクワット”と呼ばれるパリの不法占拠された建物でアーティスト活動をしてきました。美術の専門的な勉強をしたことはなく、ただ二十代の終わりに「絵を描いて生きていく」という決意を胸にやってきたパリで、伝説的なスクワット「59 リヴォリ」と出会いました。

「59 リヴォリ」は、パリ中心地、ルーブル美術館の並びにある7階建の建物で、1999年に三人のアーティストによって不法占拠されたことから始まりました。その後、すぐに世界中のアーティストがここに集結し、ひとつのアーティスト・コミュニティに発展。「ピカソの洗濯船の再来!」と呼ばれるようになり、パリ市民に熱狂的に歓迎されました。しかし、当然のことながら、「追いだせ!」という世論も強く、やがて「59 リヴォリ」は、パリ市の行政やメディアを巻き込んでの大論争に発展。

 「59 リヴォリ」が市民に歓迎された理由のひとつは、従来のスクワットとは異なり、いつでも入り口のドアが開かれていたからです。アーティストは見学に来る人々を歓迎し、ワインを注ぎ、作品を前に夜遅くまで語らいました。その時人々は、歴史の中で姿を消したピカソやモディリアーニが生きた時代の創作の精神が、まだこの街に残っていることを発見したのです。

59リヴォリの個性的な外観。パリの中心地に位置していて、とても目立っている。

Etsuko Kobayashi(左)とスクワットの仲間たち。一番右側はスクワットのリーダーのガスパール・ドラノエ。

仲間のひとり、フランチェスコのアトリエ。常に30人ほどのアーティストがこの建物で作品を作っている。

パリ中から拾ってきたもので構成されたリーダー・ガスパールのインスタレーション作品、「イゴ・バルー美術館」。

Etsuko Kobayashiのアトリエ。フランスだけではなく、海外からも大勢の人がここを訪れる。

その後、多くの市民の支持を追い風に、「59 リヴォリ」は2001年にパリの市長の決断で奇跡的に合法化され、現在でも共同アトリエとして多くの来訪者やアーティストを受けいれています。Etsuko Kobayashiは、「59 リヴォリ」の恒久的な利用権を持つ数少ないアーティストの一人です。

  Etsuko Kobayashiは、ワーキングホリデーでパリにやってきて、大論争の渦中にある「59 リヴォリ」に出会いました。そこには、フランス人だけではなく、アフリカやカナダ、ロシア、南米など多くの国からアーティストが集まり、日々創作に勤しんでいました。作風も考え方も言語も違うアーティストとのカオスな共同生活に、奥底に眠っていた創作意欲がかき立てられて、彼女は数多くの作品を生み出しました。

 そう日がたたないうちに、彼女の絵はパリやロンドンのギャラリーやアートフェアで認められるようになり、現在ではヨーロッパ中にコレクターがいます。パリ、そして「59 リヴォリ」が、彼女を本物のアーティストにしたのです。

 その生活は決して楽ではありませんが、彼女は「絵を描いて生きてく」ことにこだわっています。しかし、歯を食いしばって、苦労して、というのとは少し違います。ただ不必要なものをすべて手放し、軽やかに、楽しく、自由に生きています。Etsuko Koyabashiの生き方や人生哲学は、『パリでメシを食う』(幻冬舎文庫)にも詳しく描かれています。


パリでメシを食う。』川内 有緒(著)/幻冬舎文庫

Etsuko Kobayashiの作品について

彼女の絵は、自分でも最後まで完成形がわかりません。事前にコンセプトや構図を決めこまないことが大切だと彼女は言います。ただ、感じるままに身をまかせ、自分の精神と絵を自由に解放して完成させます。だから完成した作品の解釈も見る人次第です。見る側にこそ、絵を理解するための想像の翼を持っていると彼女は考えています。

コレクターの一人は、彼女の絵をこう表現します。

「Etsukoはセックス、少女、人間、動物、室内、室外のようなジャンルをミックスする。蛍光色、鈍い色、カンバスの白地、透明、縫った素材、刺繍で遊ぶ。カンバスには幾重にも奥行きをとったオーバーレイ、折り畳まれた3Dなどがとりこまれている。

わたしのお気に入りはグレーの背景に明るい点のように色のついたボタンが付いた夜景が描かれたカンバスだ。これらの墨で描かれた詩、それはときたま現れる、想像でしかない悪夢のようなモンスターがでてくる夜のような...」(コレクター談)

彼女のアトリエには、日々大勢の人が訪ねてきて、彼女の作品を前に様々な対話が行われています。人と話すことで、彼女は自分の描く絵の意味を知るのです。

制作する作品集について

過去15年間のいろいろな作品や、スクワットのエッセンスを集めた自由な形態の作品集。スクワットのエッセンスと彼女の人生が表現されたものを製作します。
■完成予定: 11月上旬発行予定 
■予定販売価格:3000〜3500円相当(税込)

関連の展覧会について

この秋のEtsuko Kobayashiの来日に際して、恵比寿のギャラリー「山小屋」にて11月9日(水)~15日(火)(注:開催日変更しました)に開催される予定です。「山小屋がスクワットされた!」というテーマで、実際に期間中はEtsuko Kobayashiが寝泊まりしながら制作や展示を行い、パリのスクワットの雰囲気を東京に再現するという企画です。今回の作品集も、展示会場で販売されます。

 
gallery and shop 山小屋(東京,恵比寿)

Etsuko Kobayashiからのメッセージ

応援の言葉

■川内有緒(ノンフィクション作家)

「私の作家としての原点が、Etsuko Koybayashiです。パリのスクワットで彼女の軽やかな生き方に触れて、いてもたってもいられなくなり、彼女の人生を描き始めたのが最初の執筆作品となりました。その後、彼女の原稿を含めた本、『パリでメシを食う』が出版され、本格的に作家活動を開始しました。あれから、12年間、彼女はずっと私の大切な友人です。こうしてまた彼女の創作の作品集に関われると思うと、心からワクワクしています」

■ガスパール・ドラノエ(アーティスト、「59リヴォリ」のリーダー)

「僕が仲間と共に59リヴォリというアーティスト達のスクワット(不法占拠の建物や土地をいう)を始めたときには、まだEtsuko Kobayashiの事は知らなかったし、その時は、そう遠くない未来に、彼女がこの共同体の中心的な役割をになうようになるとはつゆとも思わなかった。しかし、彼女はなんの前触れもなく、僕たちのアトリエにふらりとやってきて、まるで小鳥がそうするみたいにアトリエの片隅に住み着いて、絵を描きはじめた。

すこしずつ、とても繊細なやりかたで、彼女は自分の巣を築き、彼女がそこにいることは自然なことになった。幾月幾年と、ドローイングを続けただけではなく、大きなカンバスに絵を描き続けた。すると、みんなが彼女のビジュアルアーティストとしての多彩な才能を認めるようになった。ここでは言い尽くせないたくさんの理由のもとに、 Etsuko Kobayashiは僕が賞賛するアーティストであり、注意深く注目してきた女性であり、ぼくの心の中でこのアーティスト集団の永久メンバーとなったひとりの人間でもある」

鈴木一成(Gallery OUT of PLACE ディレクター)

「ETSUSTUに初めて会ったのは2012年だった。僕がその夏にパリで彼女の展覧会を観ることができずに残念がっていたこと知った彼女は、秋に日本に帰国した際にうちのギャラリーへ遊びにきてくれた。 2013年にパリの「59リヴォリ」でようやく彼女の作品を色々と観る機会を得た。絵を描くという行為と向き合うETSUTSUの絵に鏤められた一見無邪気を装うモチーフや洗練された色使い、日本から遠く離れた地で絵と共に生きて行くことを決めた彼女の絵画を、ぜひ日本で生きている多くの方にも観てもらいたい。人生が絵と共にあるってことの素晴らしさ。」

■ウィニー・シィー(ロンドンのギャラリーAugust Artオーナー)

「彼女は基本的に、生活を描く。たいがいのアーティストはそうするものですが、エツコの作品の豊かさと新鮮さはどこからくるのでしょうか?それは事象をあるがままに描くことだと思います。不安は表現しない、視覚表現上「形容詞」を用いず、ただシンプルに、直接的にそして率直に「名詞」で伝えていく。それが彼女の作品の登場人物たちがとてもセクシーなゆえんなのです。彼女たちのまなざしはとてもダイレクトで率直だから。それは言い訳することも、恐れを抱かせることもしません。」

■ミシェル・リシリウ(パリ在住アートコレクター)

「パリのアベスのブティックで見た Etsukoの絵画に夢中になったのは10年前のことだ。探しに探して、ついにリヴォリ通りのスクワットを発見して、Etsukoに会う事ができた。はじめて手に入れた作品は、大きくて物議を醸すようなテーマだったために売れないでいたものだった。風景と室内の間に便器の上に座った女性が主題となっている。それが、彼女の作品の収集と、大切な友情のはじまりだった。

ひとりのアーティストにこんなにも情熱をもったことがない。これらの作品たちは私に夢を与えてくれて、決して飽きさせない価値がある。不可解で、攻撃的で、子どもっぽくて、ユーモラスで、刺激的な世界を作っている。(中略)

私が愛するエツコの絵が多くの人に届き、紹介されることを知り、とても喜ばしく思います」

主なプロジェクトメンバー

Etsuko Kobayashiの友人であり、彼女の作品をこよなく愛する4人が主なメンバーです。ぜひEtsuko Kobayashiを日本に紹介したいと考えています。

新谷佐知子(プロデューサー、プロジェクト責任者、「山小屋」での展覧会の運営も担当)
増山やよい (プロデューサー、プロジェクト全体の進行管理および事務方や翻訳を担当)
高野美緒子(デザイナー、作品集のアートディレクションを担当)川内有緒 (作家、寄稿文や翻訳文の作成やチェックを担当)

<目標額>

60万円

<お金の使い方>

  • 企画・編集費 50,000円
  • 作品集の印刷(300部を想定) 300,000円
  • デザイン料 50,000円
  • パッケージ 100,000円
  • 発送にかかる費用 40,000円
  • 作業人件費 30,000円
  • 原稿料 30,000円

<特典について>

• Etsuko Kobayashi作品集1冊 (サイン無し)
このファンディングをもとに制作した作品集をご指定のご住所までお届けいたします。

• Etsuko Kobayashi直筆サイン入り作品集1冊
このファンディングをもとに制作した作品集に作家本人のサインをお入れしてご指定のご住所までお届けいたします。

• Etsuko Kobayashiからのメッセージカード 
コレクターのみなさんに本人のメッセージを載せて、オリジナルのカードを作成し、ご指定のご住所までお届けいたします。

  •  59リヴォリのアーティストたちによるカード(パリからあなたのポスト1回届きます)
    Etuko Kobayashiのアトリエの仲間たちからコレクターのみなさんにメッセージをお届けします。ご指定のご住所にカードを1枚、パリからのエアメールでお届けします。
  • • 59リヴォリのアーティストたちによるカード(パリからあなたのポストに1年間、4回届きます) 

    Etuko Kobayashiのアトリエの仲間たちからコレクターのみなさんにメッセージをお届けします。ご指定のご住所に4種類のカードを1枚ずつ、4回に分けて季節ごとにパリからのエアメールでお届けします。

    • 持ち込みのTシャツやバッグにイラストを描くサービス 
    Etuko Kobayashiがあなたのためだけにオリジナルのイラストを、コレクターご自身がお持込のバッグやTシャツなどにお描きします(郵送でのやり取り、またはタイミングが合えば、「山小屋」での展示中に対面でも対応可能です)。 

    • 展覧会会場にお名前クレジット 
    1万円以上のサポートをくださったコレクターのみなさんのお名前を展覧会会場に掲示させていただきます(もし希望されない場合はお申し出ください)。

    • Etsuko Kobayashiによる作品(原画)
    原画の小作品をご指定のご住所までお届けします。どんな作品かはEtsuko Kobayashiおまかせになります。

    • 展覧会オープニングパーティーでのシャンパンサービス( or フランス産ジュース)
    展覧会のオープニングパーティー(11月11日予定)はどなたさまも来場自由ですが、1万円以上のサポートをくださったコレクターのみなさん限定の特別に1杯ずつ、シャンパンのサービスをさせていただきます。アルコールをお召し上がりにならない方にはフランス産のジュースをサービスいたします。
    メールまたは郵送で引き換えチケットをお送りいたします。

    想定されるリスクとチャレンジ

    特典の発送については目安となっており、制作の遅れなどが発生する可能性がございますのでご了承ください。
    また目標額の60万円を超えて支援を得られた場合には、発行部数の増量や仕様を改良したり、日本とフランス以外での海外での販売などを視野にいれております。

    <みなさんへのお願い>

    パリで絵だけを描いて生きていく。そんな人生に“イエス”と言ってみませんか? 人はどう生きることもできる。それを、私たちは彼女の作品集を通じて知るのです。

    もっと読む
    コレクター
    137人
    現在までに集まった金額
    830,500円
    目標金額は600,000円です。
    残り
    0日

    FUNDED

    このプロジェクトは、2016年10月5日23:59に終了しました。

    リターンを選んで応援する

    • 3,500円

      • Etuko Kobayashi作品集1冊(サイン無し)
      • Etsuko Kobayashiからのメッセージカード
      • 73人
      • お届け予定:2016年11月
    • 5,000円

      • Etuko Kobayashi作品集1冊(サイン無し)
      • Etsuko Kobayashiからのメッセージカード
      • 59リヴォリのアーティストたちによるカード (パリからあなたのポストに郵送で1回)
      • 27人
      • お届け予定:2016年11月
    • 10,000円

      • Etuko Kobayashi直筆サイン入り作品集1冊
      • Etsuko Kobayashiからのメッセージカード
      • 59リヴォリのアーティストたちによるカード4種(1年間に4回、パリからあなたのポストに郵送で)
      • 展覧会会場にお名前クレジット
      • 展覧会オープニングパーティーでのシャンパンサービス(or フランス産ジュース)
      • 34人
      • お届け予定:2016年12月
    • 30,000円

      • Etuko Kobayashi直筆サイン入り作品集1冊
      • Etsuko Kobayashiからのメッセージカード
      • 59リヴォリのアーティストたちによるカード4種(1年間に4回、パリからあなたのポストに郵送で)
      • 展覧会会場にお名前クレジット
      • 展覧会オープニングパーティーでのシャンパンサービス(or フランス産ジュース)
      • 持ち込みのTシャツやバッグにイラストを描くサービス
      • 3人
      • お届け予定:2016年12月
    • 100,000円

      • Etuko Kobayashi直筆サイン入り作品集1冊
      • Etsuko Kobayashiからのメッセージカード
      • 59リヴォリのアーティストたちによるカード4種(1年間に4回、パリからあなたのポストに郵送で)
      • 展覧会会場にお名前クレジット
      • 展覧会オープニングパーティーでのシャンパンサービス(or フランス産ジュース)
      • Etsuko Kobayashiによる作品(原画)
      • 0人
      • お届け予定:2016年12月

    プレゼンター

    Middle 1470833133

    PROJECT ETSUTSU

    • 東京都

    質問や意見をメールする